FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.08.27 (Mon)

死刑肯定論について

本稿は、死刑肯定論に係わる、引用記事。

死刑廃止論者たちは、彼らなりの論理を持ち出し、それを拡散しようとしてきた。
その一方で、一般人は、死刑を肯定する法理論を知らない。死刑肯定論の根本原則は、刑法を学んでいる人しか知らないような気がする。
ひょっとすると刑法の講義にて、死刑肯定論の根拠としてのカント哲学が存在していることもなされていないのかもしれない。

「哲学はなぜ役に立つのか?」(萱野稔人)にて、著者は、カント哲学を解説しつつ、死刑肯定論について哲学的根拠を紹介しつつ、論証を試みている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

143頁
カントの定言命法

「いかなる場合でも絶対に守らなくてはならない」と命じてくる道徳のかたちをカントは「定言命法」と呼びました。定言命法とは、いかなる条件にも左右されない、無条件的な道徳命題のことです。カントはその定言命法こそ真の道徳のかたちだと考えました。
これに対し、条件つきの道徳命題のことを「仮言命法」といいます。「仮言」とは何らかの仮定・条件のことですね。
中略
仮言命法は条件つきの道徳命題ですから、その特定の条件のもとでしか道徳をも盛らせることができません。

145頁

道徳哲学のひとつの完成形としてのカント哲学

カントからすれば、道徳は正しいからこそ道徳なのであって、そうである以上はいかなる状況でも例外なく道徳は守られなくてはなりません。無条件的で普遍的、というのがカントの考える道徳の根本性格なのです。
事実、カントは『実践理性批判』という大著のなかで次のように定言命法を定式化しています。「汝の意志の格率が常に同時に普遍的立法の原理として妥当するように行為せよ」
難しい表現になっていますが、簡単にいえば「あなたのやろうとしていることが、つねに普遍的な原理として妥当するように行為しろ」ということです。要するに、誰もがおこなってもいいと思うことだけをやりなさい。ということですね。

146頁
カントもまた死刑を肯定していた

カントは定言命法の普遍性を体現するものとして「汝殺すなかれ(人を殺してはいけない)」という道徳命題をあげているのですが、その一方で『人倫の形而上学』という著作のなかで死刑を肯定しているからです。
繰り返しますが、定言命法とは、いかなる場合においても無条件的に例外なく当てはまる普遍的な道徳命題のことです。カントは、その普遍性・無条件性を体言するものとして「人を殺してはいけない」という道徳をあげています。その一方で、刑罰のために死に処することは時として必要だと考えているのです。

154~155頁
カントが考えた定言命法の根本原則は、じつは隠れた仮言命法である

ここから、なぜカントが死刑を肯定できたのかがわかります。
この根本原則からいえば、人を殺すということは、それが普遍的立法の原理となって、他人も自分を殺してもいいということを自分自身の行為によって認めるということにほかなりません。その根本法則は、普遍的立法の原理となってもいいことだけを行為せよ、と命じているわけですからね。それにもとづけば、人を殺すことは必然的に死刑を受け入れることになるのです。
ここにあるのはまさに「自分のしたことはそのまま自分に跳ね返ってくるけど、それでもいいのか」
という広い意味での応報論です。
カントが応報刑論の立場から死刑を肯定したことはすでにみました。カントの定言命法の考えにも、じつは応報論が隠れている。その応報論によって、「人を殺してはいけない」という定言命法と死刑肯定は論理的につながっているのです。


道徳の根本にあるもの
この広い意味での応報論こそ、互いに矛盾するようにみえるそれぞれの道徳判断を貫いている、根本的な道徳意識にほかなりません。
カントがみずからの道徳哲学において図らずも示してしまったように、定言命法の根底には、じつは「自分がされたくないことを他人にしてはいけない」という応報論的な根本法則がありました。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


哲学が、こういう次元のところで現実社会の役に立っていることは意外であった。

中川八洋の著書で日本で紹介されている倫理哲学の類は、学問的に偏っているものだらけという指摘どおりだとすると、我々は、哲学を間違った形で学んでいたのかもしれない。

そういう意味で、学び直し、学界の権威の政治的立ち位置の再確認を含めて、哲学系の学者たちの存在について吟味し直す必要があるだろう。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

06:00  |  企業・団体  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

Re: 文系学者の「非専門性」

> このあたりは、「文系学者問題(学問的視野の狭さ)」と同様に、「法学者」らに、「問題提起」していくべきではないかと思います。
>
> そうすれば、死刑廃止論者も、「奇妙な説」を唱えることも少なくなるだろうと思います。
>
> それにしても、日本の文系学者らは、右か左か以前に、自分の専門領域ですら、「専門的ではない(専門内容ですら理解していない、間違っている)」というのは、かなり酷い状態ではないかと思いますね(たまに正しいことを言うこともありますけど、全体的には感情的な結論が多いですね)。


個体の文系学者について、いろいろと分析することになりますが、民事裁判マターになることを懸念します。
文系学者の大半は、自分の専門領域ですら、専門的ではないという見方は、斬新かつ画期的と思います。
管理人 |  2018.09.02(日) 13:48 | URL |  【編集】

Re: 死刑廃止論の意味不明

> 死刑廃止論者の多くは、「天賦人権説」に基づいて死刑廃止を主張しているようですが、それならば、「死刑」のみを取り沙汰して、「廃止せよ」と主張する意味が分からないんですよね。
>
> キリスト教の世界であっても、「死刑」自体は「違法、違憲」でもなく、中世の頃は、魔女狩りなどを経て、普通に死刑が行われていた事もあったようです(勿論、裁判は行われますが、キリスト教世界の米国であっても、死刑自体は、州毎に判断が分かれています)。
>
> 要するに、「死刑廃止」については、キリスト教世界の「欧米」ですら、意見が分かれているのだと思います(法思想の観点でも、学者によって、意見が分かれていますね)。
>
> だから、欧米や世界では「死刑廃止が潮流だ」などという主張も、詭弁でしかなく、そもそも、欧米圏ですら「議論」があるような問題を「潮流」などという「雰囲気」で「煽動」しようという魂胆自体が、「何か別の意図があるのではないか」、と勘繰らざるを得ないと思います。

しばらく遠出しており、返事が遅くなりました。
「天賦人権説」を起源とするのですか。勉強しなくてならないことが増えました。
管理人 |  2018.09.02(日) 13:45 | URL |  【編集】

文系学者の「非専門性」

このあたりは、「文系学者問題(学問的視野の狭さ)」と同様に、「法学者」らに、「問題提起」していくべきではないかと思います。

そうすれば、死刑廃止論者も、「奇妙な説」を唱えることも少なくなるだろうと思います。

それにしても、日本の文系学者らは、右か左か以前に、自分の専門領域ですら、「専門的ではない(専門内容ですら理解していない、間違っている)」というのは、かなり酷い状態ではないかと思いますね(たまに正しいことを言うこともありますけど、全体的には感情的な結論が多いですね)。
西 |  2018.08.31(金) 01:31 | URL |  【編集】

死刑廃止論の意味不明

死刑廃止論者の多くは、「天賦人権説」に基づいて死刑廃止を主張しているようですが、それならば、「死刑」のみを取り沙汰して、「廃止せよ」と主張する意味が分からないんですよね。

キリスト教の世界であっても、「死刑」自体は「違法、違憲」でもなく、中世の頃は、魔女狩りなどを経て、普通に死刑が行われていた事もあったようです(勿論、裁判は行われますが、キリスト教世界の米国であっても、死刑自体は、州毎に判断が分かれています)。

要するに、「死刑廃止」については、キリスト教世界の「欧米」ですら、意見が分かれているのだと思います(法思想の観点でも、学者によって、意見が分かれていますね)。

だから、欧米や世界では「死刑廃止が潮流だ」などという主張も、詭弁でしかなく、そもそも、欧米圏ですら「議論」があるような問題を「潮流」などという「雰囲気」で「煽動」しようという魂胆自体が、「何か別の意図があるのではないか」、と勘繰らざるを得ないと思います。

西 |  2018.08.31(金) 01:29 | URL |  【編集】

Re: カントの基本原理

> 以前、私がアメリカに留学していた時に、ハーバード駅の近くに借りたアパートで、階は違いましたが、3人の学生と不思議な出会いがありました。一人はボストン大学大学院生、もう一人はマサチューセッツ工科大学のChemical-PH.Dstudent、そしてもう一人はハーバード大学theology大学院生でした、私たちは、いろいろな学問やその他について、お互いに学び合いました。哲学者の中でもカントについては、よく議論になりましたが、私たちの共通語が英語しかないため、朝になってしまったこともありました。
> 古代は宗教が法律の役割りを持っていましたが、近代西欧の民法はキリスト教をベースにして作られ、その後、刑法その他が作られたため、キリスト教徒の人たちは、死刑廃止論者が多いのかもしれませんね。メソポタミア文明の象徴であるハンムラビ法典の『目には目を歯には歯を…』を私は理解していますが、この部分を一部のキリスト教徒が悪意を持って解釈し、「復讐法」と位置づけられることになってしまいました。この部分は、正義を表す重要な箇所と私は解釈しています。すべての人ではありませんが日本の学者は(純日本人かどうかは知りません)考え方が狭く、偏っていると書籍でもわかります。本人は、知識不足(人の道を知らない)で偏っていることさえ、気がついていません。「人の知識は、その人の精神的限界によって決まる」というカントの基本原理は、まさにこの学者さんたちの限界の表れなのだと思います。

アメリカ留学で得られた、貴重な経験の一コマ、参考になります。
本稿は、視野の狭い学者の説で大丈夫なのか、という問題意識を芽生えさせるきっかけになればと思っております。
学び直しは、いい人生、いい生き方を指向する人にとっては欠かせないものだと思います。
私自身は、多くの分野で学び直しをしている最中です。
管理人 |  2018.08.28(火) 04:56 | URL |  【編集】

カントの基本原理

以前、私がアメリカに留学していた時に、ハーバード駅の近くに借りたアパートで、階は違いましたが、3人の学生と不思議な出会いがありました。一人はボストン大学大学院生、もう一人はマサチューセッツ工科大学のChemical-PH.Dstudent、そしてもう一人はハーバード大学theology大学院生でした、私たちは、いろいろな学問やその他について、お互いに学び合いました。哲学者の中でもカントについては、よく議論になりましたが、私たちの共通語が英語しかないため、朝になってしまったこともありました。
古代は宗教が法律の役割りを持っていましたが、近代西欧の民法はキリスト教をベースにして作られ、その後、刑法その他が作られたため、キリスト教徒の人たちは、死刑廃止論者が多いのかもしれませんね。メソポタミア文明の象徴であるハンムラビ法典の『目には目を歯には歯を…』を私は理解していますが、この部分を一部のキリスト教徒が悪意を持って解釈し、「復讐法」と位置づけられることになってしまいました。この部分は、正義を表す重要な箇所と私は解釈しています。すべての人ではありませんが日本の学者は(純日本人かどうかは知りません)考え方が狭く、偏っていると書籍でもわかります。本人は、知識不足(人の道を知らない)で偏っていることさえ、気がついていません。「人の知識は、その人の精神的限界によって決まる」というカントの基本原理は、まさにこの学者さんたちの限界の表れなのだと思います。
オルセン |  2018.08.28(火) 00:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1095-ab9bd913

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |