FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.09.23 (Sun)

石破茂が党内で徹底的に嫌われる9つの理由 


ついに、無所属の小坪しんや議員までもが、石破茂を嫌いだと宣言した。

―― 参考情報 ――――――――――

石破茂が嫌いです。【私も!という方はシェア】
https://samurai20.jp/2018/09/ishiba/

―――――――――――――――――

石破茂が自民党内で徹底的に嫌われる理由を分析した結果、総裁戦終了後、石破茂は自民党離党すべきとの結論に達した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石破茂が自民党内で嫌われる9つの理由

①平気で裏切る、政治的立ち位置をコロコロ変える
②裏でコソコソやる
③都合が悪くなると政権に責任転嫁する
④内ですべき議論を敢えて外に持ち出す
⑤離党の際の捨て台詞
⑥第一次安倍政権、麻生政権の足を徹底的に引っ張った
⑦批判が先に立ち、できもしないことをやるべきだと筋論で述べ、実現不可能とみるや倒閣の根拠にする
⑧無責任な言い廻しを多用する、言葉遊びが多い
⑨拉致問題対応に関する、政治家としての見識を疑うような対応

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それぞれの根拠情報を示す。

⑨で紹介したブロガー細川氏は、石破茂のことを偽善のにおいがするとしているが、私も同感である。偽善者と言われても仕方がないことをあちこちでしてきたのではなかろうか?


■①の根拠(平気で裏切る、政治的立ち位置をコロコロ変える)

何度も人を裏切り、所属政党がコロコロ変わったことが該当する。国民を裏切ることも平気だろう。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

石破茂の9つの裏切りの歴史
https://matome.naver.jp/odai/2152350312331989401

https://textream.yahoo.co.jp/message/1998407/ffc7pjbf6q3t2a


 2079(最新)

fuk***** 8月28日 18:59

石破 茂の無節操・・・・、これでまともな政治が出来るのか・・呆れてしまう・・・!!!

 自由民主党 (渡辺派) →

改革の会        →

自由改革連合      →

新生党         →

新進党         →

無所属         →

自由民主党(渡辺派 → 額賀派 → 無派閥 → 石破派)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■②の根拠(裏でコソコソやる)

都知事選挙の際の小池と石破茂の密約

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.excite.co.jp/News/society_clm/20171115/TokyoSports_827698.html

この日、あいさつした自民党総務会長の竹下亘氏(71)は「今後、石破さんは、20人の同志とともに総理総裁になる道を選ぶだろう。総理になる人は、人の面倒をしっかりとやる。しかし、同志は『何年間も干されようが、石破さんを総理にするぞ』という熱意が全く感じられない」と苦言を呈した。

 世間での“石破人気”と裏腹に党内で支持が広がらない原因は「石破氏と小池百合子知事の不気味な“蜜月関係”がバレたからだ」という。

 石破氏と小池氏は元新進党の同志。2012年の総裁選で小池氏は、それ以前には同じ派閥だった安倍晋三首相(63)でなく石破氏を支持した。

 自民党国会議員は「石破氏は衆院選直前、『小池さんをなめたら大変なことになる』と一目置く発言をした。一方、小池氏は都政を運営するには国政に関与する必要があると常々主張してきました。そんな2人は、もし衆院選で希望の党が大勝していたら、小池氏は石破氏を首班指名し、石破総理を誕生させ、タッグを組むというシナリオを描いていたらしい。でも、裏でこそこそやるように思われる石破氏の政治手法は、今の自民党内では嫌われる」と明かした。


https://ttensan.exblog.jp/27096483/

国にとって不都合な情報でもすべて開示することを政府に義務付けます。
-----

石破茂自らが獣医学部への参入を事実上ほぼ不可能にする文言を入れた事
これを自慢していた事が
石破の盟友の北村直人が会長を務める獣医師政治連盟の議事録にありました。
当初この議事録は公開されていましたが、
石破四条件の背景がモロバレなことが拡散されるや
webから削除され非公開にされてしまいました。
d0044584_14452276.jpg

石破さんはまずは自分にとって不都合な情報を
すべて開示してからに偉そうな事を言ってもらいたいものです。


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

―― 参考情報 ――――――――――

石破茂、自身の動画から沖縄の米軍基地集中は政府が本土の反基地闘争を恐れたせい発言を削除

―――――――――――――――――


■③の根拠(都合が悪くなると政権に責任転嫁する)

―― 参考情報 ――――――――――

石破4条件を問われた石破茂が「自分には一切責任がない」と断言 全ては承認した内閣の責任だ
http://japannews01.blog.jp/archives/50513259.html

「石破4条件」の真相はこれだ!学部新設認めない「告示」の正当性示せなかった文科省
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/170722/soc1707220007-n1.html

―――――――――――――――――


■④の根拠(内ですべき議論を敢えて外に持ち出す)

テレビ出演する機会を利用した、マスコミ向けに語る主張が多い。(詳細説明省略)


■⑤の根拠(離党の際の捨て台詞)
離党時の森幹事長への一言が該当する。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://hosyusokuhou.jp/archives/48822466.html

140. 名無しさん@ほしゅそく   2018年08月29日 23:09:22  ID:kzOTM3ODk このコメントへ返信
公正正直()石破さんこんな事言われてますよ

森嘉郎
「俺が自民党野党転落した幹事長になった時の俺の初仕事は石破の離党届けを受理することだった」
「『こんな党に未練はない、二度と復党しない』と啖呵きって出てった」
「小沢一郎や岡田克也ですらそんなこと言わんかったよ」
「あいつ今どこにいるんだ?よく『正直・公正』とか言えるよな、俺の前で言ってみろよ」

氏ね裏切り朝鮮石破

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■⑥の根拠(第一次安倍政権、麻生政権の足を徹底的に引っ張った)

以下のブログ記事が参考となろう。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-2601.html

国のリーダーを貶めて何とする(2007/8/15)

 安倍首相の面前で安倍首相を罵倒した小坂憲次(前文部科学相)、石破茂(元防衛庁長官)、中谷元(元防衛庁長官)、後藤田正純の4名の頭文字をとってKINGだというが、このなかの3名(ING)、実は媚中派の加藤紘一、山崎拓の2名が作った「アジア外交・安保ビジョン研究会」のメンバーだ。

なぜ、こうも安倍首相は叩かれるのか?
いままでこれほど叩かれた首相はみたことがない。

そのわけは、KINGも反日マスコミも、安倍首相の主唱する「戦後体制からの脱却」が実現しては困る連中だからだ。

―――――――――――――

【恨み千年】麻生政権末期、現石破派(衆鳥取1区)が麻生降ろしに関わった 麻生氏が石破氏へ口撃強める
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-47334.html

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■⑦の根拠(批判が先に立ち、できもしないことをやるべきだと筋論で述べ、実現不可能とみるや倒閣の根拠にする)

改憲論議において石破茂が持ち出している筋論は、「現実的な提案を潰すための方法論」として機能するだけでなく、「安倍政権がなんとか実現しようとしていることさえも、失敗させることを意図する陰謀的性格を有する」と考える。

―― 参考情報 ――――――――――

石破茂氏、憲法改正巡り 安倍首相を牽制 「党員票の45%が私に入っていることをどう考えるかだ」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48823355.html

首相外遊中に石破茂が好き勝手な批判を垂れ流して有権者が辟易 外遊よりも総裁選を重視すべきだ
http://japannews01.blog.jp/archives/50513797.html

石破茂が筋論で改憲を語る政治的意味
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1102.html

―――――――――――――――――




■⑧の根拠(無責任な言い廻しを多用する、言葉遊びが多い)

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ttensan.exblog.jp/27098109/

 Commented by Pたん at 2018-09-09 14:54 x
いつも更新をありがとうございます。

石破議員の言葉づかいで非常に気になるのが
「~なっちゃった」「~なっちゃいましたね」
「~なんてなくなっちゃいますよ」の多用です。

インフォーマルな上、自分の責任ではないのにこうなった
という印象ばかりが残って政治家の言葉として軽すぎるし
信頼性に欠けますね。
力及ばずこういう結果になった、と言いたいのならもう少し
言葉を選ぶべきです。

本人はカジュアルで親しみやすいという意図で使っているのかも
しれませんが、個人的には「~なっちゃった」と軽々しく
口にする政治家には絶対に投票したくありません。

ノイホイ菅野は早くテキサス州警から召喚されれば良いのにw

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■⑨の根拠(拉致問題対応に関する、政治家としての見識を疑うような対応)

―― 参考情報 ――――――――――

石破茂氏に漂う偽善のにおい
https://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/fd803bed491aba884db5d1053afbb9bd

―――――――――――――――――

以上

スポンサーサイト



テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

16:01  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.09.23 (Sun)

目の前で起きていることを無視し「憲法」や「歴史」を語ってはならない

ブログ「中韓を知り過ぎた男」にて、中共は係わってはならない泥棒国家であり、中共は日米分断工作を進めているとの分析がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1178.html

「日米分断」を工作する中国  9月19日(水)

最近、トランプ大統領が「私は真珠湾を忘れない」と安倍首相に不満を示した事と、もう一つは日米両国は同盟国として対北問題で緊密に連絡し合うと約束したにもかかわらず、安倍首相はトランプに連絡せずに「日朝接触」した。
ワシントン・ポスト紙はこの2つのニュースを伝えています。安倍首相はこの2つのニュースを完全に否定しました。

それでは一体誰がこのフェイクニュースをワシントン・ポスト紙に流したのか、これは明らかに日米分断を工作した中国の存在がありますが、影に日本外務省が協力したと言われています。安倍首相は度々裏切る外務省を信じられなくて最近外務省を外して官邸外交に切り替えています。その反発故の行為だと言われています。

裏切り行為は外務省だけではありません。日米が一致して反対した巨大経済構想「一帯一路」に日本財界は協力すると宣言、世界各地のインフラ整備に日中両国がともに参加するという動きをしています。
又、日本の財界は8月28日に電気自動車向け急速充電器を共同開発に北京で覚書に調印しています。

まさに日本の財界は眼の前のもうけのために自分の首を絞めるロープまで売っています。

これら財界の動きはトランプ政権の対中経済制裁とは逆行しています。日米を離反させて日中友好を画策する財界は中国の恐ろしい正体を知らない馬鹿者揃いです。

最近日米離反を画策するためにアメリカが戦後仕組んだ洗脳工作である「ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム」について盛んに戦争への罪悪感を植え付けたアメリカの洗脳工作を暴露する記事が出ていますが、戦後すでに73年もたっています。今更アメリカの巧妙な手口を批判しても意味がありません。日本は現実にたってこれからの未来を手に入れるためにはアメリカと行動をともにする以外に道はありません。

日中友好は地獄の入り口です。中国人を信用してはいけない。

200年前、かのナポレオン三世はこう言ったという、「中国を眠らせておくべし目覚めた中国は世界を壊す」その警告が今や現実のものとなった。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




ここで、目の前で起きている事実と思われる「情報」で、中共に不都合かつ不報道の可能性が高いと思われるものを参照したい。


―― 参考情報 ――――――――――

中国がキリスト教弾圧を強化 教会を破壊し信者に無宗教化迫る
http://hosyusokuhou.jp/archives/48823372.html

虎ノ門ニュースで日本ウイグル連盟代表が言語禁止、拷問虐殺、臓器売買など語る・ようつべが配信停止
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7220.html

海上自衛隊の極秘訓練が中国の面子を丸潰れにしてしまう まともに探知できなかったのが露呈
http://japannews01.blog.jp/archives/50513967.html

ウイルスバスター「スマホに迫る悪意からあなたを守る!」→閲覧履歴の無断送信がバレてApp Storeから駆除される
http://mona-news.com/archives/77525884.html

関空事件のデマ報道騒ぎが中国当局の紐付きだった疑惑が浮上 災害を利用して中国ageに必死
http://japannews01.blog.jp/archives/50513951.html

ウイグルの空港に人体器官輸送通路!ウイグル人の10%が強制収容され臓器を摘出され死者が続出!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7213.html

中国政府の非人道的な政策を米マスコミが暴露して中国側激怒 存在自体を完全否定している
http://japannews01.blog.jp/archives/50513468.html

米国で日本叩き運動を先導 上院議員の補佐官、中国のスパイだった
http://hosyusokuhou.jp/archives/48822047.html

支那官僚の資産凍結!米国「ウイグル族を不当に拘束」!支那「内政干渉やめよ」!東トルキスタン
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7163.html

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「あの国からアメリカに来る学生は全員がスパイだ」とトランプ
http://melma.com/backnumber_45206_6718931/

―――――――――――――――――



韓国については、どうだったか?

同様に、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道などの報道機関(と称するプロパガンダ組織?)は、韓国に不都合と思われる事実に関する「情報」について目を瞑り、慰安婦問題について日本に非があるかのようなスタンスで報道し続けた。民主党や社民党、共産党などは、国会だけでなく、地方議会にて、日本政府に謝罪と補償を求める議会質問だけでなく、意見書提出を推進した。

最近の韓国に関する、不都合かつ不報道の可能性が高い事案について参照したい。


―― 参考情報 ――――――――――

日本の銀行がラオスにカネを貸さなければダム事故も無かった??との噂
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1558.html

ラオスのダム事故<決壊前後の映像が出てきた
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1555.html

ラオスダム決壊の調査委員会が2つ設置された理由は!? 韓国の逃げ道さらに塞がる?
http://news-us.org/article-20180813-0010481124-korea

【ラオス】韓国企業によるダム決壊、「1126人を発見できていない」 ラオス・アッタプー県幹部  AFPBB News
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821124.html

どうして日本のテレビはラオスダムの続報を報道しないの?
http://news-us.org/article-20180806-001710927-korea

―――――――――――――――――



これを、アメリカ発の歴史報道等に当てはめると、目の前で起きている事実と思われる「情報」に目を瞑り、殊更WGIPや真珠湾攻撃云々に言及するのは、言論活動的に中共の手先であると自白したに等しいことに気づく。

確かに、アメリカ軍の無差別爆撃、原爆投下、GHQの措置は酷いものであった。



が、中共で今起きていることと、70年前のアメリカのそれとは次元が異なる。



トランプは、日本の財界人が訪中していることに神経を尖らせている。

―― 参考情報 ――――――――――

トランプ政権の対中経済制裁とは逆行している。米中貿易戦争において、米同盟国の
同調は制裁の効果と成否に関わる。ホワイトハウスは日本の暴走に神経をとがらせている。
https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c38805132261f53c849605711eaf14a3

―――――――――――――――――

トランプは、目の前で起きていることに鈍感な日本の財界人に激怒しているはずである。



日本はどうして、スパイ工作について無力なのか?



少なくとも、慰安婦問題等、南京虐殺等、政治的な意味を含む「歴史」を正面から語る資格があるのは、目の前で起きている事実と思われれる情報に正面から向き合った組織、学者、言論人に限定されると考える。

が、学界、特に人文社会系の学者はどうなのか?
実態的に憲法学者は、目の前で起きていることに疎い。(集団的自衛権解釈変更、憲法改正に対するスタンスなどから)歴史学者もその傾向が強い。



扱う事案の重要性としては、目の前で起きていること>歴史的事実
となるように常識的にはなるはずだが、憲法学者や歴史学者たちの価値観は、目の前で起きていることよりも、特定の時代の歴史研究に没頭する傾向がある。特定の事象の研究、特定の時代の歴史研究だけで職業的には専門家として扱われることもあるだろう。
しかし、渡部昇一の歴史書を読んでいくと、目の前で起きていることを分析しつつ、通史が書ける歴史学者がほとんどいないことがわかってくる。

歴史には連続性があることをなぜ意識しないのか?ということになる。
全体を見渡せなくて、どうして「歴史」が語れるのであろうか?

学者なのだから、特定の分野に精通していることは当然として、なぜ広く浅く、国際情勢含めて、一般常識に関心を持とうとしないのか?

人文社会系の学者は、総じて左翼思想に染まり、中共に対して同情的である。中共が、南京虐殺について語れば、無条件で受け入れる無邪気な方(無条件で受け入れるという点において馬鹿)が多い。南京虐殺もしかり。

自身の学問について精緻に取り組んでいるわりに、中共の主張を無条件で受け入れるのは、無邪気と通り越して
幼稚と言うしかあるまい。こういうのをダブルスタンダードと言うのであろう。



日本の人文社会系の学者と称する人たちが、総じて、慰安婦問題等、南京虐殺等、この種のプロパガンダに簡単に引っかかるのは、目の前で起きている「不都合な事実」(中共については上述で紹介)と思われる「情報」を意識して無視、無関心であることに起因するのではないか。

それとも、今起きている、歴史を激変させるかもしれない重大な問題よりも、70年前に本当にあったかどうかはっきりしない事案への謝罪の方が、歴史的、政治的に重要な事案であると言いたいのであろうか?



西さんのコメントを参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1126.html#comment1569

日中戦争についても、当時支那は国家ではありませんし(近代国家体制では無かった上、国民党と共産党の内戦状態だった)、そもそも中共とは戦争していない(国民党にゲリラ戦を仕掛けられましたが)のですから、「侵略」を主張するのもおかしいのですが(国際法上、国際政治学上でも侵略にはならない)、この辺りは東京裁判などでも罪状を問われてはいないはずなので、中共側が主張する「日帝の支那領侵略」の主張の大半が「間違い」である事が分かると思うのですが、歴史学者らがこうした「法的」、「政治的問題」に疎く、専ら「文献主義」、「思想主義」みたいになっているのが問題を大きくしているように思いますね。

西 |  2018.09.21(金) 01:01 | URL |

更に、法学部についても、東京裁判で議題に上がった問題と上がらなかった問題、および当時の国際法(A級戦犯の冤罪など)、国際政治(ソ連の対日工作など)から「間違い」を主張する事もできると思うのですが、ここも機能していないという問題がありますね。

人文社会系の問題点としては、以上のように、対外的になると全くと言っていいほど「ダメ」になるところだと思います。

現代では、昭和の時代には分からなかったこれらの問題も明らかになってきているのですが、人文社会系の組織的な構造体質のためなのか、未だに「古びた怪しげな学説(すでに破綻しているような学説?)」を未だに崇めているのですから、愚か極まりないと思いますね。

やはり、人文社会系は一旦、見直し、解体が必須になってくるのは間違いないだろうと思いますね。

西 |  2018.09.21(金) 01:01 | URL | 

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



すなわち、西さんの指摘、【歴史学者らがこうした「法的」、「政治的問題」に疎く、専ら「文献主義」、「思想主義」みたいになっている】を加工すると

憲法学者、歴史学者を含めた、人文社会系の学者たちが、総じて、国際法、国際政治問題に疎く
専門とする学問領域において、文献主義的、思想主義的態度で研究を行い
その傾向が特に顕著なのが、歴史分野と考えられる。


人文社会系の学者たちのほとんどが仮に、研究者になる前、研究者となった後も、目の前で起きていることに無知、国際常識を理解しようとしないなど、視野狭窄であることが知れ渡る状況にあることを考慮すると、人文科学系の学者たちほとんどを一度、底ざらいし、文科系学部を解体、再整理した方がいいのではないか、との見解に達するのである。


以上

テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

06:19  |  反日活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |