2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.03.22 (Thu)

「お馬鹿記者受難の時代」が近づいている?

マスコミ記者の中に、馬鹿みたいに同じ質問を5回以上記者会見場で繰り返される方がおられるそうだ。(伝聞で知った事実)
その行為が言論の自由として認められるとするならば、5回も同じ質問をする記者は、「馬鹿」であるか、発達障害の可能性を疑ってみるべきだろう。(私見)

屁理屈的にはこうなる。(私見)
職場で同じ質問を5回以上繰り返す、社員は、普通の会社なら、マナー的に精神異常者とみなされるはずだ。社内では相手にされなくなる。(私見)
従って、5回以上同じ質問を繰り返す記者は、頭狂新聞社内にて、精神?異常者扱いされているだろうと推測する。(私見)



発達障害者の臨床的な見分け方の事例を以下に示す。(他人の分析結果)

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.geocities.jp/niwaiin/todrad.html

大人の発達障害について

患者の診察態度からの推測

  発達障害の患者が病院に来るのは、うつや情緒不安定などの「適応障害(二次障害)」をきたした時である。多くは人間関係がうまくいかない、感情のコントロールがつかない、物忘れがひどくなったなど訴え、それが原因で不登校や会社に行けないというケースが多い。基本的には前に述べた病気なのか?性格なのか?(前項本当にうつ病?参照)に準じたうつ病の診察をしていき結果的に「適応障害」の診断に行きつくのだが、その際には患者の態度で以下のことに注意する。


①会話中に圧倒的に瞬目が少ない。表情があまり変わらない。

②服装が年の割りに幼い。もしくは非常にシンプルな服装。

③落ち着き無く、ずっと一方的に早口で喋る。もしくは聞かれたこと以外全く喋らない。

④気にしなくてよい細かいところで、言い直したり、こだわったりする。的外れな質問が多い。

⑤不適切な敬語、時に造語のような言い回しが多い。

⑥診察中にいきなり泣く、怒り出すなど感情のコントロールが出来ない。

⑦時に患者が何を言いたいのか解らなくなる。要点を整理して話すことが出来ない。

⑧しぐさや話し方で何となく違和感を感じる。チック症状を認める。

⑨診察中に携帯電話がかかってきても、普通に座ったまま相手と話し始める。

⑩診察が終わった後に聞き忘れたこと、もしくは言い忘れたことがあると言って急に入ってくる。

  上記の症状は発達障害の症状の一部を紹介したものであるが、私の経験だと上記の症状を認めるなら発達障害の可能性が高いと考えている。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



医者でなければ判断できそうもないことでもないと思われ、記者会見対応される内閣府職員には、これらの情報を記者の見分け方ノウハウとして情報提供したい気分である。(私見)

ただ、菅官房長官や麻生大臣の対応ぶりを分析すると、この種の情報は、既に内閣府広報官に出回っており、彼らは、宴席ネタとしている可能性がある。(私見)



特に頭狂新聞記者諸君、あなた方は、取材先から精神●常者?あるいは馬●扱い?され始めていることにお気づきか?(私見)

ちなみに、先日、とある議会傍聴した際、記者席で見かけた人のほどんどが、なんらかの異常者?のようにに見えた。(私見)
一種の興奮状態にあり、目つきが異常、雰囲気的に異様な人たちだらけに見えたのである。(私見)
上記の診断上の判断基準に該当しそうに見えたのである。(私見)

新聞社は別々でも、何か興奮する?クスリのようなものを常用している集団???(私見)
そして、彼らは総じて客観報道に徹しない……………。(私見)


―― 参考情報 ――――――――――

朝日新聞記者を覚せい剤使用容疑で逮捕 東京本社文化くらし報道部 
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/704.html

―――――――――――――――――



一方、マスコミ関係者は、5回以上同じ質問が繰り返されて当然だとするだろう。(私見)
権力の監視という大義名分からそうしていたいのだろう。(私見)
ならば、消費者として、(スパイ工作に加担する)マスコミを監視するという大義名分も認められるべきだ。(私見)

中国大使館、領事館関係者とマスコミ関係者の相当数が接触、報道内容について日常的に擦り合わせしていると睨んでいるからである。(私見)



具体的には、我々取材される側も5回以上、取材に際して質問することが許されるだろう。(私見)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

記者から取材を求められた場合に、5回以上記者に対し、質問することが許容されると考えられる質問項目(例)


・記者証を提示願えますか?(スマホで撮影)
・記者の氏名は?
・記者の住所は?
・記者は在日枠で入社したのか?
・記者の国籍は?
・記者の政治的立ち位置は?
・記者の支持政党は?
・頭狂新聞記者の中に、同じ質問を繰り返す記者がいるそうだが、どう思うか?(スマホで撮影)
・頭狂新聞記者の中に、同じ質問を繰り返す記者がいるそうだが、馬鹿ではないか?(スマホで撮影)
・頭狂新聞記者の中に、同じ質問を繰り返す記者がいるそうだが、発達障害者ではないか?(スマホで撮影)
・中国大使館、領事館主催の政治的会合に記者として出席したことはあるか?(スマホで撮影)
・中国大使館員、領事館員と報道方針について打合せしたことはあるか?(スマホで撮影)



取材申請ガイドライン - 日本ラグビーフットボール協会
https://www.rugby-japan.jp/wp-content/uploads/2017/08/TL_media_guide_2017-2018.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


5回以上同じ質問を繰り返し、記者をわざとに怒らせ、記者の素行を観察し、精神障害の可能性がないかどうか、上記判断基準から見分けるという選択肢もあるだろう。(私見)

取材を受けるに際して、偏向捏造報道、嘘報道が目につく、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の記者に対し、5回以上同じ質問を繰り返すことは、社会的に許容されるべきだろう。(私見)

特に、頭狂新聞に対しては!(私見)


以上


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

補足
本稿はほとんどが私見です。
本稿においては、事実、分析結果、意見を、文章作成段階において意識して区別して表示するようにしました。朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の記者の作文とは異なることをご理解いただくためであります。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

05:40  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/929-004c30a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |