2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.07 (Sat)

選挙戦の主戦場はテレビ?  ならば「谷垣さん」の出番が必要ではないか?

今度の衆議院選挙、安倍政権は北朝鮮対策を掲げ、解散決断したが、その意図に反して、小池百合子一人が、公示前から政界の話題の中心になっている。

なぜ、そういう状況となるのか?


それは、都議会選挙以降、「選挙活動が行われる現場」がテレビに移行したからだ。

提供する話題が少なければ、テレビは取り上げない。小池百合子は良くも悪くも話題の提供者である。

小坪しんやは、マスコミの対応スピードを意識し、それを上回るスピードの速射砲でマスコミの関心を釘づけにしていると指摘する。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://samurai20.jp/2017/10/rapid-fire-gun/

メディアは、速報性を重んじる。
すっぱ抜きや「一社独占」を重視するあまり、目の前の「エサ」に、無意識のうちに食いついてしまう。

かつ、「一定速度」以上は、印刷工程や番組作成の時間のため「追いつけない」という弱点がある。

小池戦術における、メディア対策の中核は、「対応速度を越える」こと。
そして、連発銃のように、ネタを提供し続けること。
わんこ蕎麦のように、「飽きさせずに、口に入れる」こと。

混乱のメディア
メディアの狼狽っぷりは、少し笑える部分もあった。
説明されてみれば納得だろうが、「安倍憎し」のみで稼働しているため、ドグマが「それ」であれば【振り回すことは簡単】だ。
民進党の、リベラルというよりは、すでに極左に近い議員が受け入れられるとなれば「メディアは、味方と誤認」する。
撃とうか撃つまいか、メディアは「安倍首相のみ」を見続けていた。
実は、小池氏のことなど見ておらず「安倍自民にプラスか、マイナスか」のみで報道する傾向。ならば、「材料の出し方」次第で、(結果的には)敵にも味方にもなる。事実、小池氏らはやってのけた。

今後の動きはどうなるだろう。
政策協定が「外国人参政権の反対」であったり「改憲」であるため、【希望を叩きたい】はずではある。だが、撃つに撃てない。人質がいる。
それが「民進党からの合流者」100議席である。

これは「左翼議員の盾」みたいな効果を生じると考えられ、希望を撃ちたくとも撃てない構図となっている。保守としては面白くないが、議員として(政治ゲームの分析と割り切ってみれば)極めて興味深い手法だな、と感じた。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


ブログ「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」はこう分析している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

―――――――――――――――――

http://ttensan.exblog.jp/25824334/

【希望の中山成彬氏「思想チェックしてる」 候補選びで】
 希望の党から比例区での立候補が取りざたされている中山成彬(なりあき)・元文部科学相(74)は4日、宮崎市内で朝日新聞の取材に応じ「安倍政権打倒、政権交代とわめくのは元民主党の人たちだが、国民は民主党政権のトラウマが消えていない」と述べた。政権交代を主張する旧民主出身の立候補予定者らを牽制(けんせい)した。

 中山氏は先月28日にツイッターで「安倍首相の交代は許されない」と投稿。これについては「小池(百合子)さん以外の人では、今の国際情勢で安倍首相に代わる人はいないと思う」と説明した。

 また、希望の党での自らの役割について「小池さんから(候補者の)リクルートを頼まれている」。選定の際には、憲法改正や安保法制などの「思想チェック」をしていると話した。

 中山氏によると、希望の衆院選の進め方について小池氏は「選挙はテレビがやってくれるのよ」などと話していたという。「消費税を上げなくて済む方法があるということを訴えていく」とも語った。(河崎優子)
(2017/10/5 朝日新聞)

―――――――――――――――――

中山成彬の「思想チェックしている」という言い方も
もう少し言葉を選べんかったのかと思ってしまうのですが、
読んでいただきたいのはそこではなくて小池百合子が
「選挙はテレビがやってくれるのよ」
というところです。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

「選挙はテレビがやってくれるのよ」という小池百合子発言に注目したい。

要するに、小池百合子にとっては、選挙の主戦場は、(小池百合子よりも)対応スピードが遅い(トロ臭く、分析力が未熟な)、テレビなのである。

マスコミ諸君、君たちは、小池百合子に鼻であしらわれていること、お気づきか?
若い頃、小池百合子は、若い頃から、アッチだ、コッチだと男を振り回し、買い物ねだりすることが得意だったのではないだろうか?


一方、この選挙、引退宣言をした政治家が相次いでいる。平沼赳夫、高村正彦、谷垣禎一、野党においては、亀井静香がいる。民進党にも何人かいる。

政治家として名を為し、一世を風靡した多数の政治家の引退が意味するもの、それは、一つの時代が終わることを意味する。今回の場合は55年体制の終焉ということになるだろ。そういう前提、二重国籍、ガソリーヌ不倫騒動と続けば、民進党解体劇は想定された現象と見るべきことかもしれない。
与野党の政治家引退、そこに政治的隙間ができることを意味する。
その政治家がいなくなった隙間に入り込もうと考える政治家が出てくることである。

今回の選挙では、小池百合子がそうなっている。

次世代の党が壊滅した隙間を狙い、希望の党を立ち上げ
自身は自民党よりも右派であるはずなのに、なぜか民進党議員をかき集めている。
民進党議員がいることで、マスコミからの弾除けと、連合からの支援が可能となった。
小池百合子は55年体制に続く、新たな政治体制を模索しているように見える。

政界の構図を
自民党対反自民という55年体制ではなく
自民党、リベラル保守、従来の左翼政党という3極体制に持ち込もうとしているようだ。

この時期、与野党の大物議員が引退することも小池百合子騒動を拡大するのに一役かっている。これは、話題提供する発信源が他に見当たらなくなったことを意味する。

このタイミングで、一人テレビの話題を独占する政治家、それが小池百合子なのである。

小池百合子の本当の狙いは何か?
テレビを通じて、速射砲で話題を提供、騒動化することで、関心を引きつけ、希望の党の議席を獲得し、日本の政治体制を変える、憲法改正を実現することにあるのではないか?
ただし、小池百合子には、実務的に責任を取る意志はない。
政治ネタを提供して、自分が話題の中心に居たい。ただそれだけなのである。
責任をとるというしがらみにとらわれたくないのである。
ただ、小池百合子は、自民党総裁となることは諦めたようだ。
だが、その代わり、リベラル保守の代表として、日本の政界に、自民党総裁とともに君臨することを狙っているのではないか?

小池百合子は、選挙活動の主戦場をテレビに設定、話題になりそうなテーマを見つけ、ちぎっては投げちぎっては投げ続けている。
一部の人は、化けの皮は徐々に剥がれ続けていると考えている。
が、話題の中心に居続けている。それは確かだ。
テレビ番組で、その日起きた、小池劇場が放送される限り、希望の党は、議席を得るのだ。

対する自民党。他党よりも相当早く戦線を整え、一早く公約を発表するなど、政策論議の堅実な選挙で闘うつもりのようだ。

あくまで堅実に!
そして投票日まで堅実に!
である。

しかし、小池百合子は、一人、マスコミを喜ばせたり、怒らせたり、振り回している。

気まぐれで天邪鬼な女の子がそうであるように、私には映る。
小池百合子は、恋をしたことはないのではないか?
それゆえ、この歳になっても気まぐれで天邪鬼なのではないのか?

テレビは、安倍首相以上に、小池百合子を追いかけている。

しかし、自民党からは、そういう話題は皆無のようである。そして、そういう話題を提供する政治家は少ない。

投票行動を左右する、洗脳さやすい層は、今日もテレビを見続けている。

彼らは、マスコミに踊らされ、民主党の政権交代に手を貸し
民主党がダメだとマスコミが報道しだすと、みんなの党や維新の会に投票し
都知事選挙、都議会選挙では、内田某の存在をマスコミが暴露、報道すると、反自民・小池一択のシナリオを導いた。

小池百合子は今、選挙活動の現場をテレビに設定している。
これに対し、安倍自民党の選挙活動の現場は、テレビとしてはいない。

自民党はこれで大丈夫かということになる。

仮に、自民党にテレビ選挙に対抗する手段が今はなくても、そういう話題を提供するか、安倍首相の代わりに話を聞いてくれそうな弁士を確保する必要がある。

怪我をして、議員引退を余儀なくされた谷垣さんが語るなら、テレビ漬けの、洗脳されやすい人でも、諭されて「選挙の実相がテレビ選挙である問題」を認識するだろう。

自民党は、ある程度議席を減らす、それは致し方ない。
前回の選挙で自民党に投票した有権者の一部が小池劇場がつくり出す騒動で民進党が右往左往しており、釘づけ状態となっているからだ。
しかし、テレビ選挙に影響されて、過半数割れは困るのである。


このようなテレビ漬けの洗脳されやすい有権者層に対し、やんわりと諭すような話を得意とし、あの人がそう語るなら冷静になって考えよう、そう思われる能力に長けている政治家が必要なのである。

それが、谷垣さんなのである。
困った時の谷垣さん頼みというジンクスもある。

本稿を読まれている皆さんは、「車椅子姿で遊説する谷垣さん」では、弁士として適当ではないと思われるだろう。
が、話題性の点で見れば、自民党は、話題がない。なさ過ぎる。大物議員も減った。


だから、「車椅子姿の谷垣さん」であることで話題性が増すのである。

本当に引退したの??
なぜ「車椅子」姿で遊説するの??
人々は驚いて、谷垣さんの話を聞きたくなる、そう考えるのである。

さて、拙ブログは、復帰できそうとの話を聞いたのでかく出稿した。

―― 参考情報 ――――――――――

「谷垣さん」  あなたの旅はまだ終わらない
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-602.html

―――――――――――――――――

その谷垣さんは、復帰を諦め、政治家引退することを、安倍首相解散決断直後に宣言したようだ。

私は、谷垣さんの功績を忘れていない。

野党時代、全国遊説の先頭に立ち、分裂の危機にあった自民党をまとめたこと
国会論戦、ほぼ全議員結束して頑張ったこと
第二次安倍政権で活躍した、若手を育て上げたこと
にわか保守の私でもそれくらいのことはわかる。

確かに、谷垣さんは引退されるのかもしれない。
が、今回の選挙戦は谷垣さんを必要としているのではないか?
私は、そんな気がする。

引退宣言した名政治家が、選挙応援の弁士に立つ!
普通はあり得ない、あり得ないことだから、話題となるのだ!
車椅子姿であれば、なおさら話題となるのだ。

そして、もう一つある。それは谷垣さんの人柄にある。ああいう人柄の人をあのまま埋もれさせてはならない、と思うのだ。

私は、政治家の中では、特に谷垣さんの画像が気になっている。

谷垣2

私は、政治家谷垣さんの人柄を知ったのは、自民党の野党時代、JーNSCの集会を通じてである。
J-NSCでの谷垣さんは、そつのなさと人としての温かさが同居する、今時珍しい人に見えた。被災地の自民党のイベントでコック姿でカレーの皿を配る、谷垣さんは、なかなかの好人物に見えた。


谷垣1

谷垣

 

カレーの小皿を手渡す、谷垣さんの左腕の動きに着目したい。
確実に手渡そうとする谷垣さんの誠実さが伝わってくる、非常に美しい動作に私には見える。茶道もされるのだろう。そんな気がする。

実は、私はJ-NSCの運営について不満を持っている。J-NSCの代表が、コロコロ変わり、誰が実質的に切り盛りしているのか、わからず、上意下達的な組織論理の中の駒の一つのような印象を持っている。

そこで、J-NSCの事務局長という肩書で谷垣さんが座り、谷垣さん名で、JーNSCで情報発信されれば、自民党が苦しかった時代のことを知る会員は、賛同し、進んで行動するだろうと思うのだ。

なぜなら、J-NSCの生みの親は谷垣さんであるからだ。
J-NSCを活性化、今選挙でそれなりの活動成果を出すのに谷垣さんは必要なのだ。


本稿では、政治家引退を宣言された谷垣さんについて、党組織として必要としていることについて述べた。

最後に、今回の選挙は、無党派層の視点でみると、テレビが主戦場となった感がある。都議会選挙はそうだったはずだ。
私は、まったくテレビを見ないのであるが、ネット上の選挙の話題は、ほとんどがテレビ番組を起点としている。それも小池百合子がらみである。
都議会選挙以降、選挙はテレビ選挙化したのではないか、そういう認識である。

対抗するには、自民党として歯止めが必要だ。

谷垣さんは、一連の騒動で舞い上がってしまった有権者に対し、冷静に語りかける能力に誰よりも秀でている。

ともすればムキになりやすい安倍首相では逆効果となることもある。
マスコミが連日連夜、自民党のみを批判、追及、民主党に政権が移行、自民党が下野した時代、自民党を率い、全国遊説して有権者に語りかけ、その後の長期政権にきちんと引き継いだ功労者は誰だったか?

それは谷垣さんしかいないのである!


そして、谷垣さんの旅は、引退宣言してもまだ終わってはいない!

私はそう言いたいのである。

以上


関連記事

テーマ : 小池百合子 - ジャンル : 政治・経済

06:58  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/669-bcc49fbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |