2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.03.09 (Fri)

日本的慣行の変質  社会の劣化を認識すべきかもしれない

これを読むと、シャープ現社長は、かつての無能な経営者たちのせいでシャープが没落したと考えているふしがある。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180308-OYT1T50104.html?from=ytop_main2

単身寮に住み、朝食は同じ食堂で…シャープ社長
 
2018年03月08日 22時52分

 日本企業を再建した外国人経営者の中で、鴻海ホンハイグループのナンバー2から転じた戴正呉たいせいご社長は異色の存在だ。

 2016年8月の就任後、大阪市内の社員向け単身寮に住んでいる。2部屋分を1部屋にするなど特別に改装したが、朝食は他の社員に交じって同じ食堂でとる。

 役員報酬も「会社が赤字なのに受け取るのはおかしい」とゼロにした。「信賞必罰」「有言実行」を掲げ、成果重視の人事制度を導入した。

 過去にも日本駐在の経験があり、日本語は堪能。後任については「シャープの経営を日本人に返したい」と繰り返しており、適任者を育成することが最大の課題となる。
 
2018年03月08日 22時52分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



戴正呉社長は、古き良き時代の日本の経営者たちを間近で見て育ったようだ。

しかし、私はそうではない。

あの世代の上司たちは、とんでもない人物だらけであると思っている。

就職試験に際し、推薦状を貰った数十年前に、大学の就職担当教官でさえも、あの会社はおかしい、あの会社の体質はおかしいと言い放ったほどなのだ。



私が、どんな人物に最初に遭遇したか、例として紹介する。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■新入社員との最初の会話で嘘をついた上司

新入社員時代の上司というと、普通は一生の付き合いになるものだが、(団塊世代の)私の上司は違った。
なんと、新入社員であった私との最初の対話において嘘をついた、情けない人であった。
嘘をついた内容は何だったかというと、自身の会社での業績、他人がやったことを傍観しただけなのに(同世代の信用できる人の話)、上司が自分だけの手柄だと新入社員(である私)に対し言い張るのである。
それが、上司として、新入社員(である私)に最初に話をした時のネタだったのである。
また、ゴルフ場の割引券を持っていて、安くプレーできる券が手に入ったので、自分よりも給与半額の部下をゴルフに誘い、自分だけにその割引券を使った、アスペルガー的な人でもあった。
さらに、個人的な宴席で、単身赴任先の冷蔵庫が、お歳暮で満杯で入り切らないと、私に嬉しそうに自慢する、本当に本当に、ケツの穴の小さい上司だった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


要するに、酒の飲み方も知らないようなのである。ご本人は、ご自身のことを「ひとかどの人物」だと思っておられるはずだが、私にも上司を軽蔑する権利くらいはあるはずだ。
ちなみに、この上司とその後数回飲んだことがあるが、一度も奢ってもらったことはない。私は、若い世代の人たちには奢ってあげる方だが、現役世代の人が聞いたら、抱腹絶倒するようなタイプが当時の上司にはたくさんいたのである。
もちろん、今の現役世代の管理職に、こんなタイプの上司が絶滅していることを期待している。



これだけではない。私と同世代、それ以上の世代の方でこんな輩もいる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■捨ててあるものを現金化する人たち

リサイクルコーナーに置いてあった本とそっくり同じ本を古書店で見かけたことがある。廃物のパソコンをヤフーオークションで売り払った人もいる。
そういう類の行為を自慢話する方もいる。そういう人と友達で居れるだろうか?私は、経歴詐称している可能性を疑っている。
最近聞いた話なのだが、お地蔵さんにあった小銭をこっそり持ち去る高齢者がいるそうだ。ひょっとすると、年金減額について街頭活動した人かもしれない。


■しみったれた役人たち

・それなりの役所に勤めている、上級職の公務員の中に、それなりの祝い事の席に招待したのに、お土産一つ持たないでやってくる非常識な人がいた。休日の夕食終わった時間に、食事御馳走して欲しいと数年ぶりに電話してきたこともあり、余りの図々しさに腹が立ち、断った。
・役所の部長職になった方の中で、久しぶりに会ったのでコーヒーに誘ったところ、お前の方が給料が高いのでコーヒー代を払えと言った男がいた。その男、ある時を境に年賀状を寄越さなくなった。学科でトップで卒業した人間にしては、ケツの穴が小さいとしか言いようがない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これらは、総じて、学業優秀なのであるが、変人、しみったれた人物のケースである。
学業優秀な人物の中に、こんな程度の人も含まれているのである。

もちろん、そうでない方もいる。が、比率的には5%いるかいないかである。
大半は、何が起ころうと傍観していた。


シャープの外国人社長が、シャープ社内でどう振る舞っているのか、私は詳細知る立場にない。
が、冒頭で紹介したニュースを読む限り、普通の経営判断ができていれば、シャープの没落はなかったとの印象を持っている。

そして、日本を数十年スパンで眺めると、日本は戦中世代の努力で1980年代に確かに復活したが、それ以降の世代のせいで劣化、今の現役世代の奮闘に期待せざるを得ない状況にあると見るべきだろう。

それは、シャープだけに当てはまることではない。



人の上に立つ立場の人の振る舞いは、役人であれ民間人であれ、公私とも、多くの人が見ているということだ。
現役世代の方におかれては、ホンモノの傑物は戦中世代にある(ご存命であれば95~100歳くらいの方々)ことをお知らせし、本稿を終える。



以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

05:34  |  社会認識  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

件の上司は本人の申告通りひとかどの人物ですね(誉めてはいない)

セコさでひとかどですね。

部下に表面上、誉められて無邪気に喜んでいたら、裏で笑われていそうですね。

そいつ、良く、会社追い出されなかったなと思うところもあります。
不祥事の元(出入り業者等と組んだ背任事件等)と見なされたら、徹底的に調査され、会社に損害与える行為(ある特定の会社の物を高く買う等)が実証されたら、始末されてますから。

悪いことですけど、普通、沈黙するか、みんなにばらまいて、嫉妬の感情からの密告を防ぐような自己防衛を図るはずですけど、そのような知恵も無く、自慢するだけして、利益は自分のものにするという行動から、あんまり頭も良くないなと思ってしまいます。
Suica割 |  2018.03.09(金) 23:07 | URL |  【編集】

Re: 件の上司は本人の申告通りひとかどの人物ですね(誉めてはいない)

> セコさでひとかどですね。
>
> 部下に表面上、誉められて無邪気に喜んでいたら、裏で笑われていそうですね。
>
> そいつ、良く、会社追い出されなかったなと思うところもあります。
> 不祥事の元(出入り業者等と組んだ背任事件等)と見なされたら、徹底的に調査され、会社に損害与える行為(ある特定の会社の物を高く買う等)が実証されたら、始末されてますから。
>
> 悪いことですけど、普通、沈黙するか、みんなにばらまいて、嫉妬の感情からの密告を防ぐような自己防衛を図るはずですけど、そのような知恵も無く、自慢するだけして、利益は自分のものにするという行動から、あんまり頭も良くないなと思ってしまいます。

俗に言う、キャリアの手口、ノンキャリアの手口があったとして、ノンキャリアの手口に近いと思います。
学歴的には学卒の方でしたが、Suica割さんから「あんまり頭も良くないな」と指摘されるレベルの大学出身です。
この種の人が数人集まり、派閥を形成すると、ろくなことにはならなかったであろうと予想する訳ですが、ケツの穴が小さすぎて派閥形成に至りませんでした。
なお、こういう人が上司にいる場合、なんでもかんでも一人で処理をせざるを得なくなります。
管理人 |  2018.03.10(土) 01:54 | URL |  【編集】

時代背景的に仕方が無い側面はありますが・・・

彼らの少年時代は、敗戦直後であった為、「両親や兄弟を紛争で失い」、「モノが無かった」事(豊かな精神をはぐくむことができなかった)に加え、占領軍らが宣伝してきた「偽情報」に支配されていた為、学校でも所謂「墨塗り教科書」を使わされ、「封建的社会の否定」、「家族や歴史、伝統、礼節の否定」、「反日」、「反社会的」な「思想」を植え付けられてきた為に、ある意味彼らも被害者であるのかもしれません(その意味では、本来的な敵は、占領軍とその協力者であると思います)。

彼らの「反日」、「反社会的」行動のピークは「学生運動」の時期で、彼らにもある意味で「大義」のようなもの(とはいっても、どちらかというと反抗期の餓鬼のような言い訳に近く、学費を負担しているのは彼らの両親なのに、直接関係が無い学生が社会運動しても意味は無かった)があった事は間違い無い、と思います。

しかしながら、彼らも「就職」を控えると「現実」を見つめるようになったのだろうと思います。

要するに、「学生運動」なんて、「子供染みた戯れ」に過ぎないと悟ったのだろうと思います。

ただ、あれだけ「死人(敵味方両方)」を出すだけの「デモ」を行い、逮捕経験もある人物ですらも「政治家」や「企業勤め」ができたのですから、あの時代はまだ相当「寛容」な社会だったのだろうと思いますね。その意味で、戦前、戦中世代がいかに「寛容」であったか分かると思います。

自分は「学生運動」自体は、「社会背景上」仕方が無い側面はあったと思いますが、政治的意味自体は大したことが無かったと思います(そもそも、彼らは、何が目的で活動していたのか分からない所が多い(前半は、大学当局や反政府運動を煽動はしたものの、後半は内ゲバ高僧に明け暮れるなど、身内間でも喧嘩別れしたり、やり口が滅茶苦茶だった)ですし、社会的責任を負っているわけではない、反抗期の餓鬼の言い訳にしか思えない主張が多かった)。

彼らの上の世代(兄弟や両親世代)は、【彼らの行動を支持していなかった(というよりも、学生の戯れ程度の認識)】にもかかわらず、彼らは何を勘違いしたのか、間違った社会認識の下で、行動が変な方向に向かっていったわけです。

ただ、彼らを煽動していた「共産党」や、GHQによって大学に組み込まれた「赤系教授」やその他「進歩的知識人」については、多くの学生の将来を狂わせた事で、「大罪」だと思っています。

しかし、彼らも大学卒業後、就職したわけですが、どうもこの辺りから「勘違い」振りがピークに達して来たみたいで、上の世代に対しては、戦前の「封建的社会」を幼少期から否定し続ける事を是としてきたが為、「反抗心」ばかりを示す一方で、下の世代に対しては、(彼らは否定し続けてきたはずの)封建的な「上意下達」で、最も屑な存在だと思われていた事に間違いないと思います。

実際、彼らの仕事ぶりを評価しているのは、どうも彼らの親世代(80後半から90代)では無いみたいで、彼らと同様に「反米闘争心」に溢れていた「70代後半」辺りが多いような印象がありますね。「50代以下」がどう思っているのか気になるところだと思います。

実際、彼らが社会の中核を担うようになったころは「バブル」の頃だったと思いますが、不動産投資等やディスコ、接待漬けでゴルフ等の趣味に興じ、バー、ラブホ(失礼)通い等に明け暮れるなど、お金を「使う」事はあっても、社会の為に「お金を使った」だとか、「何かを生み出した」という印象は弱く、しばしば紹介される「偉人」というのも、現役時代に、社会的に何か評価された仕事等があったわけでも無い為か、「70代、60代」辺りには、ほぼ存在せず、現在、最も人口が多い世代のはずなのに、「人として」何かが欠けている(要するに人間疎外された)と思う事が非常に多いのは気のせいではないでしょう。

そのくせ、上の世代にも下の世代にも「反抗心」と「命令服従」を迫るのですから、救いようが無いですね。逆に、面倒な問題を引き起こし、問題を下に押し付けようとする自分が非難されると「できない言い訳をするお前が悪い」などと、自分の責任を棚に上げて、面倒事を押し付けられた部下を非難しますから質が悪いです。

50代辺りは、そのような彼らの横暴振りを見て、「ああなりたくない」という思いがあったみたいで、親世代が辛うじて戦中世代(80代)だったのもあると思いますが、比較的「真面目」な人達が多いと思います。ただ、この世代が退職すると、「団塊世代」の残した「問題」を押し付けられた「団塊ジュニア」と若年時代に、今思えばおかしな幻想を見せつけられた、時代の潮流に乗って「馬鹿騒ぎ」を繰り返していた「バブル世代」がいますから、この辺りから「社会的負担」は非常に重くなるのではないか、と危惧していますね。

「80代」、「90代」辺りまでは「教養人」、「仕事人(職人)」が多く、次いで新時代の「50代」というのは皮肉なものですね。確かに、「60代、70代」は、戦後教育の元で育った「40代以下」よりは「教養」や「仕事スキル」はあるのかもしれませんが、それは「80代」、「90代」の人達が「非常に優れていた」からだと思います(そうでなければ、彼らはどうしようもなくなっていたと思います)。

彼らが否定してきた「封建社会」だとか「家族、伝統、歴史」というのが、彼らの「教養」にいかに重要だったか分かる事でしょう。今の我々には、彼らが伝えるべき事が何も伝えられていませんから、彼らが「否定」してきたそれらを「復興」させ、何らかの形で「教養、伝統、社会、歴史の復興」をさせなければ、我々は意図せず、戦前世代が居なくなった辺り(50代が現役を退いた辺り)で、滅びの道が加速する事と思います。

この「社会的危機」に、いかに多くの「日本人」が気付けるか、という所に、我々の運命がかかっていると思います。
西 |  2018.03.11(日) 02:11 | URL |  【編集】

Re: 時代背景的に仕方が無い側面はありますが・・・

> 彼らの少年時代は、敗戦直後であった為、「両親や兄弟を紛争で失い」、「モノが無かった」事(豊かな精神をはぐくむことができなかった)に加え、占領軍らが宣伝してきた「偽情報」に支配されていた為、学校でも所謂「墨塗り教科書」を使わされ、「封建的社会の否定」、「家族や歴史、伝統、礼節の否定」、「反日」、「反社会的」な「思想」を植え付けられてきた為に、ある意味彼らも被害者であるのかもしれません(その意味では、本来的な敵は、占領軍とその協力者であると思います)。
>
> 彼らの「反日」、「反社会的」行動のピークは「学生運動」の時期で、彼らにもある意味で「大義」のようなもの(とはいっても、どちらかというと反抗期の餓鬼のような言い訳に近く、学費を負担しているのは彼らの両親なのに、直接関係が無い学生が社会運動しても意味は無かった)があった事は間違い無い、と思います。
>
> しかしながら、彼らも「就職」を控えると「現実」を見つめるようになったのだろうと思います。
>
> 要するに、「学生運動」なんて、「子供染みた戯れ」に過ぎないと悟ったのだろうと思います。
>
> ただ、あれだけ「死人(敵味方両方)」を出すだけの「デモ」を行い、逮捕経験もある人物ですらも「政治家」や「企業勤め」ができたのですから、あの時代はまだ相当「寛容」な社会だったのだろうと思いますね。その意味で、戦前、戦中世代がいかに「寛容」であったか分かると思います。
>
> 自分は「学生運動」自体は、「社会背景上」仕方が無い側面はあったと思いますが、政治的意味自体は大したことが無かったと思います(そもそも、彼らは、何が目的で活動していたのか分からない所が多い(前半は、大学当局や反政府運動を煽動はしたものの、後半は内ゲバ高僧に明け暮れるなど、身内間でも喧嘩別れしたり、やり口が滅茶苦茶だった)ですし、社会的責任を負っているわけではない、反抗期の餓鬼の言い訳にしか思えない主張が多かった)。
>
> 彼らの上の世代(兄弟や両親世代)は、【彼らの行動を支持していなかった(というよりも、学生の戯れ程度の認識)】にもかかわらず、彼らは何を勘違いしたのか、間違った社会認識の下で、行動が変な方向に向かっていったわけです。
>
> ただ、彼らを煽動していた「共産党」や、GHQによって大学に組み込まれた「赤系教授」やその他「進歩的知識人」については、多くの学生の将来を狂わせた事で、「大罪」だと思っています。
>
> しかし、彼らも大学卒業後、就職したわけですが、どうもこの辺りから「勘違い」振りがピークに達して来たみたいで、上の世代に対しては、戦前の「封建的社会」を幼少期から否定し続ける事を是としてきたが為、「反抗心」ばかりを示す一方で、下の世代に対しては、(彼らは否定し続けてきたはずの)封建的な「上意下達」で、最も屑な存在だと思われていた事に間違いないと思います。
>
> 実際、彼らの仕事ぶりを評価しているのは、どうも彼らの親世代(80後半から90代)では無いみたいで、彼らと同様に「反米闘争心」に溢れていた「70代後半」辺りが多いような印象がありますね。「50代以下」がどう思っているのか気になるところだと思います。
>
> 実際、彼らが社会の中核を担うようになったころは「バブル」の頃だったと思いますが、不動産投資等やディスコ、接待漬けでゴルフ等の趣味に興じ、バー、ラブホ(失礼)通い等に明け暮れるなど、お金を「使う」事はあっても、社会の為に「お金を使った」だとか、「何かを生み出した」という印象は弱く、しばしば紹介される「偉人」というのも、現役時代に、社会的に何か評価された仕事等があったわけでも無い為か、「70代、60代」辺りには、ほぼ存在せず、現在、最も人口が多い世代のはずなのに、「人として」何かが欠けている(要するに人間疎外された)と思う事が非常に多いのは気のせいではないでしょう。
>
> そのくせ、上の世代にも下の世代にも「反抗心」と「命令服従」を迫るのですから、救いようが無いですね。逆に、面倒な問題を引き起こし、問題を下に押し付けようとする自分が非難されると「できない言い訳をするお前が悪い」などと、自分の責任を棚に上げて、面倒事を押し付けられた部下を非難しますから質が悪いです。
>
> 50代辺りは、そのような彼らの横暴振りを見て、「ああなりたくない」という思いがあったみたいで、親世代が辛うじて戦中世代(80代)だったのもあると思いますが、比較的「真面目」な人達が多いと思います。ただ、この世代が退職すると、「団塊世代」の残した「問題」を押し付けられた「団塊ジュニア」と若年時代に、今思えばおかしな幻想を見せつけられた、時代の潮流に乗って「馬鹿騒ぎ」を繰り返していた「バブル世代」がいますから、この辺りから「社会的負担」は非常に重くなるのではないか、と危惧していますね。
>
> 「80代」、「90代」辺りまでは「教養人」、「仕事人(職人)」が多く、次いで新時代の「50代」というのは皮肉なものですね。確かに、「60代、70代」は、戦後教育の元で育った「40代以下」よりは「教養」や「仕事スキル」はあるのかもしれませんが、それは「80代」、「90代」の人達が「非常に優れていた」からだと思います(そうでなければ、彼らはどうしようもなくなっていたと思います)。
>
> 彼らが否定してきた「封建社会」だとか「家族、伝統、歴史」というのが、彼らの「教養」にいかに重要だったか分かる事でしょう。今の我々には、彼らが伝えるべき事が何も伝えられていませんから、彼らが「否定」してきたそれらを「復興」させ、何らかの形で「教養、伝統、社会、歴史の復興」をさせなければ、我々は意図せず、戦前世代が居なくなった辺り(50代が現役を退いた辺り)で、滅びの道が加速する事と思います。
>
> この「社会的危機」に、いかに多くの「日本人」が気付けるか、という所に、我々の運命がかかっていると思います。


私は、西さんほど悲観しておりません。
ただ、伝統をないがしろにする家系は、今のこの時点でもとんでもない状況にあると思います。
管理人 |  2018.03.11(日) 20:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/912-60dd8ecc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |