FC2ブログ
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.23 (Mon)

山尾元検事殿  自分の不倫は正義の不倫で自民党議員の不倫は不正義なのか?

不倫騒動の当事者選挙、民進党山尾候補は無所属で小選挙区トップ当選、議席を得たが、自民系は2敗となった。

―― 参考情報 ――――――――――

交際疑惑の山尾氏、笑顔で3度万歳 「子供連れたお父さんお母さんの手をこんなに握った選挙は初めて」
http://www.sankei.com/west/news/171023/wst1710230023-n1.html

北の夫人対決… 石川香織氏が当選確実 中川郁子氏は敗退
http://www.sankei.com/politics/news/171022/plt1710220143-n1.html

「私の力不足。全ては有権者の判断」金子恵美氏、女の戦いに敗戦の弁
http://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230148-n1.html

―――――――――――――――――

私は、山尾元検事に申しあげたい。

自分の不倫は正義の不倫で、自民党議員の不倫は不正義なのか?



同時に保守層も考えなくてはならないことがある。
山尾候補の得票数、前回よりも伸びている。民進党支持層は、不倫だろうと不正義だろうと、投票し続けているからそうなるのだ。彼らは、日本が破壊し尽されるためにそう選択する。
一事が万事いい加減でモラルもへったくれもない、人間の屑みたいなのが、山尾元検事に投票したのである。

対して、保守層は、不倫事案発覚され次第、投票拒否行動を選択したようだ。そんなナイーブな事でいいのか?
そんなナイーブな事で、国難を乗り切ることができるのか?

確かに、不倫沙汰は良くない。

が、国難選挙の最中、反日左翼系候補が、不倫沙汰でも得票を伸ばし、小選挙区でトップ当選する事態であることに無関心でいいのか?



山尾候補が検事出身であったがゆえに、自身の不倫を正義だと勘違いさせていいのであろうか?
野党ばかりに許される国会での追及、野党も追及対象とするべく、国会法改正しなくていいのであろうか?

そして、選挙区や国会で山尾をこれ以上のさばらせていいのであろうか?

最後に、「日本死ね」などと汚い言葉を平然と吐く、山尾元検事に対し、保守支持層も覚悟を決めて、「山尾元検事を監視、追及する活動」を本格化させるべきではないのか!


以上

スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

08:07  |  反日政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2017.10.23 (Mon)

衆議院選挙結果がもたらすもの  世代間論争の勃発 

今回の選挙戦、自公が3分の2の議席を獲得することが確定的である。

その主力となったのは、若者層。
選挙戦最終日の秋葉原の自民党演説会。若者層が、安倍首相支持の主力だったことは明白だ。
自民党は彼らから圧倒的な支持を受けている。

たとえば、下記のまとめサイトでのコメント。団塊世代を含めた高齢者批判が目立つ。

―― 参考情報 ――――――――――

【衆院選】自民党、10~20代から圧倒的な支持 立憲民主や共産は高齢層から支持集める
http://newsoku318.blog134.fc2.com/blog-entry-6362.html

―――――――――――――――――

今までは、一方的な老人批判を若者層は躊躇ってきた。
が、かように北朝鮮のミサイルが発射され、尖閣における領海侵犯が繰り返されても反応しない老人層に対し、若者層が反発するのは無理もない。

一方、拙ブログは、独自の視点から、現在の80歳前後の世代の問題点を指摘した。

―― 参考情報 ――――――――――

企業不正のルーツ  40年前の学卒責任者を疑え!
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-695.html

時代は変わる!変わらなくてはならない! 戦後レジームを終わらせよう!
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-705.html

―――――――――――――――――

それゆえ、現在の80歳前後の高齢者たちに、若者を批判する資格はあるのか?と私は言いたい。

風をこじらせ、病院待合室でマスク姿で高熱の、両膝が破れ、汚れた作業服姿の就職氷河期の世代の男(おそらく独身)の視点で私は、書いている。

後期高齢者諸君、あなた方は、就職氷河期の、非正規雇用の、若者たちを馬鹿にし、あるいは最近の若者を女々しいと批判し、健康保険料を負担せよと言い続けるのか?

私の見解はこうだ。

少なくとも、若者批判はやめるべきだ。なぜなら、あなた方は、病院待合室で、優雅に世間話する「特権」を手に入れ、それに安住しているように見えるからだ。


昭和10~20年生まれの世代と比較し、現在の30~40歳前後の世代は、就職氷河期に遭遇した。アベノミクスがなかったら状況はさらに過酷なものとなったことは確かだ。

それと比べて、後期高齢者学卒OBの優雅なことよ!

現役時代は、当事者意識がなく、仕事は一事が万事無責任。社長の顔色を窺い、ゴルフと宴会で社長ヨイショがうまいだけの人たち。狂ったような反日左翼支持者も多い。特攻散華された方への感謝の気持ちがない世代、こんな世代のために、現役世代が、年金、介護保険料で支えていることが馬鹿馬鹿しくなる。

また、後期高齢者支援金負担、一人で年間で30万も払わされたら、後期高齢者のせいで現役世代の生活が圧迫されていると主張せざるを得ない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.wel.ne.jp/bbs/article/145041.html

後期高齢者支援金?!?
40歳代 2008年7月18日(金) 11:52  削除する
国民健康保険料納入通知書をよくみたら、「後期高齢者支援金分」なる項目が。まだ後期高齢者でないのに?と思い市役所へ電話し制度のPRは不十分ですねと述べたところ、「広報誌をご覧になっていませんか?説明が載っています、ちっちゃくですが、通知書にも書いてます」・・・最後は「法律で決まったことですから嫌も何もないんです」とのこと。そうですね、市役所の人が決めたのでないので文句は言いませんでした、知らなかった私が悪い、のでしょうね。でも怒っています、ご老人の方々の負担はもう少し多くてもいいのではないでしょうかね。皆さんは「後期高齢者支援金」というものを知ってましたか?


[3] AQUA 2008年7月19日(土) 0:00  削除する
もともと国民健康保険税または料の医療保険分の中に、「老人医療拠出金」としてあったものです。それが後期高齢者医療制度の開始と共に、若年者の負担を明確化するために、「後期高齢者支援金分」として明文化されただけのことです。
ちなみに、後期高齢者医療の給付の財源は、国・都道府県・市町村の公費(税金)が5割、後期高齢者本人の保険料が1割、残りの4割が国民健康保険をはじめとして社会保険や共済保険等の各種保険から「後期高齢者支援金分」として徴収されたものです。
その4割の「後期高齢者支援金分」は、国民健康保険をはじめとして社会保険や共済保険等の各種保険の0歳~74歳までの加入者が負担をすることになっています。
最近のテレビ等のマスコミは、1割の後期高齢者本人の保険料だけをことさらにピックアップして報道していますが、若年者が残りの4割を負担していることはあまり報道されていません。昔の高度経済成長期の時代ならいざ知らず、現在のように就職氷河期以降の正社員になれない人が多数いるこの時代に、その4割の負担がどれだけ重いものかということを知らない人が多いという事実も確かにあります。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


後期高齢者だけが、得をするシステムは変えなくてはならない。漸く、政府も方針を変えつつある。

―― 参考情報 ――――――――――

【朗報】75歳以上の医療費窓口負担割合を引き上げ 金融資産が豊富な人はより多くの負担も
http://newsoku318.blog134.fc2.com/blog-entry-6357.html

―――――――――――――――――

同様の発想から、死亡年齢によって、相続税率を変えるべきだと、私は考える。
後期高齢者に入った以降の、相続税率、生前贈与に係わる税率は、大幅に引き上げられるべきである。

さて、政党支持率では、年齢が若いほど自民党支持率が高く、民進党・共産党支持率は高齢者ほど高い傾向が、相当期間続くことが予想される。



話題を変えたい。

私は今の若者層、若者世代に秘かに期待していることがある。
今の80歳前後のリベラル主義者たち、仕事において、生活態度すべてにおいていい加減で無責任な学卒OBと比較して、ゆとり教育で育ち大した勉強もしていない若者たちの方が自民党支持率が高い点において評価に値すると考える。

自民党支持率が高い、国民として国益を意識している、その点だけで、今の若者世代は合理的判断ができている。

それは、歴史的視点でも当てはまる。たとえば、大東亜戦争海戦史については、つい最近まで、海軍善玉説、山本五十六名将説が支配的だった。今の80歳前後の世代は、海軍善玉を前提とする戦史小説、戦史映画に酔いしれた。
が、ここ10年間くらいで、状況は変わりつつある。



歴史研究されている若者、歴史に関心がある若者に確かめていただきたいことがある。

・海軍の将官たちは、特攻であれほど有為な学徒を出撃させ、心底泣いたのか?
・海軍軍令部総長の伏見宮は、特攻、敗戦で涙を流したのか?
・海軍の将官たちは、終戦の日に泣いたのであろうか?
・海軍の将官たちは、ミッドウエーに続く、敗北続きの海戦で泣いたのであろうか?

そういう疑問があるのだ、

泣く筈もないから、戦後、海軍出身の将官たちは、何事もなかったように政界に進出、アメリカの手先、C●Aのエージャントみたいな存在になったのではないか?

山本五十六が主役の真珠湾攻撃の映画など、その後の海軍上層部の手抜きを知ると、馬鹿馬鹿しくて見る気がしないのである。
山本五十六が、真珠湾攻撃やミッドウエー海戦において、遠く離れた場所で観戦していたこと、ご存じであろうか?
ミッドウエー海戦で敗北後、戦艦大和ホテルで何もせず過ごしていた期間が半年もあったこと、ご存じであろうか?
ミッドウエー出撃前夜、愛人と会い、戦地からラブレターを送り続けたのは山本五十六だったことご存じであろうか?


歴史上の人物としてみた場合、日本男児として最もたるんでいるのは、最近の非正規の若者なのか、それとも………………

海軍全体の無能ぶりは、渡部昇一の「新たな反日包囲網を撃破する日本」の197~210頁に網羅的に経緯が書いてある。

日本を敗戦に追いやった大東亜戦争、自衛上の理由から開戦が避けられなかったにせよ、最も問題視されるべきは、日本海軍の将官の無能さではないのか?日本海軍の無能な将官たちの存在、それは日本男子として、最も恥ずべき存在ではなかったのか!

戦争において何の責任もない若者たちに特攻指令を出し、護衛機付で出撃させて終戦に至った、戦争の最初の敗戦原因をつくった山本五十六こそが、戦争責任を問われるべき存在ではないのか?

高校野球の選手が涙を流した現象を以て、日本男児に日本精神が失われたのではなく
戦術的にわざとに手抜きで作戦指令?した海軍上層部によって、日本精神が絶滅寸前状態になってしまったのではないか?

団塊世代以上の世代に、真珠湾攻撃をアッパレだとか、アメリカに一矢報いた海軍の戦果として評価する人が多いのは、この世代においていまだにマッカーサー史観が支配的であることを意味する。

マッカーサーが、東京裁判と同時進行する形で、日米双方の共同作業で戦史編纂した理由、それは、戦史的に誤魔化しがあったことを意味する。戦史叢書は、そういう意図によって編集された部分がある。
アメリカにそうやって勝たせた戦争であろうとい私はみている。

しかしながら、こういう類の意見を書くと、必ずと言っていいほど、海軍擁護のコメントがあらわれる。しかし、その素性は、共産主義者、出版ビジネス関係者、山本五十六と関係が深い新潟出身者だったりする。ちなみに、櫻井よしこ、半藤一利は、新潟出身である。高度成長期の首相は、新潟出身の田中角栄。
偶然とは思えない。
同時に、防衛省職員、防衛大学の教官、戦史研究者の中に、共産主義者が含まれていた可能性に私は気づいている。

かくして、山本五十六悪玉説は、長期間封じられてきたのである。

その視点に立って、「米内光政と山本五十六は愚将だった」(三村文夫)、「連合艦隊司令長官 山本五十六の大罪』(中川八洋)や山本五十六の反米エピソードとして春山和典(彼は斉藤博・中米大使の娘と結婚している)の岳父の思い出「ワシントンの桜の下」(小説)について紹介したブログや書評にて、変なコメントが急増する訳を考えていただきたいのである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/42132907.html

山本の反米エピソードは、春山和典(彼は斉藤博・中米大使の娘と結婚している)が書いた、岳父の思い出「ワシントンの桜の下」のなかに収録されている。山本がロンドン第二次会議の予備交渉に出発する直前、斉藤博大使に、次のように語った(1934年9月)。

「俺も軍人だから。<どうしてもアメリカとやれ>といわれれば、アメリカともやってごらんにいれたいね。・・・俺の夢なんだがね。空母十隻、航空機800機を準備する。それだけで<真珠湾>と<マニラ>を空襲し太平洋艦隊とアジア艦隊をつぶすことは確実にできるんだよ」「少なくとも1年間は、太平洋にアメリカの船と飛行機は存在しないってわけさ。それだけの<戦争>はやって見せる」

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

「ワシントンの桜の下」は、実話的な性格を持った小説である。小説の著者は、山本五十六が当時こういったという趣旨のことを、ノンフィクションとして書くと、生命の危険があったので、小説の一部に紛れ込ませる形でこう書かざるを得なかった、私はそう判断する。

キャノン機関、C●A東京支局は、謀略行為に係わり、日本軍上層部が戦後、相当数がアメリカの協力者だったことを知れば、表現手法として当然の選択だったと思う。

ここで、若者世代に対して、求めたいことがある。
私は、既に若くはない。が、過去数年間、個人的趣味の次元で歴史について調べ始めたところである。本を読むだけでなく、外務省や防衛省に出向き、歴史資料の所在を確認するところまできた。
なぜ、そこまでするのか。
大東亜戦争開戦、主要な海戦において、戦術的に不自然な点があるのだ。戦史叢書にきちんと書いてあっても、何かを隠蔽するために、別のシナリオで塗り固めている、そんな形跡があるのだ。渡部昇一は、一連の不自然な海軍上層部の判断を、上記の本で書き残した。同様に、2・26事件も歴史書に書かれることがない謎の部分がある。

そのうえで、若者世代が馬鹿にする、情弱の老人世代がなぜ、GHQ占領時代、その後、公職追放によりマスコミ、学界、教育界、労働界等が左翼勢力(在日朝鮮人たち)に乗っ取られ、洗脳され支配されるに至ったのか?その過程を振り返り、若者世代の視点で検証いただきたいのである。

私は、私なりに、歴史書を中心に、過去数年間で1000冊以上読破した。どの本を読むべきか、ここでは書かない。しかし、歴史は勝者によって書き換えられ、当時の人たちは、例外なく洗脳されたとみていいだろう。



ちなみに、私が初めて、「歴史は勝者によって書き換えられる」というジンクスを聞いたのは、大学教養時代の日本史の選択科目においてである。受講者数人の講義だったが、その大学教官は、歴史観としてのものの見方としてこのジンクスが歴史研究最大のポイントであると説いた。
ちなみに、その大学教官が講義で使った本を、大学近くの古本屋で売ろうとしたところ、この本を売ってはいけないと、古書店店主に諫められた。
また、ヨーロッパ中世史専門の歴史学者は、人影まばらな講義室にて、歴史書として書かれる機会が極端に少ない、ハザール王国の存在そして、ユダヤの歴史の不自然さについて、言及した。その教官は、当時、歴史を支配している者の正体に気がついていたのであろう。ちなみに、その講座は開講当時は300人出席の人気講座だったが、試験直前の講義ではたった20人前後しか受講者はいなかった。つまり、そのヨーロッパ中世史の歴史学者は、人影まばらな講義室で熱心に聞いていた20人の学生に対し、(タイミングを選んで)歴史研究の手がかりを示したのである。

従って、今、私が、歴史について調べ始めているのは、大学時代のそういう経緯があったことが、動機となっている。もちろん、私の専攻は歴史ではない。



確かに、団塊世代以上の情弱ぶりは問題である。それは確かなのであるが、それは、GHQ占領時代につくられた、捏造された歴史観(東京裁判史観と一般的には言われている)が、根本的な問題として横たわっている。

歴史書的視点で眺めた場合、最先端と思える保守の言論人が係わった歴史書でさえ、捏造された部分、隠蔽された部分について、「完全なる真実」を発掘、その真実に基づいて書き直した状態とはなっていない。特に、ユダヤ人が係わっていそうな部分がそうなのだ。近現代史の歴史研究の難しさはここにある。

洗脳された人々は、完全なる真実を示さない限り、彼らは覚醒することはない。
生涯彼らは、洗脳され利用されたことに気づかず、死んでゆくのだ。
ただ、怪しいというだけで、彼らはGHQ占領時代に埋め込まれた歴史観、国家観を変えることはない。騙されたと気づきつつあったにせよ、である。
彼らとて彼らの人生の砦を失いたくないのであろう。



そして、憲法改正論争を機に、世代間抗争は、勃発するだろう。秋葉原の自民党演説会に参加した若者たちは(洗脳され続ける愚かな)老人世代を攻撃するだろう。老人世代たちは、健保支援分、介護保険等で若者世代に依存する限り、若者世代を批判することは人として(特権を甘受し)甘えているとみなされるべきだ。

私は、風をこじらせ、病院待合室でマスク姿で高熱の、両膝が破れ、汚れた作業服姿の就職氷河期の世代の男(おそらく独身)の視点で書いている。

彼らは、今回の選挙結果から、高齢者たちの支持政党動向を知り、以前よりも老人世代を馬鹿にし、軽蔑する人が増えることになるだろうと予想する。

「いわゆる世代間論争」において、若者たちは、気力、体力の点で、老人世代を圧倒するだろう。時間が多く残されている世代が勝利するのは当然のことである。
私は、若者層が勝利することに反対しない。が、歴史観を以て、なぜ・どういう経緯で(いわゆる)東京裁判史観が肯定、流布されるに至ったのか?定説とされている歴史研究の怪しい部分、不自然な部分を発掘、定説を覆さない限り、完全勝利とはならないのではないかと考える。

完全勝利しない限り、戦後は終わったことにはならない。
老人を馬鹿にし、軽蔑したことで勝利者とはならないのである。



若者たちは、今は支持政党は、自民党一択だとしている。それは選択として間違っていない。安倍首相が自民党総裁である間はそれでいいだろう。しかし、10年後も安倍首相であることはあり得ない。よって、安倍首相支持する若者層において、何らかの継続的取り組みを模索することが必要になる。


活動論的には保守系団体活動のあり方を模索することに繋がる。現状の街宣やデモ活動の次元ではなく、政権運営を牽引するロビイスト的活動、世論対策を意識した政治活動を意識することになる。
「自分たちが主張することは正しい」という論理だけで、選挙戦において必ずしも議席獲得できないことを知っている人なら、おわかりいただけることと思う。

最後に、今回の選挙を機に、世代間論争が国家的規模で表面化し、若者たちが戦後レジーム解消に向けて主体的に取り組むことを私は期待している。


それによって、ファジーでソフトランデイング路線ばかり選択してきた安倍首相が、戦時内閣を意識した熱いハートを持つ、ハードボイルト路線に変更、戦後レジーム解消の政治的パワーの源泉となることを願っている。


以上


テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

05:01  |  選挙結果  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |