FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.10.26 (Thu)

不倫特区で当選した「山尾志桜里元検事」は不道徳を愛する「せいぎ」の政治家である

山尾志桜里元検事のために書かれたような本を偶然見つけた。




三島由紀夫の「不道徳教育講座」である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.kadokawa.co.jp/product/199999121207/

大いにウソをつくべし、弱い者をいじめるべし、痴漢を歓迎すべし等々、世の良識家たちの度肝を抜く不道徳のススメ。西鶴の『本朝二十不孝』に倣い、逆説的レトリックで展開するエッセイ集、現代倫理のパロディ。

http://www.ice-heart.com/entry/2015/02/28/203000

目次一覧

目次は以下の通り。

知らない男とでも酒場へ行くべし
教師を内心バカにすべし
大いにウソをつくべし
人に迷惑をかけて死ぬべし
泥棒の効用について
処女は道徳的か?
処女・非処女を問題にすべからず
童貞は一刻も早く捨てよ
女からカネを搾取すべし
うんとお節介を焼くべし
醜聞(スキャンダル)を利用すべし
友人を裏切るべし
弱いものをいじめるべし
できるだけ己惚れよ
流行に従うべし
お見合いでタカるべし
約束を守るなかれ
「殺っちゃえ」と叫ぶべし
文弱柔弱を旨とすべし
スープは音を立てて吸うべし
罪は人になすりつけるべし
美人の妹を利用すべし
女には暴力を用いるべし
先生を教室でユスるべし
痴漢を歓迎すべし
人の恩を忘れるべし
人の不幸を喜ぶべし
沢山の悪徳を持て
喧嘩の自慢をすべし
空のお世辞を並べるべし
毒のたのしみ
いわゆる「よろめき」について
0の恐怖
道徳のない国
死後に悪口を言うべし
映画界への憧れ
ケチをモットーにすべし
キャッチフレーズ娘
批判と悪口について
馬鹿は死ななきゃ……
告白することなかれ
公約を履行するなかれ
日本及び日本人をほめるべし
人の失敗を笑うべし
フー・ノウズ
小説家を尊敬するなかれ
オー・イエス
桃色の定義
性的ノイローゼ
サーヴィス精神
自由と恐怖
人に尻尾をつかませるべし
刃物三昧について
お化けの季節
肉体のはかなさ
人を待たせるべし
人のふり見てわがふり直すな
催眠術ばやり
言葉の毒について
子持ちを隠すべし
何かにつけてゴテるべし
モテたとは何ぞ
プラスティックの歯
痴呆症と赤シャツ
ニセモノ時代
「らしい」と「くさい」
若さ或いは青春
恋人を交換すべし
おわり悪ければすべて悪し

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||





ここで、山尾志桜里元検事は、「不道徳教育講座」に「『殺っちゃえ』と叫ぶべし」に則り、「日本死ね」と語ったことを思い出したい。




それでいて、かように不道徳な候補者なので、「不道徳教育講座」の「醜聞(スキャンダル)を利用すべし」に則り、男性支持者に対しては「したのな」で呼んで選挙活動したのだそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

倉田真由美氏 山尾志桜里氏の男性支持者への接し方に驚き
http://news.livedoor.com/article/detail/13792098/

―――――――――――――――――

本当に、不道徳な選挙戦術である。



しかし、驚いてはいけない。山尾元検事にとっては、不道徳であることが正義なのだ。
「不道徳教育講座」には、「空のお世辞を並べるべし」とある。山尾元検事は、文字通り実践したということになる。

さて、この選挙区では飛び切り無効票が多かったそうである。

―― 参考情報 ――――――――――

山尾志桜里氏が当選した愛知7区 開票結果をめぐり抗議電話が殺到
http://news.livedoor.com/topics/detail/13798417/

愛知7区無効票問題で関係者「白票多かった。抗議の意思表示では? 」 選挙区で落選の自民側、山尾志桜里氏側の対応は…
http://www.sankei.com/politics/news/171025/plt1710250034-n1.html

―――――――――――――――――

抗議電話は、「不道徳教育講座」にある、「死後(事後)に悪口を言うべし」に則って行動されたものなのであろう。




無効票は、期日前投票等指令された共産党支持層が仕方なく、敢えてそうした可能性もある。
共産党支持層は、「不道徳教育講座」にある、「約束を守るなかれ」を実践したのであろう。
が、ひょっとすると、開票作業において、あまりの不道徳さに腹を立てた人が、「不道徳教育講座」に「大いにウソをつくべし」、「友人を裏切るべし」とあるので、「山尾志桜里」と書いてある投票用紙を白票にすり替えたかもしれない。

要するに、不道徳が更なる不道徳を呼んだのである。




ただ、私はこうも見ている。

そもそも選挙戦において、不道徳を極める政治家であると選挙区で喧伝せず、何もしなくても落選するだろうと、たかをくくっていた有権者が大部分だった可能性はある。

その点については、三島由紀夫の、「不道徳教育講座」の、「弱いものをいじめるべし」というご託宣などから、今頃になって抗議活動するのでは遅すぎることになる。

私は、愛国者と称する方にお聞きたい。なぜ、「不道徳教育講座」に則って弱いものに対し最後のトドメを刺さなかったのかと。

「不道徳教育講座」に「罪は人になすりつけるべし」とある。自分で手を汚し「始末」してから赤の他人にぬれぎぬを着せようとしなかったので、「せいぎ」の「元検事、山尾志桜里」が「不倫特区」でトップ当選してしまったのである。




ちなみに、「不道徳教育講座」には、「人のふり見てわがふり直すな」とある。不道徳を正義だとする山尾元検事を参考に己を律する必要は、そもそもまったくない。

それでも、正義は正義であって、正義は護られなければならないと考えられる方、特に、投票不正、開票不正を疑われる方におかれては、「不道徳教育講座」には、「醜聞(スキャンダル)を利用すべし」、「うんとお節介を焼くべし」とあるので、「せいぎ」の使者のおせっかいのつもりで「山尾志桜里元検事の(不道徳ぶりを)監視、追及する活動」を始められんことを提案するのである。




監視する場所は、「せいぎ」が見られる場所になる、はずだ。




結末はどうなるか?

「不道徳教育講座」によれば、「先生を(教室で)ユスるべし」とある。




三島由紀夫の読みは実に深いと感嘆する次第である。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山尾志桜里 - ジャンル : 政治・経済

12:25  |  反日政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

Re: 不倫問題はそれ自体が今は両刃之剣ですからね

> ガソリン秘書問題を追い詰めるべきでしたね。
>
> 不倫問題は個人の問題であり、それを公的な問題に持っていくのは、裁判までと言われると、一定の層には訴求力が薄くなる。
> これを是としないなら、誰もが追及を否定しない経費の不正使用問題で嫌らしい点をつくのが良い。
>
> 前提条件として、疑問はいくつかある。(間違った事実関係で理解していた場合はすいません。あやふやな知識や伝聞、推測が多々あります。)
> 山尾しおりサイドの不正使用したとされた秘書は本当に自分の意思でやっていたのか?
> 明確な指示が無くても、暗黙の指示に近い不当な圧力をかけた結果、秘書が独断で動く羽目になった可能性はないのか?
> なぜ、無断で政務費用を流用したのに山尾しおり事務所は訴追しないのか(最低、横領の罪を問えるのになぜしないのか?無断であればなおさら、しっかりとけじめをつけて、問題をしっかりと決着するのが普通。)
> 件の秘書は今はどうなっているのか?
> (友として愛される事がないように、保守陣営は身柄の確保のために動くべきではなかったか?)
> 田母神事務所を不正な動きをしたとして捕まえた検察はなぜ、山尾しおりについて、そのレベルの追及をしないのか?
> そもそも、そんな不正な資金使用が可能な緩い事務所の運営しか出来ない政治家に任せる事が出来るのか?
> 週刊誌的には追う価値があるとは思いますね。
>
> 実は不倫問題と不正使用秘書問題はバーターかもしれないですね。
>
> 不倫問題は立候補可能なダメージですが、不正使用秘書問題は政治的に命がなくなりますからね。
>
> 俺が思い付くくらいだから、何人も山尾しおりを食い散らかして銭に変えたい連中には事欠きません。
> 数ヶ月後、次点上がりや再選挙がある可能性は否定はしません。


山尾事案、もっと前に手をつけるべきでした。
田母神が告発された時期に、山尾も告発されるべきだったと思います。
管理人 |  2017.10.30(月) 18:19 | URL |  【編集】

不倫問題はそれ自体が今は両刃之剣ですからね

ガソリン秘書問題を追い詰めるべきでしたね。

不倫問題は個人の問題であり、それを公的な問題に持っていくのは、裁判までと言われると、一定の層には訴求力が薄くなる。
これを是としないなら、誰もが追及を否定しない経費の不正使用問題で嫌らしい点をつくのが良い。

前提条件として、疑問はいくつかある。(間違った事実関係で理解していた場合はすいません。あやふやな知識や伝聞、推測が多々あります。)
山尾しおりサイドの不正使用したとされた秘書は本当に自分の意思でやっていたのか?
明確な指示が無くても、暗黙の指示に近い不当な圧力をかけた結果、秘書が独断で動く羽目になった可能性はないのか?
なぜ、無断で政務費用を流用したのに山尾しおり事務所は訴追しないのか(最低、横領の罪を問えるのになぜしないのか?無断であればなおさら、しっかりとけじめをつけて、問題をしっかりと決着するのが普通。)
件の秘書は今はどうなっているのか?
(友として愛される事がないように、保守陣営は身柄の確保のために動くべきではなかったか?)
田母神事務所を不正な動きをしたとして捕まえた検察はなぜ、山尾しおりについて、そのレベルの追及をしないのか?
そもそも、そんな不正な資金使用が可能な緩い事務所の運営しか出来ない政治家に任せる事が出来るのか?
週刊誌的には追う価値があるとは思いますね。

実は不倫問題と不正使用秘書問題はバーターかもしれないですね。

不倫問題は立候補可能なダメージですが、不正使用秘書問題は政治的に命がなくなりますからね。

俺が思い付くくらいだから、何人も山尾しおりを食い散らかして銭に変えたい連中には事欠きません。
数ヶ月後、次点上がりや再選挙がある可能性は否定はしません。
Suica割 |  2017.10.29(日) 19:45 | URL |  【編集】

Re: 悪評は無名に勝る

> 自民の対立候補は山尾の不道徳を派手に糾弾して耳目を集めるべきでしたが、そういうことをしたという話を聞きませんね…実際どうだったのでしょう
> どうも保守の方々は実利を取るより高潔さに拘って損する場合が多い気がします
> 政治は結果が全てなのに…


左翼が手段を選ばないのに対し、保守派はナイーブ過ぎます。
手段を選ばない左翼が一番怒るのは、裏切りではないかと思います。
管理人 |  2017.10.29(日) 14:14 | URL |  【編集】

悪評は無名に勝る

自民の対立候補は山尾の不道徳を派手に糾弾して耳目を集めるべきでしたが、そういうことをしたという話を聞きませんね…実際どうだったのでしょう
どうも保守の方々は実利を取るより高潔さに拘って損する場合が多い気がします
政治は結果が全てなのに…
 |  2017.10.28(土) 23:19 | URL |  【編集】

Re: 取れる票すら取りに行かないのでは勝てない

> 実現するか否かは別として、憲法改正云々以前に、大衆票獲得のための「経済、雇用、福祉政策」を高く掲げる立憲民主党や共産党(こちらは狂信者以外はあまり支持していませんが)の方が「勝ちやすい」というのは事実でしょう。
>
> 固定支持の狂信者(アンチ自民、アンチ保守、人の話を聞かず、嘘も平気でつき(本人は、自己利益の為ならば、嘘をつく事が悪いと思っていない)相手の全てに悪意があると考える疑心暗鬼の傾向が強い人)は、どうしようもないと思いますが、経済、雇用政策などの不満等で逃している票は、地方の選挙区から選出されている自民党議員個々人が、所謂「地元回り」を積極的に行っていない事が敗因なのではないかと思います。
>
> 大企業(経団連)の「組織票」があるからといって、安心していてはダメだという事です。国難の時には、全国規模で立ち向かわなければならないというのに、態々味方になる可能性がある有権者を敵に回したり、裏切ったりするのは問題ではないかと思います。
>
> マスゴミの「もりかけ捏造」等の悪質な報道犯罪(こちらは別件で立法、処罰が必要)に簡単に引っかかるような「衆愚」も問題だと思いますが、そもそも、自民党議員自体が、地元に帰った時に、その地域の有権者とあまり接していなかったり、困った事などを聞いていなければ、取れる評も取れないだろうと思います。
>
> 立民に投票した浮動票と一部、狂信者ではない反自民の票を勝ち取れれば、山尾や管、辻元等の素性の「怪しい候補者」に勝てるというのに、自民党議員は一体何をしていたのか。
>
> 立民のような詐欺染みた「誇大妄想」と「北朝鮮、支那の走狗の如く、嘘八百を並べ立てたマニフェストや、国家解体の為の隠れマニフェスト(人権擁護法案、外国人参政権、夫婦別姓など)」は、まともな有権者から見れば、嘘を見抜けますが、全ての有権者が見抜けるわけでも無く、場合によっては、ニヒリストやアナーキストのような発想しか持たない(自死願望=夢も無く、努力したがらない人々、自分は人を助けたいと思わないが、人が自分を助けるのは当たり前で、自身が幸せならば、他人が犠牲になっても良いと考える手前勝手な人間の屑等)もいる為、こういった人々が、「扇動家」、「詐欺師」、「敵国工作員」等の危険人物を選んでしまう可能性があるわけです。
>
> Suica割様が仰るように、疑惑があっても、選挙で勝てない事があるというのはその通りだと思います。ナチスドイツの指導者であった「ヒトラー」も、疑惑塗れの人物でしたが、その当時のドイツが抱えていた、民衆にとっての最大の課題である「経済、雇用、福祉」を前面に掲げて選挙で大勝しました。その結果、確かに経済は回復、雇用、福祉も改善、向上しましたが、侵略戦争とホロコーストで、ドイツ国家と民衆を道連れにしましたが。
>
> 保守層は、上品すぎるのが裏目に出る事がありますね。相手は動員、バレにくい不正等を含めて、ありとあらゆる手段(法律に触れるか触れないか、ギリギリのラインで攻防を繰り広げる)を用いて選挙を戦っているのですから、お上品に戦っていても勝てません。これらを切り崩すには、それが「不道徳」であっても、有効な手段は全て用いる必要があるでしょう。
>
> 我々は、こういった「悪徳政治家」と、それを支援する集団(狂信者、工作員等)に立ち向かう為にも、「取れる票は出来る限り取るように全力を尽くす」事が必要になると思います。
>
> 地方選出の自民党議員は、この事を理解できているのでしょうか。どちらかというと、非常に怪しいですね。


取りに行く票を取りに行かないで落選したケース、事例で紹介したいと考えております。

管理人 |  2017.10.28(土) 19:34 | URL |  【編集】

Re: 報道記事二点から読みとくに

> これを組み合わせて考えると、山尾サイドが妙な堅調さで支持層の崩れが少なく、山尾しおりから逃げた層を自民党候補が自分のサイドに持ってこれなかった事が敗因と考えられる。
>
> 疑惑がある相手なら勝てると思うヤツが多いが、疑惑があっても選挙に勝てたパターンもあることを理解しておくべきである。


そのとおりです。
自民側そして支持者たちは、最後のトドメをささず、油断したか、フェアプレーに徹したのが間違いでした。
管理人 |  2017.10.28(土) 06:26 | URL |  【編集】

取れる票すら取りに行かないのでは勝てない

実現するか否かは別として、憲法改正云々以前に、大衆票獲得のための「経済、雇用、福祉政策」を高く掲げる立憲民主党や共産党(こちらは狂信者以外はあまり支持していませんが)の方が「勝ちやすい」というのは事実でしょう。

固定支持の狂信者(アンチ自民、アンチ保守、人の話を聞かず、嘘も平気でつき(本人は、自己利益の為ならば、嘘をつく事が悪いと思っていない)相手の全てに悪意があると考える疑心暗鬼の傾向が強い人)は、どうしようもないと思いますが、経済、雇用政策などの不満等で逃している票は、地方の選挙区から選出されている自民党議員個々人が、所謂「地元回り」を積極的に行っていない事が敗因なのではないかと思います。

大企業(経団連)の「組織票」があるからといって、安心していてはダメだという事です。国難の時には、全国規模で立ち向かわなければならないというのに、態々味方になる可能性がある有権者を敵に回したり、裏切ったりするのは問題ではないかと思います。

マスゴミの「もりかけ捏造」等の悪質な報道犯罪(こちらは別件で立法、処罰が必要)に簡単に引っかかるような「衆愚」も問題だと思いますが、そもそも、自民党議員自体が、地元に帰った時に、その地域の有権者とあまり接していなかったり、困った事などを聞いていなければ、取れる評も取れないだろうと思います。

立民に投票した浮動票と一部、狂信者ではない反自民の票を勝ち取れれば、山尾や管、辻元等の素性の「怪しい候補者」に勝てるというのに、自民党議員は一体何をしていたのか。

立民のような詐欺染みた「誇大妄想」と「北朝鮮、支那の走狗の如く、嘘八百を並べ立てたマニフェストや、国家解体の為の隠れマニフェスト(人権擁護法案、外国人参政権、夫婦別姓など)」は、まともな有権者から見れば、嘘を見抜けますが、全ての有権者が見抜けるわけでも無く、場合によっては、ニヒリストやアナーキストのような発想しか持たない(自死願望=夢も無く、努力したがらない人々、自分は人を助けたいと思わないが、人が自分を助けるのは当たり前で、自身が幸せならば、他人が犠牲になっても良いと考える手前勝手な人間の屑等)もいる為、こういった人々が、「扇動家」、「詐欺師」、「敵国工作員」等の危険人物を選んでしまう可能性があるわけです。

Suica割様が仰るように、疑惑があっても、選挙で勝てない事があるというのはその通りだと思います。ナチスドイツの指導者であった「ヒトラー」も、疑惑塗れの人物でしたが、その当時のドイツが抱えていた、民衆にとっての最大の課題である「経済、雇用、福祉」を前面に掲げて選挙で大勝しました。その結果、確かに経済は回復、雇用、福祉も改善、向上しましたが、侵略戦争とホロコーストで、ドイツ国家と民衆を道連れにしましたが。

保守層は、上品すぎるのが裏目に出る事がありますね。相手は動員、バレにくい不正等を含めて、ありとあらゆる手段(法律に触れるか触れないか、ギリギリのラインで攻防を繰り広げる)を用いて選挙を戦っているのですから、お上品に戦っていても勝てません。これらを切り崩すには、それが「不道徳」であっても、有効な手段は全て用いる必要があるでしょう。

我々は、こういった「悪徳政治家」と、それを支援する集団(狂信者、工作員等)に立ち向かう為にも、「取れる票は出来る限り取るように全力を尽くす」事が必要になると思います。

地方選出の自民党議員は、この事を理解できているのでしょうか。どちらかというと、非常に怪しいですね。
西 |  2017.10.28(土) 00:18 | URL |  【編集】

報道記事二点から読みとくに

https://www.google.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/13792098/#ampshare=http://news.livedoor.com/article/detail/13792098/

この記事から言えることは、そんな小細工にコロリと騙されたある意味愛すべきバカどもが多かった。
しっかりせいよと言いたくなる。

http://www.sankei.com/smp/politics/news/171025/plt1710250034-s1.html

この記事を素直に読みとくに、開票に不正が無かったが、予想以上に山尾しおり自身への抗議が多く、愛知県の無効票の平均値を上回る原因となるくらいに個人批判票獲得率が顕著な異常値を示していた。
山尾不倫女だけで、泡沫候補(マック赤坂など)数人分の得票があったのかもしれない。

これを組み合わせて考えると、山尾サイドが妙な堅調さで支持層の崩れが少なく、山尾しおりから逃げた層を自民党候補が自分のサイドに持ってこれなかった事が敗因と考えられる。

疑惑がある相手なら勝てると思うヤツが多いが、疑惑があっても選挙に勝てたパターンもあることを理解しておくべきである。

田中角栄はロッキード疑惑がありながら、何回も選挙に勝っている。

個人的には、山尾しおりサイドの動員者の鬱憤晴らしによる異常値のために猛抗議を受ける選管の人は気の毒と思う。
Suica割 |  2017.10.26(木) 20:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/714-1416e65d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |