FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019.03.23 (Sat)

キリスト教の反日のルーツ

最近知ったことなのであるが、キリスト教の反日のルーツとして、最低でも三つあり、今後の日本の政治情勢に大きな悪影響を与えかねない要因として、それぞれ断片的情報となるが、認識しておくべきと思う。




■戦国時代以降 イエズス会ルート

イエズス会として歴史的に布教活動が根付かないことへの焦り?
歴史的にキリスト教禁教とされたことへの怨念?

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49492?page=3

日本人がキリスト教を「拒絶」した本当の理由

根をおろすことは不可能
議論として興味深いのは、フェレイラがロドリゴに語る日本人のメンタリティに関する分析だ。

<「二十年間、私は布教してきた」フェレイラは感情のない声で同じ言葉を繰りかえしつづけた。

「知ったことはただこの国にはお前や私たちの宗教は所詮、根をおろさぬということだけだ」

「根をおろさぬのではありませぬ」司祭は首をふって大声で叫んだ。「根が切りとられたのです」

だがフェレイラは司祭の大声に顔さえあげず眼を伏せたきり、意志も感情もない人形のように、

「この国は沼地だ。やがてお前にもわかるだろうな。この国は考えていたより、もっと怖ろしい沼地だった。どんな苗もその沼地に植えられれば、根が腐りはじめる。葉が黄ばみ枯れていく。我々はこの沼地に基督教という苗を植えてしまった」>

フェレイラが言う「日本は怖ろしい沼地だ」という指摘は、決して悪い意味だけに受け取ることはできない。日本が中国に近接し、漢字、仏教、律令などの中国文明の成果物を受け入れつつも、中国や中国人に同化しなかったのは、フェレイラが「沼地」と表現するところの強固な日本文化があるからだ。

明治維新以後、日本は近代化の道を急速に歩んだ。そして第二次世界大戦に敗北した後は、欧米を中心とする先進国と共通の価値観を有していることになっている。しかし、人権や家族に対する感覚、経営スタイルなど日本固有の文化を脱構築することは不可能だ。言い換えるならば、日本という「泥沼」でも生きていくことが出来るように品種改良された苗しかこの国には根付かない。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■満州事変時代以降 中国で布教活動していたアメリカキリスト教会ルート

宗派不明であるが、中国で布教活動していたアメリカキリスト教会の宣教師が反日を煽ったとする情報がある。

―― 参考情報 ――――――――――

反日の元凶
http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1863.html

七面鳥と南京事件
http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1794.html

―――――――――――――――――

特に重要なのは、以下の記述。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1863.html

キリスト教のアメリカ人宣教師らが募金を募って中国へ布教に渡り、現地に根付いて行った点をご紹介した。そこでなかなか布教実績が上がらないことへ対して「中国人への布教は諦めた方が良いのではないか」「帰国した方が良くはないか」といった声がアメリカ国内で上がり始めたこと。そのための献金の集まりが鈍ったこと。それに対する危機感が中国へ渡っていた宣教師たちに広がったこと。すでに中国で生まれた2世の世代になっていた彼らは、アメリカに帰っても住環境も社会的地位も何もない。帰るわけには行かなかった。それらを理由として、当時国民党を相手に戦っていた日本を悪者にして「中国人民は苦しめられていて救けが必要だ」とウソの報告をして「だからもっと献金を集めてくれ」「東アジアの平和のために日本を苦しめてくれ」という報告を打電していたこと。そういったデマが、韓国から上海に来ていた独立運動家らの耳にも入って「これは使える」と直感したこと。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



■戦後 日本に大量密航した在日朝鮮人と韓国キリスト教会の連携によるもの

戦後、朝鮮半島出身の人の相当数が、日本のキリスト教会の宣教師、牧師となっていると考えれば、日本のキリスト教会施設にて、靖国問題、神社訴訟、慰安婦問題等の集会が行われてきたことが説明つきやすいのではないか。洗礼を予定されている方におかれては、宣教師、牧師に対し、出身地、帰化の有無をお聞きすべきと思う。


―― 参考情報 ――――――――――

SDHF Newsletter No.237J 韓国呪術と反日4  
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-627.html

―――――――――――――――――

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 新興宗教・カルト・その他アングラ - ジャンル : 政治・経済

08:37  |  反日活動  |  コメント(2)

Comment

Re: キリスト教自体は「政治宗教」では無かった

> キリスト教自体は元々「政治的」なものではなく、「世俗宗教」のようなものだったみたいなのですが、どうもアジア(日本を含む)の「キリスト教会」は、「政治臭さ」が強いみたいで、この原因が何なのかが良く分からないんですよね。
>
> 西欧でもキリスト教に対する考え(思想)が様々で、そこから様々な「哲学」が生まれ出てきたわけですが、この「哲学」というのが曲者で、未だに「決着」がついていない要素が多すぎるんですよね(もともと「哲学」自体はキリスト教的倫理観に対する考察から始まったものですからね)。
>
> ただ、西欧でも政治色が強いものはありますが、それは「カトリック(王権、教会派)」だと思います。
>
> キリスト教徒でも色々いるので、必ずしも「政治的」な「宗派」に「肯定的」というわけでは無いと思うのですが、何故か知りませんが、この「カトリック」については、「政治的」な色合いが妙に強いところがありますからね(プロテスタントは政治色はやや緩いですが、政治的には自由主義的傾向が強いですね)。
>
> 韓国のキリスト教会が「カトリック」、支那のキリスト教(プロテスタント?)、日本の「キリスト教会」の「反日ルーツ」が「キリスト教」の「政治的側面」にあるように思いますね。
>
> ただ、日本からキリスト教会を追放しようとしても、結構面倒な問題(キリスト教的な紐帯)がある為、厳しいと思います。
>
> やるならば、「キリスト教」の「政治的側面(キリスト教の負の側面、ニーチェが指摘した)」を否定していくのが良いのではないかと思いますね。


ある時から、キリスト教の一派が、植民地支配、民族支配、政治支配、金融支配を目論んだと考えれば、説明がつきそうですね。
管理人 |  2019.03.25(月) 11:51 | URL |  【編集】

キリスト教自体は「政治宗教」では無かった

キリスト教自体は元々「政治的」なものではなく、「世俗宗教」のようなものだったみたいなのですが、どうもアジア(日本を含む)の「キリスト教会」は、「政治臭さ」が強いみたいで、この原因が何なのかが良く分からないんですよね。

西欧でもキリスト教に対する考え(思想)が様々で、そこから様々な「哲学」が生まれ出てきたわけですが、この「哲学」というのが曲者で、未だに「決着」がついていない要素が多すぎるんですよね(もともと「哲学」自体はキリスト教的倫理観に対する考察から始まったものですからね)。

ただ、西欧でも政治色が強いものはありますが、それは「カトリック(王権、教会派)」だと思います。

キリスト教徒でも色々いるので、必ずしも「政治的」な「宗派」に「肯定的」というわけでは無いと思うのですが、何故か知りませんが、この「カトリック」については、「政治的」な色合いが妙に強いところがありますからね(プロテスタントは政治色はやや緩いですが、政治的には自由主義的傾向が強いですね)。

韓国のキリスト教会が「カトリック」、支那のキリスト教(プロテスタント?)、日本の「キリスト教会」の「反日ルーツ」が「キリスト教」の「政治的側面」にあるように思いますね。

ただ、日本からキリスト教会を追放しようとしても、結構面倒な問題(キリスト教的な紐帯)がある為、厳しいと思います。

やるならば、「キリスト教」の「政治的側面(キリスト教の負の側面、ニーチェが指摘した)」を否定していくのが良いのではないかと思いますね。
西 |  2019.03.25(月) 01:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |