FC2ブログ
2018年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.01.29 (Mon)

日仏防衛協力  日米英防衛協力の弱点補完?

ほとんど報道されることがないが、第4回日仏外務・防衛閣僚会合(「2+2」)にて、機雷処理の他に、「インド太平洋地域」という「聞き慣れないキーワード」が飛び出していることに着目し出稿を決断した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/fr/page4_003692.html

第4回日仏外務・防衛閣僚会合(「2+2」)
平成30年1月26日

メール
第4回日仏外務・防衛閣僚会合(「2+2」) 1  第4回日仏外務・防衛閣僚会合(「2+2」) 2  第4回日仏外務・防衛閣僚会合(「2+2」) 3
 1月26日,河野太郎外務大臣及び小野寺五典防衛大臣は,訪日中のジャン=イヴ・ル・ドリアン仏欧州・外務大臣及びフロランス・パルリ仏軍事大臣との間で,第4回日仏外務・防衛閣僚会合(「2+2」)を実施したところ,概要は以下のとおりです。

1 総論
(1)四大臣は,基本的価値を共有する「特別なパートナー」である日本とフランスが,既存の国際秩序が様々な挑戦を受ける中,法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持・強化に向け,緊密に協力していくことで一致しました。

(2)四大臣は,自由で開かれたインド太平洋(英語)別ウィンドウで開くのために,地域の平和,安定及び繁栄に向けた協力を具体化していくことで一致しました。日本側は,こうした取組を通じたフランスのインド太平洋地域への更なる関与を歓迎しました。

2 日仏安全保障・防衛協力
(1)四大臣は,両国間の具体的協力を支える物品役務相互提供協定(ACSA)が,今般,大枠合意に至ったことを歓迎し,早期の交渉妥結及び署名・締結に向けて引き続き緊密に協力していくことで一致しました。

(2)四大臣は,自由で開かれたインド太平洋のために,海洋安全保障・海上安全及び途上国の能力構築支援における連携を強化していくことで一致しました。

(3)また,四大臣は,昨年の演習「ジャンヌ・ダルク2017」の一環での仏海軍艦隊の訪日に際して,日仏英米共同訓練(ARC17)が初めて実施されたことを歓迎するとともに,本年2月,仏海軍フリゲート「ヴァンデミエール」の訪日に際し,自衛隊との共同訓練を実施することを確認しました。

(4)防衛装備・技術協力に関して,四大臣は,両国間で初の協力案件となる,次世代機雷探知技術に関する共同研究を早期に開始することで一致しました。

(5)四大臣は,宇宙分野において,次回の日仏包括的宇宙対話に向け,協力を具体化していくことで一致しました。

(6)また,四大臣は,テロ対策及びサイバー分野において,両国間で知見を共有しつつ,緊密に協力していくことを確認しました。

3 地域情勢
(1)四大臣は,国際社会が直面する最も喫緊かつ重大な脅威である北朝鮮について,核武装した北朝鮮は決して受け入れられず,日仏両国が連携して国際社会による圧力を最大限まで高めていくことを確認しました。

(2)四大臣は,法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序の重要性を確認し,緊張を高めるいかなる一方的行動にも,また,力や強制による現状変更の試みに対しても強く反対することで一致しました。

(3)また,四大臣は,中東和平を含む中東情勢等についても意見交換を行いました。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

読み方によっては、フランス海軍は、仏海軍フリゲート「ヴァンデミエール」をインド洋に派遣、自衛隊と防衛協力を分担すると読める。

既に、イギリスは日本海に空母派遣方針である。

―― 参考情報 ――――――――――

・英国メイ首相来日の政治的意味
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-603.html

・日英首脳会談  双方が得たもの
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-605.html

―――――――――――――――――

そのイギリスは一歩踏み込んで、TPP参加検討することを表明した。

これによって、イギリスのTPPにより、地政学的要所を押さえることになる。

―― 参考情報 ――――――――――

安倍政権が主導したTPPは地政学上の大事件?  ポスト安倍に求められる資質
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-848.html

―――――――――――――――――

軍事的には、在日米軍の存在、日英防衛協力、TPP発効によって、日本近海と南太平洋は
押さえつつある。

弱点は、西太平洋とインド洋にあるのは明らかだ。

https://www.sekainorekisi.com/%E7%92%B0%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E5%8D%94%E5%AE%9A%E4%BA%A4%E6%B8%89%E5%8F%82%E5%8A%A0%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9B%B3/

TPP地図


今回のフランスとの2+2協議によって、フランスが、比較的手薄と思われる、西太平洋、インド洋をフランスが分担するシナリオであることがはっきりした。

第4回日仏外務・防衛閣僚会合にて、対象として扱われた「インド太平洋地域」を、西太平洋とインド洋と考えれば辻褄が合う。

安倍外交は軍事的弱点を補強することに成功し、その一方、中共は地政学外交的に、安倍外交に完全にしてやられたとみていいようだ。

以上

スポンサーサイト

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

14:32  |  外交  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.01.29 (Mon)

二階幹事長は首相訪韓についてなぜかくも積極的なのか?

引き続き地政学に係わるテーマで出稿したいところなのであるが、二階幹事長の動きについて、分析した結果について読者の皆様と共有したいと考え、出稿するもの。



本稿は、自民党二階幹事長に係わる、根拠なき推論。

従って、いつもどおりの、真面目なものではない。
ただ、年下の奥さんに暴力を振るった超有名政治ブロガーのように、主義主張、結論を読者の皆様に押し付ける意図はない。



一言で言うと、

幹事長就任後の二階幹事長は、ひょっとすると、かつての売国奴であるイメージを利用し、プロレスの世界で言う、悪役を見事に演じている可能性はないのか?

というシナリオからの原稿である。



たとえば、最近の訪中事案、中国進出企業の支援と同時に中国撤退企業の支援もこっそりやっている可能性はないのか?

中国相手の撤退交渉ほど難しいものはない。

直前にこういう情報があったことを知れば知るほど、二階幹事長には、「悪役」志願の動機があるような気がする。

―― 参考情報 ――――――――――

二階俊博・自民党幹事長が中国人ビジネスマンに脅されていた
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171220/soc1712200024-n1.html

―――――――――――――――――


二階幹事長の周辺状況がどうなっているかは知らない前提での見立てとなるが、シナリオとして首相と幹事長との間で密談したうえで、訪韓発言している可能性はないと言い切れるのか…………………



二階幹事長の首相訪韓発言に五つの意味と想定したらどうなるか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二階幹事長訪韓発言に係わる五つの政治的意味(想定ベース)

①平昌オリンピック需要を見込む、観光業界への義理立て(族議員としての義務)

②親韓勢力を油断させるためのポーズ(親韓勢力のガス抜き役)

③誰が二階発言に強く反応するか、見極めるためのアドバルーン(炙り出し)

④訪韓発言を繰り返すことによる、安倍首相支持派による批判の弾除けを一手に引き受けている(弾除け)

⑤世界支配層の指示で訪韓させられることを隠すためのカムフラージュ(黒幕の存在を関知されない)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こう振る舞うことで、二階幹事長は、野中広務亡きあとの、政界フィクサーの地位が約束されている可能性がある。


仮に、もし①だけの理由で、訪韓発言しているとしたら、二階幹事長はかなりの小者ということになる。



ここに来て、額賀(C●A、親韓)が派閥の領袖から降ろされる動きがあるのは、野中広務逝去を前提とした、派閥の再編成、親韓議員の整理という意味があるかもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

「額賀降ろし」本格化のウラ 影響力増す吉田氏、就任9年も候補育たず…
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180126/soc1801260033-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

「韓国大統領の訪日実現し関係改善を」額賀日韓議連会長
https://itest.5ch.net/egg/test/read.cgi/dqnplus/1512969199

額賀派クーデター全内幕「けんかは勝たねば」参院側が突きつけた最後通牒
http://www.sankei.com/premium/news/180129/prm1801290004-n1.html

―――――――――――――――――

額賀議員は訪韓癖があったことを記憶すれば、日韓議員連盟解散を予期、先行した動き?と捉える可能性はないか。



そして、官邸筋のリーク報道と思われる記事から、今回の訪韓で、首相が“従北”文氏に最終警告するとの情報がある。

―― 参考情報 ――――――――――

安倍首相が“従北”文氏に最終警告へ 日韓首脳会談で「日米韓の連携」確認&「慰安婦合意厳守」通告
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180128/soc1801280002-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

―――――――――――――――――


韓国にとっては嫌な首脳会談となるだろう。


つまり、韓国が逃げたくなるような首脳会談という落とし所を導くために、二階幹事長は悪役を演じていた「筋」があるのだ。

二階幹事長の本心は、「訪韓すべしとの主張を繰り返すことで、日韓のマスコミや韓国政府からの政治・外交的圧力を排し、韓国政府にとっては訪韓しないで欲しいと思わせる」結末を導くことにあったのではないかと推測する。



これが、もし、真っ正直な愛国議員が幹事長だったとして、首相訪韓に反対ですと正直に言及したらどうなるであろうか?日米韓のマスコミがこぞって安倍首相を叩き、同時に首相訪韓に反対な支持層が政権支持しなくなる可能性はないのか……………



もし、安倍首相が訪韓することになっても、国内的には、二階幹事長が騒いだので首相が訪韓しただけであり、内閣支持率の低下に直結せず、悪いのは二階幹事長と解される。


二階幹事長はすべてを知っていて首相とシナリオを事前に打合せ、わざとに「悪役」を演じているのではないのか???



マスコミについては、二階幹事長が首相訪韓を繰り返すことで、マスコミ業界一致して首相訪韓キャンペーンは貼りにくい。
この状況で、読売、産経あたりが首相訪韓について、「日本政府は慰安婦問題について決して譲歩せず、更なる強硬措置に出る」と事前報道すればするほど、首相訪韓は日本ペースで進みやすくなる。

そして、首相訪韓時のとっておきの隠し玉は、「朝鮮半島有事の際における、竹島と済州島への在日米軍駐留」ネタ。このネタが日米韓の密約となった場合、現韓国大統領は、もはや反日をやれなくなるだろう。


それゆえ、二階幹事長について、(野中広務亡き後の政界フィクサーとなるべく、安倍首相のためにわざとに悪役を演じる)、黒タイツ姿の名悪役プロレスラー(国益的には善玉?)のイメージに思えて仕方がないのである。



なお、本稿は根拠なき推論である。
もちろん、二階幹事長が本当のことを言うはずはない。

皆様はどう読まれたであろうか?

以上

テーマ : 安倍政権 - ジャンル : 政治・経済

06:12  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |