FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.10.24 (Tue)

視聴者意見を意見として認識できない「言論封殺癖のある田原総一朗」 ボイコット運動に発展か?

拙ブログ管理人は、マスコミへの抗議活動は、高校生時代から行った実績がある。
が、彼らマスコミは、当時から自分たちに向けられた批判を批判として認識しておらず、抗議そのものを受付、集計処理していないことに気づいていた。



当時の抗議電話の私の発言の一部を紹介する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・対A新聞社
A新聞社の●●の報道について、読者としてこの報道はおかしいと指摘しているのに、こういう意見を持つ読者がいることをA新聞社として認識できないのか?
読者の意見を読者の意見としてA新聞社は認識できないのか?
報道スタンスとしてあくまで偏向していないとA新聞社は主張するのか?
読者の意見を読者の意見であるとして、A新聞社は受付、集計しないのか?

・対テレビ局
N局の●●の報道について、視聴者としてこの報道はおかしいと指摘しているのに、こういう意見を持つ視聴者がいることをN局は認識できないのか?
視聴者の意見を視聴者の意見としてN局は認識できないのか?
報道スタンスとしてあくまで偏向していないとN局は主張するのか?
視聴者の意見を視聴者の意見であるとして、N局は受付、集計しないのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今から20年前のマスコミの読者、視聴者対応実態は、こうだったのである。
抗議電話そのものを受け付けず、集計せず、しかるべき部署への伝達も怠ったのである。
今は、マスコミ側の対応は改善された。



しかし、田原総一朗は、依然として20年前かそれ以前の時代の感覚で、討論番組の番組司会を担当することが多い。
田原総一朗の番組において、自分の意に染まない意見、リハーサル上想定していない意見については、発言を遮るか、強制的にCMを入れたりなどの措置が、随時繰り返し行われてきたこと、ご存じであろう。


要するに、言論封殺するのである。


また、田原総一朗は護憲派であると言われている。
そう考えると、護憲派が表現の自由を否定する、言論封殺を主導する点において、ダブルスタンダードであると言わざるを得ない。

産経記事で、番組内で司会を務める田原総一朗が視聴者意見に激怒したことが報道された。

―― 参考情報 ――――――――――

田原総一郎氏、選挙特番で視聴者意見に激怒「野党が酷すぎるって何だよ!」
http://www.sankei.com/politics/news/171024/plt1710240028-n1.html

―――――――――――――――――


私は、田原総一朗出演番組は見ない主義である。

なぜなら、田原総一朗を100%ボイコットしているからである。

ちなみに、今回の衆議院選挙、私は、ネットで静かに情報収集し、選挙特集番組はまったく見ていない。

今後、ネット界を中心に「田原総一朗ボイコット運動」が発足、言論封殺癖のある田原総一朗を徹底的に吊し上げる事態に発展することを期待する。

極論すると、かつて田原総一朗がしたように、田原総一朗が何を言おうと、田原総一朗の話すべて途中で遮ぎる、「田原総一朗の話だけは最後まで聞かず遮る」という事態続出となることを予想していることを指摘し、本稿を終える。

以上


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

12:31  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

Re: まあ、民主党は迷走し過ぎてましたから、野党が酷いのは正しい

> 安保関係で憲法違反の立法だとか言ってましたけど、外国人参政権の問題で民主党はやらかしてましたからね。
>
> 国民国家型の憲法では、参政権は国民固有のものなのに、外国人にも与えようとする憲法違反をやろうとしてましたから。
>
> いろいろと意見はあるでしょうが、そのときに与党にいながらも、堂々と外国人参政権を憲法違反だと意思表明し、反対を行った与謝野馨の業績には、感謝と称賛を今でも持っています。
>
> 辺野古の問題もこじらせたのは誰か良く覚えておきましょう。
>
> 米国と協議して、県外に持って行きます。
> そのために、アメリカに行って話をしてきます。
> でも、出来なかったら、そのままです。
>
> ならば、あれだけの騒ぎが起きなかったのに、言い切って実行しようとした事が今まで混乱を招いていることを踏まえると、民主党は不味い土産を残していったという感にたえないです。
>
> 田原総一郎個人の問題としては、根拠ない言い切りが多いですね。
> 野党が酷すぎる。馬鹿言うんじゃねえ。
> そういうなら、そういう根拠を出して言え。
> 理由なく酷いなんていうのは中傷だ。
>
> までなら、そうまで反発は無かったと思いますね。
>
> あの老人、謙虚さと物言いの丁寧さに欠けているのは確かでしょう。

田原総一朗は、自分の頭で考えることができない、80~65歳の人たちに向かってしゃべっていると思います。
馬鹿が馬鹿相手に語る、そんな印象です。

管理人 |  2017.10.28(土) 06:22 | URL |  【編集】

まあ、民主党は迷走し過ぎてましたから、野党が酷いのは正しい

安保関係で憲法違反の立法だとか言ってましたけど、外国人参政権の問題で民主党はやらかしてましたからね。

国民国家型の憲法では、参政権は国民固有のものなのに、外国人にも与えようとする憲法違反をやろうとしてましたから。

いろいろと意見はあるでしょうが、そのときに与党にいながらも、堂々と外国人参政権を憲法違反だと意思表明し、反対を行った与謝野馨の業績には、感謝と称賛を今でも持っています。

辺野古の問題もこじらせたのは誰か良く覚えておきましょう。

米国と協議して、県外に持って行きます。
そのために、アメリカに行って話をしてきます。
でも、出来なかったら、そのままです。

ならば、あれだけの騒ぎが起きなかったのに、言い切って実行しようとした事が今まで混乱を招いていることを踏まえると、民主党は不味い土産を残していったという感にたえないです。

田原総一郎個人の問題としては、根拠ない言い切りが多いですね。
野党が酷すぎる。馬鹿言うんじゃねえ。
そういうなら、そういう根拠を出して言え。
理由なく酷いなんていうのは中傷だ。

までなら、そうまで反発は無かったと思いますね。

あの老人、謙虚さと物言いの丁寧さに欠けているのは確かでしょう。

Suica割 |  2017.10.26(木) 12:18 | URL |  【編集】

Re: もう引退するべき年齢だと思いますね

> 故三宅先生も、傘寿(80歳)を過ぎたあたりで、メディアや言論界の第一線から退いたみたいですし、田原総一郎も、この歳になって、体も若い時ほど元気でもないでしょうし、何をでしゃばっているのか、若い世代に譲ればいいのにと思う事が多いですね。
>
> そもそも、あんな、よぼよぼの爺さんの、癇癪めいた「説教」を聞きたいと思う「若者」がいるのだろうかと思います。
>
> 最近の氏は、時々言論誌に投稿する事はあっても、以前ほど覇気のようなものを感じさせる事も無くなってきましたし、首相官邸に直談判のようなものをしに行ったと言っていましたが、何がしたかったのかよく分からず、単に「年寄りの話を聞け」というようにしか映りませんでした(癇癪めいた話をされても困るのですがね)。
>
> どう考えても、テレビ全盛期の旧世代の人ですし、現在、どれほど影響力があるのか知りませんが、言論誌を含めてあまり登場しない所から見ると、引退するべき頃合いなのではないかと思いますね。
>
> 結局、「タブーに挑戦」などという、威勢の良いスローガンを掲げていた割には、30年くらい前ですが、オウムをゲストに招いても、(そのすぐ後辺りに、サリンによるテロが起きて、警察沙汰になったにもかかわらず)その闇に切り込まず、所謂戦後レジームの正体(東京裁判史観)とやらに気付かず、未だに敗戦の衝撃で、自身のアイデンティティが吹っ飛んだために、それを受け入れ続けている田原など、そもそもメディアをけん引するような人物でも無く、保守側も熱心に相手にするような価値があったとは思えない人物だと思います。


許されるなら、報道番組を通じて、田原総一朗をボイコットないし追放するというタブーに挑戦したいくらいです。
管理人 |  2017.10.25(水) 10:04 | URL |  【編集】

もう引退するべき年齢だと思いますね

故三宅先生も、傘寿(80歳)を過ぎたあたりで、メディアや言論界の第一線から退いたみたいですし、田原総一郎も、この歳になって、体も若い時ほど元気でもないでしょうし、何をでしゃばっているのか、若い世代に譲ればいいのにと思う事が多いですね。

そもそも、あんな、よぼよぼの爺さんの、癇癪めいた「説教」を聞きたいと思う「若者」がいるのだろうかと思います。

最近の氏は、時々言論誌に投稿する事はあっても、以前ほど覇気のようなものを感じさせる事も無くなってきましたし、首相官邸に直談判のようなものをしに行ったと言っていましたが、何がしたかったのかよく分からず、単に「年寄りの話を聞け」というようにしか映りませんでした(癇癪めいた話をされても困るのですがね)。

どう考えても、テレビ全盛期の旧世代の人ですし、現在、どれほど影響力があるのか知りませんが、言論誌を含めてあまり登場しない所から見ると、引退するべき頃合いなのではないかと思いますね。

結局、「タブーに挑戦」などという、威勢の良いスローガンを掲げていた割には、30年くらい前ですが、オウムをゲストに招いても、(そのすぐ後辺りに、サリンによるテロが起きて、警察沙汰になったにもかかわらず)その闇に切り込まず、所謂戦後レジームの正体(東京裁判史観)とやらに気付かず、未だに敗戦の衝撃で、自身のアイデンティティが吹っ飛んだために、それを受け入れ続けている田原など、そもそもメディアをけん引するような人物でも無く、保守側も熱心に相手にするような価値があったとは思えない人物だと思います。
西 |  2017.10.25(水) 01:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/710-f7b02cdb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |