FC2ブログ
2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.26 (Tue)

小池百合子はなぜ突然「党首」に就任したのか?

小池百合子、急遽、党首に就任、記者会見に臨んだ。


―― 参考情報 ――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/170925/plt1709250128-n1.html

「黒幕」前面に…小池百合子都知事が新党代表 焦りの裏返し 首相解散表明直前の会見 改憲、原発ゼロと総花的な政策

 新党構想で裏方に徹してきた小池百合子東京都知事が25日、自ら国政政党「希望の党」の設立と代表就任を表明した。安倍晋三首相による衆院解散表明の直前に記者会見を設定し、首相との対決構図を印象付けるしたたかさを見せた小池氏だが、満を持して「黒幕」が姿を現したのは新党の行く末への焦りの裏返しにほかならない。(松本学)

―――――――――――――――――



希望の党という名前、それは
選挙互助会として民進党から抜け出した候補者にとっても
日本のこころを放り出した候補者にとっても
希望である。

そして、私のように、小池百合子を支持しないが憲法改正を期待する層に対しても希望を提供する。

自公連立で、公明党に封印されてきた(かもしれない)数々の右寄りの施策が、希望の党が国政進出することで、解消されるかもしれないという期待があるのだ。



朝日は、小池の突然の党首就任をかく報道した。

―― 参考情報 ――――――――――

【希望の党】小池氏周辺「このまま若狭氏と細野氏に任せていては失敗する」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48801831.html

―――――――――――――――――




朝日が報道するということは、真実の筋が気づかれずに眠っているとみなくてはならない。

本稿は、その筋を見出すための試論なのである。







若狭の携帯が壊れていたとの話がある。

―― 参考情報 ――――――――――

【投稿】若狭生活!
http://www.nikaidou.com/archives/95465

―――――――――――――――――

小池百合子は、若狭のトロ臭いところにしびれをきらした可能性はある。画像でみる若狭は、お坊ちゃま君みたいで、凄みがまったくない感じである。

最近の世論調査結果を参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170925/plt1709250128-n2.html

 自らが前面に出なければ衆院選での躍進は見込めない-。小池氏がこう判断したことは想像に難くない。

共同通信社が23、24の両日に実施した全国電話世論調査で、比例代表の投票先を「小池新党」とした人はわずか6・2%。自民党(27・0%)に遠く及ばず、民進党(8・0%)の後塵(こうじん)を拝した。日本経済新聞社とテレビ東京の22~24日の調査も民進党と同じ8%で、自民党(44%)との差は歴然だった。

 小池氏は会見で「保守」「憲法について議論を避けてはいけない」と語り、首相を強烈に意識した言葉を並べた。衆院選の焦点を「安倍VS小池」の構図に持ち込もうという意識が色濃くにじむ。一方で「原発ゼロを目指す」といった民進党などの野党と通じる方向性も打ち出し、総花的な内容となった。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

産経は、この数字の結果から、小池百合子は一人焦り、党首志願せざるを得なかったとした。



瀬戸弘幸は、民進党を追撃すると高評価した。

―― 参考情報 ――――――――――

世論調査での各政党の支持率 民進党に迫る小池新党の驚異的伸長
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53251456.html

―――――――――――――――――


私は、どう見たか?

自公の議席は現状維持。民進党の議席が半減。減少分すべて、希望の党に喰われると読んだ。面白いことに希望の党の公約は、民進党の過去の公約に近い。



ここで、見落としてはならないポイントがある。それは、現時点で、希望の党の支持率が、公明党を2ポイント以上?上回っている可能性があることだ。

つまり、自公連立が崩れ、自公、あるいは自・希望、あるいは自・公・希望の可能性が出てきたのである。



一方で、公明党は、小池百合子を都知事職に封印するような動きを見せてきた。

―― 参考情報 ――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/170926/plt1709260049-n1.html

公明・山口那津男代表が小池百合子都知事を批判「2足のわらじは務まらぬ」

 公明党の山口那津男代表は26日の記者会見で、新党「希望の党」代表に就いた東京都の小池百合子知事について「都知事の職責は重い。二足のわらじが務まるほど生易しいものではない」と批判した。

 一方で、小池氏との都議会での連携については「都議会公明党が現状をよく見ながら判断していく」と述べるにとどめた。その上で「都知事職を全うするよう尽力してほしい」と注文した。


http://www.sankei.com/politics/news/170925/plt1709250111-n2.html

小池百合子都知事、「希望の党」結党へ 自ら代表就任…公明党反発で都議会知事与党、過半数割れも

小池氏の新党代表就任の意向を受けて、都議会公明党の東村邦浩幹事長は「都政に集中して改革を進めるというから知事に協力してきた。国政進出は不愉快で、関係を改めざるを得ない」と述べ、都議会最大会派で小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」との連携解消に向けた検討に入った。

 小池氏は25日、小泉純一郎元首相と都庁内で会談した。小池氏は会談内容について報道陣に「原発です」と述べた。小池氏によると、会談は約20分間に及び、小泉氏からは「頑張れ」と激励されたという。

―――――――――――――――――

都議会公明党の発言は、小池百合子をなんとしても都政に閉じ込めておきたい、そういう意図が滲み出ているととれる。


理由はどこにあるか?
小池百合子を国政に関与させると、自公連立での公明党の立場がなくなからである。(私見)

さらに、面白いことに、小池百合子は小泉純一郎と会談したそうだ。



ここで、この夏、富士山麓にある笹川氏の山荘での、自民党首相経験者を囲む夕食会を思い出したい。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://hosyusokuhou.jp/archives/48799194.html

【朗報】安倍ちゃんの夏休み、とんでもない面子がそろう

20170815.jpg 

DSC_0581.jpg

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

この会合で何が話し合われたか?

想像に過ぎないが、こういうことが語られた可能性はないのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

森友・加計事案対応で、国会対応で苦労した安倍首相を、首相経験者たちが慰労しつつ、健全な保守系野党を確保しておけばもっと楽な国会運営になるのにと、森元首相や小泉元首相が冗談ぽく語り、小池百合子なら、原理原則、主義主張にこだわらず、「やれ!」と言われれば民主党乗っ取るくらいの演技をやりかねないので、小池百合子の動きを安倍首相が陰から助太刀するのがいいのではないか。ついでに、日本のこころもこの機会に合体させれば、保守の不満層のガス抜きになるのではないか……………

ふざけているかもしれないが、自民党首相経験者ならこれくらいのアドバイスを冗談ぽく語る?はずである。
先輩の話を聞かされる立場の、安倍首相は安倍首相で、前回の衆参の選挙で、次世代の党に1議席もやらず、田母神俊雄の刑事告発を傍観していた経緯を少し反省したのではないのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

見方を変え、小泉元首相が、都知事選挙で細川元首相を応援した時点での選挙分析の視点から述べたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・既に、反原発の政策を掲げ、小泉元首相が応援した細川元首相の都知事選挙データは存在する。これは、反自民、反原発の保守層のデータとして分類可能である。
・小池百合子は、反自民の票を掘り起こし、民進党支持票を切り崩そうとしている。
・小池百合子が、民進党右派を抱え込み、憲法改正とセットで反原発を公約とした場合、どの程度首都圏で得票可能なのか、過去の二度の都知事選挙(細川元首相、小池百合子)、前回都議会選挙、そして最新世論調査動向から、それなりの精度でシミュレーションが可能と推測する。
・小池百合子は、最新の世論調査結果、過去の二度の都知事選挙、前回都議会選挙から、公明党の議席を上回る可能性があるとする、シミュレーションデータを得て、今なら公明に勝てる!、今なら連立組み換え可能?と踏んだのではなかろうか?

・自民党関係者の周辺に、この種の調査・分析業務を請け負う会社が存在する?一社くらい、この種の分析を行う会社はあるはず?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小泉元首相は、小池百合子に対し、以前の都知事選挙で、反原発を掲げた細川元首相が、どの程度の反自民層の票を得たか、分析結果及び現時点でのシミュレーション結果の情報を渡したのではないか。

そういう可能性を総合して、希望の党は、こう位置づけることが可能ではないかという結論に達する。

希望の党とは
新聞・テレビ報道から小池百合子を救世主と崇める(洗脳されやすい)人たち
選挙互助会に飛びついた党籍ロンダリング好きな候補者
民進党の無策に呆れる無党派層
に希望をもたらすだけでなく

日本のこころの支持者(安倍首相に批判的な保守層)
憲法改正を待望する保守層
自民党の首相経験者(公明党に嫌気がさした)
にとっても希望をもたらすという点において
選挙で投票しない人にもプラスの効用をもたらす、不思議な政党ではないかと思えてくるのである。

これを「小池マジック」と言うのは、不謹慎であろうか?

最後に、解散総選挙のタイミングの決断は別として、富士山麓の笹川山荘にて、次期総選挙そして憲法改正シナリオが練られた可能性を指摘し、本稿を終える。

以上

スポンサーサイト



テーマ : 小池百合子 - ジャンル : 政治・経済

19:05  |  保守政党  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2017.09.26 (Tue)

国難突破解散なので 「国難>憲法改正>■■>▲▲>▼▼」 となります!

本稿、拙ブログお読みの皆様が、報道バラエテイ番組漬け向けの方(おそらく団塊の世代の女性)と選挙について話す機会があった場合を想定、「話のネタ」として作成したもの。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170926/plt1709260010-n1.html

安倍晋三首相「国難突破解散」 北情勢、未曽有の危機迫り決断

「自らが先頭に立って国難に立ち向かっていく。トップである私の責任であり、首相としての使命だ」

 安倍晋三首相は衆院解散を表明した25日の記者会見で、こんな覚悟を示した。

 なぜ今、解散なのか-。記者会見では、むしろ消費税の使途変更に言葉を費やしたが、安倍首相の決断理由は一にも二にも、そこに北朝鮮問題があるからだ。わが国はまさに、戦後最大の安全保障上の危機に直面しているのである。

 「米国が来年、北朝鮮に軍事行動をとる可能性が出ている」

 政府高官は最近、こう明言した。そして「今年は対北経済制裁をやったばかりで、これからその効果と反応を見定める時期だからないが…」と続けた。

 安倍首相はトランプ米大統領と頻繁に電話や直接の会談を続けており、今やトランプ氏の考えを世界で最もよく知る外国首脳だ。すでに米側から、何らかのシグナルを受け取っているものとみられる。

 一方、衆院議員の任期は来年12月までだ。現在のタイミングを逃すと、国際社会、とりわけ極東地域の大混乱の最中に、衆院選を強行せざるを得なくなるかもしれないというわけだ。

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20170925-OYT1T50072.html?from=ycont_top_txt

安倍首相、臨時国会冒頭に「国難突破解散」
2017年09月25日 18時44分

 安倍首相は25日夜、首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭に衆院を解散する意向を表明した。

 衆院選は、10月10日公示・22日投開票の日程で行われる。首相は会見で、「これからも経済成長していけるのか、この漠然とした不安にしっかりと答えを出していく」として、アベノミクスの継続を訴えた。

 安倍首相は記者会見で、予定される衆院解散について、「国難突破解散」と命名した。また、衆院選での勝敗ラインについて、「与党で過半数」と述べた。

2017年09月25日 18時44分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


国難突破解散なので国政上の優先順位は

国難対応≒防衛強化>憲法改正>消費税>福祉>>>外国人生活保護>>>在日特権>>>森友・加計事案

となる。

安倍首相は、国難突破解散と銘打つことで、優先順位はこうなるけどいいですか?と国民各層に問いかけているのである。

産経阿比留記者は、国難にあってそれでも森友・加計事案の方が重大なことなのか?選挙期間中に衆議院議員が不在なことが行政の空白を招くのか、冷静な判断を求めている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170926/plt1709260010-n3.html

安倍晋三首相「国難突破解散」 北情勢、未曽有の危機迫り決断

 今回の解散・総選挙は、未曽有の危機への判断と対応を誰に、どの政党に任せるかという重大な選択の場でもある。今そこにある危機に目をつむり、森友・加計学園問題をつぶす疑惑隠し解散だなどと矮(わい)小(しょう)化する野党や一部メディアは、あまりに無責任にすぎよう。

 解散・総選挙によって衆院議員は一時的にいなくなるが、別に内閣が解散するわけではない。衆院議員の不在自体が、混乱を招くかのような論調も誤りだ。政府の危機管理・対応は途切れなく続くし、衆院選中も菅義偉官房長官と小野寺五典防衛相は原則東京にとどまる方針だという。

 安倍首相だけの問題ではない。国民もこの強い危機感を共有できるかが問われている。(阿比留瑠比)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

本稿の目的は、
選挙期間中に続けられるであろう、素人お馬鹿コメンテーター、中共・北朝鮮にハニートラップされた工作員コメンテーターが出演する報道バラエテイ番組の偏向捏造・デタラメ・嘘対策なのである。

拙ブログお読みの皆様が、報道バラエテイ番組漬け向けの方(おそらく団塊の世代の女性)と選挙について話す機会があった場合、「話のネタ」として

国難突破選挙とは、もはや平時ではない関係で、上記優先順位に代わることを意味することを、素人お馬鹿コメンテーターや、中共・北朝鮮工作員コメンテーターの間抜けな見解に反論する形で、お示しいただければ幸いである。

以上

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

05:18  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |