FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.08.16 (Thu)

河野大臣外交  大丈夫なのか?

韓国政府は、不可逆な条約として締結された、日韓合意を破棄するための、実績づくりを始めたようだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.yomiuri.co.jp/world/20180814-OYT1T50091.html?from=ytop_main5

慰安婦問題は日韓合意で解決できず…韓国大統領
2018年08月14日 23時19分
 【ソウル=岡部雄二郎】韓国の文在寅ムンジェイン大統領は14日、忠清南道チュンチョンナムドで開かれた慰安婦問題の記念式典で演説し、「被害者(元慰安婦)の尊厳と名誉を回復し、心の傷が癒えた時に初めて、慰安婦問題は解決する」と訴えた。日本政府に対する新たな要求や批判は避けつつも、2015年末の日韓合意では問題は解決しないとの立場を改めて強調した。


 文氏は演説で、「この問題が韓日間の外交紛争とならないことを望んでいる」とする一方、慰安婦関連の記録の保存や研究支援を進める方針を打ち出した。

 式典は、今年から始まった法定記念日「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」(8月14日)に合わせて韓国政府が初めて開いた。8月14日は、1991年に金学順キムハクスンさん(故人)が元慰安婦として初めて名乗り出た日だ。当初は李洛淵イナギョン首相が出席予定だったが、直前に文氏に変わった。経済政策の不振で文政権の支持率下落に歯止めがかからず、党派を超えて支持を得やすい歴史問題への取り組みで積極姿勢を打ち出す必要に迫られたとの見方がある。

(ここまで466文字 / 残り160文字)
2018年08月14日 23時19分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

支持率下落を日本を標的とする歴史問題に擦りかえる政権手法、外交関係を維持する必要があるのだろうか。

さて、ほとんど報道されることがないが、外務省HPにて、日韓文化・人的交流推進に向けた有識者会合が為されているとの記録がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006330.html

第1回日韓文化・人的交流推進に向けた有識者会合(結果)
平成30年8月10日

第1回日韓文化・人的交流推進に向けた有識者会合1  第1回日韓文化・人的交流推進に向けた有識者会合2
1 本10日,第1回日韓文化・人的交流推進に向けた有識者会合が,河野太郎外務大臣出席の下,外務省において開催されました。

2 冒頭,河野大臣から,本年10月に「日韓パートナーシップ宣言」20周年を迎える,日本と韓国の間には難しい問題もあるが,これを適切にマネージしながら,未来志向の日韓関係を作ることが重要である,首脳間,そして私と康京和(カン・ギョンファ)外交部長官との間で,日韓関係を前向きにするためにはどうしたらよいか話し合ってきた,この度皆様の知恵を借りて,未来志向のための具体的方策について提言をいただくべく同有識者会合を立ち上げた,本年10月を目途に提言をいただき,それを基に日韓両国で意見交換しつつ具体的に進めていきたい旨述べました。

3 続けて近藤誠一座長から,相互理解と信頼を高めていくことは,今後起こりうる新しい政治・経済の問題を防止,または適切に対処するためにも益々重要,最大限知恵を絞って,期待に沿えるような提言を出していきたい旨述べました。その後,「文化交流」をテーマとし,有識者の間で活発な意見交換が行われました。

4 次回会合については,「観光・人的交流」をテーマに8月下旬に開催する予定です。

[参考]第1回会合に参加した有識者

近藤誠一(座長)  近藤文化・外交研究所代表,元文化庁長官
黒田福美  俳優
小倉紀蔵  京都大学教授
小針進  静岡県立大学教授
澤田克己  毎日新聞外信部長
十五代沈壽官  薩摩焼陶芸家
呉徳周(オウ・ドクチュウ)  アミューズ・アジア事業部選任次長兼アミューズコリア副社長
原田知明  アミューズクエスト社長

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

日本だけ未来指向で、韓国が過去指向・たかり指向の実態で何が変わるのか?

歴代韓国政府が政権支持率の低下のカンフル剤として、対日批判を戦術的に選択しているのに、
ノー天気に、有識者会合などやっている場合であろうか?
また、政権批判が多い、反日・親韓記事だらけの、毎日の外信部長を有識者として招請する必要性があるのだろうか?
また、明らかに、名前から察するに韓国人を政府委員に招請しなくてはならない、積極的理由があるとも思えない。在日の論理で日韓関係を再構築するのであれば私は反対だ。

河野大臣の職務については、存在感がなかった岸田前大臣よりは格段にマシであることは認めるものの、韓国人を秘書にしたり、日韓関係に前のめりになることは、もし将来首相を目指すならやめていただきたいものである。

韓国に対しては、係わるだけ時間と金の無駄であり、係わらず、無視し、放置するのが最善だろうと歴史書、これまでの外交的経緯から判断されるからである。

以上

テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル : 政治・経済

07:28  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.08.15 (Wed)

偏向捏造報道に関する世論調査は続けるべきだ

ここ最近、変なテレビ報道、変なコメンテーター発言等が相次いでいる。

―― 参考情報 ――――――――――

NHKがサムスン新商品を大宣伝!ニュースで「新スマートフォン発表!メモリー大容量!サムスン」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7178.html

元日テレ社員「24時間テレビ出演者にギャラ発生? 番宣出演に高額ギャラ払っているだけなのに誤解されている」
http://mona-news.com/archives/77216329.html

和田政宗「NHKはなぜ最近、政府を批判する集会において「主催者発表◯人」を多発するのか。私がNHK現役時代は、概算人数を自ら数えたり、警備にあたった警察の人数を参考にしていた」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821665.html

翁長県知事を英雄に祀り上げたTBS「サンモニ」
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4957.html

青山繁晴「玉木雄一郎の獣医師会100万円献金を指摘したら『台本通りやれ!』と圧力をかけられた」
http://netgeek.biz/archives/123541

安倍首相は戦後の財産を食い潰してきたと青木理
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4958.html

池上彰が嘘連発「不法移民の犯罪率は高くないデータある」「習近平の独裁で日中関係は改善に向かう」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7177.html

青山繁晴 「田原総一朗さんが言う戦争が出来る国じゃない」
http://mix2ch.blog.fc2.com/blog-entry-21794.html

菅野完の犯罪疑惑でテレビが若い者からバカにされている、と専門家が指摘 野党には問題がありすぎる
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512744.html

翁長知事死去で後藤謙次がヨイショ
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4956.html

【悲報】宮根、ミヤネ屋本番中にイラついて液晶モニターを思いっきり叩く
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821702.html

―――――――――――――――――

ニュース番組や政治討論番組は、人間の●レベルの、低レベルの人たちが出演していると思っているため、私は一切みない主義である。真面目に見ている人が気の毒になる。それくらいの偏向捏造事案が続出している。各局が、放送法遵守しているとは思えない。
また、マスコミ業界人のほとんどが、社会人としての基本的マナーを理解しない無礼な人間揃いであることも仕事を通じて知っている。

さて、少し前に、ある団体が視聴者世論調査を行なった結果を参照、参考になりそうな情報を紹介させていただく。

―― 参考情報 ――――――――――

偏向報道に対する意識は年齢別で大きな差。60代以上は、約4割の人が「スポンサー商品を買いたくない」と回答。 放送法遵守を求める視聴者の会
http://housouhou.com/2018/06/11/%E5%81%8F%E5%90%91%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%81%AF%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E3%81%A7%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E5%B7%AE%E3%80%8260%E4%BB%A3%E4%BB%A5/

―――――――――――――――――

重要情報が三つ示されている。

一つ目は、世論調査サンプルの性別と年齢別分布

二つ目は、年齢別の偏向捏造に関する意識状況

三つ目は、年齢別の報道番組を見ないとする比率

以下、大まかな分析結果を述べさせていたく。

■世論調査サンプルの性別と年齢別分布
放送法遵守視聴者の会標本サンプル

男女ともほぼ半々。世代別には、70歳代以上が最もウエートが高く、50代がやや少ない結果となっている。意外だったのは20代の回答者がそれなりに居たことである。


■年齢別の偏向捏造に関する意識状況

放送法遵守視聴者の会世論調査

20~50歳台は、概ね80%の人が偏向捏造が行われているという意識を持っている。
これに対し、60歳代以上については、3分の2の人が偏向捏造報道があるとする認識を持っている。世代間のマスコミに関する評価は、若干異なることが裏付けられた。


■年齢別の報道番組を見ないとする比率
放送法遵守視聴者の会ニュース番組を見ない

30~40歳台でニュース番組を見ない比率が30%近くに達している。今後、ニュース番組を拒絶するウエートが増大するだろうと予想。


■本稿のまとめ

この調査によって、知りたかった情報が三つ揃った。
少なくとも、この世論調査情報には、マスコミ関係者と論争する際の、根拠情報が含まれている。マスコミやBPOへの苦情を言う際に役立つと思う。

今後は、この種の世論調査を継続して行うほか、不報道事案についての世論調査も実施されるべきと考える次第。

以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

08:50  |  保守活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.08.14 (Tue)

金と通貨の関係  トランプに対するある懸念

東京株式市場は、昨日、トルコリラショックで暴落した。



一般的には、米中関税引き上げ合戦について、新興国がもろに影響を受けるとする説がある。

―― 参考情報 ――――――――――

米中両国の間で本格的な「貿易戦争(関税引き上げ合戦)」が開始されると、
中国との関係が深い新興国の通貨と株価はさらに下落する懸念がある。
https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/cf62a129d4af8d82e5357c79082af792

―――――――――――――――――

さて、政府と日銀は、アベノミクスという金融政策によって、景気と雇用の改善に成功しつつあるが、いまだデフレ状態を脱却できていないとする見方が支配的である。



庶民経済的視点から眺めると、その元凶は、庶民の可処分所得増が実現していないこと、たとえば、再エネ賦課金、環境ゴミ有料化など、雇用が改善しても可処分所得増に至っていないことが原因とみている。庶民の可処分所得が減少する限り、実質的な家計支出は増えず、結果、消費が増えないのでインフレになるはずがないとみている。
経済学の専門家なら違った見方をするかもしれない。私は、経済の専門家ではないが、家庭で支払う、再エネ賦課金は年間数万円。馬鹿げた施策としか言いようがない。庶民に年間数万円も払わせる制度であるなら、天下り財団の性格もある、NEDO廃止くらいは当然だろう。また、ゴミ有料化等で年間数千円くらいはゴミ袋代に消えている。

よって、可処分所得増に繋がる、NHK民営化(受信料制度廃止)は、金融緩和並の効果を有する重要な施策と考えるのである。



さて、安倍政権は、トランプを味方につけ、現時点では対米外交的には、うまく立ち回っているように見える。



が、日本には、国益的視点、安全保障外交的視点で眺めると、致命的弱点が3つある。
2つはよく知られているが、あと一つは盲点かもしれない。

それゆえ、読者の皆様の判断を仰ぐべく、出稿を決断した。

核武装を含めて先制攻撃力のなさ、スパイ防止法等治安対策立法のなさについては、依存はあるまい。



もう一つは、あまり意識して語られることがないが、「金保有高」である。

一読いただきたい情報を以下に示す。

―― 参考情報 ――――――――――

世界の中央銀行・公的機関の金保有量 ベスト100
https://lets-gold.net/chart_gallery/gold-holdings-rank.php

日本はなぜこんなに金保有が少ないのか 米国の10分の1以下、ロシアや中国以下の不思議
https://www.j-cast.com/2015/03/23230797.html?p=all

―――――――――――――――――

戦前において、金本位制には致命的欠陥があり、デフレ要因となり、最終的に戦争を誘発したとの見解がある。



金本位制の致命的な欠陥

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

経済で読み解く大東亜戦争 上念司

155~156頁

金本位制に耐えられる国は「アメリカ」だった
第一次大戦後の世界経済は、先進国にとってもそれほど居心地のいいものではありませんでしたが、唯一の例外はアメリカでした。「金本位制にいずれ復帰する」と思われていた世界において、ヨーロッパに対する貸付の返済を受けることで、大量の金がアメリカに流入したからです。
イギリスとフランスはアメリカから借りた戦費を返済するため、そのツケをドイツに回しました。ドイツは徹底的に叩かれ、国内は大混乱に陥り、イギリスやフランスに対する復讐心が国民の通奏低音となりました。ドイツの混乱は主要国の中では最悪で、ハイパーインフレが発生するなど、国家崩壊寸前まで追い込まれていたということです。

これに対して、日本は戦争景気に載って経済大国の仲間入りをしたものの、終戦によって金の流入が止まると、デフレ圧力が強まって景気が悪くなります。さらに、関東大震災によって甚大なダメージを受けたのでした。しかも、「金本位制に復帰する」というドグマを捨てることはできず、モラトリアムや日銀特別融資など緩和的な施策が採用されたとしても、結局は元もデフレ路線である金本位制復帰への道に戻ってしまうのでした。

さて、このように戦争が終わった後も経済に火種を残したまま、各国は「金本位制復帰こそが、”グローバル・スタンダード”だ」とばかりに行動しました。「1919年(大正8年)アメリカ」「1024年(大正13年)ドイツ」「1925年(大正14年)イギリス」「1928年(昭和3年)フランス」「1930年(昭和5年)日本」という順番で、各国は金本位制への復帰を果たしました。
何度も繰り返しますが、「金本位制=デフレ・レジーム」です。決して無傷では復帰できません。アメリカのように大量の金が流入する国は余裕がありますが、その他の国は金の流出に苦しんでいるわけです。金が流出しないようにするには緊縮財政や金融引き締めが必要であり、その結果として不況を甘受せざるを得なくなります。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

―― 参考情報 ――――――――――

金本位制とインフレとデフレ
http://www.arredogelateria.com/archives/11

金本位制が戦争を起こした?
http://akhrkun.hatenablog.com/entry/2016/12/14/193226

―――――――――――――――――



アメリカは、「中共退治に成功した後、日本を経済的に弱体化させ、経済支配・属州化する目的のために、敢えてアメリカ自身をデフレ経済に移行させ、金保有高の少ない日本をターゲットに金本位制移行という、我慢比べ大会をしないとも限らないという懸念」をしているのである。



ソ連崩壊後の失われた20年間、アメリカは徹底的に日本を敵視した。クリントン大統領はその代表格であり、クリントン政権は、中共というお化け国家の出現の旗振り役だった。大東亜戦争開戦前も、アメリカは日本に開戦せざるを得ない様、数々の制裁を行い、ソ連のスターリンの意図通り行動した。

―― 参考情報 ――――――――――

アメリカの対中融和政策と日本
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1541.html

―――――――――――――――――

馬淵睦夫理論に従えば、歴代アメリカ政府がユダヤ金融資本に操られる幼稚な政府であることを知れば、仮にトランプが中共退治に成功したとしても、ソ連崩壊直後に日本が敵視されたように、中共崩壊後に再度日本が敵視される可能性は十分にある、と言いたいのである。



その手段として、金本位制への回帰をトランプが主張する懸念をしているのである。


以上

テーマ : 経済 - ジャンル : 政治・経済

06:41  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.08.13 (Mon)

自公連立維持のための スパイ工作員がいる?

自公政権発足後、明らかに立派になった施設がある。
各地にある創価支部施設である。総タイル貼りで国の施設並の豪華仕様となっている。

さて、「日本の敵」という本にて、田母神俊雄は、事件化された遠因として、「衆議院選挙出馬した選挙区にて公明党候補を公然と批判した」ことを挙げている。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

38頁

では、決して近しい関係にあったとは言えない自民党と公明党がなぜ結びついたのか。
じつは両者を握手させたのは自公連立政権が誕生した98(平成10)年当時、小渕恵三内閣の官房長官であった野中広務と言われている。
野中がどういう役割を果たしたのか想像するしかないが、創価学会と接近していた静岡の暴力団を間に入れて両者を握手させたというのが、もはや通説のように語られているのは事実である。

その暴力団と水島が親しい関係にあったとすれば……と、これは別に私が考えたわけではなく、私を支持してくれる方の中には、このようなことを私に言う人がいるということである。
2014年(平成26)年の衆議院選挙において、私が東京第12区という国土交通大臣(当時)を務めていた公明党の太田昭宏氏の選挙区から出馬し、公明党を大いに叩いたことから、そのことを私に対する水島のバッシングの”因果関係”があるのではないかということのようだ。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



ここで、「創価学会と接近していた静岡の暴力団を間に入れて両者を握手させたというのが、もはや通説のように語られているのは事実」という文言に注目したい。


野中広務が深く係わっていることは、以下の情報から明らかである。

―― 参考情報 ――――――――――

“影の総理”と呼ばれた男 野中広務とは何者だったのか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180419/k10011408881000.html

―――――――――――――――――


その野中は、部落解放同盟の盟主的存在だったようである。

―― 参考情報 ――――――――――

野中広務氏への麻生氏の差別
http://u33.sakura.ne.jp/ithink040724nonaka%20asou%20sabetu.htm

―――――――――――――――――



そこで、4つのキーワードがどう結びつくのか。試してみたい気になる。

静岡の暴力団≒建設会社
部落解放同盟
創価学会
国土交通省利権



どうも自公連立によって、建設利権が在日側に渡ってしまったような気がする。
証拠は示せないが。
何かと韓国に甘い、国土交通省行政(特に航空機事故の処理、韓国人ビザ免除)からそう判断するのである。



話は変わるが、田母神を告発した男、水●某は静岡出身(静岡高校卒業)である。

自公連立を仲介した静岡の暴力団、静岡出身の保守活動家、それぞれ何の関係もない?
偶然であろうか?



ここで、中曽根元首相の、不可解な言動について振り返りたい。

―― 参考情報 ――――――――――

竹下派の石破支持表明の裏にあるもの
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1077.html

あの元首相はなぜ謎めいた行動をとり続けるのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1043.html

―――――――――――――――――

中曽根元首相が、政界への一定の影響力を確保するために、数々の術策、奇策を以って対応しているとみるならば、自公連立の黒幕も、同じ意図を以て田母神俊雄を嵌めようと当初から予定していたかもしれない。



第一幕は田母神論文(マスコミ全社が田母神を袋叩き、マスコミ界の盟主はナベツネ)
第二幕は田母神事件(直前に、中曽根元首相を名指しで批判した本を出版)
第三幕は、、、???



厳格な保守主義者にとって、自公連立政権発足は許し難いものであろうことは、概ね想像がつく。(自公政権発足時、私はまだノンポリ)
自衛隊においては、創価信者自衛隊員を毛嫌いしていた時期が相当期間あったようであり、田母神俊雄が出馬すれば公明批判に走るのは、創価側からみて十分予想されたことである。

中曽根元首相流に考えると、将来、危険分子になりそうな人物をマークする目的で先行してスパイを配置、しかるべきタイミングにて裏切りを敢行、そういう手筈だった可能性はないのか?

中曽根元首相が、防衛大臣時代あの三島由紀夫と昵懇、三島由紀夫が自決した後、掌を返したことからそう確信するのである。



ちゃんねる桜発足は2004年、頑張れ日本設立は2010年。田母神俊雄は会長職にあった。
田母神俊雄は田母神論文の責任を負い退職、その後は、保守言論界のリーダー的存在を嘱望されていた。

自公連立の黒幕は、当然、要注意人物としてマーク、田母神俊雄への接近を指示したことであろう。



水●某が果たした役割は何であったのか?

―― 参考情報 ――――――――――

我々はなぜ騙された?のか  シグナルを見逃してきたのではないか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-382.html

北朝鮮系右翼・チャンネル桜「水●▼」の末路を予想してみた
http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=135

チャンネル桜は社会主義者と共産主義者の巣窟
http://awake-z.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-5395.html

我々はなぜ騙されるのか? ホンモノを見抜くノウハウについて
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-383.html

―――――――――――――――――



自公連立の黒幕=保守政界の黒幕はこう予想したのではなかろうか?



いずれ自公連立政権に批判的な人物が登場する
その人物は創価信者に対し最も職務的に懐疑的だった組織の出身者
その人物が保守政界のニューリーダーとして君臨し、自公連立解消について主張した場合
しかるべきタイミングで、、、



と考えるのである。

つまり、保守政界の黒幕は、自身の影響力の維持、行使のために、あちこちにスパイみたいな存在を配置し、証拠を集め、告発という事態に至ったのではないかと考えるのである。



ここで言うスパイとは、保守言論界における、似非保守(実態はビジネス保守)のことを指す。



都知事選挙は、どういう位置づけだったのかというと
自公にとって都合が悪い人物を潰すために、準備が整わないうちに急かし、追及可能な証拠を先行して確保する目的、、、

水●某の口座への資金移動はどういう位置づけかというと
選挙と事業の相乗効果を狙ったものの、田母神口座のみに寄付が集中したことへの「嫉妬」みたいなもの、と考えると説明がつくのではないかと考える。

要するに、保守政界の黒幕と創価公明は、自公連立発足にあたり、田母神俊雄のような人物が登場することを予め予測、保守政界の救世主を破滅させ自公連立延命の目的で、似非保守をあちこちに配置し(水●某もその一人)
指令によって前途ある保守主義者を、勝ち目のない選挙への出馬を焚き付け、急かし、出馬させ、最終的に検察が動きやすい事案を主導したのではないのか?

中曽根元首相の動きを分析すると、かようなシナリオが見えてくるのである。

つまり、水●某は、自公連立政権維持のための、スパイ活動を担う駒の一つとして、公明党に否定的な右寄りの保守言論界を支配する目的で、予め選ばれ、配置されたと見るべきなのである。


以上

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

05:28  |  保守活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.08.12 (Sun)

読むべきものは何か?

本稿では、政治に関心ある人、記者、一般人、学生、立場と視点は異なっても、共通して読むべきものが存在するという前提で述べさせていただく。

とりあえず、種子法改正など専門性が高い事案に係わる調査検討作業を想定、拙ブログは、読むべき情報一覧をイメージ、以下に情報分類した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

専門性が高いと思われる分野、事案に係わる情報一覧

A その分野の専門家の書いた本、レポート
B その分野の専門機関が発行した本、レポート
C その分野の専門紙、専門雑誌
D 政府文書、規格(JAS)
E 与党文書(野党は反対しかしないので文書がそもそも存在しない?)
F 何でも首を突っ込みたがる、言論人の書いた本、レポート(池上彰など)
G 入門書(新書など)
H 新聞(一般紙)
I その他雑多なネット情報(必要に応じて)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


A~Iの中で普段読むべきものは何か。


拙ブログコメント常連の西さんの見解を参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1068.html#commenttop

そもそも

まともな人間(学歴的にもそこそこある人)であれば、新聞「しか」読まないということは少ないはずです。

新聞には、専門的なことはほとんど書かれていません(日常的な話題が多い)し、多少専門的な事が書かれていたとしても、高校生程度であれば普通に分かるレベルだと思います(要するに、一定水準以上の人には拘ってまで読むほどの価値はないという事です)。

専門書でなくとも、一般社会人向けの「新書」程度ならば読んでいるのであれば、何ら「問題はない」のですが、美辞麗句な宣伝文句につられやすい、低学力層(高卒以下、大卒でも偏差値的には60未満(そもそも大した勉強をしていない層))、および、いっぱしの「情報通」になりたいという「意識高い系」であるほど、新聞を読めば「学力が上がる」などと、本来は一面的な見方(教養人が新聞しか読んでいないということはあり得ない)であるにもかかわらず、信じ込んでしまう傾向が強いのではないかと思います。


西 |  2018.08.02(木) 02:25 | URL | 

中学生や小学生が、新聞を読んでいる「から」高いのかと言われれば、読まない人よりは高いとは思いますが、社会人や教養人向けの「新書(大学入試並みの文章)」を読んでいるような生徒は少ないでしょう。

それならば、そもそも新聞に「有害な」情報が多いとなれば、「情報判断能力」が養われないうちは、「読まない」という選択肢もありですし多少上がってきたところで、無価値な新聞記事よりも「新書」の方を読めばいいのではないか、という結論に至りますね。


西 |  2018.08.02(木) 02:25 | URL |

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

これは、「新聞を読む頻度が高いほどテストの正答率アップとする、全国学力テストの意識調査
」に係わる記事について、西さんが示した見解である。

西さんが読むべきとしている本は、一言で言うと、上記Gに該当する新書等の入門書である。
昔は、新書というと岩波新書。憲法事案で言うと、護憲派の主張だらけだった。岩波は出版社として偏っている。
大した蔵書ではないが、新書で購入する機会が多いのは、PHP新書、講談社現代新書である。岩波新書の新刊書を買うことはほとんどない。

入門書としてのまともな新書を普段からしっかり読んでいる方なら、マスコミ報道に惑わされることはないだろう。


比較的最近、購入した本の中で、該当すると考える本を以下に紹介し、本稿を終える。

アメリカ大統領を操る黒幕 馬淵睦夫
キリスト教は邪教です! ニーチェ
コミンテルンの謀略と日本の敗戦 江崎道朗
フランス革命の省察 エドマンド・バーク
自由をいかに守るか ハイエクを読み直す 渡部昇一
大東亜会議の真実 深田祐介

以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

06:22  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT