FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019.05.06 (Mon)

池袋の無差別殺傷暴走事件は官尊民卑問題とみるべき

令和の時代となり、時代が変わるべきだと考える人は少なからずいると思う。

つい最近起きた、池袋の無差別殺傷暴走事件。容疑者は、現行犯逮捕されないどころか、退院後も逮捕・起訴されるのも怪しい状況にある。
マスコミ報道は、いつも「さん」づけ。

―― 参考情報 ――――――――――

上級国民・飯塚幸三さん、警察に続いてマスゴミを完璧に鎮圧する
http://hamusoku.com/archives/10033174.html

池袋暴走事故、運転手の男性は「原子力委員会専門部会」に所属していた?政府資料に同姓同名の人物が・・・
https://johosokuhou.com/2019/04/25/14093/

―――――――――――――――――



あれだけの事件を、スピード違反の検挙レベルで幕引きしようと、官界、マスコミ界がグルになっているとしか思えない。

飯塚家の人たちは、自民党中枢に近い存在であるようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

本店の中村格さま
http://www.nikaidou.com/archives/111460

飯塚幸三の息子は飯塚洋(安倍晋太郎・晋三の秘書)!孫はレイプ犯
https://aiulog.com/iiduka-kouzou-musukomago/

―――――――――――――――――

安倍首相に忖度している官僚、が多数いるということ。
一見縁故対応に見えるが、「官尊民卑」問題と私は見ている。



通産OBは逮捕されず、被害者が死亡したバス運転手が現行犯逮捕されるのは、警察官僚が、自動車事故の処理について首相に近い人に忖度した結果なのである。

令和の時代でも「官尊民卑」のままでいいのであろうか?


そうは思わないので、以下に提言を行った。

―― 参考情報 ――――――――――

■交通安全協会、防犯協会関連

・「高齢者の運転免許証」自主返納推進組織が必要です!
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/465263548.html

・池袋暴走事故対策  公務員OBを対象した運転免許証返納運動を大都市圏で実施すべきだ
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/465379518.html


■自賠責保険、任意保険

・高齢者の自賠責保険・任意保険を2倍以上に引き上げるべきだ
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/465350839.html


■法整備

・池袋の無差別殺傷暴走事件 確実に交通刑務所行きとすべく法改正すべきだ
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/465364935.html

―――――――――――――――――

これらは、無差別殺傷暴走事故を起こした人物(通産OB)を確実に交通刑務所に送り、「公務員OBによる通り魔的無差別殺傷暴走事件を二度と発生させない目的」での提言である。



また、これら原稿は、官界に対して「自動車による無差別殺傷暴走事件」に対し、広範囲に業務改善を求める内容となっている。再発防止するには、これら広範囲な対応が必要であるとの認識である。

デモや街宣したとしても、さほど効果ある事案でもないと思われるため、国家公安委員長、警察庁長官、東京都知事、東京都警視庁警視総監、東京都公安委員会委員に手紙を出し、意見表明しておく必要がある。

繰り返す。

本件は、官界、特に警察官僚に対し、稟議書の提案理由に相当する文言を編み出し、法改正等含めて具体提言が必要な状況にあり、より多くの民間人が官界に対し、手紙などで意見・要望提出が必要な事案と見るべきなのである。

勲章を受領した、通産官僚が、通り魔的暴走事件で逮捕も起訴もされない、「官尊民卑」実態に怒る人ほど、手紙をしかるべき立場の人たちに送付しなくてどうするのか!

どこかの掲示板で、けしからん、問題だー問題だーと騒いだところで、首相と親しい言論人にツイッターでコメントしたところで、、、解決と再発防止には程遠い、、、



本稿の趣旨に賛同し、かつ上記関連機関等に、手紙やFAX等で陳情活動される方に限定し、上記記事についての著作権を放棄します。



GW期間中に進展がなければ、加害者は永久に「さん」づけで終わる、本当にそれでいいのか?

本件は、警察官僚界で支配的な「官尊民卑」を改めさせるにふさわしい事案であり、容疑者は確実に交通刑務所行きとさせるべきなのである!


以上
スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

08:58  |  活動実践マニュアル  |  コメント(0)
 | HOME |