2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.02 (Thu)

中山成彬先生にお聞きしたいこと  まだモリカケ国会を続けるべきですか?

本稿は、中山成彬先生による(選挙期間中の)安倍首相批判への対抗措置としての位置づけ。自民党よりも右寄りの政党に所属する政治家として言うべきでないことを言われた、中山成彬先生に対する問題提起である。

拙ブログは、野党議員への質問状としての「質問主意書」を法律で認めるべきだというスタンスである。
同時に、与党議員による野党議員への国会質問、野党議員による野党議員への国会質問も認めるべきだと考えている。

その理由は、野党議員のほとんどが、慣例的に対案なしの審議拒否、どうでもいい程度のレベルの低い国会質問が多いからである。北朝鮮がかようにミサイルを日本上空に発射している状況を考慮すると、森友・加計事案など国会で扱っている暇はない。
むしろ、菅直人元首相の北朝鮮献金疑惑、蓮舫議員への二重国籍事案、ガソリーヌ山尾の疑惑を扱ってほしいくらいである。

さて、希望の党で当選した中山成彬先生は、九州比例一本で出馬した。中山成彬先生は地元宮崎1区では負け続けてきたこともあり、比例1本で出馬していることを察知されないために、公示直前の3次公認としたのであろう。

―― 参考情報 ――――――――――

希望の党が3次公認発表(2次公認込み)
http://www.sankei.com/politics/news/171005/plt1710050183-n1.html

―――――――――――――――――

名の知れた政治家なら、自民党よりも右寄りの愛国者なら愚直に小選挙区にて出馬するのが筋ではなかったか。
公式HPの動画のタイトルに「最後の挑戦」とあるが、本当に最後の挑戦だとするなら、落選することを選択するのが高貴なる敗者としての美学ではなかったか?

http://nakayamanariaki.com/

安倍政権批判もあった。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://news.livedoor.com/article/detail/13748305/

希望・中山成彬氏「安倍さん、もうそろそろいいでしょ」

2017年10月14日 18時8分
朝日新聞デジタル   
 
■希望の党・中山成彬氏(発言録)

 今度の選挙はとってつけた選挙。

 いかにも傲慢(ごうまん)、おごり。絶対権力は絶対腐敗する。自民党安倍さん、もうそろそろいいでしょ。もう代わるべきだと考えているわけでございます。

 (以前、「(希望の党代表の)小池(百合子)さんが(選挙に)出なければ首相は安倍さんがいい」と発言していたことを記者に問われ)やっぱり演説なんか聞いてるとね、(安倍首相は)おごりが目立つ。もう、みんな飽き飽きしてる。終わりにしてほしいと思った。(宮崎市での街頭演説と、その後の記者団の取材に)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

自民党よりも右寄りの政策を標榜する政治家としてふさわしい発言であろうか?
左寄りの政治家の発言だとするなら異存はない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

中山なりあき(中山成彬)‏認証済みアカウント @nakayamanariaki  9月22日
その他
石破元幹事長など自民党内部からも何のための解散かと批判の声が上がっているが、安倍首相は25日に解散総選挙を表明する。自民党が勝つためには今が一番いいという、党利党略の選挙です。消費税を上げるという。経済も庶民の生活も分からない自民党。自民党の思い上がりを戒める勢力の結集が必要だ。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

同様に、石破茂発言を引用することは、自民党よりも右寄りの政策を標榜する政治家としてふさわしい発言であろうか?

モリカケ事案での安倍首相批判もあった。政治家と一心同体だった言論人もおられる。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://hosyunews.blog.jp/archives/2017-10-16-26222410.html

【炎上】希望の党・中山成彬さんが豹変し、モリカケで安倍総理を批判 百田さんに痛罵され、言い訳するもさらに炎上!

1 名前:名無しさん 2017/10/16(月) 10:49:48あなたの古巣は、正論を述べてます。こころのある方と、こころを捨てた方の違いは天地程の差。
日本のこころは、中山ご夫妻が逃げ出して、中野先生に陽の目があった事で初めて輝きだしました。
中山ご夫妻、こころを捨てて下さり、感謝します


中山なりあき(中山成彬)‏認証済みアカウント @nakayamanariaki  10月1日
その他
昨日は「ねずさんと語る『古事記』(3)の出版祝賀会に出席。その前に皆で靖国神社に正式参拝。ねずさんこと小名木善行氏はこれで「今も昔もすごいぞ日本人」3巻、百人一首解説上下、古事記3巻を出版 した。私は(今も昔も・)の帯封に、日本人に生まれて本当によかったと思える本ですと推薦した。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

―― 参考情報 ――――――――――

中山成彬氏講演会 第1部「中山成彬を語る」中山恭子 日本のこころ代表 2016.5.14
https://www.youtube.com/watch?v=8ldpwXfLruc

日本の心中山成彬前衆院議員 超有名ブロガー「ねずさん」こと小名木善行氏が筑豊にやってくる!
https://ameblo.jp/sankeiouen/entry-12167582002.html

日心Oを糺す会
http://blog.livedoor.jp/t6699/

ねずさん(=小名木善行)ってどうよ Part.2
https://potato.5ch.net/test/read.cgi/sisou/1451813942/l50
―――――――――――――――――

日本のこころを語るのは結構なことだ。
政党活動として、日本のこころを語る意味、政治家も一心同体の言論人も少しは考えていただきたい。
ネット界ではいろいろな情報が飛び交っている。情報の真偽について保証はしない。何らかの不満を持たれている方がアチコチにいるようだ。

どんな場面、どんな時でも誠実に対応するのは、愛国者の基本中の基本だと思うが。

一方、中山成彬先生の公式HPには、「日本人としての魂を呼び起こし、日本人としての誇りを取り戻す」とある。また、「誇りある日本を再興する」「真の保守だけが日本を救う」と書かれている。

http://nakayamanariaki.com/

日本のこころを語りたがる人は、何かと真正保守、愛国保守という言葉を使いたがる人たちでもあるようだ。

過去現在未来塾の登壇者たちがそうだったかもしれない。

http://nakayamanariaki.com/contents/?report=127

日本のこころを語った人たちは、講演の場で人様に聞かせるほどのことを、評価に値する活動成果を示してきたのであろうか?

希望の党への党籍変更は受け入れたにしても、その後のご発言は、左翼勢力や朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道新聞を喜ばせただけではないのか?

おまけに、選挙後の国会で野党はモリカケでの国会質問を継続すると表明した。

―― 参考情報 ――――――――――

民進・立憲民主・希望 合同モリカケ追及チーム爆誕へ
http://hosyusokuhou.jp/archives/48804647.html

―――――――――――――――――

中山成彬先生も、選挙期間中のご発言のとおりであれば、モリカケ追及の先頭に立たれるのであろうと私は予想する。
これを以て、日本のこころを語ってきた方々も、安倍首相批判に転ずるのであろう。

それが、日本のこころを語られた方々の実相?なのであろう。

しかし、それでいいのか?
今度の通常国会では、北朝鮮ミサイル発射に対する防衛上の措置の強化、法整備、防衛予算増、憲法改正への道筋が本来、審議されるべきことではないのか?

これ以上、モリカケ事案で国会審議が続けられるべきであろうか?

中山成彬先生のツイッターの最後は、こう締めくくられている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

中山なりあき(中山成彬)‏認証済みアカウント @nakayamanariaki  10月25日
その他
徒然なるままに7年前に始めたツィッター、投稿数は3800回を越えました。140文字の制限もあり、意を尽くせなかったり、思い違いやご迷惑をお掛けしたこともありました。たかがツィッター、されどツィッター。所詮は囀りとお許し下さい。これが最後の投稿。これからも愛する日本の為に働きます。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

上記で引用したご発言すべて、「所詮は囀り」で済ませられるものなのであろうか?

これが最後の投稿とあるが、本稿で引用したご発言、すべて「愛する日本の為」だったのであろうか?

本稿で紹介したような政治家発言は、どれもこれも、ファジーでソフトランデイング路線の安倍首相なら、間違っても言わないことばかりである。
安倍首相の精神年齢が仮に60歳だったとして、中山成彬先生の精神年齢は、それより●0歳は若い気がする。

なお、本稿は、自民党よりも右寄りの政党に所属する政治家として言うべきでないことを何度も言われた(と私が考える)、中山成彬先生に対する問題提起である。


以上

関連記事

テーマ : 保守主義 - ジャンル : 政治・経済

15:19  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/725-0d6022a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |