2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.07.08 (Fri)

捏造記事を書いた人間のクズ 根こそぎ刑事訴追されるべきだ

30歳くらいの頃、酒場で同席、名刺交換した直後、地方紙の社会部の記者と口論になった。その記者曰く、「お前の会社は社会的に不要だ」と同僚数人に言い放った。
随分失礼な言いぶりに私は言葉を失った。しかし、それ以降、マスコミ記者とはこういう人間ばかりだと思うようになった。業界紙の人を除くと、ほとんどそうだった。

また、この地方紙について、「人間のクズが書く痴呆紙」だとずっと思ってきた。


さて、今度の選挙期間中に、週刊誌に捏造記事を書かれた青山繁晴候補は、公選法の規定を根拠に週刊文春を告発したそうだ。

―――――――――――――――――

青山繁晴氏、週刊文春を東京地検特捜部に刑事告発
http://hosyusokuhou.jp/archives/47949177.html

140: レインメーカー(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/07/06(水) 00:16:05.02 ID:rulGfvSv0.net
>>50
正しくは公職選挙法の235条の2項

当選を得させない目的をもつて公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者に
関し虚偽の事項を公にし、又は事実をゆがめて公にした者は、四年以下の懲役
若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO100.html

―――――――――――――――――

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO100.html

(新聞紙、雑誌が選挙の公正を害する罪)

第二百三十五条の二   次の各号の一に該当する者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。
一   第百四十八条第一項ただし書(第二百一条の十五第一項において準用する場合を含む。)の規定に違反して新聞紙又は雑誌が選挙の公正を害したときは、その新聞紙若しくは雑誌の編集を実際に担当した者又はその新聞紙若しくは雑誌の経営を担当した者

二   第百四十八条第三項に規定する新聞紙及び雑誌並びに第二百一条の十五に規定する機関新聞紙及び機関雑誌以外の新聞紙及び雑誌(当該機関新聞紙及び機関雑誌の号外、臨時号、増刊号その他の臨時に発行するものを含む。)が選挙運動の期間中及び選挙の当日当該選挙に関し報道又は評論を掲載したときは、これらの新聞紙若しくは雑誌の編集を実際に担当した者又はその新聞紙若しくは雑誌の経営を担当した者

三   第百四十八条の二第三項の規定に違反して選挙に関する報道又は評論を掲載し又は掲載させた者

―――――――――――――――――

公職選挙法の規定があるのは見落としていた。
当局におかれては、偽計業務妨害罪の適用も視野に入れていただきたいものである。

選挙期間中の歪曲捏造報道 偽計業務妨害罪適用の陳情の必要性について
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-82.html


我々は、当該週刊誌を徹底的に追及、倒産ないし廃刊させるまで追い詰めなくてはならない。

本件、青山繁晴候補について歪曲捏造記事に係わった記者は、名誉棄損、公選法違反、偽計業務妨害、三つともアウト!と思う。

我々は、当局に刑事事件として扱うべく、陳情しなくてはならない。

なぜなら、この事案、他の歪曲捏造報道よりも、被害者が候補者であったこと、録音もされていたようであり、証拠が揃いやすいようであり、他のどの歪曲捏造事案よりも刑事訴追しやすいと判断されるからだ。


次に、制裁・報復措置的意味合いを持つ広告取り消しについて言及したい。

週刊誌と言えば中吊り広告。広告を出す先がお堅い公共機関だらけ。これを利用しない手はない。たとえば、JR、地下鉄においては、当該記者、編集者が記事を担当していないことが証明されなければ、中吊り広告出すべきではないことを、陳情するという選択肢がある。

中吊り広告出すことが、犯罪ほう助に繋がるという指摘は、公共機関においては強烈だろう。

また、新聞広告においても、同様、容疑者が書いた記事を広告に出す必要はあるのか?という指摘はある。

こうやって、広告部門から締め上げる作戦がとれるのだ。当該週刊誌は、関係者を処分どころか仕事を担当していないことを証明できなければ、広告を出すこともままならなくなるのだ。当然、編集者も対象となるだろう。

また、刑事告発した関係で、青山繁晴氏が当該週刊誌について(歪曲捏造で告発された記者による)自身の記事が今後書かれることが予想される場合、差止請求という手段を行使する可能性もある。

差止請求権を行使することは、普通はあり得ない。が、本件、被害者側から見て、芋づる式に、対抗措置、報復措置、予防措置が生まれやすい状況にある。


週刊誌記者諸君、余りに無防備に歪曲・捏造記事を出してしまったことに気がついているのであろうか?

文春砲は、意図しない自爆砲だったことになるのだ!!!


青山繁晴候補は、かく演説したそうである。

―――――――――――――――――

【参院選2016】青山繁晴、都内各所での訴え・6月29日[桜H28/6/30]
http://blog.goo.ne.jp/apita_21/e/46ef68fac563feea24a18d9558861916

僕を潰そうという圧力は、凄まじいです。
今までもネットで誹謗中傷ありましたが、一昨日、週刊文春の記者が突然、こういう遊説中にやって来て、
そして僕は全く無警戒で取材受けましたが、選挙の話はゼロ。

そうじゃ無くて20年近く前の、共同通信辞めたときに、本当は揉めてクビになったんじゃないか?とか、
僕の書いた記事が嘘だったんじゃないか?とか、もう無茶苦茶な話ばっかり、全部の質問が全て嘘なんです。
そして、それでも淡々と答えて夜になったら、今度は電話の取材で同じ記者なんです。若い記者なんですよ、まだ。

それがなんて言ったかと言うと「安倍さんから電話かかったって言うのも、嘘だって言ってる人が居る」
これ僕びっくりしたのは、記者だったら安倍総理に何故、確認しないんですか?
或はその時に官邸に内閣官房副長官、世耕弘成って人も同席してたそうですから、
そういうのに訊くの当たり前でしょう?

それ全く訊かないで「あんな電話なんか無かったんだ」と言ってる人が居る、と。
僕は当然、怒りますよね?
「電話はちゃんとありました」って言うと、明日、週刊誌に記事が出るんですが、そのゲラってやつを今日、見たらですね、
その自分たちが嘘を言ってることは、全部そのまま書いて、僕は怒って反論したと付けてるだけなんです。

これはもう報道じゃない。
むしろ人間のやることでも無くて、人間のクズのやることです。

―――――――――――――――――

これが、ジャーナリズムの実態である。


記者諸君、人間のクズだと遊説先で言われ、自分たちが人間のクズであると糾弾される気分はどうであろうか?

ジャーナリストすべてが悪だとは言わない。しかし、9割方、同程度であろう。我々は、こういう記者をすべからく、マスコミ業界から一掃しなくてはならない。

刑事罰を科すべく、世論に訴えなくてはならない!

繰り返しとなるが
本件
事案的に非常に刑事訴追しやすい事案なのである。
マスコミ業界に対し、政治的に「みせしめ」にしやすい事案なのである。
本件、広告出稿制限を要請しやすい事案なのである。

記者諸君、「みせしめ」にされる気分はどうであろうか?

そして、本件、刑事訴追実現できれば、以降、歪曲捏造記事を書いた記者が確実に特定され、仕留められ、社会的に糾弾される時代に突入するのである。

記者が迂闊なことを言い、書けば、処分、処罰される、素晴らしい時代になるのだ!そして、戦後のジャ-ナリズムが戦後社会最大の癌であることが知れ渡るのである!


最後に、武田邦彦氏が、勝訴した事案の対応経過を参照したい。歪曲捏造報道するマスコミ記者を徹底的に追い詰め、みせしめにする際に参考になる点が多々あるように思う。

―――――――――――――――――

7/5(火)〜百田尚樹・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】
http://blog.goo.ne.jp/apita_21/e/5595368a7e9c349171503c01b454f3c2

武田邦彦さん

僕が自分の体験だけ。
僕、週刊文春ね、何回も取材に応じて、ちゃんとリサイクルとか環境とか何とか、あの頃温暖化とか、そういうことを言ってたら、
凄く週刊文春と親しかったから、週刊文春の記者が来て、ある時の11月に来て取材するから、はいはいって言って普通通り取材に応じて、
そして2月7日になったら突如、「武田はーー」っていう記事が4ページ出たんです。

それで知らなくて誰かから電話かかって来て、ちょうど札幌に居て、札幌の空港で週刊文春買って見たら、
インタビュー記事と全く違うことが署名入りで書いてあるの。

それで僕、直ぐその週刊文春の記者に電話したら出ない。
文句言ったら、副編集長、向坊ってのが居て、それが出て来た。
それで「私、あなたと話しててもしょうがないので、記者を出して下さい、記者と話してたら録音もしてたし録音まえに話してたらわかるから」って言ったら、
絶対にダメで、それから記者を出さない。

その向坊が、箸にも棒にもっていう返事しかしない。
僕ね、「あなたね、僕ね、文春本誌も含めて10回くらい全部協力してるじゃないですか、それなのに何ですか、この記事は」。
その時に小池百合子さんが全然関係ないのに、小池百合子さんの顔だけ出てた。わかんないけどね。内容はわかんない。

そして僕が、親しい弁護士がちょっと話したら「そんな酷いことは無いよ」っつって、文春にかけあってくれた。
文春のその向坊副編集長が、やっぱり箸にも棒にもかかんない。
しょうがないから僕の友達が「これは訴訟しかないね」って訴訟した。

百田さん

訴訟したんですか!?

武田さん

訴訟した。半年くらいかな。
そして結局、和解になりましたが、週刊文春が自分の記事が間違ってることを認めて、こういうところで言ってもいい、という条件も貰ってるんです。
それで週刊文春が僕の著書を好意的に書評を載せる、と。
そういうことで妥結しました。

だって裁判官が金がよくわからないって言うんですよ。
この記事によって損害額が500万なのか1000万なのかよくわからない。
だからなんか私的なことで、要するに僕が正当だったという証拠が残ればいいでしょう?って。それでいいって。
それで僕の本を、書評を好意的に出してくれましたね。

だけどもああいう時に、難しいな、と。
つまり向こうが、二人の署名記事の記者は、もう逃げて。
なんか1年くらいの契約で。

百田さん

あ~契約の人ね。

武田さん

らしいんですよ。
署名で出すからほんとだと思うけど、実は逃げちゃう、と。
まあ~ね、週刊文春も、この頃僕は週刊文春の記事が多いけど、あんまり信用してないです。
というのは、その僕の体験があるからね。

それからもう1つはやっぱり、紳士的にやって欲しいんですよ。
あんなでっかい週刊誌なんだから。
力、持ってんだから。
百田さんの沖縄タイムスの事件もあったけど、僕と週刊文春ってこんなに違うからね。
やっぱりそこは、僕も政治家でも何でもないわけだから、突如として僕のやつがこうやって。

酷いのは、こんなんだったのよ。
青山さんも悔しいだろうから代わりに言ってあげると、新幹線、浜松通ってるくらいの時に電話かかって来て、
「今から先生、東京ですか?ちょっとインタビューしたいことがあるんですけど」
「もう非常に忙しい、これから新宿に行く」
「新宿に電話します、喫茶店のところですか?」って、こうこうこうって。

それで6時ごろ、他の人と話してる時に電話がかかって来た。
それも誠意を持って話をした。

そしたらその結果、なんて書いてあるか。
「何度も問い合わせても1回も応えなかった」って書いてある。

百田さん

えええええーーーーー

武田さん

そのくらいの捏造なんですよ。
だから僕はそれは裁判でも、実はあの時、浜松通ってたんだ。でも忙しかったけど、そういうならそれだと思って、その喫茶店で話てる時に、
すいまけんけどもって座を外して、質問に答えて、そして席に戻ってきたのに、これを訊いたのに何回訊いてもまったく返事しない、と。
捏造もここまで来ると酷い、ということだったんですが、
そういうことがありましたんで、皆さん、週刊文春読まれるときは、そういうことにお気をつけて読まれるたらいいし、
発信がこんなに違ったり、今度みたいにタイミングもありますからね。

ただ、非常に正しい記事を出すなら、選挙の前でも有権者の判断の基準になるからいいんですけど、
正しいかどうかってことが、非常に重要ですね。

これで青山さんが正しかったら10億円くらい払うんじゃないですか?週刊文春は。
だって非常に大きな人生の転機ですからね。青山さんにしたらね。

―――――――――――――――――

以上

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル : ニュース

05:37  |  マスコミ  |  トラックバック(1)  |  コメント(3)

Comment

ご参考まで

7/10参院選の選挙運動も本日7/9まで。事前に種々の結果予想がネット上に流されています。事務局さまは既にチェック済みかと思いますが、ご参考までに掲載します。失礼の段、お許し下さい。
ビッグデータが導き出した第24回参議院選挙の議席数予測 - ビッグデータレポート - ヤフー株式会社
http://docs.yahoo.co.jp/info/bigdata/election/2016/01/
中原明 |  2016.07.09(土) 02:48 | URL |  【編集】

Re: ご参考まで

> 7/10参院選の選挙運動も本日7/9まで。事前に種々の結果予想がネット上に流されています。事務局さまは既にチェック済みかと思いますが、ご参考までに掲載します。失礼の段、お許し下さい。
> ビッグデータが導き出した第24回参議院選挙の議席数予測 - ビッグデータレポート - ヤフー株式会社
> http://docs.yahoo.co.jp/info/bigdata/election/2016/01/

情報ありがとうございます。
ビッグデータの手法がよくわからないのです。
今回の予測が当たっていれば、参考にしたいと思います。
事務局 |  2016.07.10(日) 05:19 | URL |  【編集】

Re: 貴方のブログに関しての疑いが、とあるブログにて、あるようです

法整備提言、選挙分析で手一杯です。
事務局 |  2016.07.11(月) 04:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/86-4bb09406

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「中国のインチキ高速鉄道 各国が相次ぎキャンセル」について
2016/07/13(水) 10:27:23 | 雨上がりの散歩

▲PageTop

 | HOME |