FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.11.26 (Sun)

近い将来、介護施設で団塊世代と世代間論争が本格化する?

数年前、バスに乗車した時の事。「あの●●さん、イロボケしている」と大学卒業直後の世代の若者たちの会話を耳にしたことがある。

そういうことはあり得るだろう。

介護施設で老人虐待事案が相次いでいる。
私は、別の側面から虐待事案の要因を眺めている。

年老いても己を律する年寄を介護職員は虐待するであろうか?

学者タレント、評論家タレント、芸人たちが出演するようなバラエテイ番組ばかり見続け、選挙の時はどこかの政党が確保した車で出かける年寄を、介護職員はどう見ているのか?
知恵も教養もない、我儘で幼児化した年寄を介護職員はどう見ているのか?という視点で、私は老人世代を眺めている。


このまま普通に行くと、私は、介護施設で団塊世代と鉢合わせしそうな気がしている。

私は、洗脳され続ける、馬鹿な(自称)インテリが大嫌いなのだ。
介護施設で、日本は悪い国だ、日本がどうなってもいいと語る、後期高齢者に付ける薬はあるだろうか?

戦後民主主義教育で洗脳され、ろくに勉強すらせず大学を卒業、社会人としては極めて無責任な仕事ぶり、退職後は偏向マスコミに踊らされている世代の存在に私は腹が立っている。

そういう彼らも年を経る毎に、幼稚化する。
ある上司などは、50歳前後で、食べ方からして幼稚だった。
学歴などを聞くと読者の皆さんが凄いと思うような方が、目の前で小学校1年生並に食べ散らかすのである。私は、食事を何度も一緒にしたことがあるので、がっかりしている。外国でそうするのである。
私は、見ていて恥ずかしくなった。



従って、ちょっとでも法令違反、マナー違反を見つけると、説教したい気になっている。西さんはこう述べられている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-755.html

団塊世代(安保闘争、全共闘世代)の「幼稚さ」

八十代後半から九十代以上の世代の人達は、やはり「恥」というものを強く感じる人たちが多く、何よりも「礼節」と「忠義(仕事に対する責任感)」を重んじる人が多かったと思いますし、「金の亡者」になったり、「性的な遊び」などにうつつを抜かすような人は少ないと感じる事が多いですね。海軍や陸軍学校、帝大、高等師範学校の出の人など、人間的にも知的にも尊敬する人が多いですね。

やはり、戦前の家庭と地域社会、初等教育は素晴らしかったのだなと思いますね。

団塊世代、全共闘世代は、若い頃は「若者特有」のファッションとやらで誤魔化せたのかもしれませんが、年をとっても、「ヒッピーのような奇天烈な格好で外を出歩いている年寄りを見ていると、自己主張の激しさを感じますし、体裁を気にするような感じの人では無く(要するに傲慢、自己中)、若い頃に受けた反日狂育の結果も相まってか、明らかに精神的な成長というものを阻害されてしまった人達なのだな、と痛感させられますね。

実際、自分達は、散々米国製資本主義(ユダヤ資本)を攻撃していたにもかかわらず、「その体制下」で「就職」の道を選んだわけで、それを非難していた彼らの「主張」というのはなんだったのか、と思いますね。

確かに、彼らには「親や社会、学校に敷かれたレールの上を走る事を拒み、革命、打倒資本主義、打倒米国の為に、就職、人生を棒に振る覚悟があった」という大義名分があったと述懐する人もいるようですが、覚悟と言っても、どこまで本気だった人がいたのかすら分かりませんし、大半が途中で馬鹿馬鹿しくなって辞めたみたいですし、現在でもアホな反米、反国家闘争を続けているのは、闘争の影響でブラックリスト入りして就職できなかった人か、会社に入ってからも「闘争」の夢を捨てきれなかった人ではないかと思います。

結局彼らは、その影響で、精神、知性、肉体(これは強い人もいますが、戦時世代ほどではない)の成長が止まってしまい、後年になってその「間違い」に気付いたとしても、体裁もある為、正常な精神に戻る事は非常に困難だと思います(彼らが自分達は大したことをやっていないにも拘らず、精神論を連呼するのも、その影響が強いと思います)。

故三宅久之先生がおっしゃっていましたが、彼らの一つ、二つ上くらいの「大人(現在八十後半から百歳あたりの戦時世代)」は、彼らの活動(反国家、反大学闘争)を支持していたというわけでもないみたいですし、「若者特有の元気の良さがあって良い事だ」くらいにしか感じていなかったようです。

あれだけ戦争で、大変な目を国によって遭わされたはずなのに、その国(国家)を打倒するという思いを抱いていたわけでは無いという事ですね。だから支持が広まらず、革命が起きなかったのだろうと思います。

実際、八十,九十代の人は、戦後の復興の中核を担った人達ですし、反国家であったのならば、あそこまで国家に貢献しようと思った事など無かったと思います。

実際、現在の「赤軍系」、「中核派」を初めとする極左活動団体の設立メンバーなどは、現在の安保、団塊世代に集中している事からも分かるでしょう(その上の世代の人(戦時世代)がほとんど参加していない事に注目するべきだと思います)。

団塊世代は、未だに反米の感情が強い人が多いですが、これから世代交代が進むにつれて、彼らが本来解決するべき問題(戦時中の問題の検証、糾弾の活動)を解決せず、高度経済成長の好景気、資本主義バブルの狂乱等にうつつをぬかし、残してきた問題(極左関係の団体の設立と、教育界の共産思想の蔓延(大学、教育現場、日教組、文科省など)、北朝鮮問題(赤軍系事案)、子や孫世代に日本の伝統や文化、精神を継承する事)の責任を負わされる事になった若い世代から、自分達の世代の「恥部」を糾弾されることになるだろうと思います。

団塊世代は、十分覚悟しておくべきだと思いますね。

西 |  2017.11.24(金) 02:42 | URL |

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

洗脳され続けている、幼稚化したインテリの方々をやり込める機会がそこら中にころがっているような気がする。



団塊世代が85歳前後に達し、それ以下の世代が、比較的容易に施設入所できる状況で考えたい。施設側は世代的に我儘で、脱法指向的な彼等の扱いに手を焼いている状況にあると私は予想する。
既に入所済みの彼等世代は、施設にとっても、これから施設入所しようとする世代にとって、お●●的な存在なのである。

さて、若者世代になればなるほど、自民支持率が高いとの傾向が出ている。介護職員たちはどうだろうか?



私は、そういう職業に就いている人たちの実像を知り得るので、大凡の推理ができる。

私が知るその方、大変義理難く、親切で思いやり溢れたタイプである。イデオロギー的な主義主張する訳でなく、支持政党もはっきりしない。学歴もないに等しい。
そんな方が、沖縄の左翼活動家みたいな老人が目の前に居て、その老人が、くだらない番組鑑賞で毎日を過ごし、介護職員に対する感謝の言葉もなく、「日本は悪い国だ。日本という国はどうなってもいい」と、洗脳され壊れたテープレコーダーのように、介護職員に対し口癖のように語っていたとしたら、介護職員としてその老人をどう扱うか?ということなのである。

かくして、幼稚化した、洗脳され続けた左翼主義的な団塊世代の居場所がなくなる可能性が出てきたのである。

以上

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

09:57  |  社会認識  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

Re: 団塊世代の勘違いと現実

> 団塊世代は、日本社会に何か残してきたのか、と言われれば、「子や孫世代に、何も残さず、若い頃に受けた反日教育の影響で、国家や社会制度を破壊する事が正しいと思い込み、一方で、現役時代には、彼らの上の戦時世代が築き上げた、高度経済成長の旨味を吸い続けて来ただけ」といえると思います。
>
> 上の世代が持っていた、「子や孫の世代の為にも、焼けた戦地を復興し、新日本の建設を担おう」という気概も無く、確かに、彼らはサラリーマンとして「良く働く者達」だったとは思いますが、企業家のような者は少なく、一方で、サラリーマンになりながらも、「反日思想、反社畜」だけは一人前でしたから、労組活動等にも積極的に参加していましたし、極左団体の幹部にも成り下がっていましたね。
>


> 当然、彼らは「反日」であり、「日本社会」の発展に「貢献」しようという気など無く、国家の存在を非難しながらも、一方で、国家が出す社会保障は、当然自分達がたくさん払っているのだから、たくさん出すべきだと主張して譲らない(社会保障は、年代毎の保障制度ではなく、全世代に対する保障制度なのですが)。
>
> しかし、彼らは、肝心の「社会制度」の「維持」に貢献してきたわけではありません。むしろ、社会制度を食いつぶす存在であると言わざるを得ないでしょう(産業の発達、経済状況の維持等に貢献していたわけでは無い)。
>
> 彼らは、定年後は年金生活となるわけですが、その年金への負担が大幅に増大するわけですから、むしろマイナスです。
>
> そのような彼らが、現役時代には、「上司」であったために、定年後は、本音を隠していた「若い世代」から、様々な不満の「槍玉」に上げられるのは間違いないでしょうね。
>
> 八十代、九十代の「戦時世代」は、戦後復興と、様々な社会制度の構築に貢献されてきた(子や孫世代の事を考えて、社会に尽くしてきた)為、尊敬と感謝のまなざしを向けますが、団塊世代は、反国家、社会制度の寄生虫(子や孫世代の事は何も考えていない)であり、軽蔑と非難の対象としかなり得ないという所を肝に銘じてほしいと思いますね。



私がいた会社も団塊世代に食いつぶされた、そんな感じです。
管理人 |  2017.11.30(木) 05:19 | URL |  【編集】

団塊世代の勘違いと現実

団塊世代は、日本社会に何か残してきたのか、と言われれば、「子や孫世代に、何も残さず、若い頃に受けた反日教育の影響で、国家や社会制度を破壊する事が正しいと思い込み、一方で、現役時代には、彼らの上の戦時世代が築き上げた、高度経済成長の旨味を吸い続けて来ただけ」といえると思います。

上の世代が持っていた、「子や孫の世代の為にも、焼けた戦地を復興し、新日本の建設を担おう」という気概も無く、確かに、彼らはサラリーマンとして「良く働く者達」だったとは思いますが、企業家のような者は少なく、一方で、サラリーマンになりながらも、「反日思想、反社畜」だけは一人前でしたから、労組活動等にも積極的に参加していましたし、極左団体の幹部にも成り下がっていましたね。

当然、彼らは「反日」であり、「日本社会」の発展に「貢献」しようという気など無く、国家の存在を非難しながらも、一方で、国家が出す社会保障は、当然自分達がたくさん払っているのだから、たくさん出すべきだと主張して譲らない(社会保障は、年代毎の保障制度ではなく、全世代に対する保障制度なのですが)。

しかし、彼らは、肝心の「社会制度」の「維持」に貢献してきたわけではありません。むしろ、社会制度を食いつぶす存在であると言わざるを得ないでしょう(産業の発達、経済状況の維持等に貢献していたわけでは無い)。

彼らは、定年後は年金生活となるわけですが、その年金への負担が大幅に増大するわけですから、むしろマイナスです。

そのような彼らが、現役時代には、「上司」であったために、定年後は、本音を隠していた「若い世代」から、様々な不満の「槍玉」に上げられるのは間違いないでしょうね。

八十代、九十代の「戦時世代」は、戦後復興と、様々な社会制度の構築に貢献されてきた(子や孫世代の事を考えて、社会に尽くしてきた)為、尊敬と感謝のまなざしを向けますが、団塊世代は、反国家、社会制度の寄生虫(子や孫世代の事は何も考えていない)であり、軽蔑と非難の対象としかなり得ないという所を肝に銘じてほしいと思いますね。
西 |  2017.11.29(水) 02:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/760-138fd00c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |