FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.04.24 (Wed)

議席をとれる保守政党・とれない政党

統一地方選挙の結果について、皆様はどう受け取られているであろうか?

全国的にみると、自民党はしてやったりの選挙結果となったとみていいだろう。



||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

【統一選】市議は自民が前回上回る 共産は減
https://hosyusokuhou.jp/archives/48848360.html

――――――――――――

https://ttensan.exblog.jp/27566003/

さて、統一地方選の結果が出そろったようです。

結論としては自民党はマスゴミお得意の
メディアスクラムの中、
大阪での惨敗などがありましたが、
全体的には議員数を増やしました。


   当選数 前回  増減
自民 698 634 +65
立民 197
国民 95  284
公明 901 908 -7
共産 615 672 -57
維新 113 78
お維  67 32  +35
社民  53 72  ー21
N党  26 
自由   0

立民と国民と希望の党(0議席)を足せば
前回当選者数に比べ若干増えている結果となります。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



共産党は、自民党が伸びている分減少。社民党は退潮傾向にある。
手堅いはずの公明党が議席を若干減らしている。維新は議席を伸ばしている。
NHKから国民を守る党は大躍進。

従って、首相のコメントについては違和感はない。

―― 参考情報 ――――――――――

安倍首相発言全文「原点に立ち返り、参院選の必勝期す」
https://www.sankei.com/politics/news/190422/plt1904220040-n1.html

―――――――――――――――――




しかし、東京都の区議選に限っていうと、自民党候補は、NHKから国民を守る党に食われたとみていいだろう。

―― 参考情報 ――――――――――

・中野区議会選挙 吉田康一郎当選 自民党公認候補大量落選
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/465307147.html

・昨日の投票結果 「異変」は続いている!
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/465291730.html

・統一地方選 予想される異変、、、
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1353.html

―――――――――――――――――



異変は、中野区、渋谷区、台東区など、NHKから国民を守る党が当選した選挙区にて起きている。

最終的にNHKから国民を守る党の、今回選挙の当選者は26人。
大量当選背景としては、
第二次安倍政権がNHKについて偏向報道、受信料、給与等についての追及が甘いこと
NHKを追及してきた保守系団体(がんばれ系)が敗訴、同士討ちなどで活動が鈍っていること
NHKが最高裁での判決を利用し未契約世帯に対し家宅捜索まがいの契約推進活動を展開していること
などがあげられる。
従って、NHKに対する追及の甘さが目立つ政権に対する不満のはけ口として、「NHKから国民を守る党」に保守層の票が流れたと私はみる。また、この政党名は、NHKに批判的な世論からみて、現時点でタイムリーかつ訴求力がある。



―― 参考情報 ――――――――――

【統一地方選】NHKから国民を守る党、最終結果 47名立候補 26名当選 所属議員39名に
https://hosyusokuhou.jp/archives/48848363.html

―――――――――――――――――



次に、日本国民党について述べておきたい。
私は、鈴木信行率いる日本国民党に期待している。この党の候補者が当選することは、自分のことのようにうれしい。

―― 参考情報 ――――――――――

東京中央区太田太氏・港区赤坂大輔氏当選おめでとうございます!
https://ameblo.jp/ishinsya/entry-12456017736.html

太田太に当確!赤坂大輔に当確!堀切笹美は残念!川東大了は残念←日本国民党推薦候補・開票速報
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7469.html

―――――――――――――――――


鈴木信行の真摯でさわやかな演説は、多くの有権者の心を動かしたのではないか。



さて、中野区議選では、吉田康一郎が当選した。

―― 参考情報 ――――――――――

【祝・当選】吉田康一郎、現場で見た激戦。枝野・蓮舫との、旅順閉塞作戦【祝う人はシェア】
https://samurai20.jp/2019/04/yoshida-5/

【速報】統一地方選、結果報告(続報あり次第、追記)
https://samurai20.jp/2019/04/h31candidate-4/

【拡散】朝鮮学校への補助金を全額削除した政治家、吉田康一郎が #中野区 議選に出馬【応援する人はシェア】
https://samurai20.jp/2019/04/yoshida-4/

―――――――――――――――――

吉田康一郎の当選は、今回の統一地方選挙における「保守陣営最大の収穫」とみていい。

吉田康一郎にとっては、能力的に区議では物足りないだろうが、政界に復帰できたことを素直に喜びたい。小坪しんや議員の見立てが正しければ、吉田康一郎は、保守政界、第二次安倍政権が手をこまねいていること、過去10年間、壁にぶち当たっている課題について、突破口を開く役割を担うことになるだろう。
その実績により、10年後には、参議院全国比例選出の議員となっていただきたいと思っている。過去数年間の雌伏の時間は無駄ではなかったと思えるほど、水を得た魚の如く活躍するのではないか。




続いて、議席ゼロで終わった、日本第一党について述べたい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

統一地方選挙・残念な結果
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53317609.html


https://ameblo.jp/doronpa01/entry-12455880631.html

東京都新宿区の堀切笹美党員が1129票

東京都練馬区の大村小太郎党員が1936票

東京都八王子市の岡村幹雄党員が1738票

東京都調布市の朝倉慎之輔党員が798票

東京都国分寺市の大木慎一党員が514票

大阪府八尾市の村上利一党員が600票

大阪府藤井寺市の小林宏助党員が252票


036 岡村 みきお おかむら みきお 日本第一党 1,738

平成27年 都議会議員選挙結果
岡村 幹雄 2,597

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

この中で、私は、岡村幹雄候補に期待していた。が、都議会選挙の時よりも票を減らしている。
有権者からみて、八王子市議会選挙は選択肢が多かったようだ。同じ選挙区で、NHKから国民を守る党の候補者が3160票獲得して当選していることなどから、保守票を掴み切れなかったようである。
NHKから国民を守る党がこの選挙区から出馬していなければ議席を得ていた可能性はある。
が、その一方、もし、NHKから国民を守る党の候補者が即席で選挙戦に臨み当選したのであれば、日本第一党は、統一地方選に向けて準備してきたのかという見方につながる。

加えて、かような批判的コメントも目立ってきた。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53317700.html#comments

いい年こいた大人が駅前でデカい声出して汚い言葉で口喧嘩してるのが部外者の目にどう映るかを考えた方がいいと思います。そいうい姿を得意気にネットに載せて、それを見た一般人がどう思うのでしょうか。今は政党立ち上げて一般の人達の支持を得なきゃいけないんじゃないですかね、何も間違って無い、今のままでいいんだ、と思えばどうぞそれを続けて下さい、ってことです。街宣活動はどんどんやるべきですが、妨害者への対応が今のやり方では一般人の理解を得るのは正直不可能だと思います。
Posted by 留年太郎 at 2019年04月23日 20:51


https://hosyusokuhou.jp/archives/48848363.html

79. 名無しさん@ほしゅそく 2019年04月22日 18:47:40 ID:AzNDAyNTQ このコメントへ返信
日本第一党は、党首がいまだに「はしした」呼ばわりしたりして全然本気で勝つ気かがない。
いま、公明党が選挙に借りたヘイト規制に動いているが、桜井誠が今の路線を続けるならば、
こいつらはヘイト法を制定させるための偽装ホシュのスパイとみなさざるを得ない。

122. 名無しさん@ほしゅそく 2019年04月22日 19:02:44 ID:AzNDAyNTQ このコメントへ返信
※105
桜井誠や日本第一党を応援したいが、選挙演説を見てみれば、橋下徹を「はしした」呼ばわり。
これは明らかな「ヘイト」。週刊朝日と同じことをして、橋下や創価に塩を送っているんだよ。
結果としてサヨクのマッチポンプに手を貸している。これは事実だ。
欧米が「ヘイト」規制によってい反移民の言論が封じられてあの惨状になっていることを考えれば、
桜井誠らのあのやり方は、本気で選挙で勝とうとしているようには到底思えない。全く逆効果。
朝鮮の街宣右翼と同じことをやってやがる。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

在特会時代のノリで、、、との批判的意見がある。私もそう思いつつある。



一方、幸福実現党は、一気に19人もの当選者を出したそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【統一地方選】幸福実現党、19人が当選 ※22日5時時点
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-52488.html

幸福実現党の候補者、全国各地で17人以上が当選に!姫路市議選では立憲民主党を超える!野党への不信感で投票行動に変化?
https://johosokuhou.com/2019/04/22/13985/

―――――――――――――――――

組織をつくり、地道にコツコツやれば評価する人はいるということである。
マック赤坂の当選、マック赤坂が高学歴であることについて、今さらながら驚いた。


―― 参考情報 ――――――――――

マック赤坂氏が初当選 東京都港区議選
https://www.sankei.com/politics/news/190422/plt1904220027-n1.html

―――――――――――――――――



最後に国民保守党について述べたい。北海道で二人の候補者が立候補したことをつい最近になって知った。

―― 参考情報 ――――――――――

国民保守党 
https://khh.jp/index.html

―――――――――――――――――

落選された方二人とも、自民党公認なら当選していたのではないか。人物的には優れていても選挙では勝つことは難しいようだ。




最後に総括を述べたい。

今回の統一地方選挙、吉田康一郎の復帰、日本国民党の躍進、NHKから国民を守る党の大幅議席増があった。
保守陣営にとっては、大収穫の選挙だった。
躍進した保守政党それぞれ真摯に政策を掲げ、地道にコツコツ有権者に訴えてきたことが認められたことは、当選者にとって大きな自信となったはずである。


以上

スポンサーサイト



テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

12:43  |  選挙結果  |  コメント(0)

2019.04.23 (Tue)

中野区議会選挙 吉田康一郎当選 自民党公認候補大量落選

中野区議会選挙にて、久しぶりに吉田康一郎が当選、政界復帰することとなった。



吉田康一郎にとっては区議会は格下かもしれないが、大政党に所属していない関係で仕方がない選択だったのかもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

【統一地方選】東京都中野区 朝鮮学校補助金打ち切った吉田康一郎上位当選
https://hosyusokuhou.jp/archives/48848406.html

―――――――――――――――――


さて、中野区においては、吉田康一郎とNHKから国民を守る党の候補者が当選したことによって、台東区、渋谷区と同様、同様の異変が起きてことを想定、今回と前回の自民党得票結果について分析を行うこととした。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/nakano/d027062.html

平成31年開票結果(得票順、4月22日午後1時48分確定、開票率100%)

当 43 育児支援と防災緑地と平らな歩道の中野を創る会 吉田 康一郎 3,088
当 60 NHKから国民を守る党 竹村 あきひろ 1,606

当選ライン 最下位の得票数 1487
自民党公認候補 落選者数 8
自民党公認候補得票数合計 27208

※落選した自民党公認候補

自由民主党 佐野 晃子 1,467
自由民主党 伊東 しんじ 1,441.916
自由民主党 北原 ともあき 1,437
自由民主党 篠 国昭 1,415
自由民主党 大津 つとむ 1,015
自由民主党 秋元 やすゆき 930
自由民主党 うかい 豊士 693
自由民主党 平地 さと子 646

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



自民党公認17人のうち、8人が落選。異変としか言いようがない。

前回はどうだったか。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

選挙の記録(平成27年4月26日執行中野区議会議員選挙)
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/102500/d020910_d/fil/20150520_P16.pdf


平成27年の開票結果

当選ライン 最下位の得票数 1438
自民党公認候補 落選候補者数 3
自民党公認候補得票数合計 30346

当 自由民主党 篠 国昭  1,438
当 北原 ともあき 2,518

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



今回落選した、北原ともあきは前回よりも1000票近く減らしている。
自民党公認候補の得票数合計で前回よりも10%減らしている。

自民党落選者のうち4人は当落ラインスレスレである。
間違いなく、吉田康一郎、NHKから国民を守る党の候補者に流れたとみていいだろう。




この二人の当選によって、保守層のうち、(NHK受信料問題、外国人生活保護問題など)政権に対し何らかの不満を持っている人は、(3088+1606)/3万=15%に達しているとみていいだろう。
吉田康一郎の当選は、結果として、自民党公認候補の大量落選につながったということ。


「NHKから国民を守る党」については、台東区、渋谷区、中野区で次のような状況となっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

台東区:総得票数66709に対し、「NHKから国民を守る党」が獲得したのは1656、約2.5%
渋谷区:有効投票数71652に対し、「NHKから国民を守る党」が獲得したのは1656、約2%

中野区:投票者数(有効投票数不明)11万に対し、「NHKから国民を守る党」が獲得したのは1606、約1.6%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



参議院の全国比例の改選議席が50、投票総数が5500万前後なので、NHKから国民を守る党は、参議院で議席を獲得する可能性が出てきたことを指摘し、本稿を終える。

以上

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

09:11  |  選挙結果  |  コメント(0)

2019.04.22 (Mon)

昨日の投票結果 「異変」は続いている!

本稿は、NHK放送センター所在地、首相の私邸がある渋谷区に限定し、昨日の渋谷区議会選挙結果の分析を試みたもの。

昨日の選挙の結果、NHKから国民を守る党から出馬した新人候補が当選した。

―― 参考情報 ――――――――――

平成31年4月21日執行 渋谷区議会議員選挙開票速報
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kusei/senkyo/20190421kai_g.html

金子 やすゆき NHKから国民を守る党 当 1,428

―――――――――――――――――



落選した有力な候補者の内訳はこうなっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成31年の開票結果

ふじい たかお 自由民主党 1,079
浜田 ひろき 国民民主党 603
おりかさ 裕治 日本共産党 976
かまたに あすり 自由民主党 1,076
すがの 茂 日本共産党 1,044
青木 いさお 自由民主党 869
小柳 まさや 無所属 1,056

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



今回、落選した候補の前回の内訳はこうなっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成27年の開票結果

ふじい たかお 自由民主党 当 2,340
浜田 ひろき   前回該当なし
おりかさ 裕治  前回該当なし
かまたに あすり 前回該当なし
すがの 茂    前回該当なし
青木 いさお   前回該当なし
小柳 まさや 無所属 当 1,250

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



候補者の入れ替わりの激しい選挙区であるようだ。

注目したいのは、前回、上位で当選した自民党候補が、今回の得票を半減させたことである。

自民党公認が獲得した票数は今回17440、前回は19724。
前回と比較して、自民党は約10%得票を減らしている。

政権のNHKに対する取組に不満を持つ、保守票の相当数がNHKから国民を守る党に、少なからず流れたと推測する。



過去の区議会選挙にて、NHKから国民を守る党が獲得した票数と比較したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

台東区:総得票数66709に対し、「NHKから国民を守る党」が獲得したのは1656、約2.5%
渋谷区:有効投票数71652に対し、「NHKから国民を守る党」が獲得したのは1656、約2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



どうやら、首都圏では、台東区議会選挙以降のジンクスは続いているようである。

―― 参考情報 ――――――――――

統一地方選挙で自民党候補が苦戦を強いられる可能性
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1354.html

―――――――――――――――――


以上

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

09:34  |  選挙結果  |  コメント(0)

2019.04.08 (Mon)

統一地方選挙結果について(雑感)

本稿は、今回の統一地方選挙に関する雑感。

今回の統一地方選挙、野党系の足並みがそろわず、かつ野党主力の立憲民主党の支持率低下などがあり、選挙区によっては自民系候補が票を上積みする結果となった。

落選した自民党候補、票を大幅に減らした自民党候補は、支持層から嫌われる何かをしたか、他に有力な候補がいたのでそちらに票が流れたとみていいだろう。人気ない候補は勝てるはずがないのである。

複数の候補者を眺めていて気がついたことだが、自民党公認で票がとれる候補、票をとりやすい候補には、共通した特徴があると思う。

ここで言う、「票がとりやすい候補」は、自民党支持層だけでなく、無党派層、民主系支持層の票をとれる候補者のことをイメージしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

票をとりやすい自民党候補のイメージ

・年齢は40歳台
・タレント性を有する
・さわやかなルックス
・真面目そうな人柄
・それなりの学歴
・そこそこ政策にも詳しい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一言で言うと、「誰にでも好かれる優等生タイプ」である。


知事選候補の場合、従来は官界出身で、その地に根付き、公共工事予算に詳しく、有力な団体と付き合いの深い学卒エリートが、天下り感覚で立候補する時代だったが、票をとりやすい候補が確保できた場合は、官界エリート候補の出番はなくなった。

「票をとりやすい候補」と、「正しいことを言っているが、票をとれるのが保守層に限定される候補」がいたとして、公認過程から、自民党本部は前者を欲しがっていると私は受け止めている。それは、直後に控えた参議院選挙で無事勝利するためである。

対照的に、立憲民主党、国民民主党は支持率低迷のためか、民主党時代ほどの存在感がない。国民各層に、半島系帰化議員だらけではないか、ひょっとすると二重国籍議員だらけではないかという認識が、30代、40代中心に広まった結果ではないか。

公明党は、複数の選挙区で前回と比較した結果から判断すると、今のところ微増、微減状態にある。ひょっとすると、過疎地から支持層を転居させてやりくりしているのかもしれない。
これに対し、複数の選挙区で前回の獲得票と比較した結果から、共産党、市民ネットワークは退潮傾向にある。皆様の選挙区ではどうであろうか。

日本第一党、NHKから国民を守る党の動向については、別途分析予定。

まとめとなるが、今回の統一地方選挙での安定的な勝利をきっかけに、「票を取れるのが保守層に限定される(官界出身の)候補者」ではなく、「票をとりやすい候補者」を優先公認するなど、自民党本部の公認方針変更本格化を予想するのである。

以上

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

09:43  |  選挙結果  |  コメント(0)

2019.03.27 (Wed)

統一地方選 予想される異変、、、

統一地方選挙において、首長選挙を中心に自民党は手堅い選挙を闘っているように見える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自民党本部は7名の候補者を推薦。投票日は4月7日。

●北海道
鈴木 直道(すずき なおみち)
無(自・公・大地推)新、元夕張市長(2期)
http://www.naomichi-suzuki.com/

●神奈川県
黒岩 祐治(くろいわ ゆうじ)
無(自・公県・国県推)現、2期
https://kuroiwa.com/

●福井県
杉本 達治(すぎもと たつじ)
無(自推)新、元福井県副知事
https://sugimoto-tatsuji.net/

●三重県
鈴木 英敬(すずき えいけい)
無(自・公推)※新政みえ推 現、2期
http://eikei.jp/

●大阪府
小西 禎一(こにし ただかず)
無(自推・公府推)新、元大阪府副知事
http://www.konishi-tadakazu.jp/

●島根県
大庭 誠司(おおば せいじ)
無(自推)新、元総務省消防庁次長
https://ohba-seiji.jp/

●福岡県
武内 和久(たけうち かずひさ)
無(自推)新、元厚生労働省室長
https://www.facebook.com/kazuhisa.takeuchi.fukuoka/
(2019年3月21日現在)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




しかし、直前の選挙にて、自民党公認候補の落選が相次いだ地区がある。




台東区議会議員選挙結果を参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.city.taito.lg.jp/index/kusei/senkyo/310317/kugi2019.html

台東区議会議員選挙開票結果
1時20分確定(開票率100%)
得票順位 候補者名 党派名 得票数 結果
1 本目さよ 無所属 4,157.021 当選
2 中村けんじろう 都民ファーストの会 2,564 当選
3 伊藤のぶ子 日本共産党 2,496.594 当選
4 望月もとみ 自由民主党 2,312 当選
5 あおしか公男 無所属 2,240 当選
6 寺田あきら 公明党 2,142 当選
7 鈴木純 自由民主党 2,134.667 当選
8 こすげ千保子 公明党 2,133 当選
9 ほりこし秀生 無所属 2,097 当選
10 河野じゅんのすけ 国民民主党 2,014 当選
11 あきま洋 日本共産党 1,960 当選
12 中島めぐみ 立憲民主党 1,873 当選
13 小坂よしひさ 公明党 1,867 当選
14 太田まさひさ 自由民主党 1,855 当選
15 河井かずあき 立憲民主党 1,806 当選
16 中沢ふみお 公明党 1,738 当選
17 松尾のぶこ 公明党 1,700.405 当選
18 掛川あきなり NHKから国民を守る党 1,656 当選
19 いずみひろし 自由民主党 1,587 当選
20 山口銀次郎 日本共産党 1,583 当選
21 村上こういちろう 都民ファーストの会 1,526 当選
22 鈴木のぼる 日本共産党 1,524.332 当選
23 はいの健 自由民主党 1,519 当選
24 石塚たけし 自由民主党 1,515 当選
25 田中ひろあつ 無所属 1,433 当選
26 石川よしひろ 自由民主党 1,421 当選
27 青柳まさゆき 国民民主党 1,415 当選
28 高森きみこ 自由民主党 1,390 当選
29 早川太郎 無所属 1,365.978 当選
30 松村ともなり 無所属 1,292 当選
31 水島みちのり 国民民主党 1,234 当選
32 岡田ゆういちろう 自由民主党 1,161 当選
33 小島智史 自由民主党 1,157
34 阿部みつとし 無所属 1,116
35 富永りゅうじ 無所属 1,093
36 君塚ひろふみ 自由民主党 1,086
37 大浦みすず 自由民主党 1,084
38 高山しゅうぞう 自由民主党 1,021
39 つしまみつひこ 自由民主党 937
40 本城淳 無所属 270
41 石黒公章 無所属 129


平成27年4月26日執行 台東区議会議員選挙(PDF:141KB)
https://www.city.taito.lg.jp/index/kusei/senkyo/310317/kugi2019.html

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




平成31年と27年、都民ファーストの存在感はなくなったとは言え、自民党以外は、しかるべく闘いをしているのである。

とある議員の分析情報と参考とすると、各党の内訳はこうなっている。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


NHKから国民を守る党 当選1


自民党 当選9 落選5(現職2、新人3)
公明党 当選5 全員
共産党 当選4 全員
国民 当選3 全員
立憲 当選2(全員新人)
都民 当選2(全員新人)
無所属  当選6 落選2
諸派 当選1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



投票率が42%台であることは、各党とも固定層が投票したことを意味する。

今回の統一地方選挙、内閣支持率が安定している関係で、投票率は高くはならないだろう。
固定層の票での勝負となる。



台東区の場合、政党公認候補の落選状況などから、「NHKから国民を守る党」の得票は、従来、自民党に投票してきた固定層から流れたものと推測される。



統一地方選挙にても、「NHKから国民を守る党」が立候補した選挙区において、同様の事態となることが十分予想されるのである。



以上

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

04:01  |  選挙結果  |  コメント(1)
 | HOME |  NEXT