FC2ブログ
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.23 (Tue)

田母神俊雄有罪判決  やはり防衛利権絡み?

田母神俊雄に有罪判決が下された。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170522-OYT1T50020.html?from=ytop_top

田母神被告に有罪判決…都知事選巡る買収事件
2017年05月22日 10時25分
 2014年2月の東京都知事選を巡る選挙運動員の買収事件で、公職選挙法違反(運動員買収)に問われた元航空幕僚長の田母神たもがみ俊雄被告(68)に対し、東京地裁は22日、懲役1年10月、執行猶予5年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


有罪判決に関して、4つの仮説を立てたい。

① 防衛利権上、アメリカにとって都合が悪い言論人の抹殺
② 衆議院選挙で公明党選挙区で自公分断を主張された仕返し
③ 安定的議席を獲得したい政権側の意図
④ (金銭的支援を拒んだ)かつての同志の個人的な恨み

②~④については、ここで書かずともタイトルだけで大凡のことが推定可能と考えるので、
本稿では、より状況複雑とみられる、①防衛利権に的を絞って、考察を進める。

防衛利権という視点から、事の次第を追っていくと、外せない本がある。10年前の山田洋行事件で有罪判決を受けた、防衛フィクサーと言われる、秋山直紀が書いた「防衛疑獄」という本である。
本に書かれているポイントを参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://karamaru.com/2008/09/post-72.html

秋山直紀独占手記『防衛疑獄』、獄中出版へ!

「私はこの本を刊行することで、①日本の防衛装備の実態、②防衛利権と言われるものの実態、③日米同盟の真の実像、④防衛問題を扱う政治家と官僚の問題、⑤防衛問題の本質を見ずに口当たりのいいことを発信するマスコミの問題を、多くの人に知ってもらいたいと考えています。そして何よりも、本書を通じて、秋山さんという人物を必要とした、この国の構造的・歴史的な問題点を多くの人に気づいてもらい、今後の日本の方向を考えてもらいたいと思っているのです」

https://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/57802885.html
『防衛疑獄』

 事件の発端は、山田洋行の専務であった宮崎元伸氏が日本ミライズを独立させ、GEエンジンの代理店契約を巡るごたごたからであった。
 宮崎氏は、守屋武昌事務次官と癒着し、そこからエンジンの調達に影響を与えた。
 山田洋行と日本ミライズは訴訟合戦をし、その過程で、秋山氏は宮崎氏、守屋氏に敵と見なされるようになったという。
 著者は、防衛装備の調達に関して一番に問題にすべきは、参議院議員田村秀昭氏であり、小沢一郎氏であると考えている。守屋氏が国会証言で守りたかったのは小沢一郎氏であるという。もう一人が山崎拓氏だという。
 要するに守屋氏が、証人喚問で2人の政治家(久間、額賀)と秋山氏の名前を国会とマスコミに差し出して、守屋氏が最も忠誠を誓う政治家と自らの名誉を守るための人身御供にしたという。
 著者は、宮崎氏、守屋氏に敵と見なされ、中傷され、それを特捜部に目を付けられたといいう。特捜部は、防衛装備調達に関して必ず政治家の介入とそれへの見返りの構図があるとの思い込みの下に捜査し、メディアを煽ってきたが、どうも政治家による介入はなさそうだという見通しになり、振り上げた拳の落としどころとして秋山氏の脱税容疑が選ばれたという。

http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50756514.html

秋山直紀容疑者保釈 当方ボスのお友達・・・・
カテゴリ:【社会】

 当方ボスのお友達の、秋山直紀容疑者が保釈された。
 保釈金は1000万円。拘留期間5ヶ月間。
 で、どんな犯罪をしたかというと、
 一応、7000万円の脱税です。

「最後の武器商人」といったのはうちのボスだけど、収賄とか贈賄でなくて、脱税です。つまり、収賄や贈賄に関してはゲロしなかった。

「日教組教育下ででるべきしてでた人材が秋山氏。彼がやらなければ、オレがやったかもしれない。つまり、馬鹿なマスコミではわからんが、単なる利権話ではない。そりゃ少しは囓ったかもしれないが、たいした話ではない。これがわからんから、日本はダメだし、秋山はもっとダメ」(当方ボス談)

 うん?よーわからんが・・・。

「少しは自分の頭で考えろ!少なくもと、マスメディアではわかっていても報道しない。いや、わかっていないか?これが現実だ。ま、すこしづつやっていこう」(ノー天気なボス・複雑骨折リハビリ中)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

―― 参考情報 ――――――――――

[秋山直紀]防衛フィクサーと呼ばれた男
http://hitorigot0.blog.jp/archives/1062923120.html

防衛省事件/「フィクサー」秋山直紀とは=亀井淳
http://jcj-daily.seesaa.net/article/68292147.html

―――――――――――――――――

さて、この秋山直紀氏、いろいろ書かれているが、「防衛疑獄」という本を読んだ印象だが、フィクサーの中では一番のワルではなさそうである。

一番のワルであれば、逮捕、起訴されないと考えられるからである。


では、国産兵器推進派の田母神俊雄は、防衛利権的にはどういう存在だったのか?


山田洋行事件の被告だった守屋について、著者「秋山直紀」は「防衛疑獄」という本にて、かなり計画的かつ精緻かつ繊細に事を進める、やり手の官僚だったと述べている。

その守屋と比較して、田母神俊雄はどうだったであろうか?ということである。
田母神論文騒動、離婚騒動があったことを踏まえ、山田洋行事件、今回の田母神事案、告発状を受けた検察官の立場になって考えてみたい。


私には、後者の方がやりやすそうな気がするのである。なぜなら、隙だらけに見えるからだ。

検察は、山田洋行事件よりもやりやすそうだと踏んでシナリオを描き、予定されたシナリオに沿って対応したのではないか…………



ここで、田母神俊雄事案の事情を知る関係者のコメントを参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53234061.html

先日も書きましたが、田母神潰しの本質は、某国の意向、それを汲みつつ自組織に
利するようにはたらきかける政権側某党、防衛利権がらみ、これらの三方一両得の
策謀だったと思われます。

このブログでも繰り返し書かれていますが、某カルト政党は組織的かつ
長期的にあらゆる分野に根を張り、支配しています。
巨大すぎてこちらから攻撃を仕掛けて倒せるような相手でもなく、狙い撃ち
されないように防御するだけでも細心の注意とエネルギーを要します。

某国の一方的な要望しか通らない年次要望書を廃止(安倍政権で復活)した鳩山政権は、
大震災、原発事故のタイミングも重なって短期政権で潰れました。
基地問題で「最低でも県外」が某国の逆鱗に触れたのでは?とも言われていますが、
その当時、某党の議員たちが辺野古埋め立て用の砂を取る山の土地を買い占めていて、
その利権を民主党(当時)が潰そうとしたために某党(国交相に拘る某党?)の反発も
尋常ではなかったようです。
その後、民主党がどうなったか、鳩山氏がどうなったかは見ての通りです。

安倍氏は某国のポチと言われ、水島氏は安倍政権と某カルトの末端ポチとみなされている。
さらにCH桜本体は防衛族が牛耳っているようですから、どの方向からも
圧力がかかっている、またかけられる状態だと個人的に思っています。
加えて、自称“日本一カネにきれいな”水島氏の救いようもない人間性も相まって、
一連の裁判が醜悪な茶番劇として展開されている、そのように感じます。
もう一つ妄想をいうならば、CH桜は某アメーバ的組織のマネロン機関なのでは
ないかと踏んでいます。あくまでも妄想です。
Posted by GM at 2017年05月20日 10:50


■米国と特捜と某カルトの関係
歴代の特捜検事部長一覧で確認できますが、例えば西松建設事件・陸山会事件、
鳩山由紀夫偽装献金事件などを扱ったのは佐久間某です。

彼は元在米大使館の一等書記官という経歴の持ち主であり、検察には同様の経歴の持ち主が複数います。
東大法学部卒の佐久間某は典型的な法務官僚派で、彼のように最終的に検察や法務省の最高幹部
となる一部のエリートたちは、“仲間内”で後継を指名し、バトンタッチしながら約束された
地位へと登っていくわけですが、一度その“声かけ”を断った者、逆らった者はそこで終了です。

>他国の裁判さえコントロールする超法規的な大きな所(アメリカ)
遡ればいろいろ出てきますが、小沢一郎を例に挙げると、徹底的に潰そうとして潰しきれ
なかったのは、小沢があえてシナや母国である半島の国をバックにつけたというのもあると思います。

水島氏が果たして全体像を知っているかは疑問ですが、少なくとも「特捜は俺の味方だ!」と
鼻息を荒くする程度の情報は持っているというか“約束”は取り付けていると思います。
なぜ公選法違反や名誉棄損の案件を特捜に持ち込むのか、その辺の理由も、上記の事が
無関係ではないだろうと思っています。
Posted by GM at 2017年05月20日 15:26


・大きな所(アメリカ)の陰謀論は荒唐無稽
・そんな相手に初めっから勝ち目もなく、傍聴も分析も、世論の喚起も何もかもが無駄
・相手にするならロシアや支那など大国をバックに付けない限り無理
・年次改革要望はリアルな国際政治

理論的なご指摘、ご意見です。
まずはソース、それが陰謀論でないといえるものが必要ですね。
戦う前に情報を揃え、分析し、彼我の戦力を比較した上で有効な法的手段を打つ。
※共謀罪など出てきてるので、行儀よい言葉を心がけましょう

■アメリカの動機
○田母神疑獄での公選法違反は本丸でない理由
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188219
昨年7月に装備庁の堀地部長が左遷されたという記事。
注目すべきは、防衛フィクサーとの交際を田母神氏"関係先"での押収資料で確認されたという点。

問 都知事選のカネの話で強制捜査を取り付けた特捜は、なぜ防衛人脈の資料に手をつけるのか?

答 東京地検検事正は八木宏幸、10年前の山田洋行事件では特捜本部長にあり、防衛フィクサーらの関与する日本の官軍産を潰した検事だから(2016田母神疑獄はこちらが本丸では)。

八木氏が2015年12月に東京地検検事正に就くと、同月末に水島社長が告発状提出で即日受理。
これはまだ、偶然だと言い逃れできるかもしれません。

改めて、昨年の2016/4別件捜索~2016/7装備庁左遷までの間に、防衛省装備庁、アメリカとの間で何が取り交わされたかを見れば、大きな所の意思が現れています。
16年8月には中谷元が泣いて防衛相から降りました。

「ペトリオットPAC-2 シーカージャイロ 移転」について2014年から2016年を検索範囲に、経産省と装備庁とアメリカを対象に政府資料をググればよいでしょう。
今日のミサイル危機までストーリーが繋がるかもしれません。
Posted by けぶり at 2017年05月20日 16:18


※21 TH氏
>>CH桜本体は防衛族が牛耳っているようですから
>と言われましたが、防衛族が牛耳っているなら同じ組織の長であった田母神氏を何故に追い落としたのでしょうか。

横槍で済みません、恐らく陰謀論のセオリーに当てはめれば簡単だと思いますます。

チャンネル桜を舞台に、防衛族の暗闘が行われたわけです。

・国益とは与えられるものではなく、闘って手に入れるもの。
・日本の利益は他国の不利益。
・他国の利益は日本の不利益。

以上は、田母神氏から発せられ国際政治の教訓です。

その教訓に沿えば、次のような推察が導き出される。

田母神氏の進める防衛策(装備の輸出入、開発)は、日本の国益に適う一方、アメリカの国益を毀損するものである。

そこで、防衛族内のアメリカ親派が田母神氏の追い落としを画策し実行に移した。
表に立ち、田母神氏と鍔迫り合いを演じる水島総は、表向きのお飾りでしかないのだ。
これが都知事選・田母神擁立の真相である。

ほら、不可解は晴れたでしょう!と。
こんな塩梅ですよ。
実話ナックルのリード文はどれもこのパターン。
読みたくなりますよねえ。

あとは後付で、チャンネル桜の関係者で防衛族と思わしき人物をピックアップし、関連付けてけば一丁上りです。
Posted by さんピンCAMP at 2017年05月20日 19:00

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

要するに、一番のワルは決して訴追されない。

ここで言うアメリカ親派の防衛族とは、政治家が誰で、問題官僚が誰で、輸入商社がどこで、そのエージェントが誰なのか知らなくても、はっきりしていることがある。
それは、アメリカ製軍事機器であることだ。



田母神俊雄が逮捕、拘留、裁判中に破格の値段で購入された、アメリカ製軍事機器が何であるか特定できれば、大凡のシナリオは繋がる。



直近では、米国製の滞空型無人機「グローバルホーク」の購入価格つり上げがあったようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

アメリカの「ぼったくり兵器」の押し売りに、ノーと言えない防衛省 価格が突然2倍に釣り上げられ…
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-35999.html

―――――――――――――――――

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

関心向けて下さってありがとう御座います。
まずはアメリカの動機がどこにあったのかを知ることからですね。
経産省発表(2014.7)をご確認下さい。

『経産省 2件の防衛装備の海外移転を認め得ることとしました』
”このシーカージャイロの米国への移転については、米国によるペトリオットPAC-2の生産・維持に寄与するものとして、米国政府から我が国に関心が表明されています。"
www.meti.go.jp/press/2014/07/20140717002/20140717002.html

アメリカは2014年に一兆円を超える武器輸出を計画しましたが、それには日本のシーカージャイロを必要として、外交的にこれを求めた(だから経産省のに載る)。

一方で防衛省が購入を決めた米グローバルホークは、見積時の値をどんどんつりあげるなど好き放題。

そこで装備庁の堀地部長は代替案にイスラエルなどを模索していた時期に。

という話。
キーワードを正しく検索されれば全てに公開情報が見つかります。
Posted by けぶり at 2017年05月23日 12:25

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


では、これ以前にないかというと、一つある。

―― 参考情報 ――――――――――

トランプ旋風ーF35納入ー田母神逮捕は連動している?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

―――――――――――――――――

田母神俊雄が長期拘留されている間、格落ちかもしれない、F35が破格の値段で日本に納入された。これは、偶然であろうか?もちろん、(逮捕前の)田母神俊雄はF35導入に否定的である。

これは、F-35の納入に関係する商社、工場にとっては旨みある話である。(国産よりも高い値段で取引されるという前提で考えれば、その商社にとってはおいしい仕事、下手に国産指定されて手間をかけさせられよりは、売り上げが増える方を選ぶはず……………)

商社とメーカーの力関係は、当然の事ながら、商社>メーカーであろう。

その商社は、明治維新においては……………、大東亜戦争前においては軍備陸海空の軍人を賄賂漬けにし?…………大手商社マンが愛国者だと勘違いしてはいけないのである!

そして、歴史は繰り返すようである。


これら軍事機器は、尖閣方面に必要とされている。
そう言えば、錯乱癖がある、あの番組は、なぜか尖閣ネタが多く、竹島ネタが皆無だったようだ。

逮捕に続く、長期拘留は、田母神俊雄を先日の参議院選挙に関与させないことを意図したものだった可能性がある。

彼等、(経済活動に執心する)C●Aエージェントは、有罪判決を受け市ヶ谷界隈で祝杯を交わしたことであろう。
ひょっとすると(新規契約者が激増したかもしれない)錯乱癖ある番組の視聴料を払った方々の正体は、アメリカ親派の防衛族かC●Aエージェントかもしれない。



防衛利権的視点でシナリオで組み立てると、配役それぞれの動機、役割、目的、行動は、かくして繋がるようである。




以上

スポンサーサイト



テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

16:58  |  言論人  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)

2017.05.23 (Tue)

田母神俊雄裁判  一審判決解説(速報)

一審判決、判決文を読める立場の方は、わかっていることではあるが、ネット情報の中から分析を試みる。


■解説1 本人の意思

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

田母神俊雄‏認証済みアカウント @toshio_tamogami  8 時間8 時間前

 本日の判決で裁判長は私が選挙後にお金を配ることを了解したという具体的な証拠を全く突き付けることが出来ませんでした。私がトップにあったのだから多分了解したと考える方が自然であるという状況証拠だけです。こんなことが許されるならすべて有罪になります。冤罪です。私は戦います。

 田母神俊雄‏認証済みアカウント @toshio_tamogami  8 時間8 時間前

 本日東京地裁で公職選挙法違反で田母神は懲役1年10カ月、執行猶予5年の判決が言い渡されました。全く身に覚えの無い事で有罪にされてはかなわないと思っていますがこれが現実です。私は多分控訴することになると思います。弁護士代もかかるので辛いのですがこれは冤罪なのです。最後まで戦います。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

本人は、冤罪を主張している。



■解説2 倉山満の見解

田母神裁判速報解説
https://office-kurayama.co.jp/20170522131017

実質勝利?の意味がはっきりしない。


■解説3 瀬戸弘幸の見解

田母神裁判報告 不当なる判決
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53234445.html

東京地検特捜部のシナリオ通りの判決だとしている。詳細分析は留保。(おそらく本人に確認してからという意味)


■解説4 田母神俊雄分析者の見解

田母神さん判決後初のインタビュー #田母神俊雄 #倉山満 #チャンネルくらら
http://yumikw.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

言論活動が再開できた点において、勝利とみなしている?


■解説5 田母神俊雄の有力支援者の見解


[冤罪]「不徳をなじるも私心なし」
http://hitorigot0.blog.jp/archives/1065971796.html

「不徳をなじるも私心なし」の215頁以降のエピローグに、田母神俊雄が如何なるシナリオにて有罪に仕立てられていったかが書かれているとしている。


■解説6 無名の方の見解

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53234445.html#comments

・求刑→ 懲役2年、5年間の公民権停止
・判決→ 懲役1年10月、執行猶予5年
・田母神氏が控訴するかどうかは判決内容を精査して検討

 となっていますが、公民権停止についてはどうなっているのでしょうか。
 Wikipediaで調べたところ次のようでした。
 (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9

>選挙違反により禁錮以上の刑で執行猶予中の者

 は公民権停止となるそうです。しかし、

>なお、選挙違反、政治資金規正法違反については裁判所は有罪でも情状によって公民権停止規定を適用しなかったり短縮したりすることを可能であることが規定されている。

 とのことなので、判決で言及しなかったということは、公民権停止規定は適用/非適用のどちらなのでしょうか。
Posted by 耳 at 2017年05月23日 02:21

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




本人の意思を除けば、

公民権停止のことが判決文でどう扱われているのか?がポイントでありそうな気がする。

倉山満が言う勝利とは

・判決文が状況証拠によることを以て、二審で覆せるとの判断から勝利としている
・公民権停止?でないことを以て、勝利としている
・判決で求刑が半分になったことを以て、勝利としている
・執行猶予つきの有罪判決であるが、言論活動再開できることを以て、勝利としている

のいずれかではないかと予想する。


以下参考
―――――――――――――――――

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO100.html

(選挙権及び被選挙権を有しない者)
第十一条  次に掲げる者は、選挙権及び被選挙権を有しない。
一  削除
二  禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者
三  禁錮以上の刑に処せられその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。)
四  公職にある間に犯した刑法 (明治四十年法律第四十五号)第百九十七条 から第百九十七条の四 までの罪又は公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律 (平成十二年法律第百三十号)第一条 の罪により刑に処せられ、その執行を終わり若しくはその執行の免除を受けた者でその執行を終わり若しくはその執行の免除を受けた日から五年を経過しないもの又はその刑の執行猶予中の者
五  法律で定めるところにより行われる選挙、投票及び国民審査に関する犯罪により禁錮以上の刑に処せられその刑の執行猶予中の者
2  この法律の定める選挙に関する犯罪に因り選挙権及び被選挙権を有しない者については、第二百五十二条の定めるところによる。
3  市町村長は、その市町村に本籍を有する者で他の市町村に住所を有するもの又は他の市町村において第三十条の六の規定による在外選挙人名簿の登録がされているものについて、第一項又は第二百五十二条の規定により選挙権及び被選挙権を有しなくなるべき事由が生じたこと又はその事由がなくなつたことを知つたときは、遅滞なくその旨を当該他の市町村の選挙管理委員会に通知しなければならない。
(被選挙権を有しない者)
第十一条の二  公職にある間に犯した前条第一項第四号に規定する罪により刑に処せられ、その執行を終わり又はその執行の免除を受けた者でその執行を終わり又はその執行の免除を受けた日から五年を経過したものは、当該五年を経過した日から五年間、被選挙権を有しない。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9

「公職[1]在任中の収賄罪・斡旋利得罪」や「選挙違反[5]」や「政治資金規正法違反[6]」以外の罪であれば、有罪になっても執行猶予付きの有罪であれば公民権停止や公職の失職にはならず、実刑が確定しても刑期終了から一定期間公民権が停止されることはない。

公民権制限が課されることを指す「公民権停止」という形で用いられることが多い。
公職選挙法第11条・第252条、政治資金規正法第28条、電磁記録投票法第17条、沖縄復帰特別措置法第153条は公民権停止規定とも呼ばれる。
実刑に処せられて刑期満了になっていない者
公職[1]にある間に犯した収賄罪又は斡旋利得罪の刑期終了から10年[2]経過しない者[3]
公職[1]にある間に犯した収賄罪又は斡旋利得罪で刑の執行猶予中の者[4]
選挙違反[5]により禁錮以上の刑で執行猶予中の者
選挙違反[5]により罰金又は禁錮以上の刑に処せられて刑期満了から5年経過しない者
公職選挙において買収及び利害誘導罪の選挙違反により罰金又は禁錮以上の刑に処せられて刑期満了から10年経過しない者
政治資金規正法違反[6]により罰金又は禁錮以上の刑に処せられて刑期満了から5年経過しない者[7]
政治資金規正法違反[6]により罰金又は禁錮以上の刑で執行猶予中の者[7]
なお、選挙違反[5]、政治資金規正法違反[6]については裁判所は有罪でも情状によって公民権停止規定を適用しなかったり短縮したりすることを可能であることが規定されている。


「選挙違反[5]」

 選挙人名簿の抄本等の閲覧に係る報告義務違反・選挙事務所、休憩所等の制限違反・選挙事務所の設置届出及び表示違反・選挙気勢を張る行為の禁止違反・自動車、船舶及び拡声機の使用表示違反・ポスター掲示違反・文書図画の撤去処分拒否・街頭演説の標旗提示拒否・夜間街頭演説禁止違反・選挙運動のための通常葉書等の返還拒否及び譲渡禁止違反人名簿の抄本等の閲覧に係る報告義務違反・選挙事務所、休憩所等の制限違反・選挙事務所の設置届出及び表示違反・選挙期日後のあいさつ行為の制限違反・推薦団体の選挙運動の規制違反・政党その他の政治活動を行う団体の政治活動の規制の違反・選挙人等の偽証罪を除く。

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

05:45  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |