FC2ブログ
2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.12.02 (Sat)

日本相撲協会はモンゴル力士の闇に切り込め!  白鵬は横綱の資格なし!

モンゴル人力士の相撲、私は、強烈な張り手とカチ上ゲをイメージする。

一言で言うと、モンゴル相撲=喧嘩相撲と理解している。
しかし、日本相撲協会は、そういうやり方が改まらない、プロレスラー感覚のモンゴル力士、特に白鵬を甘やかしているように見える。

―― 参考情報 ――――――――――

白鵬の「張り手」が物議 「横綱らしくない」のか
https://www.j-cast.com/2017/07/25304153.html?p=all

白鵬 横綱相撲が酷い!張り手や張り差し、かちあげ、ヒジ打ちなど
http://www.inkythuatso24h.com/hakuho_slap

―――――――――――――――――

モンゴル力士たちが土俵でやっていることは、もはや相撲ではない。醜い格闘技ではないか!

それゆえ、相撲番組は見ない。
こんな醜くしたモンゴル相撲を見る必要はないとのスタンスである。

その白鵬については、問題発言、万歳、物言いなどが今場所相次いだ。

―― 参考情報 ――――――――――

『巡業部長代えて』白鵬の発言だった…異例の理事会呼び出しで厳重注意
http://www.sankei.com/sports/news/171201/spo1712010025-n1.html

相撲協会が理事会に白鵬呼び出し 千秋楽の言動受け苦言へ 貴乃花親方に協力要請も
http://www.sankei.com/sports/news/171130/spo1711300023-n1.html

張本氏、白鵬の物言いは「間違い」 行司は「差し違えたら切腹する習い」
http://www.sanspo.com/sports/news/20171126/sum17112612290007-n1.html

黒星の白鵬 立ち合いに不満で抗議 土俵に戻らず仁王立ち
http://matomame.jp/user/marifx1800/ea7e8029e4e8d3eb01f7

―――――――――――――――――

一人の力士として、これだけの問題ある言動。横綱の資格あるのだろうか?
日馬富士が暴行した席に、白鵬がいたのだから、連帯責任を取らせるべきだった。

なぜなら、そういう席を用意するように、要求・手配し続けたのが白鵬であった可能性が高いのだ。

捜査当局は、日馬富士に再聴取するそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171201-OYT1T50153.html?from=ytop_main1

日馬富士を再聴取へ…鳥取県警、細部確認で
 
2017年12月02日 06時02分

  まとめ読み「横綱の暴行 日馬富士が引退届」はこちら   
 大相撲の元横綱日馬富士関(33)(本名ダワーニャム・ビャンバドルジ)による暴行問題で、鳥取県警は2日にも、鳥取市内の県警施設で、元横綱から再び任意で事情聴取する方針を固めた。
  
 
 捜査関係者への取材でわかった。暴行の状況などを最終確認し、今月上旬にも傷害容疑で書類送検する方針。

 県警はすでに、幕内貴ノ岩関(27)への暴行現場にいた横綱白鵬関らからの参考人聴取を終えた。証言に大きな食い違いはないが、細部を確認するため、再聴取を決めたという。

 現場は、女性店員が接客する同市内のラウンジで、県警は、元横綱を立ち会わせた実況見分または現場検証の実施も検討している。

 捜査関係者らによると、元横綱は、同市内で10月25日夜にあった酒席で、貴ノ岩関を平手やカラオケのリモコンで殴り、頭部にけがを負わせたという。

2017年12月02日 06時02分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

目的は、同席した、白鵬が係わっていないことを確認するためであろう。

白鳳が目くばせしてやらせた、可能性がないことを最終確認するためなのであろう。

さて、モンゴル会なる力士の親睦団体、八百長ユニオンと囁かれている。

―― 参考情報 ――――――――――

貴乃花親方の狙いはただ一つ?モンゴル会に囁かれる”八百長ユニオン”の黒い霧
http://dailynewsonline.jp/article/1379971/

日馬富士暴行事件から見える「モンゴル会」の闇
https://myjitsu.jp/archives/36617

―――――――――――――――――

その可能性はあるだろう。

が、もう一つの可能性について言及したい。

それは、モンゴル会が、「将来性ある有望な日本人力士を潰す?」目的で機能している可能性があるのだ。

ニュース的には表面化しない。
が、彼らは、強烈な張り手とカチ上げを武器としている。
若手有望株の日本人力士が、そのターゲットとされ潰され、その空いた隙間に別のモンゴル人力士の新人が入り込んでいないのか?ということなのである。


伊吹元衆議院議長は、白鵬の横綱としての振る舞いに警告を発した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171130-OYT1T50092.html?from=ytop_top
「白鵬、TPO分かっていない」伊吹元衆院議長
 
2017年12月01日 07時17分
 
 自民党の伊吹文明・元衆院議長は30日、所属する二階派の会合で、横綱白鵬関について「大横綱だからなんでもできると思い上がっているんじゃないか」などと痛烈に批判した。
  
  伊吹氏は九州場所千秋楽の優勝インタビューで「日馬富士関と貴ノ岩関を再び、この土俵に上げてあげたい」と述べたことについて、「矩(のり)(守るべき事柄)をこえている」と指摘。観客に万歳を要求したことも「TPO(時と場所、場合)がよく分かっていない」と苦言を呈した。

 さらに伊吹氏は、三権分立を引き合いに「内閣は内閣の、国会は国会の矩をこえないという気持ちを持っていないと謙虚さを失ったと言われる」とも述べ、横綱批判は返す刀で居並ぶ議員への講釈にもなった。

2017年12月01日 07時17分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

これはシグナルである。
拙ブログは、伊吹元議長の考えに賛同する。

白鵬は、力士としての成績は立派かもしれない。
が、格闘技感覚での土俵での振る舞い、マナーは横綱史上最低の力士だと私は思う。

白鵬=史上最低の横綱であると言いたい。

白鵬の次なる問題言動については、力士引退で相撲協会は対応すべきだろう。

このような外国人横綱に、横綱の資格はない。
もちろん、年寄株を付与する必要はない。

早く引退させるべきである。
モンゴル風の喧嘩相撲は、日本の風土には合わないのである。
白鵬をスカウトした親方は、実は白鵬を育ててはいなかったのである。


以上

スポンサーサイト



テーマ : 情報の後ろにある真実 - ジャンル : 政治・経済

06:49  |  社会認識  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |