2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.21 (Sat)

選挙公報の次に拡散すべき情報  その3 重大フェイク報道を分析した新刊書2冊

『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著・つり革広告に
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6842.html


小川榮太郎の本 



小川榮太郎 


高橋洋一 

高橋洋一2




テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

07:48  |  選挙  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2017.10.21 (Sat)

選挙公報の次に拡散すべき情報  その2 党籍ロンダリング議員による再結集問題

野党勢力においては、民進党に再結集しそうな候補者の存在が、衆議院選挙後最大の政治問題となりつつある。党籍ロンダリング予定候補をスンナリ当選させていいのか?ということである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/171019/plt1710190084-n1.html

民進党再結集に抜け道 政党移籍、法的制約なし 擁立ゼロなら当選者全員回帰OK

 衆院選(22日投開票)後に民進党が再結集するとの臆測が絶えない。希望の党、立憲民主党、無所属でそれぞれ当選した議員による選挙後の民進党への合流に法的制約がなく、ハードルが低いからだ。(沢田大典)

 「野党の分断、本当に申し訳ない」。民進党の初代代表だった岡田克也元外相は19日、神奈川県藤沢市で行った同党出身者の応援演説で、こう聴衆にわびた。

 自身は無所属で出馬した岡田氏は記者団に「民進党に戻ることを前提には考えていない」と述べるにとどめたが、野党分裂で自民党が優位に選挙戦を進めており、反自民勢力結集の必要性は痛感しているようだ。

 その手段の一つである民進党再結集は、同党の小川敏夫参院議員会長が唱えた。12日、産経新聞に「立憲民主党、無所属、希望の党に行った人も含め、もう一度自民党に代わりうる政党として民進党を取り戻したい」と述べた。

 「有権者を愚弄した話」(民進党の前原誠司代表)と反発が集中し、小川氏らは火消しに追われた。それでも再結集説が消えないのはハードルが低いためだ。

 国会法109条の2は、比例代表で当選した議員が選挙で競合した政党や政治団体に移ることを原則、禁じている。選挙区当選者の政党移籍に制限はない。


http://www.sankei.com/politics/news/171019/plt1710190084-n2.html

しかし、同法には抜け道がある。今回の衆院選で競合していない政党、つまり一人も候補者を擁立しなかった民進党には、どの政党からも移ることができる。両党や無所属の当選者は全員、民進党に入ることが可能なのだ。

 さらに民進党には税金を原資とする政党交付金の未使用分が100億円以上あるとされ、参院議員も残っているため今後も政党助成金を受け取れる。総務省によると、仮に希望、立民両党が衆院選で政党要件を満たし民進党と合併した場合は、合算した政党交付金を受け取る。

 苦戦する希望の党は、公約に反した主張を訴え、離党をほのめかす候補者まで出始め、すでに分裂含みの状況にある。同党の細野豪志元環境相は19日夜のBSフジ番組で、民進党再結集について「全くあり得ない」と断言したが、当選者個別の行動までは否定しようもない。

 「政党ロンダリング」批判を避けるため、当面は統一会派結成など国会での連携を模索する動きもある。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


なお、拙ブログは、党籍ロンダリング議員について、政党交付金削減の視点から、提言済みである。


党籍ロンダリング候補対策  政党交付金削減すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-684.html


以上

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

06:23  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT