FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.05.15 (Tue)

犯罪防止  NHK関係者の深夜訪問は禁止されるべきだ

訪問販売法上は、訪問時間について『経済産業省の通達内に「不適当な時間帯」として「例えば午後9時から午前8時」との記載がありますので目安として良いと思います。また、前項のとおり一度断れば再勧誘は禁止です。』という公式見解が存在している。

―― 参考情報 ――――――――――

訪問販売について
http://s-kajiyama-office.com/archives/134

訪問販売。訪問販売の時間制限は何時から何時までですか?
https://www.bengo4.com/c_8/c_1186/c_1848/c_1188/b_9393/

―――――――――――――――――

しかし、NHKについては、管轄が総務省であるため、上記通産省通達が適用とならず、NHK関係者の深夜訪問が続出している実態にある。

―― 参考情報 ――――――――――

NHKの受信料訪問が夜に訪れる場合の時間帯一覧と対応方法
http://nhkzyusinryoutaisaku.com/%E5%8B%A7%E8%AA%98%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E6%96%B9%E6%B3%95/82/

NHK集金人、深夜女性宅に17回も訪れ置き手紙をするなど不審な行動
http://blog.livedoor.jp/ainbekker-news2/archives/9111215.html

未成年女子宅に深夜に訪問するNHK
https://www.youtube.com/watch?v=b1hjyJxvo2E

深夜23時過ぎに訪問するNHK受信料の集金人
https://ameblo.jp/sigyouhp/entry-12335156413.html

―――――――――――――――――

NHK職員による強姦事件が発生したこともあった。

―― 参考情報 ――――――――――

“強姦NHK局員”弦本容疑者の恐るべき手口と複数の“謎の鍵”! 犯罪史に残る連続強姦犯の可能性も!?
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0210/toc_170210_7874022426.html

―――――――――――――――――

この事件に関するNHKによる抜本対策が表明されているのであろうか?

NHK関係者ではないと思うが、かような事案も続出している。

―― 参考情報 ――――――――――

不審者情報12件 事件後も黒服男、女子中学生追いかける
http://www.sankei.com/affairs/news/180513/afr1805130014-n1.html

―――――――――――――――――

このような事件が起きている最中に、NHK関係者による深夜訪問は社会的に許容されるべき性格のものではない。

少なくともNHK関係者の深夜訪問は要請ない限り、犯罪の未然防止の観点からすべきではない。

絶対に!

よって、NHK関係者による犯罪未然防止のため、四点、提言する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・衆議院総務委員会にて、NHK関係者による個別訪問は、夜8時以降は禁止とする措置を検討する

・個人レベルにおいては、夜8時以降の怪しい訪問販売について、交番に届け出る(職務質問徹底依頼)

・都道府県県警レベルでのNHK関係者の深夜訪問自粛要請(犯罪防止)

・自治体条例レベルで、NHK関係者の深夜訪問を禁止とする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上

参考
―――――――――――――――――

衆議院総務委員会 委員名簿
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0020.htm

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

08:24  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/982-8e5e4907

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |