FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.10.21 (Sat)

当選させるべき愛国候補&落選させるべき売国候補

■情報1 候補者別に眺めた場合のポイントは3つ

・絶対に当選させるべき候補者は、自民党候補者全員、その他特に厳選した愛国候補である。
・希望の党公認候補で、当選頂きたいのは、若干名のみ。
・落選させるべき候補者は、立憲民主党候補全員、社民党候補全員、共産党候補全員である。民進党、生活の党、社民党、共産党はそもそも世の中に不要。



■情報その2 拙ブログ管理人&coffeeさん推薦 政策立案力&反日勢力駆逐力なら「桜内文城」

桜内文城
http://www.sakurauchi.jp/

注目の候補者たち!応援→桜内文城(愛媛4区)、足立康史(大阪9区)、赤尾(日こ)、杉田水脈
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6841.html



■情報その3 小坪しんや行橋市議推薦

【国士烈伝①】NHKスクランブル化、水資源の安全保障を取り上げ、女性宮家で大活躍。おにき誠(福岡2区)を守ろう!【恩を忘れぬ人はシェア】
https://samurai20.jp/2017/10/oniki/

【国士烈伝②】公明の推薦なしで「野党すべて」と戦う政治家、木原みのる(熊本一区)熊本大地震と復興への願い【比例も自民と思ったらシェア】
https://samurai20.jp/2017/10/kiharaminoru-2/

【国士烈伝③】偏向報道への解法、NHKとは別の新型国際放送の創設。原田義昭(福岡5区)の戦い【実現して欲しい人はシェア】
https://samurai20.jp/2017/10/harada/



■情報その4 ブログ「反日勢力を斬る」推薦

当選して欲しい人 落選して欲しい人
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4578.html



■情報その5 倉山満推薦

https://office-kurayama.co.jp/20171010132932

私の投票基準と主要三党政策評価
2017年10月10日 倉山満 8件のコメント
LINEで送る
注意:以下は投票の呼びかけではありません。
言論人として己の基準を公開しているだけです。
「これが100点満点の正解だ」とは
一言も言っておりませんので、誤解なきよう。

比例選挙区東京ブロックに私の仲間の西田譲さんが自民党の名簿に載った。最下位だが、小泉郵政選挙の例もある。希望の党が失速する中、可能性はゼロではない。ぜひ、再び国政に戻っていただきたいと思う。小選挙区では希望か民主かで悩んだが、ゾンビ議員が増えると西田さんの当選可能性が減るので、その基準で行動することにした。

同じ基準で、北関東ならば宮崎岳志さんがいる希望の党、近畿ならば森山浩行さんがいる立憲民主党、中国ならば杉田水脈さんがいる自民党に入れるだろう。



■情報その6 ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」推薦
赤尾由美

赤尾由美「日本のこころ」に投票しよう!「日本の心と国柄を守る」・大日本愛国党の赤尾敏総裁の姪
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6831.html

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

08:12  |  選挙  |  トラックバック(2)  |  コメント(0)

2017.10.21 (Sat)

選挙公報の次に拡散すべき情報  その4 演説会場の反日マスコミの捏造行為

https://twitter.com/wp1t1/status/920133115195961344

wp1t‏
@wp1t1
フォローする @wp1t1をフォローします
その他
在日テレビ局が使えない梅田選挙演説現場のハートマーク、安倍ネガティブ報道を阻止するプラカード戦術。テレ朝とTBS偏向報道への抗議が地上波テレビ局の暴走報道を抑止する。 #ひるおび
梅田の「シンゾウ」ハートマークで妨害活動を阻止。
https://www.youtube.com/watch?v=h-i8XQDX6dc

TBS.jpg

【これはひどい】マスコミ「安部首相の演説に「安部やめろ!」コールの嵐!」→実は一部の人だけでマスコミの印象操作だった・・・
http://jin115.com/archives/52182717.html

籠池 


テレビ朝日のカメラマン、ブロックされる。安倍叩きのインチキ映像を撮ろうとしていた
http://netouyonews.net/archives/9682086.html

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

08:05  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.21 (Sat)

選挙公報の次に拡散すべき情報  その3 重大フェイク報道を分析した新刊書2冊

『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著・つり革広告に
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6842.html


小川榮太郎の本 



小川榮太郎 


高橋洋一 

高橋洋一2




テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

07:48  |  選挙  |  トラックバック(1)  |  コメント(3)

2017.10.21 (Sat)

選挙公報の次に拡散すべき情報  その2 党籍ロンダリング議員による再結集問題

野党勢力においては、民進党に再結集しそうな候補者の存在が、衆議院選挙後最大の政治問題となりつつある。党籍ロンダリング予定候補をスンナリ当選させていいのか?ということである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/171019/plt1710190084-n1.html

民進党再結集に抜け道 政党移籍、法的制約なし 擁立ゼロなら当選者全員回帰OK

 衆院選(22日投開票)後に民進党が再結集するとの臆測が絶えない。希望の党、立憲民主党、無所属でそれぞれ当選した議員による選挙後の民進党への合流に法的制約がなく、ハードルが低いからだ。(沢田大典)

 「野党の分断、本当に申し訳ない」。民進党の初代代表だった岡田克也元外相は19日、神奈川県藤沢市で行った同党出身者の応援演説で、こう聴衆にわびた。

 自身は無所属で出馬した岡田氏は記者団に「民進党に戻ることを前提には考えていない」と述べるにとどめたが、野党分裂で自民党が優位に選挙戦を進めており、反自民勢力結集の必要性は痛感しているようだ。

 その手段の一つである民進党再結集は、同党の小川敏夫参院議員会長が唱えた。12日、産経新聞に「立憲民主党、無所属、希望の党に行った人も含め、もう一度自民党に代わりうる政党として民進党を取り戻したい」と述べた。

 「有権者を愚弄した話」(民進党の前原誠司代表)と反発が集中し、小川氏らは火消しに追われた。それでも再結集説が消えないのはハードルが低いためだ。

 国会法109条の2は、比例代表で当選した議員が選挙で競合した政党や政治団体に移ることを原則、禁じている。選挙区当選者の政党移籍に制限はない。


http://www.sankei.com/politics/news/171019/plt1710190084-n2.html

しかし、同法には抜け道がある。今回の衆院選で競合していない政党、つまり一人も候補者を擁立しなかった民進党には、どの政党からも移ることができる。両党や無所属の当選者は全員、民進党に入ることが可能なのだ。

 さらに民進党には税金を原資とする政党交付金の未使用分が100億円以上あるとされ、参院議員も残っているため今後も政党助成金を受け取れる。総務省によると、仮に希望、立民両党が衆院選で政党要件を満たし民進党と合併した場合は、合算した政党交付金を受け取る。

 苦戦する希望の党は、公約に反した主張を訴え、離党をほのめかす候補者まで出始め、すでに分裂含みの状況にある。同党の細野豪志元環境相は19日夜のBSフジ番組で、民進党再結集について「全くあり得ない」と断言したが、当選者個別の行動までは否定しようもない。

 「政党ロンダリング」批判を避けるため、当面は統一会派結成など国会での連携を模索する動きもある。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


なお、拙ブログは、党籍ロンダリング議員について、政党交付金削減の視点から、提言済みである。


党籍ロンダリング候補対策  政党交付金削減すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-684.html


以上

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

06:23  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.21 (Sat)

選挙公報の次に拡散すべき情報  その1(希望の党よりも立憲民主党に投票するな!)

選挙戦最終段階と認識、緊急拡散情報中心という位置づけで出稿する。


■情報1 選挙情勢全般

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://ttensan.exblog.jp/25941160/

希望の党は最初は明らかに自民と同じ保守系の政党アピールをしようとしていました。

しかしながら小池のメッキが禿げると、
保守層から票を奪う事を諦めて
元の反日政党の民進党の地金を隠す事をしようとしなくなって
民進党時代の反日左巻き層の票を少しでもいいから取り返そうとし始めた
というだけです。

政権を取るために頭数を必要としていた人を信用しない小池百合子。
小池百合子を利用して選挙後に乗っ取る、
あるいは民進党として再結集する事を企んでいた嘘つき民進党の面々。

お互いに相手を利用しようとしか考えていなかったので
話がうまくいなくなったらあっさりと内ゲバを始めた。
というだけでしかないのだと思います。

ただ、ブログ主には希望の党はここからすこしだけ踏ん張ってほしいです。
そうして立憲民主党への票を減らしてもらいたいものです。

マスゴミはとにかく自民支持層の票を減らそうと
自民圧勝、自民単独で300議席以上とか煽っていますが、
接戦区と言われる選挙区だけで50はあるのです。

この接戦区の50を全て取る前提の数字が出てくるなんて
「こんなに圧勝するのなら俺は投票いかなくても良さそう」
と、自民支持層が緩むのを狙っているとしか思えません。


選挙では消費税凍結と言っていた希望の党が現在急降下していますが、
当然ながら財務省は消費税増税をさせて財務省の省益を拡大しつつ、
景気を悪化させることで増税スパイラルに持っていきたいですから
消費税増税凍結という話がウケないように釘を刺す必要があると考えたのでしょう。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


 
■情報2 各党の見立て


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://ttensan.exblog.jp/25845376/
ブログ主的各党の超ざっくり説明 

自民党
 →中道左派。唯一政権担当能力がある政党。ろくでもない議員も居るのでよく吟味しよう

公明党
 →コウモリ政党。ずっと国交相を占拠。標識にハングルと簡体字を混ぜないでくれ。

希望の党
 →民進党が看板を変えただけ。政権担当能力皆無。保守系っぽさをアピールしようとしたものの中身が民進党そのもの状態になり失敗。党の代表がAIなので代表の主張を普通の人が理解するのは不可能

立憲民主党
 →枝野が代表で秘書官だった陳哲郎もいるなどあの菅内閣の焼き直し。

共産党 
 →選挙で政権を取ったら民主主義を廃止して共産党独裁政権へ移行し、皇室を廃止、自衛隊を廃止して共産党のための私兵組織である中核自衛隊に置き換えるというもの。北朝鮮や朝鮮総連とは数十年続く闘関係。

社民党
 →労組というかつての支持基盤が全て民進党系に行ってしまったためとにかくジリ貧。左翼活動ばっかしすぎという理由で社民党の党職員をリストラしたネタ政党。

自由党
 →かつて金権腐敗政治の頂点を極めた小沢一郎が代表の政党。小沢一郎はいまでも権力と金へ執着し続けており嫁や息子にも逃げられる始末。政党助成金欲しさに山本太郎と組むなど落ちぶれが酷い。今回の選挙では同党所属の佐藤公治を希望の党から出馬させた。このため選挙後に再結集できるように小沢一郎は前原誠司と同じく無所属で出馬。

支持税党なし
 →参議院選挙で「支持政党なし」と書く馬鹿が60万人もいたことでこれはいけると今回の選挙でも候補者を立てている。

日本のこころ
 →迷惑男中山成彬が国政にどうしても復帰したいと希望の党へ逃げていったため中野正志一人が残された形となった。 もはや失う物がないため党首討論では小池や枝野にビシバシ切り込んでいくのでそのあたりが注目ポイント。

日本維新の会
 →かつては橋下人気で勢いがあったが橋下がいなくなり盛り上がらず。いまでも大阪都構想などというメチャクチャな政策を掲げていたりする。  国会で民進党のデタラメを容赦なく指摘する足立康司議員によって一部で注目されている。

幸福実現党
 →イタコ芸の大川師匠の団体をバックにしている政党。いまだに当選者を出した事なし。

新党大地
 →鈴木宗男の党。公民権停止が明けたため比例北海道にて出馬。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■情報3   立憲民主党候補の正体と危険性

https://twitter.com/shinchanchi

上念 
立憲民主党



立憲民主党は、憲政史の汚点「菅内閣」の残滓に過ぎない
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2871.html

以上

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

00:17  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT