FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.11.18 (Sun)

お歳暮配達要員不足に係わる提言

イオンがお歳暮配送のための要員確保に苦慮しているようだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37639130S8A111C1I00000/?nf=1

 イオン、歳暮11月配送 顧客に「お願い」配達員不足で

イオンは歳暮の配送を11月中に前倒しして申し込むよう顧客に協力を求める。同社の場合、12月に配送する歳暮が7割に上るが、5割にまで減らすことを目指す。配送を担う宅配大手は人手不足が深刻。配送時期が集中すれば、配達遅れなどが生じイオンの顧客の不満にもつながりかねない。小売り大手が率先して「宅配危機」の緩和に取り組む動きが出てきた。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


日本郵便は翌日配達エリア縮小の検討に入ったそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37782310V11C18A1EE8000/?nf=1

 郵便配達、翌日届くエリア縮小検討 日本郵便

日本郵便は封書やはがきなどの普通郵便を投函(とうかん)の翌日に配達する割合を減らす検討を始めた。人手不足に対応し、郵便の仕分けなどの深夜に及ぶ勤務を縮小するためだ。現場の過剰な負担を軽減し、郵便サービスの適正な水準を探る。配達を平日のみにする制度改正も総務省に要望する方針だ。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

制度変更する視点からの検討が為されたのは意義深い。なぜなら、翌日配達は、速達とさして変わりがないからである。



宅配要員的に、引き当て可能な要員を、過去記事の提言から抽出したい。

―――――――――――――――――


労働力不足解消策(案)

・携帯料金4割引き下げに伴う、携帯ショップ要員効率化
・パチンコ店廃業促進
・NHK娯楽番組廃止

・過疎地自治体合併等推進

・義務教育について、社会、語学等について通信教育化、内申点制度の廃止、OB教師の活用等による教員削減
・国立大学の統廃合、国立大学文系学部の旧一期校集約等による大学教官、大学職員等の削減
・文科省要員の半減(義務教育、国立大学効率化等)

・小売業界 24時間営業・深夜営業廃止
・貨物輸送 JR貨物輸送への転換強化
・宅配 再配達の窓口受け取り化

・銀行業界 キャッシュレス取引の推進

・都心等の深夜営業廃止(地方は除外)

・外国人労働者に依存している事業について要員効率化した場合、税制面で優遇する(一定期間)


―――――――――――――――――



西さんの見解も参照しておきたい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1189.html#comment1755

ロボット化でも対応可能なものも多いと思います

建設や造船業の作業の多くは「ロボット化」というのも可能ではないかと思っています。実際、自動車製造業などは、その傾向がかなり強いですし、高度なスキルが必要なもの以外は、ロボット、自動化でも良いでしょう。

介護や看護も、場所の移動などに意外と労力と人員を割く(寝たきりの人などを移動させるのに複数人で移動させることもある)らしいので、ロボット対応も考えるべきだろうと思います(移動だけならば、作業者が一人いれば可能)。

小売業も一部ロボットや自動化も可能ではないでしょうか。レジ打ち程度であれば、ロボットにやらせても良いはずです。

農林水産業の「仕分け作業」なども、人間がやらなくても可能なものは自動化させればいいと思います(鮮度、不良品検査などは人間が行います)。

宿泊業については、予約管理業務は「自動化」でほぼワンマン可能、接客、料理の仕出しなどを除けば、ホテル内の清掃(部屋の清掃は少し人員を割きますが)、風呂の温度管理なども、多くは自動化で対応可能でしょう。

とにかく、人数や労力を割く割には「大した作業でもない」ものや、重労働軽減などに「ロボット活用」の場は多いのではないかと思いますね。


西 |  2018.11.13(火) 01:43 | URL |

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


無人店舗化という手法があったことを思い出した。コンビニで実験中である。

これらの情報を勘案した結果、宅配業界の要員不足については、携帯ショップ要員、パチンコ店廃業関連、NHK娯楽番組廃止、都心の深夜営業廃止、コンビニ無人化による効率化などで引き当てることが可能と思う。大事なお歳暮だと考えると。社会的に信用を失っている、ニートにお歳暮を配達して欲しいと思っている人は少ないように思う。よって、ニートを雇用すれば済むものではない。


個人的なことについては、お歳暮ではなく、お年始にする。配達ではなく、自分で挨拶に行くなどの方法も考えられる。
また、人手不足の中で、慣例的な儀礼にこだわる必然性もなくなってきているように思う。
私は、昨年から、お歳暮ではなく、お年始とすることに切り替えた。店側からは喜ばれ、贈られた方も印象に残ったのではないかと思う。


以上

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

07:00  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

Re: 追記です

> 教師が意外と準備に手間取る宿題も、やる人はやるがやらない人はやらない。
>
> もしかしたら「中学生」か「高校生」くらいにならなければ分からないようなものが多いのかもしれません。
>
> 図工(技術)や音楽、美術(絵、彫刻など)の宿題(家庭科は裁縫の宿題があるかもしれません)などは必要ないと思います。そもそも、芸術系の科目は、元々は、一部の特殊な人の為にあるようなものなので、興味が持てない人は持てないですし、そういった子供に宿題で出したところで「やる気」は起きないでしょう。これらの出来不出来と主要五教科の学業成績とも関連があるとは言い難いです。
>
> 夏休みの宿題も、原則「主要五教科」に限定し、残りの分野は「廃止」でいいのではないかと思います。これで、教師も子供も負担が軽減できるうえに、なにをすれば良いのか分からないようなものにまで興味を持たなくて済むと思います。
>
> 漢字や英単語の書き取りの宿題なども、同じ漢字や英単語のスペルを馬鹿みたいに「何度も書かせる」などというのはやめるべきでしょう。
>
> 正直、同じものを何回も書いたところで覚えられないですし、むしろ、大量の漢字や英単語等を「一気に」覚えて、それを何周もした方が記憶の効率が良いです。何回も書いて覚える必要があるのは「覚えにくい」ものや「忘れやすい」ものだけで良いです。(ただし、英単語や漢字の書き取り試験は必要だと思います(それでも週一程度で十分))。
>
> テスト作成も、場合によっては外部業者に委託した方が良いような気がします。教師によって「授業内容」が大きく変わるとも思えませんし、そこまで「質」を求められない為、むしろ「外部」に任せることで負担軽減になるだろうと思います。
>
> 中学校以上では(場合によっては小学校も)、受験などもある為、教師の「自己満足」で試験を作ることなどできないはずですから、テストを授業内容の確認と受験準備に準拠させた方が良いだろうと思います。
>
> 宿題とテストも非効率なものが多いという事ですね。


是非、教科毎の学習指導要領を一読されることをお薦めします。
管理人 |  2018.11.21(水) 08:57 | URL |  【編集】

Re: 需要が一定していないことが一因ですね

> 一時的に需要が増えて、その分を賄えないのが大きいのではないでしょうか?
>
> 年末年始の帰省ラッシュで交通渋滞が起きたり、鉄道の混雑率が上がりすぎるように、中元や歳暮の時期は、荷物がありすぎて、処理しきれないのが実情であろうと考えます。(中国の独身の日の荷物の山のような状況)


昔はなんとかしていたことでも、今はどうにもならない、そういう時代に入ったとみなくてはなりません。
管理人 |  2018.11.21(水) 08:35 | URL |  【編集】

Re: 一方で最も重要な教育はしていない

> しかし、一方で社会生活上必ず必要な事は全く教えない(職業の選び方=お金の稼ぎ方(スポーツ選手、芸術家などで食える人は稀=公務員や会社員として働く方が遥かにまともであるという事も教えるべきだと思います)、法律(社会のルール)、絶対にやってはいけない事(犯罪、所謂汚れ仕事、水商売に就くことなど)、汚れ仕事や水商売など、やっている人も確かにいるが、一般的な人達ではなく、普通の人が入ってはいけない世界もあるという事(役所論理で教えられないのだと思います))、のは非常に大きな問題だと思います。
>
> 部活動は、それ自体を否定する気はないものの、「長時間化(多くても週3日、1日2~3時間程度の練習時間に留めるべき)、セミプロ(学生の交流試合ではなく、勝利至上主義、一部のスポーツエリートの為の選抜試合)化、学生の本業が学業であることを無視して部活を続けさせようとする行為の禁止」を行うことで人員削減できると思います。
>
> とにかく、学校の教育には非効率過ぎたり、教育効果もよく分からないのに「教員や文科省(役人)」の自己満足ではないかと思うようなものが多すぎます。これらを大幅に「最小限化、廃止」させることで、学生本来の「学業、社会生活を営む上で必要な教育」に集中することができるのではないかと思いますね。


概念的には概ね賛同します。
法規制的には、学科の概要設定、学習指導要領レベルで文章化されないと実現しません。
管理人 |  2018.11.21(水) 08:32 | URL |  【編集】

Re: 国語と算数に重きを置くべき(むしろ少なすぎる)

> 授業なども「ダラダラ」とやるべきではないと思います。正直、小学校や中学校程度の内容であれば、やろうと思えば「3年程度」で終わらせることも可能(授業進度よりも通信教育を用いた方が早い)だと思うのですが、「ダラダラ」と時間ばかりかけて授業を行う傾向が強い為、児童も生徒も、教師も「マンネリ化」しているというのが実情ではないかと思います。
>
> むしろ小・中学校段階では「国語(中学は英語も)」と「算数(数学)」の授業時間を「6~7割」、大幅に確保(もっとも重要な教科である為)し、理科社会を「2~3割」(この2教科は高校以降で本格化する為、最小限で良い)、その他(体育、音楽、美術、技術、家庭科など)を「1割」程度で十分ではないかと思います(体育は別ですが、音楽や美術などは「実技」よりも「鑑賞、講義」に重きを置くべき(もしくは重要度が低いこともある為、廃止でも良い)で、家庭科も「食育」程度にとどめるべきです、技術(図工)は若干要検討(時代の問題で(昔のように機械を一から作るような時代ではない為)そこまで技術(図工)の授業が重要なのかどうかは分からないですが、無意味であるとも思えない為))。
>
> 正直、国語や算数に関して言えば、予備校の先生などが行った方が良いのかもしれないと思うことがありますね(現代文などは鑑賞に重きを置きすぎて、読み書きの訓練にはならない)。教える側が、それらに対して無教養だったりすると、子供も「意味が分からない」と思うだけで、「新書」や「数学書」すらも読めない子供が多くできるのではないかと危惧しています。


小中校の学習指導要領をお読みになられることをおすすめします。
国語については、西さんの問題意識に応えられる、格調高いものであると思われます。
学習指導要領は、その昔、書店で購入できたので、今も購入可能と思います。
管理人 |  2018.11.21(水) 08:30 | URL |  【編集】

Re: 学校は非効率過ぎるものが多い

> 教員が多忙かつ人員不足と言われていますが、そもそも、学校の教育内容を見てみても「非効率」だったり、やる意味がよく分からない(教育効果があるのか分からないもの)が多いような気がしています。
>
> 例えば、芸術鑑賞などもそうですが、たった1回や2回、「芸術作品」を見たくらいで「芸術」に興味を持つようなことなど考えられないと思います(芸術に興味を持つ人は狂ったように熱中しますが、そうでない人には無意味に感じるものが多く、一部の人を除いて、多くの人の人生においては「趣味」程度にした方が良い事が多く、実際、芸術家を見てみても「教えられて」やる物ではないと思う事が多い(やる人は勝手にやってしまうようなもの)ですね)。
>
> 運動会や文化祭は悪くはないと思うのですが、小学校はともかく、中学校以降でも「半分遊び」みたいになっているところもあるので、正直、教育目的として重要度が高い行事なのだろうか、と思うことも多いですね。
>
> 修学旅行や自然体験学習等は正直、あまり意味がないと思います。旅行に行ったところで学んだものは少なかったと思いますし、学習効果もよく分からなかった(正直、社会の事は、子供では分かりにくいと思います)ですね(社会の事は、最低でも高校生程度にならなければ理解できないと思います)


教育自体が、効果と無縁のところに位置づけられ、現在まで続いている。それが良い事なのか、そうでないことなのか?考えなくてはならないと私も思います。
管理人 |  2018.11.21(水) 08:28 | URL |  【編集】

追記です

教師が意外と準備に手間取る宿題も、やる人はやるがやらない人はやらない。

もしかしたら「中学生」か「高校生」くらいにならなければ分からないようなものが多いのかもしれません。

図工(技術)や音楽、美術(絵、彫刻など)の宿題(家庭科は裁縫の宿題があるかもしれません)などは必要ないと思います。そもそも、芸術系の科目は、元々は、一部の特殊な人の為にあるようなものなので、興味が持てない人は持てないですし、そういった子供に宿題で出したところで「やる気」は起きないでしょう。これらの出来不出来と主要五教科の学業成績とも関連があるとは言い難いです。

夏休みの宿題も、原則「主要五教科」に限定し、残りの分野は「廃止」でいいのではないかと思います。これで、教師も子供も負担が軽減できるうえに、なにをすれば良いのか分からないようなものにまで興味を持たなくて済むと思います。

漢字や英単語の書き取りの宿題なども、同じ漢字や英単語のスペルを馬鹿みたいに「何度も書かせる」などというのはやめるべきでしょう。

正直、同じものを何回も書いたところで覚えられないですし、むしろ、大量の漢字や英単語等を「一気に」覚えて、それを何周もした方が記憶の効率が良いです。何回も書いて覚える必要があるのは「覚えにくい」ものや「忘れやすい」ものだけで良いです。(ただし、英単語や漢字の書き取り試験は必要だと思います(それでも週一程度で十分))。

テスト作成も、場合によっては外部業者に委託した方が良いような気がします。教師によって「授業内容」が大きく変わるとも思えませんし、そこまで「質」を求められない為、むしろ「外部」に任せることで負担軽減になるだろうと思います。

中学校以上では(場合によっては小学校も)、受験などもある為、教師の「自己満足」で試験を作ることなどできないはずですから、テストを授業内容の確認と受験準備に準拠させた方が良いだろうと思います。

宿題とテストも非効率なものが多いという事ですね。


西 |  2018.11.21(水) 00:56 | URL |  【編集】

需要が一定していないことが一因ですね

一時的に需要が増えて、その分を賄えないのが大きいのではないでしょうか?

年末年始の帰省ラッシュで交通渋滞が起きたり、鉄道の混雑率が上がりすぎるように、中元や歳暮の時期は、荷物がありすぎて、処理しきれないのが実情であろうと考えます。(中国の独身の日の荷物の山のような状況)
Suica割 |  2018.11.20(火) 17:30 | URL |  【編集】

一方で最も重要な教育はしていない

しかし、一方で社会生活上必ず必要な事は全く教えない(職業の選び方=お金の稼ぎ方(スポーツ選手、芸術家などで食える人は稀=公務員や会社員として働く方が遥かにまともであるという事も教えるべきだと思います)、法律(社会のルール)、絶対にやってはいけない事(犯罪、所謂汚れ仕事、水商売に就くことなど)、汚れ仕事や水商売など、やっている人も確かにいるが、一般的な人達ではなく、普通の人が入ってはいけない世界もあるという事(役所論理で教えられないのだと思います))、のは非常に大きな問題だと思います。

部活動は、それ自体を否定する気はないものの、「長時間化(多くても週3日、1日2~3時間程度の練習時間に留めるべき)、セミプロ(学生の交流試合ではなく、勝利至上主義、一部のスポーツエリートの為の選抜試合)化、学生の本業が学業であることを無視して部活を続けさせようとする行為の禁止」を行うことで人員削減できると思います。

とにかく、学校の教育には非効率過ぎたり、教育効果もよく分からないのに「教員や文科省(役人)」の自己満足ではないかと思うようなものが多すぎます。これらを大幅に「最小限化、廃止」させることで、学生本来の「学業、社会生活を営む上で必要な教育」に集中することができるのではないかと思いますね。
西 |  2018.11.20(火) 02:27 | URL |  【編集】

国語と算数に重きを置くべき(むしろ少なすぎる)

授業なども「ダラダラ」とやるべきではないと思います。正直、小学校や中学校程度の内容であれば、やろうと思えば「3年程度」で終わらせることも可能(授業進度よりも通信教育を用いた方が早い)だと思うのですが、「ダラダラ」と時間ばかりかけて授業を行う傾向が強い為、児童も生徒も、教師も「マンネリ化」しているというのが実情ではないかと思います。

むしろ小・中学校段階では「国語(中学は英語も)」と「算数(数学)」の授業時間を「6~7割」、大幅に確保(もっとも重要な教科である為)し、理科社会を「2~3割」(この2教科は高校以降で本格化する為、最小限で良い)、その他(体育、音楽、美術、技術、家庭科など)を「1割」程度で十分ではないかと思います(体育は別ですが、音楽や美術などは「実技」よりも「鑑賞、講義」に重きを置くべき(もしくは重要度が低いこともある為、廃止でも良い)で、家庭科も「食育」程度にとどめるべきです、技術(図工)は若干要検討(時代の問題で(昔のように機械を一から作るような時代ではない為)そこまで技術(図工)の授業が重要なのかどうかは分からないですが、無意味であるとも思えない為))。

正直、国語や算数に関して言えば、予備校の先生などが行った方が良いのかもしれないと思うことがありますね(現代文などは鑑賞に重きを置きすぎて、読み書きの訓練にはならない)。教える側が、それらに対して無教養だったりすると、子供も「意味が分からない」と思うだけで、「新書」や「数学書」すらも読めない子供が多くできるのではないかと危惧しています。
西 |  2018.11.20(火) 02:27 | URL |  【編集】

学校は非効率過ぎるものが多い

教員が多忙かつ人員不足と言われていますが、そもそも、学校の教育内容を見てみても「非効率」だったり、やる意味がよく分からない(教育効果があるのか分からないもの)が多いような気がしています。

例えば、芸術鑑賞などもそうですが、たった1回や2回、「芸術作品」を見たくらいで「芸術」に興味を持つようなことなど考えられないと思います(芸術に興味を持つ人は狂ったように熱中しますが、そうでない人には無意味に感じるものが多く、一部の人を除いて、多くの人の人生においては「趣味」程度にした方が良い事が多く、実際、芸術家を見てみても「教えられて」やる物ではないと思う事が多い(やる人は勝手にやってしまうようなもの)ですね)。

運動会や文化祭は悪くはないと思うのですが、小学校はともかく、中学校以降でも「半分遊び」みたいになっているところもあるので、正直、教育目的として重要度が高い行事なのだろうか、と思うことも多いですね。

修学旅行や自然体験学習等は正直、あまり意味がないと思います。旅行に行ったところで学んだものは少なかったと思いますし、学習効果もよく分からなかった(正直、社会の事は、子供では分かりにくいと思います)ですね(社会の事は、最低でも高校生程度にならなければ理解できないと思います)
西 |  2018.11.20(火) 02:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1195-4018084d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |