FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.03.10 (Sat)

森友事案がもたらす不幸な結末  生涯喪に服すべき人

本稿、森友事案の最終処理が近づいていることに伴い、為政者ならびにその関係者のあり方という視点からまとめたもの。どちらかというと、ノンポリ(政治的に中立)に近いスタンス。



どうやら、森友事案、係わった人ほとんどに不幸をもたらす様相を呈してきた。

問題の核心である財務省からも自殺者が出て、国税庁長官も辞任となった。麻生副総理の緊急記者会見もあった。

もっとも、私は、自殺された職員については、籠池夫妻に買収されたか?、外部への情報リーク源であるとの疑いを持っている。国税庁長官については、首相に増税の煮え湯を呑ませようと、各方面に対し森友事案を焚きつけた黒幕の可能性もあるだろう。朝日と野党は、撒かれた餌に飛びつき、国会は貴重な審議の時間をその事案に費やした。

実は、新入社員時代のことになるが、生命保険会社職員から、「●●社長の知り合いで……………」と語られる方がいた。財務省職員が、●●首相の●●と親しいと語るであろう籠池夫妻の話に乗せられる可能性はないとは言えまい。自殺された財務省職員の出自も調べておく必要はあるだろう。



しかし、攻撃される隙をつくってしまったのは、どうみても、あの女性である。

その女性については、第一次安倍政権崩壊後、うちひしがれていたであろう、一人の政治家を支え、再起を促した功績は認められるべきかもしれない。

が、第二次政権発足後、教育勅語を唱和する幼稚園児に涙し、一民間人夫妻の要望を官邸付の専用秘書数人を従え各省庁に取り次ぎ、被災地を訪問し自身の意見に同調する人たちの意見を代弁したりと、夫の肩書を利用する行為が続出した。

もちろん、週刊誌ネタとなる材料は、人々の悪意のドス黒さに気づくことなく、無邪気に振る舞う、その女性が提供した。



しかし、その女性の存在、言動、今となっては、やること為すこと裏目に出た感じのようである。

籠池夫妻は拘留中
森友幼稚園は閉園
国会審議はその事案だけで延々と続行

そして、
偽情報に踊らされた?朝日は、報道責任を問われつつある。
野党は、支持率を大きく低下させた。
財務省職員の自殺
国税庁長官は辞任表明

無傷で済んだのは、官邸付け秘書から海外勤務ご栄転となった、元秘書の女性だけとなった。


これが、女性の活躍を日々口にした女性がもたらした結果である。本人が意図しなくても、その言動等を利用しようとする輩が大挙集結、こういう事態を招いたのである。
自ら女性活躍の実績を披露しようとして無残な結果を招いたのである。



これほどまでに無残な結末は、偶然であっても起こり得ることであろうか?



本来、政治に係わる者は、たとえ政敵であろうと、たとえ利用しようとして近づいて来る者であろうと、すべての人に対し、犯罪でない限りにおいては、その生命と財産を守るべき存在であるはずのものである。

その辺のウンチクについては、中国哲学の本にいろいろ書いてある。昔は読んだが、今は馬鹿馬鹿しくなって読む気はしないが。



現実に起きたことはこうだった。
政権を事業運営に利用しようと近づいて来る人は犯罪レベルのことに手を染め、政敵はその事案で倒閣を意図、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道などのマスコミは野党に素材を提供する情報発信源であるばかりか煽動機関化するに至った。

最終局面において、各方面にて屍が累々と、確認されつつある。


政権は、一連の問題を収拾することに成功したようだ。
朝日は日々追い詰められつつある。
ここで、朝日を取り逃がすようなことは、万が一にもあってはならない。
政権は、隙をみせてしまったのであるから、それに乗じて煽動した報道機関に対し、決定的なダメージを与えない限り、本件の完全収束は難しくなったと言いたい。



私は、森友事案の決裁文書、それだけについて左程興味はない。
なぜか?
政権がマスコミを追及し制裁し、法規制強化すると明言してこなかったからだ。



拙ブログは、マスコミ規制強化について、条文ベースで提言してきた。今回は、新聞法の法制化が必要との視点から、提言を行っている。

―― 参考情報 ――――――――――

・加計報道実態  「新聞法」法制化の根拠とすべきだ! 
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-593.html

・新聞法(私案)
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-595.html

―――――――――――――――――



為政者は、そもそも政敵に対し隙をみせたり、私物化したりしない存在であるべきだった。

しかし、その女性は、首相が唱える女性の活躍というキーワードに乗り、自らその方面にて、主役を演じてしまった。
今は、度重なる質問主意書の束に恐れ慄き、官界との関係を遮断しているはずだ。

事態は、最終局面を迎えつつある。
隙だとも気づかずに(追及可能な)隙をみせまくり、利用しようとする人たちに、無邪気に種を撒き続けた人は誰か?

それは、自らが考える女性の活躍を、それも御主人の肩書を利用して推進しようとした人は、一人しかいない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

森友事案の現時点での結末

・拘留中の籠池夫妻
・閉園となった森友幼稚園
・半年以上まともな国会審議が行われない国会
・朝日の報道責任
・野党の分裂
・財務省職員の自殺
・国税庁長官の辞任

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



こんなに「不幸を呼ぶ事案」、他にあったであろうか?
女性の活躍を実践しようとして、結果こうなったのである。本人は意図しなかったと言うだろう。が、立場的に言い逃れ出来ない政治的混乱を招いたことは責められるべきだ。


案件は、分類上は教育分野である。教育が、人を不幸にすることは、あってはならないことである……………


私は、アンチ朝日、アンチ野党なので、森友事案で、朝日や野党が揃って討ち死にするのは好ましいと思うポジションではあるものの、

女性の活躍という政策的キーワードに乗り
無邪気に政府機関を私物化したことについては、憤りを感じている。
そして、今般、財務省から自殺者まで出し、国税庁長官辞任という事態を招いたことは、そもそも攻撃される標的として振る舞ってしまった、その女性の、人としての愚かさ、稚拙さを改めて指摘せざるを得ない。


誤解しないでいただきたい。
本稿については、ノンポリ(政治的に中立なスタンス)のポジションにて書いている。


私は、その女性に対し、これを機会に「生涯喪に服していただきたい」と思っている。「二度と人前で語るべきでない」と言う意味である!



今回ばかりは、政権与党は無傷で済んだにせよ、政界においては、「不幸を呼ぶ●」と言われかねないからである。


愚かで稚拙な、その女性が政治に係わろうとしなかったら、一連の出来事は起きなかった、はずである。こんな▲▼のせいで、政治が混乱、無残な結末を招き、各方面に不幸を撒き散らされ座視できようか?

そして、これだけ誤報、捏造報道が続いているにも係わらず、政権としてマスコミ追及、制裁、マスコミに対する法規制強化に取り組まないことに、激しい怒りを覚えている。

森友事案、最終処理を迎えつつある中で、朝日だけは無傷のままで事態が終結することは許されない。

すべては首相の決断にかかっている。


以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

07:43  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

Re: 間抜けな存在というのは、国家や組織にとっては、一番怖い存在だと思います

> 「A・Aさん」だけではありませんが、ある組織が、間抜けな行動をする存在を身内に抱えていると、その存在が、組織の存続を脅かし、関わった人間全員を破滅させるなんて事は、世の中では、多く起こって来たのだろうと思いますね。
>
> 今回の件は、敵側にもかなりの損害を与えてはいますが(デマも相当拡散していた為)、こちら側もこの問題に関する対処に苦慮していましたから、相当面倒な事になったのは間違いありません。
>
> 首相やその周辺は、この問題に関して、「A・Aさん」に責任があると考えているのは間違いないと思います。「A・Aさん」自体は「私人」ではありますが、「私人」が「公人」と間違われるような行為(公権力を行使できる立場ではないが、それを行使できると仄めかすような発言をする、公的立場を利用して、外交などの公的行為を私的行為と錯覚して行うなど)を取るのは、グレーゾーンとはいえ、非常に危険(相手側から問い詰められる可能性がある)な行動である為、本来ならば「慎重さ」を要求される行為ではありますが、彼女にその自覚はあったのだろうか、と思います。
>
> 無邪気に振る舞うのは、「私的生活」だけにして欲しいと思います。首相の「仕事」に関係する「政治的行為」を「私的行為」と間違えたりすると、「公人か私人か」の「詭弁」でも用いない限り、擁護するのが不可能になる可能性が高くなります(場合によっては、法的問題(もしくは法改正問題)も生じます)し、首相の責任が問われる可能性だって出てきます。
>
> 支持率にも影響は出てくると思いますから、彼女が「良かれ」と思ってやったことが、身内の破滅を招くなんて事は多々あります。
>
> こういったものは、嘗ての「世界大戦」や「大東亜戦争」にも通じますね。
>
> 「共産主義」への対処を誤った(味方と敵を誤認したり、入り乱れていた)が為に、攻撃しなくても良かった相手を攻撃してしまい、敵対し、「現在」の「国家的危機」を招いているという自覚が、政治家単位では、「東条英機」などの「共産主義」の「危険性」を認識し、それと戦っていた政治家、軍人を除けば、大半の政治家達がそのような「腑抜けた認識(危機感が無い)」だったのではないかと思う事が多いですね。
>
> この問題も、首相の対応次第でどうなるか分からない問題ではありましたが、丸々一年の間、間抜けな「A・Aさん」が、狡猾な詐欺師夫妻に騙され、法的責任自体は、詐欺師夫妻にあるとはいえ、「私人」が「公人」と間違われるかのような行為があり、危く首相が、彼女の行動に関して「政治的責任」を問われるかという、際どい行為があった為、朝日等も「陰謀論」を展開し、時に「フェイクニュース(デマ)」も飛び交い、その為に、「敵味方」双方の陣営に打撃を与えられたので(自民党自体は、首相の対応が上手かったために無傷ですが、首相そのものは、今回の件で重要な審議を先送りにされたため、政治的には厳しい状態になり、「A・Aさん」の行動に頭を悩ませていたと思います)、首相も朝日も野党もかなりのダメージを負わされたという、「いびつな」案件だったと思いますが、とうとう官界にも「自殺者」が出ましたから、官界もこの件で「静観」していられなくなったと思います。
>
> 今回の問題で無傷だったのは、「自民党(首相を除く)」と「共産党」程度ではないかと思いますね(共産党は、この件では余り首相を追求していなかったと思います)。
>
> 「A・Aさん」自身は、「OBAKA」ですから、恐らく自覚は無いのでしょうけど、彼女は一体、どこの陣営の味方だったのかと思う程の人物ですね。
>
> ある意味、凄い人物だと思います(破壊的なOBAKA行動を取ってきたという意味で)が、絶対に味方に付けてはいけない(むしろリスクの方が大きい)人物であり、首相も頭を悩ませていた人物になっていたという事だけは間違いないでしょうね。
>
> 「A・Aさん」には「猛省」してもらい、二度とこんな「OBAKAな行動(私的行為と公的行為の区別が付かない行動)」を取らないで欲しいと思いますね。


再発防止のため、A・Aさんのテーマについては、時々出稿しておきたいと思います。
管理人 |  2018.03.11(日) 20:05 | URL |  【編集】

間抜けな存在というのは、国家や組織にとっては、一番怖い存在だと思います

「A・Aさん」だけではありませんが、ある組織が、間抜けな行動をする存在を身内に抱えていると、その存在が、組織の存続を脅かし、関わった人間全員を破滅させるなんて事は、世の中では、多く起こって来たのだろうと思いますね。

今回の件は、敵側にもかなりの損害を与えてはいますが(デマも相当拡散していた為)、こちら側もこの問題に関する対処に苦慮していましたから、相当面倒な事になったのは間違いありません。

首相やその周辺は、この問題に関して、「A・Aさん」に責任があると考えているのは間違いないと思います。「A・Aさん」自体は「私人」ではありますが、「私人」が「公人」と間違われるような行為(公権力を行使できる立場ではないが、それを行使できると仄めかすような発言をする、公的立場を利用して、外交などの公的行為を私的行為と錯覚して行うなど)を取るのは、グレーゾーンとはいえ、非常に危険(相手側から問い詰められる可能性がある)な行動である為、本来ならば「慎重さ」を要求される行為ではありますが、彼女にその自覚はあったのだろうか、と思います。

無邪気に振る舞うのは、「私的生活」だけにして欲しいと思います。首相の「仕事」に関係する「政治的行為」を「私的行為」と間違えたりすると、「公人か私人か」の「詭弁」でも用いない限り、擁護するのが不可能になる可能性が高くなります(場合によっては、法的問題(もしくは法改正問題)も生じます)し、首相の責任が問われる可能性だって出てきます。

支持率にも影響は出てくると思いますから、彼女が「良かれ」と思ってやったことが、身内の破滅を招くなんて事は多々あります。

こういったものは、嘗ての「世界大戦」や「大東亜戦争」にも通じますね。

「共産主義」への対処を誤った(味方と敵を誤認したり、入り乱れていた)が為に、攻撃しなくても良かった相手を攻撃してしまい、敵対し、「現在」の「国家的危機」を招いているという自覚が、政治家単位では、「東条英機」などの「共産主義」の「危険性」を認識し、それと戦っていた政治家、軍人を除けば、大半の政治家達がそのような「腑抜けた認識(危機感が無い)」だったのではないかと思う事が多いですね。

この問題も、首相の対応次第でどうなるか分からない問題ではありましたが、丸々一年の間、間抜けな「A・Aさん」が、狡猾な詐欺師夫妻に騙され、法的責任自体は、詐欺師夫妻にあるとはいえ、「私人」が「公人」と間違われるかのような行為があり、危く首相が、彼女の行動に関して「政治的責任」を問われるかという、際どい行為があった為、朝日等も「陰謀論」を展開し、時に「フェイクニュース(デマ)」も飛び交い、その為に、「敵味方」双方の陣営に打撃を与えられたので(自民党自体は、首相の対応が上手かったために無傷ですが、首相そのものは、今回の件で重要な審議を先送りにされたため、政治的には厳しい状態になり、「A・Aさん」の行動に頭を悩ませていたと思います)、首相も朝日も野党もかなりのダメージを負わされたという、「いびつな」案件だったと思いますが、とうとう官界にも「自殺者」が出ましたから、官界もこの件で「静観」していられなくなったと思います。

今回の問題で無傷だったのは、「自民党(首相を除く)」と「共産党」程度ではないかと思いますね(共産党は、この件では余り首相を追求していなかったと思います)。

「A・Aさん」自身は、「OBAKA」ですから、恐らく自覚は無いのでしょうけど、彼女は一体、どこの陣営の味方だったのかと思う程の人物ですね。

ある意味、凄い人物だと思います(破壊的なOBAKA行動を取ってきたという意味で)が、絶対に味方に付けてはいけない(むしろリスクの方が大きい)人物であり、首相も頭を悩ませていた人物になっていたという事だけは間違いないでしょうね。

「A・Aさん」には「猛省」してもらい、二度とこんな「OBAKAな行動(私的行為と公的行為の区別が付かない行動)」を取らないで欲しいと思いますね。
西 |  2018.03.11(日) 01:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/914-20c45e9c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |