FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.01.07 (Sun)

貴乃花部屋の訓辞をお読みください  相撲協会は改革されるべきだ

貴乃花部屋の訓辞を読む限り、貴乃花親方が相撲協会から処分されなくてはならない人物とはとても思えません。


http://takanohana.net/message/index.html

貴乃花部屋


貴乃花親方の振る舞い、多少粗雑に見えるかもしれませんが、訓示で書かれていること、(おそらくですが)考えておられることに、一点の曇りもありません。



ここに書かれてある訓辞、立場が変わろうと、我々保守系ブロガーが日々実践しなくてはならないことが書かれています。

今、苦難に直面している貴乃花親方に対し、一人一人が支援表明すべきときではないでしょうか?

相撲界にこれ以上のモンゴルの流儀は不要!だということです!
横綱白鵬、横綱審議会、評議会、あなた方は間違っている!と申しあげたい。

以上


参考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「百人の会 増木重夫」さんはじめ、関係者のコメントも併せて紹介いたします。

 =========================


1月4日 (3 日前)
 
増 木 重 夫

 「国家安泰を目指す」、「陛下のお言葉をこの胸に」、「国体を担う団体」、「力人として陛下の御守護をいたす」
 (末尾、貴乃花の言葉より)これが国技の定義ではないだろうか。
 角道の精華に達した時客は感動するという。まさにその通りだと思う。貴乃花VS相撲協会、(「貴乃花VS白鵬」ではない)この勝負、これで勝負はついたのではないか。陛下は力士に「興行頑張れ」とは言われてない。興行に重きを置く八角親方率いる相撲協会。それは角道の精華ではないと貴乃花は言いたいのだ。
 興行の機関車『白鵬』、そう言った意味では白鵬もこれまた相撲協会に踊らされた犠牲者ではないだろうか。
 「国家安泰を目指し、国体を担う団体」
だから相撲協会は公益法人であり、税金を投入することも国民は納得しているのではないか。収益は気にしないでくれ、その代り公金で助成しよう。ということはないのだろうか。興行はプロレスや ボクシングに任せればいいのだ。横綱審議会の連中や池坊保子評議委員長(公明)、どこまで角道の精華を理解しているのだろうか。疑問に思う。
  過日、地方議員の「外国人参政権」で揉めた。議員は言うまでもなく、国体の一部。     だから外国人に参政権を付与することはできない。同様に、力士にも外国人では困るのだ。親方は日本国籍取得が必要らしいが、力士になる段階で帰化すべきだと思う。今は昔と違って帰化のハードルは低い。陛下をお守りし、日本の国体の一部を担うのだから帰化は当然だ。ジャパンドリームなどと、日本の国技に小遣い稼ぎに来られては困る。彼らは出稼ぎに来ているのだ。白鵬と朝青龍は国籍を変えないと親方になれないのはおかしいという。逆だろ。
 何故国籍を変えず
 に力士になれるんだ。日本の相撲の制度を批判するなら来なくていい。真に外国人参政権と構図が同じではないか。学生や、アマチュア相撲はスポーツだ。しかし相撲はスポーツではない。『国体』を具現化したものだ。野球やサッカーが興行を目的としたものではなく、米国の国体を具現する神聖なものなら、イチロー等は米国に帰化しないといけないのではないか。
  最近TV番組で、池の水を抜いて大掃除する番組が人気をよんでいる。自治体の市長が番組を招聘したり、とうとう正月には環境庁の事務次官まで登場し泥んこになって外来種の駆除に取り組んだ。どの池も日本古来の在来種、イシガメは絶滅状態。アカミミガメの異常繁殖。ガメラのお孫さんみたいなやつまでいる。鮒やメダカは姿を消しブラックバスやブルーギルの天下。「頑張れ、ナマズ! お前がしっかりしろ」。
  世が変わり、時代が代わっても変わってはいけないものがある。保守しなければならないものがある。
それは『日本』
それを貴乃花は必至で守ろうとしている。若さゆえ戦術が少々荒い。しかしそれは言うに足りない話だ。「保守」しなければならないものを、われわれ「保守」が「保守しなければ、だれが「保守」するのだ。
その後の調べで、宮司に外国人が何名かはいるとのことです。ただ、その目的は神道を勉強し、自分の母国で神道を広めるため。『興行』とは全く趣旨が違うようです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 赤磐市議会議員 佐々木ゆうじ
武士道を貫くことは困難が伴います。信ずる道を進むためには覚悟を決める必要がありますが、この胸中を葉隠の書では「武士道とは死ぬここと見つけたり」と記しています。間違えて解釈している方が大勢いらっしゃる訳ですが、この現代に生きる武士道の男を手本にすることで、すこしでも武士とは、大和とは、日本人とはの理解が進めばと思います。 私が座右の銘とする実践躬行にも通じる貴乃花親方の言動は、ほんと為になります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 新聞アイデンティティ代表葛目浩一
 当紙は百人の会のコメントを支持す。貴乃花頑張れ。百人の会頑張れ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                   東京 戸畑 恵
 上記貴乃花の「国体」の話、アエラ以外どこも報道していない。それこそが問題だ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         大阪 具志堅美鈴
 馴れ合いしない貴ノ岩に制裁とか、白鵬や日馬富士がやったことは日本の神技の長たる者の行いではない。
 貴乃花親方が貴ノ岩を守らなければ誰が貴ノ岩を守るの?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 貴乃花を全力で支持   中谷良子
2018-01-02
(後述、小倉キャスターの発言)こういった発言は外国人参政権容認の流れを作る布石となる恐れがあるので、外
 国人力士が軽率に発言すべきではないと思います。とにかく今までの外国人
 力士の日本における紆余曲折、努力は認めますが、少々調子に乗りすぎてい
 るように見え、厚かましすぎるように見えるのは私だけでしょうか。分をわきまえていただきたいと思います。日本人としての矜持を貫く貴乃花を断固支持します。なんでもお金で解決しようとし、相撲道を忘れた相撲協会に対して貴乃花は徹底的に腐敗した膿を出させ、戦ってほしい。
キャスターの小倉智昭(70)が「親方資格に国籍制限があるのはおかしい」と疑問を呈した。27日放送の『とくダネ!』は、事件が起こる2週間前にモンゴルで放送された横綱・白鵬(32)のドキュメンタリー番組を取り上げた。その中で白鵬は、朝青龍と対談し、協会の制度について批判をくり広げていた。
 「朝青龍は現役時代に国籍を変えずに親方になれるように協会と何度も折衝したといい、白鵬もそれに同意して『力士は国籍はそのままで土俵に立てるのに、親方はどうして国籍を変えないとなれないのか』『本当におかしな決まりだと思う』と冷静な顔で告白していました」(週刊誌記者)
  日本のマスコミの前では決して見せない、白鵬のホンネ。さらに、朝青龍は「知らない人に物をあげるより、知っている人(仲間)に物をあげろ」というモンゴルの格言を出したという。つまりは、知らない日本人よりも、仲間のモンゴル人を助けろとの意味である。番組ではこの姿勢が貴乃花親方(45)とモンゴル勢の対立を深める一因なのではと結論づけていた。
 「これに対し、小倉は『(貴乃花親方らに)相撲はガチンコで真剣勝負であるべきという意見があるなら、サッカーなど他のスポーツのように監督が外国人でも構わないのではないか。スポーツって国境とか民族とか関係なく開かれたものじゃないのか』と疑義を示していました」(同上記者)
 相撲は開かれたスポーツなのか、それとも日本文化や伝統を重んじる国技なのか。たしかに前者ならば民族差別に繋がると懸念する向きもあるだろう。これにはSNSや掲示板でも「イチローが大リーグ監督になるのに米国籍が必要と言われたら変かも」「国技じゃなくなるだろモンゴルで相撲ヤレ」「外国人力士だけの部屋とかルール守らんだろ」と賛否が分かれていた。Daly news 2017-12-31
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           大阪 池田博義
  この度の大相撲モンゴル人力士が興した暴力問題は、罰せられるべきは「横綱白鵬」だけではない。我が国の「大相撲」は国技とされ今日まで運営されてきた。しからばこれまで組織も運営する人材もそれらしい形で運営されてきたのであろうか。否である。特に相撲を取る力士はどうだろうか、日本人の若者が力士なろうとする例は少なく、先ず、相撲の取り手から確保しなければいけない局面に遭遇することになった。そこで、
 確保できたのがモンゴル人の若者だった。
 所謂金の卵がモンゴル人だったのだ。
  その結果、何が起こったのか。順を追って書いてみたい。
 1.貴重な力士候補だから必然的に力士候補には、どうしても甘くなる。だから育てられる力士は、要は強くなればいいんだと勉強もしようとはせず、単に強いだけの力士となるし、段々地位が上がっていっても品格のある相撲が取れなくなる。
2.場所ごとの相撲を取っても、周囲を見ればみんなモンゴルの連中ばかり、負けてばかりの連中がおれば少しばかり負けてやってもいいのではないかと、陰で話をつけて負けてやる事、所謂、イカサマもでてくる。
3.上を向いても横を向いても相撲しか知らない連中ばかり、上には昔の相撲取り上がりの歳を取った日本人。横を向いたらモンゴルから来た相撲しか知らない若いモンゴル人ばかり。
4.相撲取り上がりの日本人だから皆仲がいいのかというと、決してそうではない。今回の事件後もある部屋の日本人力士の親玉は、こんな時こそみんなで力を合わせて解決しようとはせず、言葉も吐かず自分の部屋の力士はかわいがるが、外に対しては言葉すらはこうとしない。
5.挙句の果て、その親方は理事すらも解任されてしまった。
6.困難な時は誰もが自分を際立たさず、それぞれの考えを大ぴらに発言し事態を落ち着かすのが最良の解決策だと私は考える。いくら良い解決策あっても公にしないと何もわからない。
7.現在の相撲協会では今後、又何かが起こっても解決できないのではないだろうか。
  今回の問題が起こって色々考えてみたが、先ず組織の人材をもっともっと組織を経験し、経験を積んだ人材に変えないと、いつまでも今のような事態が再現されると私は思っている。

 =========================


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 教育問題 - ジャンル : 政治・経済

15:29  |  企業・団体  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/814-3af1c916

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ほんとひどい! 一体何なのでしょう、これは??? 本当にどこの国のテレビ局?www 元旦のフジテレビの番組   富士山っぽいマークに注目  これがコリアンの手口 日本人のセンス一切なしw ウジテレビは本当に気持ち悪い・・・
2018/01/07(日) 21:47:19 | 雨上がりの散歩

▲PageTop

 | HOME |