FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.12.17 (Sun)

米朝開戦  朝鮮総連解体・殲滅は在日米軍かC●Aの役割?

「渡部昇一のラディカルな日本国家論」を読んでいて、一向に進まない朝鮮総連解体そして、米朝戦争時に予想される武装蜂起への殲滅対応は歴史的経緯を辿ると、在日米軍かC●A東京支局が担うべきことではないかとの結論に達した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

59~62頁

アンタッチャブルだった「帝国内帝国」
国内の縛りについていえば、戦後の日本には「治外法権」が罷り通っていました。簡単にいえば、北朝鮮系の団体の傍若無人ぶりです。

戦後日本には朝鮮総連(在日朝鮮人朝鮮人総連合会)という「帝国内帝国」があったのです。
中略

これには警察も手がつけられませんでした。
終戦後の占領軍の愚かな政策の中に、「日本が戦前にやったことはみな間違っていた」とか「日韓併合は悪だった」「今度は朝鮮人の悪口をいってはいけない」というものがありました。彼らコリア人勢力は、自分たちを戦勝国民と偽称して(彼等は日本の一部として戦っていて、戦争中、反日運動などはありませんでした)闇市で暗躍したり焼け跡の不動産を占拠したりして富をつくったのです。
怖ろしいのはそうした金が後になって日本の政治家へ還流していることです。

中略

金を持っているのは闇組織です。その大きな塊が、日本という国の中にもう一つの帝国を築いていた北朝鮮系組織でした。「帝国内帝国」の朝鮮総連です。これが旧社会党左派を抱え込むかたちになっていました。自民党の政治家にも相当の金が流れたといわれています。亡くなった政治家でいえば、元副総理の金丸信氏のところに家宅捜索が入ったところ、無印金がたくさん出てきたといいます。無印金は、普通の日本人には持てません。どこから金丸氏のところに流れたかは一目瞭然でしょう。
北朝鮮は名だたる麻薬国です。麻薬は儲かりますからすぐ闇の勢力とも結びつきます。しかし朝鮮総連は、占領軍の政策以来「アンタッチャブル」(不可侵)でしたから警察の手が伸びることは長らくありませんでした。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

安倍政権は、朝鮮総連本体への直接の制裁措置、すなわち、資産凍結や解体を避けているとの評価がある。

が、渡部昇一の上記文章を、特に行間部分を読んでいくと
在日米軍もしくはC●A東京支局が敗戦直後の占領時代、その後において、日本を間接統治するための闇組織として活用した可能性がある。

ひょっとすると、在日米軍やC●Aの中にいる、多数の日系人と称する人たちは、素性的には北朝鮮系かもしれない。

また、覚せい剤犯罪において、末端の常習者だけ逮捕され、売人組織がまったく逮捕されない理由はなぜなのか?
メキシコや中南米において、C●Aは麻●取引に手を染めているとの噂もある。

そう考えると、朝鮮総連組織の背後に、占領行政を引き継いだ在日米軍、世界的規模で麻●取引に手を染めるC●Aの存在があるのではないか?

安倍政権は、朝鮮総連について未だ直接的な制裁に乗り出さないのは、そういう背景を知っていて、アメリカ大統領が最終決断するのを待っている?のではないか、そういう筋があるような気がするのである。

以上

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北朝鮮問題 - ジャンル : 政治・経済

14:24  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/785-714d33c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |