FC2ブログ
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.27 (Tue)

都議選のポイント 自民党は劣勢をハネ返し民進党を壊滅できるか?

都議選、世論調査では、都民ファーストが自民党を上回る支持率となっているそうだ。
私は、これに納得しない。
逆風でも自民党が第一党を獲得する結果となることを望んでいる。

都民ファーストに勝たせてはいけないのである。

―― 参考情報 ――――――――――

小池ファーストに勝たせてはいけない
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4428.html

―――――――――――――――――

小坪しんや議員は、かく分析している。

―― 参考情報 ――――――――――

都議選と、豊田”事件”のタイミング、都民ファーストと自民支持者、そしてメディアの動き。2017年6月26日
https://samurai20.jp/2017/06/toyoda-2/

―――――――――――――――――

小坪しんや議員は、谷垣総裁を裏切り、谷垣総裁が総裁戦出馬できない状況に追い込んだ、石原伸晃について批判的である。

谷垣元総裁、現在、人前に出る機会はないようだ。
谷垣総裁の時代、自民党は本当に苦しかった。離党者が続出した。議席も減った。政党交付金も減った。
そんな状況で、谷垣総裁は有志議員を引き連れ全国行脚、街頭演説にて自民党各支部を自民党支持者を鼓舞、激励し、自民党党内および支持者の結束を何度も呼びかけた。
野党自民党ではあったものの、野党時代の地方選、本当に強かった。
谷垣総裁、お世辞にも演説はうまくはない。が、そのお人柄があってその言葉が語られ、多くの有権者が選挙にて、再び自民党に託そうという盤石な流れを作ったのは確かだ。

―― 参考情報 ――――――――――

第24代自民党総裁 谷垣禎一 の最後の言葉を忘れるな!
https://www.youtube.com/watch?v=ctmqIy9MkjQ

―――――――――――――――――

この動画は、自民党史に残されるべき動画であろう。

自民党が野党の時代、外国人参政権法案、人権侵害救済法案が国会審議事案として何度も取り沙汰された。
その度に、各自かき集めたメールアドレス、ないしFAX番号の宛先に、何度もメール、FAXした方が多いと思う。
私の場合、かき集めたメールアドレス件数が1000件を超えた。

自民党も苦しかったし、保守支持層もみんな苦しかった。
谷垣総裁はその苦しかった時代、支持者の心を再び掴み、野田政権の解散、保守回帰の流れを作った、最大の功労者である。

しかし、その保守回帰のチャンスを国家や党のためでなく、自身の出世欲のために行動した者がいた。総裁選において、(自民党が野党時代)左程汗を流さず、総裁選工作だけ熱心に取組む人物もいた。

それゆえ、私は、石原伸晃や石破茂が大嫌いである。もちろん、内田某も嫌いだ。

そんな中で、前回都知事選挙前までは、都議会自民党の体質は温存され、小池百合子は逆風をモノともせず勝利し、都議会議員選挙に都民ファーストなる看板で臨んでいる。

私は、小池百合子候補を、都知事選挙において消去法的に支持した。自民党公認候補が納得できる候補ではなかったからだ。

今回の都議選の見どころについて、「自民党と都民ファーストの確執」であるとマスコミは取り沙汰している。

が、それは本筋ではない。

都議選の本筋は、自民党と都民ファーストの騒動を創り出し、選挙の争点として、また二大対立軸であるかのように演出することで、民進党を挟み撃ちにすることにあるとみている。

敢えて、安倍首相が、自民党の応援演説に立たないと言われているのは、挟み撃ちであることを気づかせないためか、あるいは自民党は左程劣勢ではないとみている、そう分析した結果ではないか。

なぜなら、都民ファーストはどうみても政治の素人?候補者だらけ?であるからだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【2017都議選 首都決戦】都民・美人元歌手が自民・無所属現職に挑む 選挙地盤が固い南多摩、やや混戦模様
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170627/soc1706270005-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

―――――――――――――――――

安倍首相が遊説に出れ出るほど、都民ファーストが素人集団であることが一目でわかってしまう。

従って、シナリオ的には、世論調査では都民ファーストが第一党を伺う勢いを先行させつつも、危機感を煽り、選挙戦の最終盤で帳尻を合わせる作戦なのであろう。

楽観は禁物だが、自民党と都民ファーストで、民進党を挟み撃ちにし、壊滅させる選挙結果となることを期待している。

そして、もう一つ注目していることがある。それは、日本共産党批判に特化しつつある、日本第一党の岡村幹雄候補である。

―― 参考情報 ――――――――――

岡村幹雄候補 主な政策の説明 
https://m-okamura.japan-first.net/policy.html

平成29年6月25日 日本第一党岡村幹雄候補 東京都議会選挙演説(八王子駅北口)
https://www.youtube.com/watch?v=bO7-8T6AT6k

―――――――――――――――――

日本共産党は、選挙妨害・選挙違反事案続出だそうである。

既存政党が、はっきり言わないことをはっきり指摘する岡村候補者の存在はもっと注目されるべきだろう。

以上

スポンサーサイト

テーマ : 小池百合子 - ジャンル : 政治・経済

20:06  |  選挙  |  トラックバック(1)  |  コメント(3)

2017.06.27 (Tue)

共産主義思想の文系学者たちを追撃せよ

戦後、共産主義者たちとGHQが緊密に連携し、諸方策が採用、公職追放によって在日朝鮮人そして左翼系の人たちは大量にポストを得た、と言われている。
学術分野的には、古代史、皇位継承学、憲法学、国家神道論において、公職追放の影響があることを最近強く意識するようになった。



古代史において、津田左右吉の影響を受けた、共産主義思想の学者の学説について、大平裕はその著作にて、学説上の問題点を指摘している。

「歪められた日本神話」(萩野貞樹)において、彼らの学説、検証手法、学問的姿勢について、具体的にどういう問題があるのか読む事ができる。

―― 参考情報 ――――――――――

古代史歴史学者の学説、学問的姿勢に係わる問題点 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

―――――――――――――――――



共産主義思想の憲法学者たちが皇位継承学をないがしろにした問題については、中川八洋がその経緯について分析した。

―― 参考情報 ――――――――――

【皇室問題】  憲法学者が悪さをしたのは「9条改憲阻止」だけではない!
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

―――――――――――――――――



憲法で規定する、天皇に係わる条項が存在するのに、共産主義思想に被れた憲法学者たちは、それにふれようともせず、天皇制について、否定的な研究態度を示してきたこともわかってきた。

―― 参考情報 ――――――――――

皇位継承学  我々は「憲法学」を誤解しているのではないか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-520.html

―――――――――――――――――



さて、国家神道については、Wikipediaにて、戦後長らく、その大家だと言われてきた第一任者の定説が覆されつつあるとの記述がある。

//////////////////////////////////

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E9%87%8D%E8%89%AF

村上重良

出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年6月)

村上 重良(むらかみ しげよし、1928年10月10日 - 1991年2月11日)は、日本の宗教学者。

東京生まれ。都立一中などを経て、1952年、東京大学文学部宗教学宗教史学科卒業。慶應義塾大学講師を務める。

日本共産党に属し、日本共産党に敵対的な創価学会および公明党を批判する著作や論文をいくつも発表していた。しかし宮本顕治が中心となって、「日本共産党と創価学会との合意についての協定」(創共協定)を1974年12月に締結したことに始まり、日本共産党指導部が宗教に対する融和的態度を示したことに反発し、世界1977年10月号(岩波書店発行)で、「共産主義政党と宗教 『創共協定』を再考する」という論文を発表し、宮本指導部を公然と批判したため党から除名された。

国家神道の研究で知られ、特に岩波新書の『国家神道』は国家神道論における定説として長く扱われてきた。村上によると、明治政府は神道を国教化しようとして当初から天皇を中心とする神の国を作り上げようと精力的に動き国民を神道信仰に駆り立てたという。しかし、近年の島薗進・阪本是丸・新田均らによる検証により、そもそも、明治政府の中にも伊勢派・出雲派などの路線対立が有り、一枚板ではなかったこと、明治政府の神道信仰の強制がほとんどなかったことなどの史実を踏まえると、村上の国家神道論は粗雑かつ本人の先入観に基づく説だったのではないかといわれるようになり、学界での影響力は低くなっている[要出典]。

主な著書

単著[ソースを編集]
『近代民衆宗教史の研究』法藏館、1957年
『創価学会と公明党』日本文華社、1964年
『創価学会=公明党』青木書店、1967年
『近代日本の宗教者』あそか出版社、1967年
『日本百年の宗教』講談社現代新書、1968年 改題改訂『近代日本の宗教』
『成田不動の歴史』東通社、1968年
『国家神道』岩波新書、1970年
『金光大神の生涯』講談社、1972年
『出口王仁三郎』新人物往来社、1973年
『ほんみち不敬事件』講談社、1974年
『慰霊と招魂-靖国の思想-』岩波新書、1974年
『教祖』読売新聞社、1975年
『仏立開導長松日扇』講談社、1976年
『天皇の祭祀』岩波新書、1977年
『現代宗教と政治』東京大学出版会、1978年
『評伝出口王仁三郎』三省堂、1978年
『日本宗教事典』講談社、1978年(のち講談社学術文庫)
『現代日本の宗教問題』朝日新聞社、1979年
『新宗教 その行動と思想』評論社、1980年(のち岩波現代文庫)
『世界の宗教』岩波ジュニア新書、1980年
『日本の宗教』岩波ジュニア新書、1981年
『現代宗教と民主主義』三省堂、1982年
『国家神道と民衆宗教』吉川弘文館、1982年
『神と日本人』東海大学出版会、1984年
『宗教の昭和史』三嶺書房、1985年
『天皇制国家と宗教』日本評論社、1986年
『靖国神社』岩波ブックレット、1986年
『天皇と日本文化』講談社、1986年(のち『日本史の中の天皇-宗教学から見た天皇制-』と改題して再刊)
『世界宗教事典』講談社、1987年(のち講談社学術文庫)

編著
『公明党』新日本出版社、1969年
(笠原一男)『現代日本の宗教と政治』新人物往来社、1971年
『皇室辞典』東京堂出版、1980年

//////////////////////////////////


「国家神道」、語彙的には、【第二次世界大戦前より存在し、議会や神道学、内務省、陸軍省などでは「国家神道」およびその同義語を用いている例がみられる。】だそうだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A5%9E%E9%81%93

が、学術的には、敗戦後の研究(後付けという意味)である可能性が十分にある。

国家神道の概念を否定すべきものと、扱われるきっかけとなったのが、GHQによる神道指令であることは確定的である。ただし、その神道指令自体が、誤解・早とちりに基づく指令であったことをGHQも認識せざるを得なくなり、指令の部分修正を余儀なくされた。(詳細本稿では解説しないが)

―― 参考情報 ――――――――――

「神道指令」全文について 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

―――――――――――――――――

すなわち、戦後に勃興した国家神道否定論者は、時間が経てば経つほど、戦勝国の代理人GHQという勝ち馬に乗り調子に乗り、国体を否定した「敗戦利得者」=「GHQ御用学者」という評価となることは避けられないのである。



また、共産主義者が学問的に権威を持ち、古代史、皇位継承学、憲法学、国家神道論に係わったことで、学術的な視点での研究がないがしろにされている事実を、戦後70年を経て広く知られることとなった。共産主義者たちは正統な学問の破壊者ということになるだろう。

実際、文系学者たちは、職務上の学術と称する研究ではなく、慰安婦問題について政府がとった措置や、平和安全法制に介入しつつある。
以下は、その一例である。

―― 参考情報 ――――――――――

16の歴史学会は自ら「権威」を捨てた
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-418.html

―――――――――――――――――

政治声明を出した16の歴史学会は、「学術上の権威」とは異なる「権威」を求め始めた。尋常な学会とは言えまい。

職業公務員学者であることを放棄、(誰も見ていない)教官室で政治活動に明け暮れる「学者と称する者」たちを学者として扱う必要はあるのか?
「本来的に学者であることをやめた学者たち」を学者として扱う必要はあるのか。
かような学会声明は、もはや権威が、変質したことを意味する。彼らは、GHQ体制を堅持、日本が悪い国であり、日本が永遠に敗戦国であり、戦勝国に謝罪しなくてはならない、そのために「権威」を維持したいようである。

「ユダヤは日本に何をしたか」(渡部悌治)には、こう書いてある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

79~80頁

日本における「神の国運動」も、ユダヤの王の再臨を準備するということであって、賀川豊彦らがアメリカ共産党からの資金によって主唱していたものであった。この運動も日本の内応者を養成する企みからなされたものだ。キリスト教の単なる信仰上の運動であるならば問題はなかったのだが、陰に隠された企みがあったのである。
この陰謀は、私が東北学院の神学生だった頃、御殿場の東山荘で開催されたキリスト教青年夏季講習会に出席し、講義の内容と講師たちの密議から体験によって知りえたことである。

「日本人がユダヤの王の前に立つためには、日本という国家を背負った驕り高ぶったままの姿であってはならない。悔い改めによって遜らなければならぬ。日本人はそう簡単には国を捨てない。国を捨てさせるには、国そのものを無くしてしまえばよろしい。それは戦争によって日本を負かすしかないのだ。日本が戦争に敗れて打ちのめされてはじめて遜るようになるのである。そうなれば天皇の神格も地に落ち、国民も拠り所を失う、それによって日本も共和国となりうる」
というのが密議の主旨であった。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

各方面の、在野の研究者たちの努力が結実すれば、あと2~30年もすれば、戦後、一世を風靡した敗戦利得型の、共産主義思想の文系学者たちは、完全に居場所を失うであろうし、偉大な学者という評価であった人ほど、何ゆえに平気で人を騙し唆し革命させ世界を破壊するような思想に被れてしまったのか?後世の調査研究対象の素材として扱われやすい、という「悲運」というか「十字架みたいなもの」を背負うことになるのである。

―― 参考情報 ――――――――――

エンゲルス宛ての「マルクスの書簡」に書かれているとんでもないこと 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

―――――――――――――――――

すなわち、とんでもない思想に被れてしまった時点において、彼らは学術分野に係わる資格を失ったことを意味する。

敗戦利得型の学者であればあるほど、後世にて、いろいろな形で、おもちゃにされかねないのである!

それでも「権威と称するもの」を開陳、振り回すのであろうか?


以上










    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

    06:15  |  反日活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
     | HOME |