2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.04 (Wed)

米朝開戦時期予想  なぜ年末以降の冬なのか?

本稿では、米朝開戦時期について予想結果を述べる。

瀬戸弘幸、産経阿比留記者は、米朝開戦の時期を今年の冬~来年の春と予想している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

米朝開戦の時期は? 瀬戸弘幸
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53252534.html

 しかし、戦争は今年の年末から来年明けにかけて起きると予測を立て、10月22日に設定した。つまり、私はそれまでは絶対に米朝戦争は起きないと考えてきた。

 この予測は当たったようだ。なぜならばトランプ大統領が11月初旬に日本訪問を公表、安倍首相は衆議院を解散し、その投票日を10月22日とした。

 少なくとも、戦争になるのはその後となることは確実だ。それをトランプ大統領から告げられたので、安倍首相は解散総選挙を実施して、その選挙を勝ち抜き米朝開戦に備え万全の構えでその時を待つと思う。

―――――――――――――――――

トランプ大統領は今冬から来春に掛けて北朝鮮を殲滅か?
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4555.html

阿比留
「トランプさんはアベさんにたびたび電話してるけど、そこで何言ってるかと言うと、『アメリカはその気になれば2日間で北朝鮮を壊滅できる』と。
『その時、日本は何してくれるんだ?』
そういう話をしてる。
非核三原則も今後政府が議論しなくちゃいけない。
安倍さんはトランプさんと電話で話してて、段々本気になってきたという事を察知している。
本気で粉砕するには数ヶ月間かかるといわれている。その期間が今年の冬から来年の春に掛けて可能性が高いと」

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

追加根拠を述べたい。

シナリオ的には、国連の制裁の最終案が「拉致被害者救出を保障する前提で亡命を認める」との決議が為され、北朝鮮がこれを無視、ミサイル発射兆候を根拠として、米朝開戦となるだろう。

日本は、制裁のための米朝開戦やむなしという国連決議を受けて、自衛隊の朝鮮半島派遣?が検討されると予想。(国連決議を経ているので憲法改正手続きが必要はないとの判断、憲法前文の記述を参考)

手続き的には、この2段階を経なければならないため、スケジュール的には衆議院選挙後に、トランプが来日、最短で一定期間を経過した冬ということになる。

「戦争の大義を国際社会に認知、共有化させるための手続き期間」が必要と考えるのである。

実は、絶対に冬でなければならない、攻撃側としての理由がある。
軍事作戦上、損害を最小限に抑え、確実に仕留めたいとのアメリカ軍の意向があり、攻撃する側にとっては、爆撃した直後の土木工事的に復旧工事が不可能な、冬の方が都合がいいのである。
そして、決定的な理由がもう一つある。それは、移動式ミサイルの季節的発射制約?である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/ae8128ed3dbbbeb0ccd45d57366bc7c4#comment-list

Unknown (izimo ssp)2017-09-27 20:39:24
北朝鮮のミサイル技術がロシア製なのは大半が当たり前の常識だが、国境の橋と地下施設の移動トンネルを検定空爆されたら、当然北朝鮮は絶命する。冬場に攻撃されたら、もう手も足もでない。移動式は冬道移動できないので。ということです。はい。izimo ssp

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

米朝開戦時期は

・戦争の大義を国際社会に認知、共有化させるための手続き時間の確保
・軍事作戦上、損害を最小限に抑え、確実に仕留められる時期の選定

などから、トランプ来日後の国連での「開戦やむなし決議」後、すなわち、年末以降の冬であると予想する。

さて、米朝開戦に向けて、地ならしが進んできてはいるが、国内で開戦させまいとして企んでいる勢力がいるようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

天皇皇后両陛下 私的旅行で埼玉県高麗神社を訪問 ヽ(`Д´)ノ追加500万本の曼珠沙華鑑賞
http://koredeii.com/?p=4592

両陛下 埼玉へ私的旅行、高麗神社参拝、彼岸花鑑賞
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/2017-09-20.html

―――――――――――――――――

生前譲位が確定したので、かような行幸を繰り返しているのであろう。韓国訪問を想定した、外出リハーサルの可能性もある。目的は米朝開戦の阻止であろう。

米朝開戦勃発等直前に韓国訪問を言い出す可能性があるため、対抗策として、
アメリカ政府経由で小和田某の北朝鮮金脈事案としてテロ指定等による捜査開始
生前譲位時期の繰延べ等の政府判断
等により対応する必要がある。

私としては、トランプが来日した直後、真っ先に首相と一緒に靖国神社参拝した後、国会にて天皇陛下の靖国参拝をアメリカ大統領として容認する?みたいな発言を期待しているところである。

かくして、日米同盟堅持の証明として、「天皇陛下の靖国参拝」が政治的に要請されることになると予想するのである。

皇室問題、(保守ネット界で呼びかけが行われている)トランプ政権への陳情がうまく行けば、久しぶりに先手番を握れる可能性があることを指摘し、本稿を終える。

以上

関連記事

テーマ : 北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル : 政治・経済

15:21  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/664-e08c7827

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |