FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.04.11 (Wed)

なあなあでは国会審議は活性化しない!

団塊の世代の、ある学卒上司から、こう言われたことがある。

その上司は、「仕事において、社内も業界も、みんなもたれ合い、なれ合いである。私もそれに倣えと」言うのである。それも年1回の人事面接の際の上司の訓示においてである。
私は、この上司をこの時から軽蔑している。スキルもなく、ゴルフがシングルで宴会の時だけ人一倍元気であることだけが取り得の上司であった。
おそらく、第二の職場で、この先輩は75歳まで、会社のコネにぶら下がり働き続けるだろう。

日本の企業社会は、こういう類の学卒が大部分のようであり、生産性がいつまって経っても上がらない、と言われている。皆様の上司の中に、弛んだ学卒上司はどれくらいいたであろうか?それに対し、現在70歳以上の高卒の方は、やるべきことはちゃんとやった方が多い。

団塊の世代、学卒と高卒では、かくも仕事ぶりが違うのである。

プロ野球界はどうか?

入団当初から、大リーグ行を希望した大谷選手の動機は、私の体験と似ていたのではないかと思う。

(選手としてさしたる実績がないのに、草加?コネで監督になれた)弛んだ監督、弛んだ主力選手(特に4番打者)みたいのと一緒に居れば居るほど、大リーグで通用しない野球選手になってしまう。そんな環境に我慢できなかったのではなかろうか?
学卒の投手で、ハンカチなんとかと騒がれた割りに、実績は今一つどころか、球団のお荷物的存在の選手もいる。グッズの売れ行きのせいで、球団は出場機会を確保しなくてはならないようなのだ。
プロ野球界、大リーグで活躍するレベルの超一流の選手は、高卒だらけのように見える。学卒の選手は、世渡り、女漁りのスキルで…………
大谷選手が抜けた後、古巣の固定の4番打者の打撃成績は、打率、出塁率において昨年以下の状態にある。大谷選手がいた時代も大谷が塁に出ても凡打の山だったと記憶する。
弛んだ監督は、大谷選手が抜けた後、チームの要の弛んだ主力選手にスキルアップに繋がることを何もしようとしないようだ。もっとも現役時代に実績がない監督に、選手指導できるはずはないのであるが。
さらに問題なのは、野球解説者たちは、打撃成績が年々下がり、走塁守備までも緩慢な4番打者のことに言及しない。その4番打者の打席になると大谷選手の話題に切り替えて誤魔化すのである。

監督も解説者も不振の4番を庇っているようなのである。庇われている選手の年俸は2億円と言われている。打率2割に届かず、出塁率2割前後で不動の4番として出場し続ける球団、それをおかしいとはっきりと言わない解説者たち。私には、プロ野球界全体が弛んでいるように見える。

弛んでいるのは相撲界だけではないようである。

国会はどうか?

先の国政選挙で、保守だと思っていた候補者が、小池知事率いる希望の党に我先に移籍、人生最後の大勝負と銘打ち、公然とモリカケ事案で安倍首相を批判した。

その候補者は当選した。名前くらいは覚えているはずだ。
中山成彬議員である。学歴は、鹿児島ラ・サール高校、東京大学法学部、大蔵省入省なので、偏差値レベルはかなり上である。
受験時代、大変聡明な方なので、その後、いい加減な過ごし方をしない限り、今でも私よりは偏差値的には聡明な方であろうと思う。

今、衆議院の懲罰委員長をやっている。

国会は、与野党相乗りで、ミャンマー移民受入れ拡大を推進しているという情報がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.nikaidou.com/archives/102014

 国民の皆さん!与野党グルのインチキですよ!
 2018/04/08 09:04   -貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?

また福山哲朗こと陳哲朗(東京都大田区糀谷で帰化)かよ。

国会は インチキ同士の 茶番劇

辻元清美なんて単なる前科者じゃん(笑)反社だろあいつそのものが。

最近になって実習生の送り出しが急増中のミャンマーに関しては、監理団体から収入を得ている組織がある。宮澤喜一内閣で郵政大臣を務め、のちに自民党から民主党などに移った渡邉秀央・元参院議員が会長を務める一般社団法人「日本ミャンマー協会」(JMA)だ。
 JMAの最高顧問には、「森友問題」で注目を集める麻生太郎・財務大臣が就いている。麻生氏のほかにも、名誉会長に中曽根康弘・元首相、副会長には仙谷由人・元民主党衆院議員、さらには理事には福山哲郎・立憲民主党幹事長、魚住裕一郎・公明党参院議院会長といった具合に、現職を含め与野党の大物政治家が並ぶ。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/04/post_22912_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

これを成敗せよとは今のところは言わない。

ならば、これはどうか?

江田憲司議員が大阪地検の部長がリーク源であると公表した。

―― 参考情報 ――――――――――

【バカッター】江田憲司、森友リークしたのが「大阪地検部長・山本真千子」と暴露して大炎上
http://mona-news.com/archives/75634505.html

山本特捜部長と江田憲司の取り調べが必要
https://ttensan.exblog.jp/26638980/


朝日の情報源は改竄前と後の文書を持っていた大阪地検ではないかと見られていますが、
流出を疑われるのを覚悟でやったとは考えにくい。山本特捜部長の真価が問われる
https://blog.goo.ne.jp/2005tora

―――――――――――――――――

保守ネット界は、マスコミ報道されないことが問題だとしている。

私は違う。
衆議院の懲罰委員会で、懲罰事案として扱わないのが問題と考える。

なぜなら、中山成彬議員は、保守、愛国というキーワードを他の候補者よりも好んで使ってきたからだ。愛国だ、保守だと言うなら、こういう事案こそ、与野党結託して声をあげるべきではないのか?

そうすれば、希望の党の党籍であったにせよ、健全な保守野党の議員だという評価に繋がると考えるからだ。

もちろん、本稿は、ノンポリ感覚(政治に無関心ではなく、政治的中立)での提言である。
別に、どこかの言論人のように、愛国ならこうすべきだとか、保守ならこうすべきだと、義務的感覚で他人に強制したり、長ったらしく心構えを言うつもりはさらさらない。

それぞれの立場にてやるべきことをやるだけである。
懲罰委員長なら懲罰事案を見つけたら懲罰手続きすればいいではないか?
(私は喧伝しない主義だが)世の愛国者が決断を促す際に盛んに喧伝する特攻出撃、若き学徒兵は、自らを犠牲にして任務を全うしたではないか?(中山成彬議員は、愛国、保守というキーワードを多用するケースが多かったと記憶している)

―― 参考情報 ――――――――――

特攻隊の真実【キミガタメver.】~感謝~
https://www.youtube.com/watch?v=AJyMPb1KwnM

―――――――――――――――――

懲罰事案が目の前にあるなら、懲罰手続きに入る、それが、東大卒の懲罰委員長の責務ではないのか?

国会のなあなあぶりを止めさせるに、中山成彬懲罰委員長の決断を我々は必要としているのである!


以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

06:02  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/951-3007054c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |