2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.01 (Wed)

対馬は大丈夫か? 

本稿では、韓国資本に不動産等買収され、何かと間接侵略を受けているとの情報が多い、(衆議院選挙の開票結果に基づく)対馬の有権者の投票行動の分析を試みる。
長崎3区は、大村、対馬、壱岐、五島列島を抱える島嶼中心の選挙区である。

カッコ内の数値は対馬。

まず、投票率。

      今回      前回
投票率 59.96%(65.5%)  51.58%(59.95%)

投票率は概して高い傾向にある。

次に、今回選挙結果と前回選挙結果の比較。


2017 長崎3区
 
83,992  谷川弥一  自民(11,959)
35,554  末次精一  希望(3,234)
12,638 石丸完治 共産(991)
8,469  口石竜三  維新(590)


2014 長崎3区

82,354 谷川弥一 自民(12,074)
31,650 石丸完治 共産(3,118)


長崎3区、対馬はどちらも保守地盤が強い選挙区のようだ。が、自民候補の得票は頭打ち傾向にある。

今回の選挙では、希望の党と維新の候補者の出馬によって、前回出馬した共産党候補が三分の二程度の票を失った。同様の傾向は対馬にても発生している。

自民、希望、維新が改憲派とみなすと、護憲派は、長崎3区、対馬どちらにおいても10%にも満たず、島嶼地区の危機感が伝わってくるようである。

韓国に近く、日本海の軍事的要所でもある対馬の有権者が、沖縄とは異なり、改憲派が圧倒的であることに、私はほっとしている。

対馬について、悲観的ニュースばかり配信されているが、間接侵略に対抗した措置、たとえば、国防上の措置として、「離島での不在地主(外国人地主)の固定資産税の大幅引き上げ」等を提言し、本稿を終える。

以上

関連記事

テーマ : 衆議院選挙 - ジャンル : 政治・経済

18:05  |  選挙結果  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/723-4ebfa7dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |