2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.03 (Fri)

(不満分子)石破茂や野党に対し、国会質問できる制度に改めるべきだ!

前稿では、ネジが緩んでいると思われる、中山成彬先生について、言及した。

―― 参考情報 ――――――――――

中山成彬先生にお聞きしたいこと  まだモリカケ国会を続けるべきですか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-725.html

―――――――――――――――――

かくいう私は、中山成彬先生に対し、国会質問したい気持ちに傾いている。

さて、自民党最大の不満分子、石破茂は、野党の国会質問時間削減について批判的であるそうだ。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171103-OYT1T50005.html?from=ytop_main4

石破氏「議論成り立たぬ」質問時間見直しを批判
 
2017年11月03日 00時13分
  
 自民党の石破茂・元幹事長は2日の石破派会合で、同党が衆院で野党に手厚く配分されている質問時間を議席数に応じて見直すよう野党に求めていることについて、「議論として成り立たない」と批判した。
  
 党執行部は与党の質問時間を増やすよう主張しているが、石破氏は「与党は法案、予算を出す前に政府と散々やり取りする。その分は割り引かないとフェアではない」と述べた。

 一方、自民党の大岡敏孝、石崎徹両氏ら当選3回の衆院議員6人は2日、二階幹事長に対し、野党による審議拒否を防ぐルール作りや、質問時間の「各党が均衡した形」への見直しを申し入れた。

2017年11月03日 00時13分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


拙ブログは、質問主意書制度見直し、国会法改正、政党交付金削減等を提言した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||


・野党追及手段拡充  質問主意書制度の変更を提言する
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

・たるんでいる民進党 国会法等改正すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

・解散の大義  いい加減な野党発言を許していいのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-683.html

・党籍ロンダリング候補対策  政党交付金削減すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-684.html

―――――――――――――――――

自民党が、今国会で野党に求めている、議席ベースでの質問時間配分の見直し、拙ブログは国会法等改正の一環として提言した。やっと、提言の一部が実行されつつある、そんな印象である。

次に、拙ブログ提言趣旨を提示する。

―――――――――――――――――

質問主意書制度の見直しに係わる提言

・国民から国会議員経由して、与野党もしくは与野党議員に対して質問できるようにする
・与党議員が野党ならびに野党議員に対して質問できるようにする
・野党議員が、別の野党ならびに別の野党議員に対して質問できるようにする

―――――――――――――――――

国会法等改正に係わる提言

・提案1 二重国籍議員の不逮捕特権剥奪
二重国籍議員については、そもそもスパイ議員なので不逮捕特権なしで対応(田母神長期拘留した、検察はそう判断すべきだ)

・提案2 対案なき野党の国会質問時間削減
対案ない場合、当該政党について、国会での質問時間を大幅に削減し、修正案等を提出した他の野党に質問時間を割り振る。

・提案3 対案提出ない野党への国民からの質問権
(閣法について)対案提出ない野党については、納税者は、当該政党本部に質問し、回答させる権利を有する。(無回答の場合政党交付金を削減)

・提案4 対案もしくは修正案提出なき野党の政党交付金削減
年間を通じて、(閣法について)対案もしくは修正案提出ない野党について、対案(修正案を含む)提出しない分、(案分方式で)政党交付金を削減する。

・提案5 審議拒否に係わる給与削減
正当な根拠がない審議拒否した国会議員について、給与カットとする。審議拒否事由について、納税者は、政党本部に質問し、回答させる権利を有する。(無回答の場合、政党交付金を削減)

・提案6 対案提出なし、もしくは審議拒否したことで不信任決議(問責決議)提出権はく奪
不信任決議(問責決議)については、対案提出しないか、審議拒否、どちらか一方が確認されたことで、不信任決議案(問責決議案)提出権を失うこととする。

・提案7 対案も修正案も提出ない政党については棄権を認めない
本会議の採決については、対案も修正案も提出ない政党については、棄権を認めず、賛成あるいは反対の採決の義務を負うこととする。本会議採決欠席した場合、給与カットとする。

・提案8 プラカード等の使用については採決の妨害とみなし処置する
採決の妨害については、厳格に対処。プラカードについては、使用禁止措置とする。

―――――――――――――――――

政党交付金支給見直しに係わる提言

■選挙直前に1回党籍変更、選挙後の党籍変更を想定する場合

①選挙前1年以内に所属政党を変えた議員が、選挙で当選して1年以内に所属政党を変えたケース(所属政党の名称変更によるものを除く)
②選挙前2年以内に所属政党を変えた議員が、選挙で当選して2年以内に所属政党を変えたケース(所属政党の名称変更によるものを除く)
③選挙前3年以内に所属政党を変えた議員が、選挙で当選して3年以内に所属政党を変えたケース(所属政党の名称変更によるものを除く)

私見だが、①、②については支給すべきではないと考える。

■当選して議員となった後の党籍変更を想定した場合

①3年以内に、所属政党を3回変えたケース(所属政党の名称変更によるものを除く)
②3年以内に、所属政党を2回変えたケース(所属政党の名称変更によるものを除く)
③3年以内に、所属政党を1回変えたケース(所属政党の名称変更によるものを除く)

私見だが、①、②については支給すべきではないと考える。


■一般論としての、政党交付金支給要件

①対案なし、審議拒否が常習化している議員に政党交付金は必要なのか?
②国益に関係ない、いい加減な質問が多い議員に政党交付金は必要なのか?
③比例議員の政党交付金は小選挙区での当選議員の半額でいいのではないか?

―――――――――――――――――

石破茂の発言は、首相官邸、自民党本部に対し、後ろから鉄砲を撃っている印象がある。
私は、無条件安倍政権支持派ではないが、国会での「議論成り立たぬ」と主張する石破茂に対し、質問主意書制度の見直しによって何度でも質問したい気持ちになっている。
国民各層からの要請を受ける形での国会質問に際し、一定の条件、資格要件が必要であることは承知している。
が、石破茂の言いたい放題にさせないためにも、国民各層が、議員経由して与野党ならびに与野党の議員に質問できる制度は、導入されるべきだろう。

質問主意書制度の見直しは、自民党内の不満分子(石破茂)、対案なしで審議拒否を続け、かつどうでもいい事案の国会質問を続けている、左翼野党議員対策として機能すると考えるのである。

以上

関連記事

テーマ : 議会 - ジャンル : 政治・経済

06:56  |  法整備  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

そもそも、人権擁護法案みたいな

筋が悪すぎて、対案を出すどころではない法案があることも考えると、対案無いことをもって、様々な権利を奪うことはどうかと考える。

しかし、審議拒否した議員から、不信任決議案に参加する権利を奪うことには賛成です。
審議に参加することは議員の義務であるので、義務を勤めよということです。
審議拒否なんてカッコがつくように言ってますけど、サラリーマン流に平たくいえば、出社拒否ですからね。
対案が無く反対ということは、出された提案そのものが受け入れられないということになりますから、筋としては、堂々反対すべきでしょうね。
Suica割 |  2017.11.03(金) 13:04 | URL |  【編集】

比例議員の交付金半額はいいと思いますね

小選挙区では、国民の個人に対する直接の審判がありますけど、比例ではそれを受けてないですからね。
Suica割 |  2017.11.03(金) 13:11 | URL |  【編集】

Re: そもそも、人権擁護法案みたいな

> 筋が悪すぎて、対案を出すどころではない法案があることも考えると、対案無いことをもって、様々な権利を奪うことはどうかと考える。
>
> しかし、審議拒否した議員から、不信任決議案に参加する権利を奪うことには賛成です。
> 審議に参加することは議員の義務であるので、義務を勤めよということです。
> 審議拒否なんてカッコがつくように言ってますけど、サラリーマン流に平たくいえば、出社拒否ですからね。
> 対案が無く反対ということは、出された提案そのものが受け入れられないということになりますから、筋としては、堂々反対すべきでしょうね。


人権擁護法案については、用語の定義が明確でない関係こともあり、内閣法制局長官の見解を求めるなど文書審査確認すべき事案でした。
既に、各地に人権委員が配置されている関係で、人権擁護委員法の修正案という対案があったかもしれません。(屁理屈ですが)
管理人 |  2017.11.03(金) 13:51 | URL |  【編集】

Re: 比例議員の交付金半額はいいと思いますね

> 小選挙区では、国民の個人に対する直接の審判がありますけど、比例ではそれを受けてないですからね。

比例議員の得票数を1とせず、半分にする選択肢もあるでしょう。
管理人 |  2017.11.03(金) 13:52 | URL |  【編集】

二重国籍の離脱はやっかい

いろいろと二重国籍解消のための方法を蓮舫の時に調べたのですけど、手続きが煩雑で分かりにくい。
法務省も日本人として生きるならば、他国籍は離脱し、日本国籍一本にすべきと言いながらも、他国とのすり合わせが面倒なのか、確実に他国籍を離脱できるフォーマットも作らず、自分で努力しろ。
とりあえず、国籍離脱宣言さえすれば、したことにしといてやるという、黙認放置が横行する結果となっています。
その意味でいうなら、法的には蓮舫は二重国籍でも純粋な日本人という結果になってしまいます。

まさに、法務省の不作為は万死に値します。

二重国籍者の解消を進めるなら、他国とすり合わせをして、明瞭で誤解ない他国籍離脱マニュアルやそれを簡便に進めるための協定の締結が必要です。

蓮舫については、理路整然と矛盾なく、法務省の見解の通りにやったということの証明。
それなのに、期待したように日本国籍一本にならなかったという事実の表明。

法的に行政指導に従っても、ダメだったことの可否を言われ、事実をもとに法務省を締め上げる空気を作り出していたら、また違った流れになっていたように思います。

国策がありながら、その実現に努力しない、それも人の身分という重要なものに関わらず、労働しない法務省の官僚には呆れしか覚えない。
Suica割 |  2017.11.03(金) 20:01 | URL |  【編集】

しかし、そう書きながらも、蓮舫には同情しない

二重国籍容認発言をしつつも、今の法制度上の整合性を高めるため。二重国籍が良くなっても、日本国籍一本でいきたい人のために、国籍関係整理をしっかりと確実に進められる法制度の構築や支援を行うべきと発言してたら、話は別ですけど、そんなこともなく、ただただ、二重国籍を認めろ一本槍ですから、同情もなにもないですね。

国策上、求めるならそれのためにしっかりと国が働くべきという態度が見えなかった故のバッシングですから、身から出た錆です。
Suica割 |  2017.11.03(金) 20:17 | URL |  【編集】

Re: 二重国籍の離脱はやっかい

> いろいろと二重国籍解消のための方法を蓮舫の時に調べたのですけど、手続きが煩雑で分かりにくい。
> 法務省も日本人として生きるならば、他国籍は離脱し、日本国籍一本にすべきと言いながらも、他国とのすり合わせが面倒なのか、確実に他国籍を離脱できるフォーマットも作らず、自分で努力しろ。
> とりあえず、国籍離脱宣言さえすれば、したことにしといてやるという、黙認放置が横行する結果となっています。
> その意味でいうなら、法的には蓮舫は二重国籍でも純粋な日本人という結果になってしまいます。
>
> まさに、法務省の不作為は万死に値します。
>
> 二重国籍者の解消を進めるなら、他国とすり合わせをして、明瞭で誤解ない他国籍離脱マニュアルやそれを簡便に進めるための協定の締結が必要です。
>
> 蓮舫については、理路整然と矛盾なく、法務省の見解の通りにやったということの証明。
> それなのに、期待したように日本国籍一本にならなかったという事実の表明。
>
> 法的に行政指導に従っても、ダメだったことの可否を言われ、事実をもとに法務省を締め上げる空気を作り出していたら、また違った流れになっていたように思います。
>
> 国策がありながら、その実現に努力しない、それも人の身分という重要なものに関わらず、労働しない法務省の官僚には呆れしか覚えない。

法務省は日本国民を向いて仕事をしていない印象があります。
法務省の権限を縮小すべきでしょう。
管理人 |  2017.11.03(金) 22:33 | URL |  【編集】

Re: しかし、そう書きながらも、蓮舫には同情しない

> 二重国籍容認発言をしつつも、今の法制度上の整合性を高めるため。二重国籍が良くなっても、日本国籍一本でいきたい人のために、国籍関係整理をしっかりと確実に進められる法制度の構築や支援を行うべきと発言してたら、話は別ですけど、そんなこともなく、ただただ、二重国籍を認めろ一本槍ですから、同情もなにもないですね。
>
> 国策上、求めるならそれのためにしっかりと国が働くべきという態度が見えなかった故のバッシングですから、身から出た錆です。

与野党両方から、法整備の視点から、具体的な改善策が示されていないことは問題視されるべきでしょう。
管理人 |  2017.11.03(金) 22:35 | URL |  【編集】

無意味な審議拒否、議論拒否には処分が必要

議題に乗せるような事すらせずに、法的に問題のあるような法案を通そうとしているというのならば、審議拒否および単純に法案反対(対案を出す必要は無い)を唱えれば良いと思いますが、国防政策(テロ対策、工作員、武装難民、民兵、ゲリラ、国内居住の外国人の処遇等)などについて、現行法では重大な欠陥(法の抜け穴)がある可能性が高い為、それに対する対処として、新法の立案を行う事に対して、法案に問題があるからと言って、審議拒否を行ったり、対案も無く、無責任に反対を唱えるだけ(自分達は、法の抜け穴を突かれる可能性について審議していない)の場合は、議員の仕事の怠慢であり、何らかの処分を行う必要があると思います。

また、審議拒否に正当な理由が無い場合で、スパイ行為(スパイに不利な法案を通そうとしている為に審議拒否)等が疑われる場合は、素性調査等の実施も考えるべきでしょう。

特に、工作員などに都合が悪い法案などについて、議論自体する気すらも無く、「審議拒否」を繰り返すような事は、スパイ支援を疑われても仕方が無いでしょう。

基本的に与党案に問題があるのならば、それを指摘し、当該箇所の修正を求めるか、対案を出さないというのならば、現行法で、与党側の指摘した問題に対処できるという「法的根拠」、「法律の運用手段」を示すべきでしょう(人権擁護法案などは、名誉棄損罪などの厳格な定義から始めるべきだと主張するべきで、そうすれば、差別主義云々などの変な誤解が広まる事は無かったと思います)。そうでなければ、問題の論点がよく分からず、国民側には問題がはっきりとしない為、煙に巻かれたような感じであり、無責任な、反抗期の餓鬼と同じレベルだと思います。

議題に乗せる事すらせず、無意味に審議拒否を繰り返す議員については、税金運用および政治責任の観点からみても処分が必要である事、組織犯罪防止、国防政策などで、スパイや関係工作組織、団体に不利な法案に対して審議拒否や物理的妨害(議場占拠等)を行った場合は、スパイ行為である可能性がある為、議員資格はく奪等の厳しい処分を検討する必要があると思います。

とにかく、無意味な審議拒否や議論拒否(法的理由や運営方法、または対案を示さない行為)については、法的にも政治的にも問題が多い行為である可能性が高いという事です。
西 |  2017.11.04(土) 00:34 | URL |  【編集】

Re: 無意味な審議拒否、議論拒否には処分が必要

> 議題に乗せるような事すらせずに、法的に問題のあるような法案を通そうとしているというのならば、審議拒否および単純に法案反対(対案を出す必要は無い)を唱えれば良いと思いますが、国防政策(テロ対策、工作員、武装難民、民兵、ゲリラ、国内居住の外国人の処遇等)などについて、現行法では重大な欠陥(法の抜け穴)がある可能性が高い為、それに対する対処として、新法の立案を行う事に対して、法案に問題があるからと言って、審議拒否を行ったり、対案も無く、無責任に反対を唱えるだけ(自分達は、法の抜け穴を突かれる可能性について審議していない)の場合は、議員の仕事の怠慢であり、何らかの処分を行う必要があると思います。
>
> また、審議拒否に正当な理由が無い場合で、スパイ行為(スパイに不利な法案を通そうとしている為に審議拒否)等が疑われる場合は、素性調査等の実施も考えるべきでしょう。
>
> 特に、工作員などに都合が悪い法案などについて、議論自体する気すらも無く、「審議拒否」を繰り返すような事は、スパイ支援を疑われても仕方が無いでしょう。
>
> 基本的に与党案に問題があるのならば、それを指摘し、当該箇所の修正を求めるか、対案を出さないというのならば、現行法で、与党側の指摘した問題に対処できるという「法的根拠」、「法律の運用手段」を示すべきでしょう(人権擁護法案などは、名誉棄損罪などの厳格な定義から始めるべきだと主張するべきで、そうすれば、差別主義云々などの変な誤解が広まる事は無かったと思います)。そうでなければ、問題の論点がよく分からず、国民側には問題がはっきりとしない為、煙に巻かれたような感じであり、無責任な、反抗期の餓鬼と同じレベルだと思います。
>
> 議題に乗せる事すらせず、無意味に審議拒否を繰り返す議員については、税金運用および政治責任の観点からみても処分が必要である事、組織犯罪防止、国防政策などで、スパイや関係工作組織、団体に不利な法案に対して審議拒否や物理的妨害(議場占拠等)を行った場合は、スパイ行為である可能性がある為、議員資格はく奪等の厳しい処分を検討する必要があると思います。
>
> とにかく、無意味な審議拒否や議論拒否(法的理由や運営方法、または対案を示さない行為)については、法的にも政治的にも問題が多い行為である可能性が高いという事です。

中山成彬先生が懲罰委員長に就任したとの記事を読みました。
ガソリーヌ事案、懲罰措置になることを期待しております。
管理人 |  2017.11.04(土) 15:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/726-125cd78b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |