FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.12.11 (Tue)

外国人に対して手厚くすべきと言うなら「特別永住者だけの健康保険制度」が必要ではないのか

私は、別に特別永住者に対し、嫌悪感や敵対心を抱いている訳ではない。

左翼国会議員や朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道などの論説主幹たちが、(日本人は)外国人に配慮するべきだ、多文化共生であるべきだ、異民族に寛容であるべきだと言えば言うほど、①所得税を支払っている特別永住者が支払っている健康保険料の総額、②生活保護を受けている特別永住者のために要する健康保険料総額が、実際どうなっているのか、知りたい気持ちに傾いてきている。



実際、上記①、②がどうなっているのか、はっきりしない中で、外国人に配慮せよという左翼国会議員、新聞社の論説主観の主張に、無条件かつ無制限に賛同する訳にはいかない。



国会での採決が真夜中になることが常態化している中で、残業コストが初めて明らかになったこともあり、上記①、②のコストは大まかでも試算しようと思えばできるように思う。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.sankei.com/politics/news/181211/plt1812110003-n1.html

徹夜国会の「コスト」公表へ 維新が11日に開示要求

2018.12.11 01:18|政治|政局

 日本維新の会は10日、改正出入国管理法の審議に伴う7~8日の「徹夜国会」の際の国会職員の残業状況や超過勤務手当総額について、11日に衆参両院に対して開示を求める方針を決めた。深夜や未明の国会攻防のコストを明示し、与野党に自重を促す狙いがある。

 大島理森衆院議長に対し「合理的な判断に基づいた議会運営」などを求める申し入れも行う。維新の遠藤敬国対委員長は「与野党を問わず、多額の税金が使われている実態を認識すべきだ」と話している。

 維新は今年3月にも、平成30年度予算案の衆院採決をめぐり攻防が繰り広げられた2月26日夜~27日未明の残業状況の開示を要求。衆参両院などの職員905人が残業し、超勤手当が計1747万円に達したことが明らかになっている。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



言わんとしていることは極めて簡単なことだ。

特別永住者を含め、外国人に配慮すべきだと言うなら、政府として支援措置と内容を明確にするためにも、特別永住者のための健康保険料制度が存在してしかるべきだ。



特別永住者分を含め外国人に配慮すべきだと言うなら、納付されている特別永住者の納付額総額、生活保護を受けている特別永住者のために要する健康保険料総額が、明らかにされ国会にて不足分の健康保険料総額の予算措置と原資が示され、国会での議決を経て決定されるべきと思う。



日本人が支払う健康保険料は特別永住者とは無関係にしてほしいのだ。なぜなら、日本人の国民健康保険料は、後期高齢者支援分だけで35%加算されており、とてもではないが支援継続に賛同する気はない。政府が、上記①、②を勘案して政策的に支援総額を決めるべきなのだ。

政府支援しても大幅に不足するなら、特別永住者が経営する企業の法人税、特別永住者の所得税を大幅に引き上げたり、特別永住者が多いと噂されるマスコミ(特にNHK職員)、電通関係、教職員などの高収入の特別永住者の健康保険料について、特別永住者生活保護受給者の健康保険料も負担させるべく、2倍化、3倍化させるアイデアがあっていいのではないか。


―― 参考情報 ――――――――――

【政界徒然草】穴だらけの外国人医療費、野党は真逆主張
https://www.sankei.com/premium/news/181207/prm1812070010-n1.html

―――――――――――――――――



まず、①所得税を支払っている特別永住者が支払っている健康保険料の総額、②生活保護を受けている特別永住者のために要する健康保険料総額を明らかにし、そのうえで政府支援金額の規模を検討する、それが民主主義的ルールに沿った、特別永住者を含めた外国人について国家として配慮した意思決定の方法であろうと言いたいのである。



まして、団塊世代が後期高齢者世代となる状況で、今までのような、国籍別に管理しない、丼勘定みたいな健康保険会計のままでは、外国人医療費の根本問題が解決には程遠いと思えて仕方がないのである。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

05:28  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

Re: そもそも外国人の保険料は別途徴収するべき

> 外国人については、日本人と同等の権利を得る為に「それ相応」の努力をしなければ得られないようにするべきだと思います。
>
> 保険料も年金もそうですが、国民が平等に負担することによって維持している制度を、一文も払っていない「外国人」が「タダ乗り」するようでは「不平等」だろうと思います(日本人にとっても保険料は結構高いのに、タダで乗られたら泥棒された気分になるはずです)。
>
> 他にも日本人が負担している制度は多数あるはずですが、それらがどうなっているのか調べてみる必要がありそうですね。

少しずつですが、外国人にタダ乗りされている他の制度について問題提起したいと思っています。
管理人 |  2018.12.13(木) 14:40 | URL |  【編集】

そもそも外国人の保険料は別途徴収するべき

外国人については、日本人と同等の権利を得る為に「それ相応」の努力をしなければ得られないようにするべきだと思います。

保険料も年金もそうですが、国民が平等に負担することによって維持している制度を、一文も払っていない「外国人」が「タダ乗り」するようでは「不平等」だろうと思います(日本人にとっても保険料は結構高いのに、タダで乗られたら泥棒された気分になるはずです)。

他にも日本人が負担している制度は多数あるはずですが、それらがどうなっているのか調べてみる必要がありそうですね。
西 |  2018.12.12(水) 01:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1227-7b9023e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |