2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018.01.24 (Wed)

安倍首相 平昌五輪開会式出席・日韓首脳会談の外交的意図

私は、安倍首相の訪韓反対であるが、訪韓に係わる首相の外交的意図、政権周囲の思惑等についての分析結果を読者の皆様と共有すべく、出稿するもの。



自民党内の議論でも大方、韓国行きを疑問視する意見が大勢を占めたようである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

小野田紀美【自民党 参議院議員】‏2認証済みアカウント™ @onoda_kimi

日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会・外交部会合同会議でした。安倍総理の平昌五輪参加について様々な報道があり、中には自民党内は参加に前向きなどという報道もあるそうだが、ありえない。本部会にて全員が「絶対に止めるべきだ、行くべきではない」と参加に強く反対する意見でした。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



が、安倍首相は、圧倒的支持率と大多数の嫌韓世論を背景に、平昌五輪開会式出席・日韓首脳会談を決断したようだ。

もう一つある。それは、アメリカ国務省、キッ●ンジャー、ないし在日米軍からの指示でそうなった可能性がある。あるいは、訪韓が中国側から北朝鮮制裁協力の交換条件だった可能性もある。二階幹事長が訪韓に積極的に言及したのはそのためではないのか?



ただ、訪韓を決断し、日韓首脳会談に臨む、安倍首相としての外交的意図をこう解している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・国民は安倍政権を圧倒的支持率で支持、日韓合意の再交渉について日本の世論は批判的、韓国政府の合意不履行に対し厳しい評価を下していることを、韓国大統領に対し、事実として伝達し、外交文書化すること

・日韓合意再交渉は、最終的かつ不可逆と合意文書に書いてあるとおり不要であり、合意事項の誠実なる履行以外、何の疑義も生じないことを伝達し、外交文書化すること

・再交渉について、韓国政府が公式の場にて言及することが合意違反であり外交慣例に反することを伝達し、外交文書化すること

・これ以上の合意違反は、かつての「桂・タフト協定」の例などから、韓国が近い将来保護国(外交上の権利を喪失)とされる根拠となること

・今回の日韓首脳会談が、朝鮮半島有事の際の、邦人退避に係わる韓国政府の協力を確認するための最後の機会となること(拒否すれば、日本と韓国との外交関係は以降断交状態に突入)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


要するに、
①日韓合意に係わる再交渉の余地なしについて外交文書化
②近い将来国連等にて保護国化するための根拠づくり
③朝鮮半島有事の際の邦人保護に係わる最終確認

のための訪韓であろうと解釈する。

ただ、こういう穿った見方もある。
UAEと韓国との原発ビジネスに係わる協定が破談予定?である関係で、安倍首相が、仲介に入り、UAEと日本企業が協定し直すというシナリオである。
経団連会長が日立出身であることもあり、経団連会長として、そういう要請を自民党幹事長に対し、行うことは不自然ではない。

本稿を読まれた、あなたがもし、経団連会長なら、当然するだろう。

見返りは、次期選挙への支援そして……………
日立や東芝の経営者、労組は、歓迎するだろう。韓国の原発ビジネスは、国際的に信用を失うことになる。

また、こういう穿った見方もある。
公明党が憲法改正協議に際し、首相の平昌オリンピック開会式参加を交換条件とした可能性はある。あるいは、マスコミ側が、憲法改正報道について政権寄りの報道とすることを確約するための条件として、首相の平昌オリンピック開会式参加を交換条件とした可能性もある。
あるいは、邦人救出に協力する代わりに、韓国政府が首相の平昌オリンピック開会式参加を求めた可能性もあるのだ。



私は、首相の平昌オリンピック開会式参加には反対だが、思惑は各方面に存在すると書いている。そう働きかける組織は各方面に居る。それは、認識すべきだ。

私とて腹は立っている。しかし、首相はこうなることを予想していた?かもしれない。



正解はどれか?首相本人と側近しか知らない。




既に、前稿にて、安倍首相は、政治家として貧乏くじを敢えて選んで引いている可能性を指摘した。

―― 参考情報 ――――――――――

貧乏くじはそこらじゅうに転がっている  老後を何に求めるか
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-840.html

―――――――――――――――――

今回の訪韓、誰が見ても、一見貧乏くじである。しかし、そうでない筋もある。本稿は、そのシナリオについて示した。

しかしながら、日韓合意に関して言うと、本来ならば、過去1年間、前外務大臣、現政調会長が再交渉の余地なしについて、執拗に伝達し外交文章化すべきだった。



首相の訪韓に反対の意見表明されている自民党議員の皆さんに申しあげたい。
なぜ、前外務大臣、現政調会長に対し、こうなる前にもっと動け、外交文書化せよと働きかけなかったのか?
私には、前外務大臣の、その後の動きが鈍かったから…………首相に貧乏くじを引かせたように映るのである。



年初に拙ブログは、日韓議員連盟解散を提言した。

―― 参考情報 ――――――――――

日韓合意破棄 政府は七つの対抗措置を準備せよ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-807.html

―――――――――――――――――

首相はひょっとすると、帰国後、日韓議員連盟解散に言及するかもしれない。
しかし、私はこう考える。



今回の訪韓に反対の議員たちは日韓議員連盟解散を先導すべきではないのか!



厳しい見方をすると
前外務大臣がメッセンジャーボーイ
現外務大臣が政権の防波堤
という評価となるのだ。

そして、これは口にしてはならないことだが、今回の訪韓、暗殺リスクがあることを憂慮している。
ただ、そうなった場合は、朝鮮総連、民団、両者関係者に申しあげたい。

あなた方は、もう日本に居られないことになるだろう。
在日諸君、朝鮮総連、民団関係の政治活動すべて禁止する口実になるだろうとの見解である。

それゆえ、今回の訪韓、無事に終わる様、全力を尽くすべきだというのが、韓国政府そして、朝鮮総連、民団関係者に対する、要望となるのである。

最後に本稿の趣旨に賛同いただける方、是非官邸メール、関係議員への陳情等ご検討をお願いする次第。

以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 安倍政権 - ジャンル : 政治・経済

14:31  |  外交  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

いくつか愚考

それはそれ。これはこれで、日本選手団のために睨みを効かせに行った。

欧米各国が行かないなか、来たということはというお話し。(明らかに不公平な裁定があったら、日本世論等、様々な事がどうなるかということも含んで。)

実は韓国の日韓合意破棄の申し出を受諾に行った。(締結時点以前に戻ることをお互いに文書化することまでやってもらいたい。)

安倍総理自体が目眩まし。(みんなそっち見る間に別な重要案件が仕込まれる。)

これ位は考えておいても良いのかと。
Suica割 |  2018.01.24(水) 20:09 | URL |  【編集】

まだ「検討段階」のようですが

「諸般の事情が許せば」という「条件付き」なので、首相の平昌五輪出席は、「検討段階」だと思いますが、内外の「諸事情(外交情勢)」もある為、首相の発言の真意がどうなのかまでは分かりません(ただ、慰安婦の合意を話し合いたいと言っている為、事実の可能性が高いと思っています)。

ただ、仮に、平昌五輪出席が「事実」であった場合、首相の暗殺リスク及び、北朝鮮による五輪の政治利用(半島統一、南北友好ムードの盛り上げ演出)に与する事になりかねませんから、米国等との外交連携の観点から、訪韓には反対ですね。

そもそも、たとえ「建前」であったとしても、五輪を「政治利用」していると、国際社会に見られてはいけない為、こういった五輪の場で、北との「政治的友好演出」をしてはいけないはずであり、自由主義圏である我が国が、そういった敵性の独裁国家の政治宣伝に与するような事はあってはいけないはずなのですが。

ただ、如何せん、首相の発言意図が定かでは無い為、現状では訪韓反対ではありますが、様子見といったところですね。

西 |  2018.01.25(木) 01:24 | URL |  【編集】

Re: いくつか愚考

> それはそれ。これはこれで、日本選手団のために睨みを効かせに行った。
>
> 欧米各国が行かないなか、来たということはというお話し。(明らかに不公平な裁定があったら、日本世論等、様々な事がどうなるかということも含んで。)
>
> 実は韓国の日韓合意破棄の申し出を受諾に行った。(締結時点以前に戻ることをお互いに文書化することまでやってもらいたい。)
>
> 安倍総理自体が目眩まし。(みんなそっち見る間に別な重要案件が仕込まれる。)
>
> これ位は考えておいても良いのかと。


目くらまししてこっそり仕込まれる案件は、竹島と済州島に係わるものではないかと推定しております。
管理人 |  2018.01.25(木) 07:07 | URL |  【編集】

Re: まだ「検討段階」のようですが

> 「諸般の事情が許せば」という「条件付き」なので、首相の平昌五輪出席は、「検討段階」だと思いますが、内外の「諸事情(外交情勢)」もある為、首相の発言の真意がどうなのかまでは分かりません(ただ、慰安婦の合意を話し合いたいと言っている為、事実の可能性が高いと思っています)。
>
> ただ、仮に、平昌五輪出席が「事実」であった場合、首相の暗殺リスク及び、北朝鮮による五輪の政治利用(半島統一、南北友好ムードの盛り上げ演出)に与する事になりかねませんから、米国等との外交連携の観点から、訪韓には反対ですね。
>
> そもそも、たとえ「建前」であったとしても、五輪を「政治利用」していると、国際社会に見られてはいけない為、こういった五輪の場で、北との「政治的友好演出」をしてはいけないはずであり、自由主義圏である我が国が、そういった敵性の独裁国家の政治宣伝に与するような事はあってはいけないはずなのですが。
>
> ただ、如何せん、首相の発言意図が定かでは無い為、現状では訪韓反対ではありますが、様子見といったところですね。

いろいろ引っ張って、訪韓の交換条件としてアメリカからの譲歩(対日)を引き出す作戦なのかなと推理しております。
管理人 |  2018.01.25(木) 07:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/841-376adda3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |