2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.07.05 (Tue)

ODAはその国のためになっているのか?  誰がODAを必要とするのか?

本来、参議院選挙のテーマで出稿すべきタイミングではあるものの、時節柄バングラデシュで起きたテロ事件について、事の重要性を再認識したのでバングラデシュがらみのテーマで述べさせていただくこととした。

バングラデシュで起きた日本人が巻き込まれた、イスラム国による犯行声明が出されたテロ事件、犯人は裕福な家庭に育った高学歴の20代なのだそうだ。

―――――――――――――――――

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000043-san-asia

バングラ襲撃 テロ犯は25歳以下・家庭裕福・大学通い

産経新聞 7月4日(月)7時55分配信

 【ダッカ=岩田智雄】バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃テロで同国内務省当局者は3日、産経新聞に対し、殺害したテロ犯6人はいずれも裕福な家庭出身で、数人は大学で高等教育を受けていたと明らかにした。犯行の手口は、バングラデシュで過去例のない大がかりで残虐なもので、今後組織の実態解明が待たれている。

 当局者は、テロ犯について、「イスラム国」(IS)ではなく、地元イスラム過激組織ジャマートゥル・ムジャヒディン・バングラデシュ(JMB)の構成員だとしているが、「いずれも25歳以下だ」と述べている。

 地元メディアによれば、殺害されたテロ犯6人のうち3人について、その知人らがフェイスブックで、身元を明らかにしている。

 1人については、ダッカにある名門私大ノース・サウス大学に通っていたと書き込まれた。他の2人については、ダッカの私立高校の生徒だった。ただ、これらの大学と高校はメディアの取材に応じておらず、情報の真偽は確認がとれていない。地元メディアは3人はダッカの大学で学んだ後、マレーシアの大学に通っていたと伝えた。

 犯行の残虐さも際立っている。バングラデシュでは最近、日本人を含む外国人、少数派のヒンズー教徒やキリスト教徒、世俗主義のブロガーらがイスラム過激派に殺害されてきたが、バイクで通りすがりに銃撃したり、刃物で刺したりする犯行がほとんどだ。

 警察は今回、襲撃された飲食店から短銃4丁、半自動小銃1丁、即席爆発装置4個、複数の鋭利な刃物を押収した。一度のテロの犠牲者数は20人と、甚大だった。

 軍当局者は被害者について「鋭利な刃物で非常に残虐な方法で殺害された」と明らかにしている。

―――――――――――――――――

殺し方が残忍なのが衝撃的である。

日本人犠牲者7人、大半が刃物による失血死か…銃創も
http://www.sankei.com/world/news/160704/wor1607040035-n1.html




本稿では、援助を受ける国側の視点、援助国の視点に分けて、ODAの必要性について述べたい。


■援助を受ける国の視点(イスラム社会の価値観、ODA実態、ODAは安全保障上の隠れ防衛費?、援助の現場における無邪気な?善意、テロリストの論理)

テロに巻き込まれ死亡した日本人たちはJICA委託先の関係者だそうだ。

JICAに係わる人たちは、それぞれの思いがあってODAの必要性を口々に語る。しかし、それは穿った見方をすると生業としての職業的熱意の一種である。
自らが人質にされ、イスラム教徒でないという理由で、理不尽にも援助先の国で、それも裕福な家庭に育った高学歴の人に殺害される構図、これはその国の支配層である裕福な人たちがODAの必要性を否定しているか、ODAが途上国における(ODAそれ自体が新たな格差を生むという意味で)憎悪要因という性格であることを暗示している。

実際、私が担当した事業がそうだった。援助ルートは既に独占化され、利権化していたのである。それは、中共においてもそうだった。主流派と反主流派の抗争が国内に持ち込まれたこともある。

そのことで、街角で待ち伏せを受け、協力を持ちかけられたことがある。一見して、日本ではまったく見かけない、朝●族そのものだった。
こちらは何の見返りもない。馬鹿げた話である。

仮に非主流派に流れても、事態の結末は同じだ。彼ら社会が利権構造にあるからだ。

あれから20年近く経過し、国内では、以下のサイトで指摘されるような集団が、中共のエージェントとしてウヨウヨいることを我々は知らなくてはならない。

【余命真理教】中共スパイの証拠。無限拡散
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/587d75b6c67842dade29800faced3837

主流派、反主流派、どちらも似た者同士、中共の習近平は、見るからに裏社会の首領も兼ねているようである。

中共以外はどうか。

仮に、フイリピンをターゲットした寄付を呼び掛けたとしよう。寄付で潤う先は、間違いなく彼ら支配層となるのだ。彼らの代表は、間違いなく、日本に招待される。寄付金を受け取るために!
デラックスなホテルに泊まり、美味しい料理を食べ、立派な服を着て、彼らは日本人の前に現れる。アグネスチャンの豪邸みたいなところに彼らは住んでいると見た方がいいだろう。
そして、無邪気な?日本人は、善意の寄付を彼らに託すのだ。しかし、その金は日本ユニセフ協会の如く、中抜きして、下層に流れるか、別なところに流れるかもしれない。流れた先で何度も中抜きされ、援助を必要としている現場でその資金はどれほどの額が残っているのか?
フイリピンはカトリックだが、その種のことは横行していると私はみている。アグネスチャンがやっていると国内的には批判されているが、それは、途上国では当たり前の援助ビジネス処理手数料みたいなものなのだ。

日本ユニセフ広告塔「アグネスチャン」…募金をピンハネして豪邸か?ネットで炎上
http://matome.naver.jp/odai/2135891141392793001

私は、アグネスチャンを弁護しているのではない。批判しているのでもない。フイリピンでは当たり前のビジネス慣行なのだろうという意味なのである。

彼ら援助を受ける窓口が、受け取った寄付、廻ってきたODA予算を、母国それぞれの部署で、日本ユニセフ協会の如く、ピンハネしているのである。その中に、良心的支配層がどれだけいるのであろうか?

私は実際に自分が見聞した、体験を書いている。

次に、バングラデシュで起きた残忍な手口での殺害方法の意味について、考えたい。
はっきり書くと、それは途上国の人たちの本音を語っているということだ。
テロリストは、イスラム教徒以外を憎しみの対象としている。一握りの人だけが独占的に裕福になるODA、それは彼らにとって当然、悪でしかない。

事件は親日国と言われるバングラデシュで起きた。私は、バングラデシュ人、数人と話をしたことがある。普通のバングラデシュ人は、非常に人懐こく、日本人を同じアジアの同胞とみなし同時に親日的である。母国の経済発展を願う、苦学派も確かにその中にいた。それは事実である。

最貧国は知られざる親日国
https://ryosukeoka.wordpress.com/2013/05/15/%e6%9c%80%e8%b2%a7%e5%9b%bd%e3%81%af%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%96%e3%82%8b%e8%a6%aa%e6%97%a5%e5%9b%bd/

313-1.バングラデシュ・パラオの国旗
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak2/1210091.htm

普通のバングラデシュ人については、そのとおりだと思う。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/world/20160705-OYT1T50009.html?from=ytop_main3

「私たちを許して」…テロ現場、地元民らが花束

2016年07月05日 09時16分

 【ダッカ=石崎伸生】7人の日本人の命を奪ったテロの現場には4日夕、遺族とみられる人たちを乗せたバスが到着した。

 警察車両に続く3台のバスからは、黒い服に身を包んだ人たちが姿をみせ、白い花を手向けた。15分ほどとどまり、現場を後にした。

 今回のテロ事件後、現場のレストランに続く道を封鎖するフェンスの前には、犠牲となったバングラデシュ人や日本人、イタリア人らを哀悼する花束の山ができている。

 「フォーギブ アス(私たちを許して)」。ファテー・チョーダリーさん(68)は、白い花と共に、こう書いた白い紙をそなえた。「あなたたちを守ってあげられなかった私たちを許してほしい」とチョーダリーさんは涙声で語った。

―――――――――――――――――

そのバングラデシュ、親日ぶりの心変わりが指摘されつつある。

親日だったバングラデシュ、中国の猛アタックで心変わり?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39656

その親日ぶりにしてもビジネス上のリップサービスという側面がある。

親日に騙されるバカ。
http://www.nikaidou.com/archives/77407

安倍首相は、外遊先で、増大する一方の中共との対抗上、ビルマ、バングラデシュ、スリランカに対し、破格の経済援助を約束し実行しようとしている。

安倍首相【バングラデシュ、スリランカ訪問】 国連外交強化作戦に成功したようです
http://nihonnococoro.at.webry.info/201409/article_6.html

中共がいなければ、バラマキはほどほどで済んだのかもしれない。
ODA事案は、我が国の安全保障対策上の対策とみれば、防衛費を肩代わりしてもらう性格のものになりつつある。

が、悩ましいのは、安倍政権が約束する経済支援が、一握りの人たちの利益になるということである。それは、安倍政権に限ったことではない。民主党政権下で意味のない?バラマキが行われたことを振り返れば、安倍政権がやっていることは、安全保障上意味あることをやっている、と考えるべきなのだ。

さらに、悩ましいのは、イスラム圏での経済支援は、イスラム国が存在する限り、イスラム圏の支配層との対立がある限り、巡り巡って、イスラム国テロリストの憎悪を呼び込み、JICA関係者が善意の支援者であったにせよ、イスラム国ならびにその構成員の標的にされる?ことである。

バングラデシュは国も人々も親日的だ。そして私が知るイスラム教徒は概して温和である。
イスラム国構成員だけがそうではないようだ。

しかし、それは真実なのだろうか?

本当に彼らは概して温和だったのか?

現イラン政権指導者によく似たイラン政府関係者に、20年近く前に日本のある場所で遭遇したことがある。彼は、非常に好戦的で、いずれアメリカをやっつけると語る一方、アメリカ軍と正々堂々とわたりあった大東亜戦争時代の日本軍を高く評価していた。日本人を同じアジアの同胞と見ている一方で、当時から欧米社会を憎悪のターゲットとしていたのである。
また驚くべきことだが、そのイラン政府関係者は、40歳前後の当時において、ゆくゆくは政府高官に出世する予定であると、来日間もない時点で私にそう語り、今日、本当に瓜二つではないかと思われる方を新聞紙上で見るのである。

私は、そう発言する人物の、来日目的が別にあった可能性に言及せざるを得ない。別の国の人との接触があっておかしくはないからだ。

その彼ら指導者世代は、(欧米キリスト教社会と調和しつつ経済発展する)日本を敵視することは確かに控えた。これは確かである。彼らは大東亜戦争が植民地解放戦争の性格を持っていると評価し、その点において日本に恩義を抱く世代であることは間違いない。

しかし、その価値観は、日本については戦後の日本のことしか知らない、裕福な家庭で育ったイスラムの若者世代には通用しないようだ。
日本経済が欧米キリスト教社会に組み込まれその一翼を担っている限り、彼らが日本国および日本人に対し、憎悪を抱くのは、避けられないように思うのだ。

イスラム過激派、日本人もテロの標的
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160705-OYT1T50008.html?from=ytop_main2

彼らテロリストから見れば、当該国で働くJICA関係者の情熱は、信じがたいことであろうが、羊の如く無邪気な?善意に満ちているように映るはずである。

【ダッカ人質事件】「私は日本人、撃たないで」逆効果か 日本人なら無害は過去の話
http://www.akb48matomemory.com/archives/1058998006.html

彼らの国での親日とは、ビジネスにありつくための社交辞令みたいなものなのであろう。

もちろん、鋭利な刃物を使用する殺人者集団に、無邪気な?善意が通じるはずもない。同じアジアの同胞という、かつて共有し得た価値観も彼らには通じない、と私はみる。

そういう彼らの裏事情の一端を紹介しよう。

彼らには彼らなりの裏事情がありそうなのだ。

私が担当した事案で来日したバングラデシュ人の中に、家業が中古自動車販売業(日本から中古車を輸入)であり来日期間中に新たな取引先を開拓するという趣旨のことを語った人がいた。当時は、怪しまれなかったが、今は、日本の盗難自動車の引き受け先という見方をされるだろう。

彼は、トヨタ製の4輪駆動車を仕入れ、バングラデシュの自社工場で組み立て、アル●イダに提供していたかもしれない。

何のためにそうするのか?

要するに、疑われないために、親日を装っていたということなのだ。ODA関連でで来日する途上国関係者の裏事情を今までは調べてこなかったことは問題とされるべきだろう。

公安調査庁がアル●イダ情報を収集していることは後になって知ったが、今になって思えば、彼らの中にその代理人が潜んでいた可能性に気づくのである。

バングラデシュでのテロ事件、利権化したODA事業、ビジネスの片手間で来日という実態を知ると、日本(および日本人)は真面目にODAをやり過ぎた気がするのである。
私を含めてである。私が係わったのは短期間だったが、彼らには彼らなりの裏事情があちこちにあることを知らなくてはならない。

公明正大、公私混同がなく、自己犠牲を厭わないのは、日本くらいかもしれないのだ。

援助したところで、特定の階層だけが恩恵を受け、その恩恵を受けた階層の子供世代が、援助してくれた外国人をターゲットにしたテロ活動を行う、そんなことのために情熱を注ぐべきなのか?

羊の屠殺の如く、殺されてもODA事業を継続すべきなのであろうか?





■援助する国の視点(盲目的ODAのままで済むことなのか)

ここで、見方を変え、援助する国の立場に立って述べたい。
若い頃は、ODAの必要性については理解していた。40歳後半くらいから、日本国のことを知らず、日本を愛さず、日本を良い国にしようと思わない人が、どうして係わった途上国の発展に寄与できるのか?と思うようになった。

若いころは夢中で仕事をしたので、深く考えはしなかった。これは私個人の反省である。
そのうえで言いたい。

自分の国がどうなってもいい、日本は悪い国だと考える人が、ODAの現場に必要なのだろうか?

拙ブログは、外務省および在外公館、国連機関出向者等に対し、毎日の国旗掲揚、国歌斉唱の必要性を指摘している。

世界遺産登録問題で、韓国寄りの妥協を行ったユネスコ大使の対応を見ると、ネジが緩んでいるように思えて仕方がない。

JICAの現地スタッフの手抜きと、日本人女性がレイプされた後、首を切られて殺されたとする情報がある。

―――――――――――――――――

バカなJICA、これがマスコミが報じない実態だ!
http://www.nikaidou.com/archives/77400

http://mainichi.jp/articles/20160702/k00/00e/030/190000c

【ニューデリー金子淳】バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時20分(日本時間2日午前0時20分)ごろ、武装集団が大使館の集まる地域のレストランを襲撃し、外国人客やスタッフらを人質に立てこもった。治安部隊が2日午前7時40分(日本時間同午前10時40分)ごろ突入し、激しい銃撃音がしたが間もなくやんだ。現場から5人の遺体が見つかった。地元メディアなどによると、突入前までに少なくとも警察官2人が死亡、26人が負傷した。人質は外国人約20人を含む少なくとも35人に上る模様だ。英BBCはイタリア人のほか日本人5人が含まれていると報じ、日本政府が確認を急いでいる。

―――――――――――――――――

ここに書かれている実態がそのとおりであれば、JICAバングラ事務所長は、国会喚問された後に、当該事務所は閉鎖されるべきだろう。

巻き込まれる原因を知りつつJICA現地事務所が放置した可能性大ということだ。

さて、外交官だった岡崎久彦の著書には、愛国心なき外交官は外交の世界で信用されることはないとしている。
すなわち、日本の外務省職員の大半が、信用されていないかもしれないのだ。
それは外務省の外郭機関であるJICAにも当てはまる道理である。

私は、JICA事業を否定しているのではない。

一方で、JICA事業の周辺には、職にあぶれた人たちがウヨウヨいる雰囲気がある。JICA関連の事業所の中には、ピースボートみたいな雰囲気が溢れているものもある!?のだ。

失礼ながら、こういう書き方をして反発を持たれる方がおられるかもしれないのが、

日本でそれなりの仕事をしていない人が、ODAの世界に飛び込んだところでそれなりの実績をあげられるのか?

という見方もあるのだ。

青年海外協力隊、シニアボランテイア、彼らは、どの程度、本職ないし本業で実績をあげたのか?
本職ないし本業で、やるべきことはやり、シニアボランテイアで農業指導に係わった方の講演は、納得することが多々あるが、そうでない方もそれなりの比率で存在するのだ。

要は、援助する側の人間において、日本のことをよく知り、愛国心を持ち、本業ないし本職で実績を上げた人が、どれだけODAに係わったのか、という、これは問題提起なのだ。




■総括

まとめに入りたい。

私は、ODAそのものを否定しているのではない。その国が我が国にとって安全保障上、重要な地政学的位置にあるなら、ODAは国益的に必要と認識する。

だが、こうして、テロの標的とされ、かつて同じアジアの同胞とされ、欧米キリスト教徒が殺害されても日本人は除外された時代ではなくなりつつある。すなわち、イスラム世界に対する、「援助を通じた思い入れ」は報われない時代に入った。

かつては、日本人は彼らの標的ではなかったが、今は標的となったのだ。
標的としたのは、彼らの国の支配層の一翼たる、裕福な家庭で育った高学歴者の若者である。

日本人は、イスラム社会では、少数ではあるがテロリストのテロの標的とされる時代に入ったことを認識しなくてはならない。

そういう状況において、「過度な思い入れ」、「途上国に対する情熱」は、テロリストにとっては無邪気な?善意でしかない。
そうでない温和な人たちもいる。確かに!

しかし、テロリストの発生、出現、行為を誰も妨げることができないのであるならば、

裕福か、文化的かは彼らの尺度で決めるべきことであって、我々が望まれてもいないものを無邪気な?善意から無条件に差し出す必要はあるのか?実際、ODAの大半は、彼らに対し水準以上のものを提供しようとする意図から、「要請主義」という名目で計画、実行されてきた形跡がある。

それもこれも、JICAビジネスに係わる政官財の人たちのメシの種であることは言うまでもない。

我々は、彼らが真に欲していない限り、彼らが真に欲していると彼ら自身の言葉で意思表示しない限り、援助する必要がまったくなくなったことを、今度の事件から学ぶべきなのだ。

学ぶべきは彼らではない。援助を与えなくてはならないと、勝手に錯覚してきた我々の方かもしれないのだ。

かえすがえすも悩ましいのは、

役立たずの外務省職員、そしてJICA現地職員の存在であり、

中共の台頭で、地政学的位置関係からこれら諸国に対し、安全保障上的意味合いからODAの規模増大が避けられないこと

なのである。


以上
関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

18:13  |  外交  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)

Comment

無味乾燥なんですけど

相手国の借金を買い取って切り破るのが一番でないですかね。
少なくとも、複雑な利権システムは出来ませんし、借金の返済のために、庶民が抱くであろう暗く増税される未来を多少は明るくしたという被支配層向けのアピールになりますし。
Suica割 |  2016.07.31(日) 18:21 | URL |  【編集】

Re: 無味乾燥なんですけど

> 相手国の借金を買い取って切り破るのが一番でないですかね。
> 少なくとも、複雑な利権システムは出来ませんし、借金の返済のために、庶民が抱くであろう暗く増税される未来を多少は明るくしたという被支配層向けのアピールになりますし。

借款返済を免除したケースがあったと記憶しております。ただ、繰り返されると、モラルハザードの問題が生じてくると思います。


安倍がまた外交で成果! キューバに対し1200億債務免除。更に返済猶予&追加円借款の究極コンボで関係強化へ
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1451108223/l50
事務局 |  2016.07.31(日) 20:49 | URL |  【編集】

今でさえモラルハザードなので

モラルハザードの問題は脇に置いて、その中で援助対象国の国民の利益になりそうな提案という意味で出しています。
円借款の場合、受託業者を決めて、あるいは、指名した業者から選ばせてやらせる等の行為が横行し、一部業者や政治家の儲け先になっているケースが多々あります。
純粋な基準を満たした業者による競争入札ではないために、その分、費用がかさみ、その分の負担を援助対象国の国民が負担するという弱者に負担を強いる構造になっています。
この構造そのものがモラルハザードです。
モラルハザード的展開になろうが、まだ、一般国民の負担を減らすやり方の方がましではないかと私は考えます。
それに、モラルハザードを誘発するといっても、日本の予算に縛られています。
そうそう、無制限に日本が借金買い取り徳政令援助をするわけではありません。
そこは、それなりに相手も計算をするでしょう。
Suica割 |  2016.08.02(火) 18:51 | URL |  【編集】

Re: 今でさえモラルハザードなので

> モラルハザードの問題は脇に置いて、その中で援助対象国の国民の利益になりそうな提案という意味で出しています。
> 円借款の場合、受託業者を決めて、あるいは、指名した業者から選ばせてやらせる等の行為が横行し、一部業者や政治家の儲け先になっているケースが多々あります。
> 純粋な基準を満たした業者による競争入札ではないために、その分、費用がかさみ、その分の負担を援助対象国の国民が負担するという弱者に負担を強いる構造になっています。

現地JICA事務所は、書かれていることについて、一連の最低限の分析すらできていない可能性があるかもしれません。
大使館>JETRO>JICAの構造になっていることが影響している?
事務局 |  2016.08.03(水) 04:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/84-cf959a4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  自民党都議団・都連が前岩手県知事・元総務相の増田 寛也氏を推す流れに乗ろうとしたのか、東京 23 区の内、 21 区の区長が増田氏に出馬要請の由。   読売新聞 7 月 4 日配信記事↓ … … … … … … … … … … … … … … … … … … 増田氏「熟慮したい」 … 区長21人が出馬要請 ...
2016/07/06(水) 21:08:42 | 賭人がゆく

▲PageTop

 | HOME |