FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.08.04 (Sat)

押し紙問題  進んで地区別情報提供しなくていいのか?

私の近所のことだが、実際に配達されている全国紙は、読売、日経、朝日くらいであることを知っている。早朝に、玄関先に立っていると、配達しているのは二人くらいしか見当たらない関係で、この二人が、地方紙1紙、全国紙3紙くらいを(委託され)配達していると私はみている。


つまり、私が住んでいる地域で、毎日は、単独での配達実態がないとみているのである。

押し紙問題の専門家はかく分析している。

―― 参考情報 ――――――――――

新聞の部数減に歯止めかからず、中央紙5紙は1年間で120万部減、東京新聞2.5社分の新聞が消える、2018年4月のABC部数
http://www.kokusyo.jp/oshigami/12843/

止まらぬ新聞の凋落、中央紙5紙、この1年で約120万部減、2018年5月度のABC部数
http://www.kokusyo.jp/oshigami/13007/

6月度の新聞のABC部数、読売は年間約36万部の減、朝日は約31万部の減、新聞産業の衰退に歯止めかからず
http://www.kokusyo.jp/oshigami/13082/

―――――――――――――――――


ABC部数はこうなっている。地域別内訳まではわからない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.kokusyo.jp/oshigami/13082/

6月調査

朝日:5,884,764(-314,046)
毎日:2,769,159(-202,353)
読売:8,419,052(-359,829)
日経:2,421,882(-296,674)
産経:1,464,355(-55,177)

http://www.kokusyo.jp/oshigami/13007/

5月調査

朝日:5,903,454(-312,681)
毎日:2,791,678(-212,136)
読売:8,441,979(-351,575)
日経:2,424,004(-292,079)
産経:1,466,881(-54,060)

http://www.kokusyo.jp/oshigami/12843/

4月調査

朝日:5,948,270(-294,948)
毎日:2,842,426(-207,827)
読売:8,474,483(-337,249)
日経:2,430,953(-285,510)
産経:1,522,427(-72,428)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


産経は、正直ベースとみていいだろう。
日経は、電子版への契約変更が加速している可能性がある。
私は、朝日と毎日について、購読実態に係わる重点調査が必要ではないかと思っている。



特に毎日の下落率。これは本当に解約実績とリンクしているのか?
購読部数の減少=実際の解約部数
となっているのかという意味である。


辻褄を合わせた数字のような気がする。ABC協会が、広告詐欺の片棒をかついだと疑われないことを前提に、購読部数が操作された可能性を疑っているのである。

森友・加計事案で、政権中枢が怪しいと朝日や毎日が率先して主張するなら、この二紙について集中的に押し紙実態調査を全国規模で行う活動を戦術的に有効な活動と位置づけ、地区毎に配達状況等について実態把握し、押し紙問題の調査者に対し、進んで状況提供する必要を痛感しつつ、新聞業界の闇が暴かれる日が来ることを期待する次第である。

以上

スポンサーサイト



テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

08:27  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |