FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.10.26 (Fri)

戦争経済の論理

10月24日、イタリアのサヴォイア騎士団のことが、とあるテレビ番組で紹介された。
サヴォイア家の紋章と赤十字の旗が、デザイン的に同じで色目がそれぞれ逆になっているのが面白い。
赤十字を支配しているのは、サヴォイア騎士団ということなのであろうか?



番組中、安倍首相の母君が騎士団関係者との話があり、首相が外交の世界でそれなりの地位にあるのは、首相の母君の存在が大きいと改めて思った。
日本人秘書の存在も知ったが、秘書は国別に配置され、日本にいるエスタブリッシュメント層のためのお世話係であろう。



「海の都の物語」(塩野七生)や以下の記事は、一応読んでおきたいところ。

―― 参考情報 ――――――――――

元イタリア王家 黒い貴族 サヴォイア家とは?
https://ameblo.jp/walker-memo/entry-12253041451.html

苫米地英人の聖マウリツィオ・ラザロ騎士団大十字騎士叙任につきまして
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000006328.html

―――――――――――――――――




「海の都の物語」にはヴェネチアの歴史が書かれている。この本を読んでおけば、その後の戦争経済の流れを掴みやすいと思う。
世界を支配するものは、戦争という手段を金儲けに利用。時に開戦を仕掛け、都合の良いところで終戦。終戦という言葉は、彼らの世界の裏の意味「戦争ビジネス終了」ではないかと勘ぐるほどだ。

騎士団は、世襲の途方もない大金持ちの交流の場でもあるようだ。





さて、何気なく読んでいた「日本言論知図」(萱野稔人編)の中に、戦争経済のここ数十年の変化について述べている箇所があるので、転載させていただく。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

238~239頁

萱野

戦争の経済効果とは何か

アメリカにおける戦争と経済の関係を見てみると、第一次世界大戦から第二次世界大戦、そして朝鮮戦争(1950~53年)までは戦争によってアメリカのGDPがものすごくアップしています。しかしベトナム戦争、湾岸戦争(1991年)、そしてイラク戦争(2003~10年)になると、戦争をしてもまったくGDPはアップしなくなりました。この間に戦争と経済の関係が大きく変わったということですね。

中略

朝鮮戦争は冷戦になって初めての東西代理戦争でした。この頃からアメリカは核兵器もふくめて軍備を急速に拡充していきます。冷戦というのは戦闘がない戦争のことですね。

戦闘がない、ということは常に軍拡競争がなされ、軍艦は使用されないまま充実していく。そうなると、戦争が起きても、すでにそこに資源が投入されているわけですから、新しい需要の掘り起こしにはつながらない。だから戦争をいくらやっても景気を押し上げるような経済効果はなくなったんですね。逆説的な話ですが、平時の軍備がここまで拡充されたからこそ、実際に戦争が起きても経済的なメリットは生じなくなったのです。第二次世界大戦が戦後の高度成長をもたらしたような効果はもう期待できないということですね。この意味で、軍備は戦争を抑止しているということになる。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



第二次世界大戦後、彼らは、植民地支配、戦争ビジネスでは儲けにくいことを改めて知り、原発利権や石油利権、ヘッジファンドで儲けることにシフトしたのではないか。
地震兵器があるのかどうか、確証はないが、金融ビジネスで金儲けするための必須の小道具として活用している金持ちがいるのではないか?ということになるのである。

以上

スポンサーサイト



テーマ : 情報の後ろにある真実 - ジャンル : 政治・経済

13:51  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |