FC2ブログ
2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.07.14 (Sat)

裏口大学への制裁強化を急げ  補助金・天下り・公文書管理

本稿は、裏口入学リストの存在が確認された、東京医科大等、裏口入学の可能性がある大学に係わる、文科省措置の提言である。

東京地検が、裏口入学リスト資料を入手したことが記事として配信された。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180712-OYT1T50124.html?from=ytop_main6

東京医大が裏口入学リスト…受験生や親の名前
2018年07月13日 07時06分
 文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件に絡み、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長の佐野太容疑者(58)の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京)が、過去に不正合格させた受験生やその親の名前などが書かれた「裏口入学リスト」を作成していたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、同大側から複数のリストを入手しており、同大が不正入試を繰り返していたとみて調べている。


 特捜部の発表などでは、同大の臼井正彦前理事長(77)は、佐野容疑者に同省の私大支援事業の選定に便宜を図ってもらうよう依頼。その見返りとして、鈴木衛まもる前学長(69)とともに、今年2月の入試で佐野容疑者の息子の点数を加算して合格させるよう学内で指示したとされる。2人は特捜部の任意の事情聴取にこうした経緯を認めている。

(ここまで353文字 / 残り501文字)
2018年07月13日 07時06分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

さて、裏口入学者、年度単位でどれくらいの数がいるのか?
私の受験時代、高校卒業生で医学部進学者のうち、3割が裏口入学者だったと記憶している。つまり、一学年について、10人は裏口入学者がいたと認識している。この数は、多いであろうか。
つまり、都道府県単位でみて、毎年最低50人は裏口入学者ではないかと。


東京医科大卒で、政治的に有名な精神科医、タレントの香山リカは、おそらく、、、だろうと推定。

全国規模で計算すると、ざっと私立医大入学者のうち、3000人前後、が裏口入学者であろうと推定する。
割合的には、私大医学部合格者のうち、多く見積もって半数、少なくとも3割は、裏口入学者であろうと推定


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.bigbang-web.jp/mfg/medical-school-number/

私立医学部の数と入学定員数について
日本全国にある私立大学の医学部数は、全体で30校です。2016年に4月に、地方の医師不足解消と東日本大震災における復興という観点から「東北医科薬科大学」の医学部が設立されました。この「東北医科薬科大学」における医学部の新設という事態は、1979年に認可が下りた「琉球大学」以来の出来事でもあります。

また、国内にある私立大学の医学部における入学定員数は、昭和56年に8,280人でしたが、平成19年には7,625人まで削減されることとなりました。しかし、平成20年には7,793人、平成23年には8,923人と、私立大学の医学部における入学定員数は大幅な増員を遂げています。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



医大専門予備校が、昔から引き続き、存続できる理由を考えると、私立医大の相当数が、今も実態的に裏口入学を認めている可能性を排除しない。
大学と親の間での裏口入学取引は廃れたかもしれないが、文科省役人や政治家が介在する、裏口入学の手口が存在していると予想する。裏口入学は、医学部に限った話ではなく、薬科大学でもあった。単価は100万単位だったようだ。



実は、開業医の子弟から裏口入学実態話を聞いたことがある。
早い人で、9月頃の時点で、裏口入学先が内定していたようだ。大学側は、学力の程度で裏口入学のための金額を増減させたと語っていた。優秀な裏口入学者で3000万、優秀でない人は5000万?みたいな噂があった。
裏口入学者には、二種類いるようである。学力的に、二浪程度すれば国立医大に合格できそうな人と、偏差値60に達しないレベルの人という区分が為されていたようなのだ。知りあいの裏口入学者は(現在は開業医の院長)、裏口入学しなくても、二浪程度すれば国立医大に合格できそうな努力家だった。資質的に問題ありそうな人ではない。つまり、二浪の苦労を避けるために3000万払ったという見方ができるのだ。しかし、偏差値55レベルの裏口入学者(現在は大病院の院長)が存在していたことは、当時から問題だと思っていた。
今は、事情は異なるだろうが、裏口合格者すべてが、医師としての適性がないと断定すべきではないが、相当程度の比率で能力的に問題ありそうな方がいると推定。
逆に、東大合格レベルの人が、国立医大受験し、その方が医者向きかというと必ずしもそうとは言えない気がする。医師に不向きであると自覚している、東大合格者は合格した二期校医学部に進学せず、東大理類進学を選んだ。また、有名国立医大合格者の中には、合格直後から性格破綻し、女遊びに明け暮れた人もいる。その反対に、親も子もまじめなのであるが、父親(国立大卒)がうつ病、その息子が有名国立医大在籍中に引きこもりという、悲惨というか、もったいないケースもある。
従って、国立医大卒業者だからといって、医師資質的に大丈夫とは言えない。



こういった、医学部入試事情を勘案し、まず、文科省に対しては、二つの処置を東京医科大に対して実施すべきと考える。

・裏口入学分の学生に相当する補助金返還(比例配分方式)を求め、以降の補助金交付の制限
・文科省天下りのリストラ(新設医大認可の代わりに天下りを受け入れ?、政治家介在した裏口入学を黙認する代わりに天下りを受け入れ?)

それだけではない。医師試験採点不正等について、当該公文書偽造扱い(懲戒免職相当)にて処置いただきたい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180713-OYT1T50007.html?from=ytop_main3

公文書改ざんなど…関わった職員は「免職」も
 
2018年07月13日 08時59分

 財務省による公文書改ざんなどを受けた、政府の再発防止策の原案が12日、判明した。決裁文書の改ざんなど悪質事案にかかわった職員には「免職」を含む重い処分を行うことを打ち出した。20日の閣僚会議で決定する見込みだ。
 
 原案は「公文書管理の適正の確保のための対策(仮題)」。決裁文書の改ざんや行政文書の組織的廃棄を「特に悪質な事案」と位置づけ、「免職を含む重い懲戒処分が行われることを(指針で)明示する方向」と明記した。

 人事院は8月にも、改ざんに関する処分を明示した新たな指針を公表する見通しだ。

 体制強化策では、特定秘密を扱う内閣府の「独立公文書管理監」の権限に「一般の行政文書のチェック機能」を追加し、「公文書監察室(仮称)」も設置する。各府省にも「公文書監理官(仮称)」の審議官級ポストと、「公文書監理官室(仮称)」を設ける。

 文書の作成から保存、廃棄・国立公文書館への移管まで「一貫して電子的に行う仕組み」も検討する。
 
2018年07月13日 08時59分


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

なお、国立大学の入学試験については、元首相、野党議員の一部において、学力的に未達であるのに、点数かさ上げして合格させた可能性を疑っている関係で、国立大学入学の採点分について、上記公文書の規定を準用していただきたい。

以下に、提言内容についてまとめたものを再掲し、本稿を終える。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・東京医科大に対する、裏口入学分、補助金返還を求め、以降の補助金交付の制限
・東京医科大学文科省天下りのリストラ
・医師国家試験採点不正について、公文書偽造扱いを適用
・国立大学入学試験採点不正について、公文書偽造扱いを適用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上

スポンサーサイト



テーマ : 教育問題 - ジャンル : 政治・経済

08:21  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |