FC2ブログ
2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.12.16 (Sat)

相次ぐJR叩きは「広告出稿」催促なのか?  時代は変わる!

20年くらい前の話を思い出して書いている。

かつて、日経新聞の販売関係者の訪問を、仕事上受けたことがある。
その販売関係者(管理職)は、我が社に対し、広告を少しでも出稿してくれたら、貴社を紙上で叩くことはないと、二度語られた。

日経販売関係者は、我が社が特定の新聞社に叩かれていることを知っていて、慮ってそう語ったのであろうと推測する。

最近、JR関係の事故報道が突出して多い。
なぜ、業種的にJRに集中するのか?
反原発ではネタ不足なので、代わりにJRを倒して、日本の中枢インフラを破壊したいのか?
それとも広告出稿を催促している?
私は二つの可能性を疑っている。

さて、来春、汽車旅行することを思い立ち、「鉄道の旅 北海道」という本を読んだ。

その中に、宗谷本線、真冬の稚内近くの荒涼とした場所、地吹雪で線路が雪に隠れて見えない状況で、特急列車が走行している写真を見つけた。

この写真、じっくり眺めていただきたい。
宗谷本線鉄道の旅


写真解説文にはこう書いてある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

鉄道の旅 北海道 講談社

91頁

抜海駅~南稚内駅間を行く「特急スーパー宗谷」。この区間では晴れていれば日本海に浮かぶ利尻島を見ることができる。厳寒期の地吹雪は、レールを一瞬にして覆ってしまうほどの凄まじさだ。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

写真から察するに、天候は小雪、風速は10m/秒。明らかに、やや地吹雪である。
この地域、真冬の地吹雪は珍しいことではないと聞いている。

この地域でのライフラインに携わる業種では、いざという時のために、キャタピラー付の車両を確保しているそうだ。

この場面について、JR叩きに係わり、ご満悦であろう、すべてのマスコミ関係者にお聞きしたい。

このような地吹雪の場面、線路が見えない状況での運転、マスコミ記事にされないためには、本来、運転休止すべきではないのか?

このようなハードな場面で何事もなく、左程の大事故がなく、運行継続されていることに我々は感謝すべきではないのか?

そのうえで、すべてのマスコミ関係者にお聞きしたい。
あなた方は、なぜ他社のマスコミの偏向・捏造に無関心なのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・意図してとぼけているのか?
・そもそも人として、人間の屑みたいな神経なので、無関心なのか?
・日本を陥れる朝●人エージェントとして、中共の代理人である関係で無関心なのか?
・マスコミは、日本を間接統治するためのツールであるため、無関心なのか?
・マスコミは、立法・司法・行政の上に君臨すべき権力なので、無関心なのか?

CGZ87KOUIAAXqq-.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これらは、市井の人間の素朴な疑問に過ぎない。


10年前は、南京虐殺はなかったと語っただけで、マスコミ業界挙げて叩かれたが、今はそんなことはない。

マスコミ関係者は、立場が逆転したことを自覚すべきだ。


偏向・捏造に無関心でJR叩きに熱中している状況にない。

ぼやっとしていると、
とある新聞社の上層部ほとんどが通信傍受対象となり
公安関係者による特定の新聞記者への尾行が続けられ
一方で
押し紙訴訟、押し紙に係わる広告詐欺訴訟、各種発行差し止め訴訟が提起され
省エネ法に基づく押し紙に係わる立ち入り調査が毎日のように行われ
国会で集中審議のため記者数十人が相次いで証人喚問され
外患罪あるいは偽計業務妨害罪で一斉捜査が行われ
巷では有志による「マスコミ処罰」ビラが配られる
時代が近づいていることを自覚すべきである。

マスコミが何を書こうが、何を言おうが安泰だったのは、田母神論文出稿時までである。
それ以降は、マスコミ自身が叩かれ、批判される時代に逆転したという認識である。

「マスコミ処罰」、それは、戦後を終わらせるために避けて通れない「国家国民的規模の儀式」と考えるのである。


以上

スポンサーサイト



テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

20:15  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.16 (Sat)

「裁判官退官直前の判決」は誰が(裁判行政上の)責任を負うべきか?

四国電力の運転差し止めに係わる、(反原発思想の)裁判官の退官直前の判決、最後っ屁みたいな印象がある。

有名ブロガーはこう書いている。

―― 参考情報 ――――――――――

トンデモ裁判官を糾すシステムが欲しい
http://ttensan.exblog.jp/26231803/

―――――――――――――――――

裁判官の弾劾措置、司法の人事上の措置がいい加減、ザル法状態のようであり、それに目を付けた裁判官が、自身の政治的主張に沿った判決を出している印象がある。
私は、これを裁判官の権力の濫用、無責任判決と認定したいと考える。

いわゆるトンデモ判決が増えているのは、裁判官の弾劾、処分、責任追及に係わる法律がザル法状態だから可能なのだ。

本稿では、司法界の権力の濫用、無責任状態について、七項目の視点から問題提起させていただく。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■論点1 そもそも退官直前の裁判官が裁判を担当すべきなのか?

四国電力原発の運転差し止めを認める決定を下した裁判官は退官直前だったそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://jp.reuters.com/article/idJP2017121301001480

伊方、野々上裁判長は今月で退官
1 分で読む

 四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを認める決定を出した広島高裁の野々上友之裁判長(64)は任官37年目のベテラン。広島勤務は地裁を含めて通算で約16年に上り、今月下旬に定年での退官を迎える。

 岡山県出身。1981年に横浜地裁で裁判官生活をスタートし、主に広島や大阪、和歌山など近畿や中国地方の裁判所で民事畑を歩んできた。

 2009年には裁判長を務めた広島地裁の原爆症認定訴訟で、当時としては一連の集団訴訟で初めて認定行政に関する国の責任に踏み込む判断を示し、国に被爆者らへの賠償を命じる判決を言い渡した。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

私の見解となるが、退官1年前は裁判を担当させないか、別の措置を追加すべきと考える。



■論点2 退官直前の裁判官の弾劾制度はどうあるべきか?

弾劾によって法曹資格剥奪(弁護士資格剥奪)、退職金全額返還措置を追加すべきと考える。


■論点3 裁判官退官後の政治活動は厳しく制限されるべきものではないのか?

実際に、裁判官退官後に政治活動に参加されている元地裁所長がいることが確認されている。裁判官法等を改正し、退職後の政治活動も厳しく制限されるべきと考える。違反した場合は、罰則として退職金全額返還措置すべきである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://twitter.com/minatohide/status/595686747377381378

ひと:溝淵勝さん=脱原発活動をする元高松地裁所長

◇溝淵勝(みぞぶち・まさる)さん(73)
37年務めた裁判官退官後の一昨年末、勇気を出して脱原発の市民団体へ電話した。「何か手伝うことが・

【ひと】:溝淵勝さん=脱原発活動をする元高松地裁所長
http://blog.goo.ne.jp/adragonisflying12345/e/bbe4949e040dc92c3da14ae8e37cb602

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■論点4 退官後の政治活動(たとえば反原発運動参加)によって判決無効措置が必要ではないか(原発運転停止仮処分判決の場合)

最高裁事務総局は、司法ルールを一部変更し、裁判官の錯誤、過誤があったと認定される場合、判決無効手続きを最高裁自ら取り組み、処置する制度を新設すべきである。

■論点5 退官直前の判決について、誰が行政責任を負うのか?

当該裁判官が、退官直前の判決について、弾劾の対象とならないのであれば、そのような裁判を担当させたことについて人事権限を保持する最高裁事務総長が行政上の責任を負い、処分対象とされるべきと考える。


■論点6 退官直前の担当裁判官については、弾劾適用しないのであれば、積極的に裁判官忌避しやすい制度に変更されるべきではないか?

詳細説明省略。



■論点7 裁判官の判断による、判決の代読は制度として認めるべきか?

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5d38189312e17a5cd3119b267337507e

関西電力はこの左遷人事を知って、判決を別の裁判官に出させようと、裁判官の交代を求める「忌避」を申し立て、裁判の決着を4月以降へ引き延ばすことをはかっていた。

これに対して、樋口裁判長が裁判所法28条「裁判官の職務の代行」を使って左遷後も審理を担当し、今回の判決にこぎつけた。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

上記の文章の解釈がそのとおりとは思わないが、一度作成された判決について、最高裁事務総局の判断にて、裁判官の職務の代行について制限をかける措置があってもいいのではないか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上、七項目について問題提起させていただいた。

私の印象であるが、ふざけた判決、トンデモ判決が続出し、一部弾劾逃れがまかり通っている点において、司法界は思い上がっている!。その思い上がりを是正する目的での提言と理解いただきたい。

最高裁長官、最高裁事務総長に申しあげたい。
拙ブログは、議員、秘書さん、官邸スタッフ、提言型の言論人、ロビイスト指向の活動家、日々陳情書を提出する一般の人をターゲットとしている。読者は、普通の政治ブログ以上に上質な方々ばかりである。
司法界の暴走、怠慢を、これ以上放置、見逃すことは許されないとお考えいただきたい。

以上

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

07:12  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |