FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.11.24 (Fri)

教育関連誤報⇒捏造新聞は小中高で購入禁止とすべきだ

本稿、最近配信された情報を分析した結果、「活動論的にこういう筋があるという趣旨でのアイデア」として紹介するものである。

囲碁将棋の世界で言うところの妙手、を見つけたかもしれない、という意味である。

教育に係わる保守系団体で広く知られたものとしては、日本教育再生機構とつくる会がある。つくる会は歴史教科書、歴史教育に特化して活動を行う団体である。

日本教育再生機構
http://www.kyoiku-saisei.jp/


ここで、特定の新聞社に対して、廃刊活動に参加したいと考えているかもしれない団体関係者に、口実となりうる情報を紹介させていただく。

―― 参考情報 ――――――――――

「安倍晋三記念小学校」は朝日新聞が「煽った」 麻生太郎氏、森友問題で指摘
http://www.sankei.com/economy/news/171124/ecn1711240028-n1.html

民進党や朝日新聞が疑惑追及の「安倍晋三記念小学校」 森友学園の小学校設置趣意書に記載なし 和田政宗参院議員が入手、ツイッターで公開
http://www.sankei.com/politics/news/171122/plt1711220042-n1.html

―――――――――――――――――

別に目新しい情報ではないのだが、活動論的な視点での口実がこれら二つの記事から見出すことができるのである。

誤報があったのは明らかである。よって、誤報は訂正されるか、丁寧な措置によって記事は差し替えられなくてはならない。

子どもたちに、嘘情報を税金で与え続けることは、教育施策的にも公序良俗的にも許されるものではない。

学校教育に関する誤報事案なので、学校図書としては有害図書と扱うことになる。学校図書館で購入禁止する陳情の根拠とできるのである。

つまり、教育に係わる保守系団体が、この新聞社の報道姿勢全般からこの新聞社の記事の相当部分を「有害図書」であると認定、政治活動することが可能となったのである。

たとえば、日本教育再生機構においては、教育再生という名目において、嘘情報、偏向捏造情報を学校教育の現場にて購入禁止とする活動が、正当化されることになったのである。


以上

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

21:44  |  マスコミ  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)

Comment

Re: 諸般の事情を考慮した上で

> 朝日新聞擁護派は堅固で倒すのは至難の技である。
> 偏向報道を正すための措置は、下手したら、報道への不当な圧力という国際問題にされかねなく、味方につけておきたい欧米との亀裂を産む。
> 国益上、その流れを起こされてはたまらないので、現状、慎重にやるしかない。
>
> その点、事実との相違を責める分には、擁護派の弁護が出来ない。
> 事実との相違が争点ならば、欧米も嘘つきの弁護はしないので、欧米との亀裂を産むことはない。
> 証拠があって、嘘つき呼ばわりする限りにおいて、晒し者にしたところで何かあるとは言えない。
>

> 撃沈が不可能なら、浸水させて、痛め付けておき、沈めやすくしておこうという発想です。
>
> 保守派は一撃で朝日新聞という巨艦を華麗に沈めてやろうとしているので、逆に沈められなくなっているのではないか?
>
> 確実に出血させて、弱らしておく過程が軽く見られてるのではないかと思います。


Suica割さんのスタンスはわかりました。
管理人 |  2017.11.25(土) 19:19 | URL |  【編集】

Re: 今なら、アメリカと共にマスコミ弱体化同盟を結ぶことは出来るのでは?

> トランプさんもフェイクメディアが嫌いですし、アメリカの市民感情もフェアを好みますから、控え目な目標ならば、メディア弱体化も可能ではないでしょうか?
>
> 嘘報道の禁止(アメリカ市民は嘘つきが嫌い)
> 押紙に代表される不道徳な取引慣行の規制(そういう取引をする企業をアメリカ市民は嫌うので、それも反発はなさそう)
> 騙し討ち無断報道の禁止(アメリカ市民も絶賛で日本国及びアメリカ政府の判断を指示する)
> ならば、確実にメディアの出血を招ける上に弱体化が可能。

安倍首相が、外交の場で、そのことに言及する可能性は低いと私は予想します。
トランプが提案すれば別ですが。
管理人 |  2017.11.25(土) 19:17 | URL |  【編集】

今なら、アメリカと共にマスコミ弱体化同盟を結ぶことは出来るのでは?

トランプさんもフェイクメディアが嫌いですし、アメリカの市民感情もフェアを好みますから、控え目な目標ならば、メディア弱体化も可能ではないでしょうか?

嘘報道の禁止(アメリカ市民は嘘つきが嫌い)
押紙に代表される不道徳な取引慣行の規制(そういう取引をする企業をアメリカ市民は嫌うので、それも反発はなさそう)
騙し討ち無断報道の禁止(アメリカ市民も絶賛で日本国及びアメリカ政府の判断を指示する)
ならば、確実にメディアの出血を招ける上に弱体化が可能。

Suica割 |  2017.11.25(土) 16:18 | URL |  【編集】

諸般の事情を考慮した上で

朝日新聞擁護派は堅固で倒すのは至難の技である。
偏向報道を正すための措置は、下手したら、報道への不当な圧力という国際問題にされかねなく、味方につけておきたい欧米との亀裂を産む。
国益上、その流れを起こされてはたまらないので、現状、慎重にやるしかない。

その点、事実との相違を責める分には、擁護派の弁護が出来ない。
事実との相違が争点ならば、欧米も嘘つきの弁護はしないので、欧米との亀裂を産むことはない。
証拠があって、嘘つき呼ばわりする限りにおいて、晒し者にしたところで何かあるとは言えない。

撃沈が不可能なら、浸水させて、痛め付けておき、沈めやすくしておこうという発想です。

保守派は一撃で朝日新聞という巨艦を華麗に沈めてやろうとしているので、逆に沈められなくなっているのではないか?

確実に出血させて、弱らしておく過程が軽く見られてるのではないかと思います。
Suica割 |  2017.11.25(土) 16:02 | URL |  【編集】

Re: 今より偏った内容でも

> 何とか団体が言っていた(極左市民団体でも、きちんとその言った内容を伝えている。敵国政府の公式発表の垂れ流し) ならば、認めます。
> 偏った内容でも、資料としての意味はありますから。
>
> 出所と主張を曲げずに伝える限りは真性の真実なので、いいとしますが、事実捏造だけは許せません。
>
> 嘘新聞などは、敵国政府や反政府団体主張集未満の価値しかありません。
>
> 敵に勝つには敵のことを知る。
> その意味で敵国政府の公式見解集や反政府団体主張集は意味あるものですが嘘新聞はその役目すらない。
>
> 下手したら、朝日新聞より、反日沖縄新聞の方がその意味では、愛国的な新聞ではないかと(具体的検討は必要ですが)感じる今日この頃です。
>
> 私が与党政治家ならば、及び腰なところがあるので、取材元までたどって、真実の内容ならば、文句は言わない。(取材元の嘘までは問わない)
> しかし、嘘内容を自分の責任で垂れ流す行為は認めないと堂々、言いますな。
>
> その上で、嘘報道の朝日は執拗にいじめます。
>
> 偏った真実の流布より、嘘の伝聞の方が圧倒的に罪は重い。
>
> 私なら、朝日新聞は嘘報道常連コーナーに置いて、購読してやるように司書に言いますね。


Suica割さんは、朝日廃刊を望んではいるのかどうか、はっきりしません。
廃刊支持派側に立つと、担うにふさわしい団体とその団体が活動を正当化するシナリオが必要となります。
管理人 |  2017.11.25(土) 05:58 | URL |  【編集】

今より偏った内容でも

何とか団体が言っていた(極左市民団体でも、きちんとその言った内容を伝えている。敵国政府の公式発表の垂れ流し) ならば、認めます。
偏った内容でも、資料としての意味はありますから。

出所と主張を曲げずに伝える限りは真性の真実なので、いいとしますが、事実捏造だけは許せません。

嘘新聞などは、敵国政府や反政府団体主張集未満の価値しかありません。

敵に勝つには敵のことを知る。
その意味で敵国政府の公式見解集や反政府団体主張集は意味あるものですが嘘新聞はその役目すらない。

下手したら、朝日新聞より、反日沖縄新聞の方がその意味では、愛国的な新聞ではないかと(具体的検討は必要ですが)感じる今日この頃です。

私が与党政治家ならば、及び腰なところがあるので、取材元までたどって、真実の内容ならば、文句は言わない。(取材元の嘘までは問わない)
しかし、嘘内容を自分の責任で垂れ流す行為は認めないと堂々、言いますな。

その上で、嘘報道の朝日は執拗にいじめます。

偏った真実の流布より、嘘の伝聞の方が圧倒的に罪は重い。

私なら、朝日新聞は嘘報道常連コーナーに置いて、購読してやるように司書に言いますね。
Suica割 |  2017.11.24(金) 23:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/757-7204f7c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18 http://www.asahi.com/corporate/info/11207014 朝日新聞社 2017-11-21 「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報...
2017/11/30(木) 22:20:34 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

▲PageTop

 | HOME |