FC2ブログ
2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.12.03 (Sun)

嘘・インチキを教える大学教官・教師は教育界から排除されるべきだ

この教師だけは許せないという教師を一人紹介させていただく。
高校の歴史教師である。
授業態度はいたって普通。教科書棒読みでなく、冗談も言う、気が利くタイプである。この教師、中国帰還兵の講演が土曜日放課後にあると生徒に紹介した。
廊下に、粗末なわら半紙、縦書きに講演の告知があった。
勉強熱心な私は、聞きに行った。
中国帰還兵の話はというと、講師は2人。具体的地名や所属部隊の説明はなく、三光作戦によって日本軍は破壊しくしたと語り続けた。当時、講師の年齢が70歳を越えていたことで不信感を持ったものの、高校生だった当時は、講師の話をその場で嘘だと見破ることはなかったが、Wikipediaに出てくる名前の中に、名前を覚えている人が一人いる。
最近になって、彼らは中共の代理人として宣伝活動を行なっていたことを知った。

―― 参考情報 ――――――――――

中国帰還者連絡会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%B8%B0%E9%82%84%E8%80%85%E9%80%A3%E7%B5%A1%E4%BC%9A

―――――――――――――――――



結果はどうなったか。私は、騙されなかった。騙されなかった決定的な理由、それは、中国帰還兵の人を二人間近に見ていたからだ。彼らは、二人とも子煩悩、そして愛国心に富んだ方だった。

彼ら中帰連の講師たちは私の名前は覚えてはいないだろうが、私はそのうちの一人の名前をしっかりと覚えている。

私は、講演の場で嘘を語った人間のことは生涯許さないつもりである。
中帰連の連中の嘘を聞かされた恨み、そしてその嘘を信じ込ませようと手の込んだ細工をした教師たちの存在についてである。



さて、教科書等の歴史用語にて、「従軍慰安婦」、「南京大虐殺」を扱うべきとの提言が「歴史教師、大学教官で構成される研究会」から提言されたそうである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/life/news/171203/lif1712030008-n1.html

高校歴史用語に「従軍慰安婦」 教科書向け精選案「南京大虐殺」も

今年度内に告示される高校の次期学習指導要領に合わせ、高校や大学の教員らの研究会が教科書会社などに提言する歴史用語精選の1次案に、中学教科書では消えた「従軍慰安婦」が採用されたことが2日、分かった。精選は、教科書改訂のたびに増え続けた用語を減らし、暗記力より思考力育成につなげるのが狙い。ただ「坂本龍馬」など国民的人気のある人名が外れたほか、論争のある用語が多く含まれ、精選基準をめぐって議論を呼びそうだ。

 精選案をまとめたのは、高校や大学の教員ら約400人で構成する高大連携歴史教育研究会。「教科書本文に載せ、入試でも知識として問う基礎用語」として、日本史1664語と世界史1643語を選択。現在の各3500語程度からほぼ半減となり、人名では龍馬のほか「吉田松陰」「高杉晋作」なども外れた。

 一方、近現代は用語が多く、日本史では789語と約半数を占めた。軍による「強制連行」の誤解を与えかねない「従軍慰安婦」や、存否などで論争のある「南京大虐殺」も入った。

 研究会によると、教科書に記載のない事実が大学入試で問われると、次の教科書改訂で収録される悪循環により、半世紀で用語が3倍近くに増大。高校の授業が用語の説明に追われており、生徒が議論する活動を重視した次期指導要領も踏まえ、学ぶ楽しさを実感できる授業へ転換を図った

会長の油井大三郎東大名誉教授は「時代の大きな流れなどに注目した概念用語を明確にし、その説明に必要な事実用語を残した。外れた用語を教科書に載せることは否定しない」とする。研究会は年度内の最終案とりまとめに向け、ウェブサイトでアンケートを実施中で、油井氏は「調査に予断を与えかねない」として、個別の精選基準に関するコメントを控えた。最終案は教科書会社や入試関係者に提言する。

 用語の採用は教科書会社の判断だが、油井氏が中央教育審議会元委員で教科書執筆経験もある上、歴史用語を多面的な考察につながる概念に整理するよう促した中教審の平成28年の答申に沿っており、一定の影響を与えるとみられている。

 教科書事情に詳しい八木秀次麗澤大教授は「用語の増加は中学でも問題になっている。何を教え何を教えないかの基準に幅広い合意を得られれば、教科書執筆者に影響を与えるだろう。特定の思想が反映されないよう、より多くの異なる立場の人々の判断を仰ぐことが重要だ」と話している。

 ■高校の歴史科目 平成34年度に施行される予定の次期学習指導要領で、近代以降の日本史と世界史を融合した新しい必修科目「歴史総合」と選択科目の「日本史探究」「世界史探究」に再編される。28年12月の中教審の答申では、「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)の導入に向け、教科書で扱われる用語について、必要な概念などを明確化して整理することが明記された

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



大学生、高校生の諸君。彼等大学教官、高校教師達は、ありもしない事実を史実だとし?、歴史用語だと認定し、歴史教科書に掲載されるべきだと主張している。

大学教官、高校教師と言えば、尊敬されるべき職業だと若い時分は思ってきたが、このような行為に熱中する大学教官、高校教師だらけなら、社会的制裁を加えるべく、大学の文系学部の教官は95%リストラ、高校の文系科目については通信授業とするか、50%非常勤でいいのではないか?

私は、中学時代からNHK高校日本史、NHK高校世界史を教育テレビで見ていた関係で、文系科目については、「そもそも能力不足、嘘・捏造教育に熱心な教師たち」だらけなら、通信教育を主流とすべきだというスタンスである。

そして、本稿を読まれるであろう、大学生、高校生の諸君に申し上げたい。

私が遭遇した時代は、嘘や捏造をその場で見破ることは難しかったが、今は比較的容易である。
それでも、もし大学や高校の講義などで、嘘や捏造を史実だと語る大学教官や歴史教師がいたら、当該教育委員会などに通報、公式の場で謝罪させることを含めて徹底的に追及いただくことを推奨する。

かくして、嘘・捏造を意図する大学教官や歴史教師たちの居場所はなくなるのである!

以上


スポンサーサイト



テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル : 政治・経済

09:16  |  社会認識  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |