2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.06.06 (Mon)

日本政府ユネスコ大使 ウイグル問題を扱うべきだ

中谷防衛大臣が中共を牽制する発言を行ったそうである。

―――――――――――――――――

仲裁裁判所判断無視の中国、中谷防衛相がけん制

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160605-OYT1T50058.html?from=ytop_main1

2016年06月05日 19時23分

 【シンガポール=石田浩之】中谷防衛相は5日、南シナ海の領有権を巡り、フィリピンが中国の主張を国際法違反として常設仲裁裁判所に提訴した問題に関連し、「中国が(裁判所の)判断に従わなければ、法の支配を重視する観点から日本として強く声を上げざるを得ない」と述べた。
  
  中国軍の孫建国・統合参謀部副参謀長が5日のアジア安全保障会議の講演で、仲裁裁判所の判断を無視する方針を改めて示したことをけん制したものだ。シンガポールのホテルで記者団に語った。

 また、中谷氏は「『海の憲法』とも呼ばれる国連海洋法条約に明記されている通り、すべての紛争当事者は最終判断に従わなければならない」と強調した。

2016年06月05日 19時23分

―――――――――――――――――

私は、中谷大臣は、河野洋平に随行して中共訪問した経緯などから、日和見派と思っていたが、そうではなさそうだ。

同時に、この大臣発言は、日本政府として中共に発したシグナルとなる。

一方で、日本の団体も漸く、歴史認識事案で反攻し始めたようだ。

【世界記憶遺産】「通州事件」「慰安婦と日本軍規律に関する文書」 民間団体『なでしこアクション』などがユネスコ記憶遺産に登録申請
http://hosyusokuhou.jp/archives/47708615.html

こういう団体なら、寄付する価値はあるだろう。

なでしこアクション
http://nadesiko-action.org/

つくる会 「通州事件」のユネスコ登録を目指し活動 文部科学大臣に要望書を提出
http://www.tsukurukai.com/News/index.html#271211news

クマラスワミ報告書については、こういうわかりやすい指摘がある。

―――――――――――――――――

中山なりあき ‏@nakayamanariaki  · 5月24日 

国連のクマラスワミ報告等は英文で書かれた慰安婦問題のでたらめ本の丸写しで、マネーロンダリングならぬ情報ロンダリングだという藤岡信勝教授の指摘は鋭い。日本政府も慰安婦問題の真実を英文で広報すべきだ。慰安婦像撤去前に10億円支払ってはならない、河野談話の否定が不可欠等の意見が出た。

―――――――――――――――――


さて、最近、ウイグル問題について、緊急を要する呼びかけがなされており、日本政府として、当然の事であるが、日本政府ユネスコ大使として、ウイグル問題について、国連の場で協議するべき時が来たと私は判断するに至った。

日本政府ユネスコ代表部の存在については、韓国政府に妥協し問題化した、件の世界遺産登録事案で知っておられる方が多いと思う。

ユネスコ日本政府代表部案内
http://www.unesco.emb-japan.go.jp/htm/jp/daihyobu_annai.htm#contact1

Eメールでの投稿も受け付けている。開放的なユネスコらしい措置ではある。

ユネスコ大使の挨拶がここで読める。
http://www.unesco.emb-japan.go.jp/htm/jp/jp-ambassador-sato.htm

あの方が、引き続き大使を務めていることが確認された。

中共ウイグル自治区にて、ウイグル人の人権を蹂躙する、凄惨な事案が続出していると確認される情報を列挙する。

―――――――――――――――――

ウイグル自治区に「国際部隊」派遣を カーディル議長
http://www.sankei.com/world/news/160603/wor1606030048-n1.html

「習近平氏の赤絨毯はウイグル人の血で染まっている」 カーディル議長が悲痛な訴え
http://www.sankei.com/premium/news/151102/prm1511020001-n1.html

世界ウイグル会議議長が中国の弾圧を激白 「火炎放射器で殺害」「警察官にその場で射殺する権限」
http://www.sankei.com/world/news/160602/wor1606020031-n1.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
 平成28年(2016)6月5日(日曜日)
           通算第4923号
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  読者の声 どくしゃのこえ ERADERS‘ OPINIONS 読者之声
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ♪
(読者の声1)タイでウイグル人のハンガーストライキが続いています。かれらは緊急要請文を、タイ王国のプラユット・ジャンオーチャー(Mr. Prayuth Chan-o-cha)首相に対して提出しました。
  「拘留中のウイグル難民を人道的に第三国に出国させてください! ウイグル難民のハンストを通じた命がけの訴えに耳を傾けてください!」
  http://uyghur-j.org/japan/2016/06/uyghur_refugees_jua_thai_20160604/
    (三浦生)

―――――――――――――――――

中山なりあき ‏@nakayamanariaki  · 6月2日 

カーディル議長は、新疆ウイグル自治区では凄惨なウィグル民族弾圧の一方、かつては2%しかいなかった漢民族が100万人単位で送り込まれており、ウィグル語の教育、宗教、文化、習慣なども禁止されていると語り、世界の理解と支援を求めた。閉ざされた世界で進む民族浄化。他人事と思うべからず。

中山なりあき ‏@nakayamanariaki  · 6月2日 

「世界ウィグル会議」のカーディル議長は2日の講演で、昨年末のパリのテロ以降中国はウィグル人に対して火炎放射器で殺害したり、警察官にその場で射殺する権限を与えていると批判した。一方、中国は同日付けの「宗教の自由」白書で海外からの影響で過激思想が蔓延し取締りを強化していくと強調した。

―――――――――――――――――

ウイグル問題については、カーデイル議長が登壇する講演会に参加し、その悲惨な実態をカーデイル議長から聞いたことがある。
その前提で、中共ウイグル自治区にて広範囲な人権問題が発生していることを私は知っている。

日本政府ユネスコ大使は、世界遺産登録等で中韓寄りのスタンスをとっているとの批判があり、その種の批判を払拭するためにも、本事案について、ウイグルの人権問題として、取り扱うべきと考える。

日本政府のユネスコ大使、外務省に対応要請したい事項は、以下の4点。

―――――――――――――――――

日本政府ユネスコ大使、外務省への対応要請事項

①中共ウイグル自治区で広範囲に発生している人権問題について、日本政府外務省、日本政府のユネスコ大使が主体的に情報収集を行うこと
②日本政府外務省、日本政府ユネスコ大使は、直接カーデイル議長と会い、話を聞くこと
③日本政府ユネスコ大使は、国連加盟各国に、知り得た情報を伝達すること
④日本政府ユネスコ大使は、各国ユネスコ大使と、国連機関において対応協議、あるいは対応協議するための国連内部機関の設置について協議すること

―――――――――――――――――

ユネスコ大使は、今後は、生ぬるい人間では務まらなくなるはずである。
毎日、毎朝、国旗掲揚、国歌斉唱するくらいの人間でないともたない、と考えるのだ。
もちろん、外務省本省、すべての在外公館において、毎日、毎朝、国旗掲揚、国歌斉唱させるべきだと私は考えている。それくらい、外務省職員の規律が緩んでいるように見えるのである。
なぜなら、多くの日本国民が、ユネスコ大使が「中韓ベッタリ」という印象を持ってしまったからだ。

賛同される方におかれては、外務省、ユネスコ日本政府代表部に対し、ウイグル問題について対応要請等ご配慮お願いしたい次第である。


以上

―――――――――――――――――

日本ユネスコ国内委員会
ユネスコ総会において採択された宣言等/Declarations
http://www.mext.go.jp/unesco/009/005.htm

関連記事
14:03  |  外交  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/67-187da488

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |