FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.04.08 (Mon)

統一地方選挙結果について(雑感)

本稿は、今回の統一地方選挙に関する雑感。

今回の統一地方選挙、野党系の足並みがそろわず、かつ野党主力の立憲民主党の支持率低下などがあり、選挙区によっては自民系候補が票を上積みする結果となった。

落選した自民党候補、票を大幅に減らした自民党候補は、支持層から嫌われる何かをしたか、他に有力な候補がいたのでそちらに票が流れたとみていいだろう。人気ない候補は勝てるはずがないのである。

複数の候補者を眺めていて気がついたことだが、自民党公認で票がとれる候補、票をとりやすい候補には、共通した特徴があると思う。

ここで言う、「票がとりやすい候補」は、自民党支持層だけでなく、無党派層、民主系支持層の票をとれる候補者のことをイメージしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

票をとりやすい自民党候補のイメージ

・年齢は40歳台
・タレント性を有する
・さわやかなルックス
・真面目そうな人柄
・それなりの学歴
・そこそこ政策にも詳しい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一言で言うと、「誰にでも好かれる優等生タイプ」である。


知事選候補の場合、従来は官界出身で、その地に根付き、公共工事予算に詳しく、有力な団体と付き合いの深い学卒エリートが、天下り感覚で立候補する時代だったが、票をとりやすい候補が確保できた場合は、官界エリート候補の出番はなくなった。

「票をとりやすい候補」と、「正しいことを言っているが、票をとれるのが保守層に限定される候補」がいたとして、公認過程から、自民党本部は前者を欲しがっていると私は受け止めている。それは、直後に控えた参議院選挙で無事勝利するためである。

対照的に、立憲民主党、国民民主党は支持率低迷のためか、民主党時代ほどの存在感がない。国民各層に、半島系帰化議員だらけではないか、ひょっとすると二重国籍議員だらけではないかという認識が、30代、40代中心に広まった結果ではないか。

公明党は、複数の選挙区で前回と比較した結果から判断すると、今のところ微増、微減状態にある。ひょっとすると、過疎地から支持層を転居させてやりくりしているのかもしれない。
これに対し、複数の選挙区で前回の獲得票と比較した結果から、共産党、市民ネットワークは退潮傾向にある。皆様の選挙区ではどうであろうか。

日本第一党、NHKから国民を守る党の動向については、別途分析予定。

まとめとなるが、今回の統一地方選挙での安定的な勝利をきっかけに、「票を取れるのが保守層に限定される(官界出身の)候補者」ではなく、「票をとりやすい候補者」を優先公認するなど、自民党本部の公認方針変更本格化を予想するのである。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

09:43  |  選挙結果  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |