2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.04 (Sat)

トランプ大統領ハワイ立ち寄りの政治的意味

西村眞悟が安倍首相に靖国参拝を呼びかけている。

―― 参考情報 ――――――――――

「安倍総理大臣、切にお願いする、靖国神社に参拝されたい」
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1377

―――――――――――――――――

気持ちはわかる。
そのとおりだ。今回の機会を逃すと、当分、その機会はやってこない。

が、トランプは、オバマ民主党への対抗措置上、寄らなくていい?ハワイに立ち寄った可能性がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/world/20171104-OYT1T50081.html?from=ytop_top

トランプ氏「リメンバー・パールハーバー」
 
2017年11月04日 19時41分

 【ホノルル=黒見周平】トランプ米大統領は3日、ハワイの真珠湾(パールハーバー)を就任後、初めて訪れた。

 メラニア夫人とともに、旧日本軍に撃沈された戦艦アリゾナの上に立つ「アリゾナ記念館」で犠牲者の名前が刻まれた壁に向かって献花し、黙とうをささげた。
 その後、トランプ氏はツイッターに、「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」などと書き込んだが、現地では事前に調整されていた記者団への対応をしなかった。今回は日本への初訪問を控え、歴史問題で厳しい質問を受けるのを避けた可能性がある。

 トランプ氏は大統領選が行われていた昨年5月、オバマ大統領(当時)の広島訪問に関し、「オバマ氏は日本で真珠湾への奇襲について議論したのか」と批判したことがある。

(ここまで326文字 / 残り239文字)

2017年11月04日 19時41分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

トランプは、オバマが大統領任期最後のイベントとしてハワイで執り行った、日米和解の儀式を受け入れたくなかったかもしれない。

同時にトランプは、日本政府そして(安倍首相と一緒に靖国参拝を要望する)日本国民に対しシグナルを送ったと解するべきだろう。

日米の歴史認識の溝は、ツイッター文面から察するに、依然深いと受け止めざるを得ない気がする。

その一方、アメリカ大統領として靖国参拝する前に、形式上、絶対に!ハワイに立ち寄らざるを得ない、国内事情がある可能性もある。

はっきりしていることは、喫緊の北朝鮮問題については、トランプはオバマ以上に取り組む決意であることだ。

―― 参考情報 ――――――――――

トランプ氏がハワイ訪問 司令官が北朝鮮について説明 今回の歴訪「非常に重要だ」
http://www.sankei.com/world/news/171104/wor1711040015-n1.html

―――――――――――――――――

トランプの方がオバマよりも、すべての点でましだと思っていたが、
オバマとトランプ、一長一短あるような気がしてきた。

現時点において、日米首脳揃って靖国参拝することが、中共、北朝鮮に対する最高の政治的シグナルとなり得るはずなのであるが。

首脳同士のゴルフをキャンセルしてでも、お二人揃って靖国参拝を願う次第である。

以上

関連記事

テーマ : アメリカお家事情 - ジャンル : 政治・経済

20:50  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/728-506c5442

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |