2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.09 (Thu)

バブル到来か  株価は政権に対する通信簿

衆議院選挙で議席を維持した安倍政権。
選挙後も株価は順調に推移、日経平均株価は、25年ぶりに2万3000円を回復した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171109-OYT1T50024.html?from=ytop_top

日経平均2万3000円…25年10か月ぶり

2017年11月09日 09時16分

 9日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)が一時、前日終値から100円超上昇し、2万3000円を突破した。

 取引時間中として、2万3000円台を回復するのは1992年1月以来、約25年10か月ぶりだ。

2017年11月09日 09時16分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

小渕政権が続いていれば、回復する時期は早まったかもしれない。
が、それでも企業業績、株価動向、雇用情勢などから我が国経済は長かったトンネルを抜け出しつつある。



株価は、政権への通信簿。本当にそのとおりだと思う。
民主党政権時代の株価は酷かった。

私は、ファジーでソフトランデイング路線の安倍政権には不満はある。それでも政権否定派ではない。一方で、希望の党を率いた小池百合子について懐疑的スタンスを捨てないのは、株価が戻り高値を更新し、国富を拡大させているからだ。

これだけ株価が上がり長期的にこの水準を維持できれば、年金原資、なんとかなりそうな気がする。
国の借金も日銀が保有する株の含み益から軽微なものになりそうな気がする。日銀保有株の含み益で発行済みの国債を消却する?○○マジックみたいな処理が可能となれば、国債残高を減らすことは可能だろう。(詳しい手法までは知らないが)

就職氷河期で苦労された、35歳前後の方に申しあげたい。将来についてそう心配いらない状況にとなったのではないか?そんな予感がする。

政権に通信簿を付けるとすれば


◎の評価となるのは
安全保障外交
年金資産評価
憲法改正の取り組み

〇の評価となるのは
法整備的な取り組み

やや不満なのは
文系学部効率化がいまだ進まないこと
法務省など売国的対応が気になる官庁への措置が今一つ
二重国籍、ガソリーヌ事案について放置
公明党に国土交通省大臣ポストを与えていること
司法改革の取り組みが今一つ(問題裁判官の放置)
尖閣や竹島の取り組みが今一つ
であることである。

不満なのは、
消費税増税回避の取り組みが不十分
偏向捏造マスコミ対策が放置
移民受入れ拡大の歯止めが不十分
であることである。
株価が上がり、将来の年金について心配しなくて済むだけで、支持率は自然に上がるのではないか。

上記の評価は、広範囲な視点から安倍政権を評価した結果である。


以上

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:38  |  社会認識  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/736-b1885709

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |