FC2ブログ
2018年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.01.30 (Tue)

キッシンジャーが出世し名声を得た理由  実は地政学の大家だった!?

本稿は、地政学に係わる歴史的経緯を踏まえた推論。



前稿では、キッシンジャーが外交デビュー直後に受賞した、ノーベル平和賞が、米中国交再開、アメリカの覇権正当化目的であることを指摘した。

―― 参考情報 ――――――――――

アメリカ外交が米中国交再開後に「ノーベル平和賞」を必要とした理由
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-847.html

―――――――――――――――――



今や、キッシンジャーは、ユダヤ金融資本が進める、世界統一の推進者である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

日本と世界を狙う悪の論理 悪の宗教パワー
倉前盛通

60頁

現在アメリカで最も著名なジャーナリストのひとりであり、スタンフォード大学で歴史を学び、後にカリフォルニア州立大学で国際問題を研究したゲイリー・カレン著の『ロックフェラー・ファイル』の次の一文が目をひく

”現在、ロックフェラー・グループは、世界の大衆を着実に「大合併」へと導くために、計画的に人口問題、石油危機、食糧危機、あるいは通貨不安を演出し、これらの「危機」を打開するためには「国際管理」が必要であると我々に訴えている。この驚くべき計画を立案するにあたり、その基礎をほとんど手がけたのが、かの有名なキッシンジャー博士だ”

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



ここで、改めてキッシンジャーの軍歴を眺めておきたい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC

軍歴

第二次世界大戦中の1943年、大学での学業を中断してアメリカ陸軍に入隊する。陸軍ではドイツ語の能力を生かしヨーロッパ戦線の対諜報部隊軍曹として従軍した。すなわち、アレン・ダレスの部下としてOSSに配属されたのである。1945年5月のヨーロッパ戦線の終戦後はかつての母国ドイツに駐留し、多くのドイツ軍戦犯の処遇にあたった。これにあたって、多くのユダヤ人のアメリカ陸軍兵士が戦犯への激しい憎悪をむき出しにしていた中でキッシンジャーは「報復しようとは考えなかった。彼らがどうしてこのようなことをしたのかを知りたかった」と発言している。その洞察力を買われ、キッシンジャーはNATOスパイ学校の教官となった。ベトナム戦争時代には国家安全保障会議に「諜報委員会」を設けて自ら議長となった。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




これは仮説に過ぎないのであるが、第二次世界大戦直後、キッシンジャーが尋問したドイツ軍捕虜が、もし、ナチスドイツの地政学の権威だったらどうであろうか?


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

「悪の論理で世界は動く」(奥山真司)

88頁
その後、ヨーロッパ中で地理学を「国家のための実践的な学問として活用しよう」という機運が高まった。そのような中で、地理を「地政学」という理論としてはじめて体系化したのが、後述するイギリスの地理学者マッキンダーという人物だった。
そして彼の理論が再びドイツに渡り、第二次大戦ではヒトラー率いるナチス・ドイツが地政学を「ドイツ地政学(ゲオポリテイーク)」として悪用し、大敗北をしたおかげで、近代の地政学の歴史はひとまずここで幕をおろしたかに見えた。

ところが、戦勝国となったイギリスやアメリカは、このドイツ地政学の主犯格だった人間を尋問。ナチスの世界戦略の背景には地政学があったとみて、ひそかに研究を始めたのである。
それ以降、地政学はアメリカでさらなる発展を遂げており、彼等の世界戦略の議論の伝統の中に脈々と受け継がれ、いまも活用されている。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



同時に、この本は、戦後のアメリカ外交が地政学的な分析に基づいていることを示している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

154頁
アメリカは地政学をいち早く取り入れ実践している国である。当然”悪の論理”で国益を第一と考えている。中国と手を組むことで国益にかなうのであれば、日本など簡単に捨ててしまうのである。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



すなわち、若き青年時代のキッシンジャーは、ドイツ人捕虜に尋問しそのノウハウを習得、ベトナム戦争までは諜報分野の専門家として、ベトナム戦争後は地政学理論を駆使した外交分野の第一任者として君臨した可能性大と考えるのである。

さらに、戦後のアメリカ外交が、ナチスによって悪用された古典地政学を継承しているとの指摘がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

39~40頁
「外国で地政学を学んできた」といったら、実はほとんどが「批判地政学」のアプローチによるものであると言ってよい。
ではなぜ、もともとあった学問を「批判する学問」が多勢を占めるのか。その理由を簡単に言えば、古典地政学がナチスに悪用されたからであり、また、それが現在の現実の政策(とくにアメリカのもの)にも活用されているからにほかならない。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



ここで言う悪用とは一体何を指しているのか?
私が思うに、国家としてのモラル、外交に携わる政治家としてのモラルではないかと考える。つまり、ナチスが編み出した地政学とは、アメリカの「モラルなき安全保障外交」と形を変え継承されている可能性があるのだ。

その「悪用」の事例について、「悪の論理」(倉前盛通)にはこう書いてある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

164頁

ニクソン、キッシンジャー路線で米中の接近がはかられたとき、キッシンジャーは、まさに敝履のようにチベット難民を見捨てた。その反面パレスチナ・ゲリラのように、アラブ産油国が背後に控え、手段をえらばぬテロを行使するグループへは、もみ手戦法に出ていた。キッシンジャーは、おとなしい仏教とには一片の同情も示さなかった、彼こそ、まさに力と策略の信者であり、悪党の見本である。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



ナチスが悪用した古典地政学とは、民族抹殺ないし、力と策略による戦争外交だったとすれば、米中国交再開に際しアメリカがチベットを平気で見棄てた背景理論の所在がはっきりする。

そのうえで、キッシンジャーがドイツ軍戦犯に対し、「報復しようとは考えなかった。彼らがどうしてこのようなことをしたのかを知りたかった」と表明している理由を考えたい。



この言葉には、地政学スキルをドイツ軍戦犯から教示してもらい、そのスキルを米軍内で報告周知する活動を通じて、まず諜報分野で出世、その後外交デビューし世界支配層の代理人となったことへの「お礼」の意味が込められているのではないか?

すなわち、キッシンジャーの外交戦略は、ナ●ス・ド●ツ……………

これ以上は、書かなくても意味おわかりであろう。
よって本稿を終える。

以上

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

16:10  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2018.01.30 (Tue)

TPPはなぜ「通商交渉史上の快挙」なのか?

本稿では、自民党甘利明議員がTPPを「通商交渉史上の快挙」だとする、論理的根拠について分析した結果を述べさせていただく。

まず、甘利明議員の国会レポートを参照する。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://amari-akira.com/01_parliament/index.html

甘利明 国会レポート

TPP11が完全合意に至り、3月8日にチリで署名式という段取りが整いました。まさに通商交渉史上に残る快挙です。TPP11はTPP12のほぼ全てを踏襲したもので、将来アメリカが復帰した場合に備えその取り分だけ空けておくというものであり、ルールについてもアメリカの要求で設定した部分はアメリカが参加するまで凍結するという方式ですので、新協定は7つの条文からなる簡単なものです。関税等はTPP12から一切の変更も認めず、ルールのみ22項目をアメリカ復帰まで凍結をしました。例えばFedExが要求していた急送少額貨物の免税基準額に関する見直しとか投資した企業が約束違反の相手政府の行為を訴えるISDSの一部とか医薬品や生物製剤のデータの保護期間の延長とか著作権保護期間の延長等です。

以下省略

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




甘利明議員が、通商交渉外交史上という言葉には、三つの意味がある。

①日本通商外交史上、ペリーに開国を迫られ、欧米列強と次々と不平等条約を呑まされた時代と比較し、加盟国すべてに平等であること
②さほど経済的には強国と言えない弱小国それぞれが、国家の自発的意思で経済ブロックを形成した、珍しいケースであること
③ユダヤ資本がイギリス、アメリカを陰で支配する状況にあって、ユダヤの妨害を受けず、経済ブロックが形成されたこと



①、②については、細かく説明するまでもなく、教科書的知識を有する方なら、誰でも納得可能な話と思う。

③については、「日本と世界を狙う悪の論理 悪の宗教パワー」(倉前盛通)という30年前に書かれた本に、「日本の高度経済成長について第二次大戦の戦勝国アメリカを陰で支配するユダヤ資本がどう考えているか」についての解釈があり、そこで示されるユダヤの対日観が適用できるのではないかと考える。



||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

日本と世界を狙う悪の論理 悪の宗教パワー
倉前盛通


25~26頁
かれら(アメリカ、ヨーロッパ)の論理でいえば、国家のイメージ・チェンジは従来「戦争」に勝利することでしか成しえなかった。日本経済の成長の急激さは戦争をせずに国家の変身を遂げた。いままでどんな国でもなしえなかったことをやってしまった日本に対して、貿易の直接相手国である大手のアメリカ、ヨーロッパが戸惑っているというだけのことである。

28頁

アメリカにとっては中東のイスラエルと同様に、極東の日本を自陣営の勢力圏に取りこんでおきたいのはいうまでもない。日本を「出すぎず、背かず」の状態でコントロールしていく戦略をとってくる。”円高”もその一環である。

35~36頁
四十年という歳月は、国家の歴史の単位でみればあっという間の時間でしかない。欧米やアジアの各国には二本はまだまだ、ちょんまげ、毛筆、軍国主義などの残像が色濃く印象づけられているはずである。
これらの日本人観と現在の経済力を基盤にした日本の実情とは大きなギャップがあるのは否
めない。またあって当然ともいえよう。
くりかえすが、一神教の国家は、国力を高めるためには直接的な収奪、つまり戦争で勝つことしか発想できないのである。
それは現代の国際政治でも端的に表れている。かつての植民地主義のヨーロッパの列強然り。ベトナム、中南米におけるアメリカも然り、彼らは力で勝ち取った自分たちの毛ね起を失わないために、自由に操作できる市場を確保しておくために、軍事力を背景に脅しをかけて収益をあげてきた。これはある意味で戦争である。
日本は軍艦も爆弾もつかわずに短期間に、かれらとは違うやり方で、国力を高めてしまったのである。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



この文章の中で、考え方としてそっくりTPPに当てはめられそうな箇所について再掲する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・国家のイメージ・チェンジは従来「戦争」に勝利することでしか成しえなかった。
・一神教の国家は、国力を高めるためには直接的な収奪、つまり戦争で勝つことしか発想できないのである。
・日本は軍艦も爆弾もつかわずに短期間に、かれらとは違うやり方で、国力を高めてしまったのである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本は、オバマ政権時代に押し付けられたTPPについて、なんとか咀嚼、アメリカ脱退を受けてそれでも自国経済運営のために奮闘、文字通り、軍艦も爆弾も使わず、TPPという権益(経済ブロック)を確保することに成功した。

TPPにより、日本企業は自動車市場、弱電市場(ソニー復活)、各種インフラ市場を得るだろう。


すなわち、ここで言う、「通商交渉史上に残る快挙」とは、改めて定義し直すと


日本にとっては、開国後、初めて自国の主体的判断にて経済ブロックを獲得した点において、通商交渉史上の快挙であり
TPP発足を決断した(どちらかというと弱小国)各国においては、弱小国各国の主体的判断で自国優位の経済ブロックを獲得できた点において、通商交渉史上の快挙であり
一神教の世界観で言うと、戦争し戦争に勝利し、属国化しないと得られない経済権益を、戦争によらない手段で加盟各国が確保した点において、通商交渉上の快挙である
ことを指すのである。


また、TPPの発足により、将来の中共との紛争に備え、日本は経済外交的に優位なポジションを獲得しただけでなく、地政学的な要衝を押さえることに成功したと言えるのではあるまいか。

甘利明先生が、将来、本を出される際のご参考となれば幸いである。

以上

テーマ : 安倍政権 - ジャンル : 政治・経済

05:54  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |