2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.25 (Mon)

政党「日本のこころ」が遺した大切なもの

「日本のこころ」という政党が消滅する前提で書いている。

本稿、「日本のこころ」という政党が果たした、歴史的かつ政治的役割について、「たちあがれ日本」以降の支持者として思うところを述べたい。

「日本のこころ」という政党は、今度の選挙を以て消滅する。おそらく。が、三つのものを遺すことになるだろう。

一つ目は、日本のこころ、すなわち、「日本精神」の再興である。この点について説明不足で論理の飛躍はあるという指摘はあるだろうが、私は、そうみている。
二つ目は「たちあがれ日本時代」から引き継がれた「憲法改正」。憲法改正については、当時の政党の中で、たちあがれ日本が最も熱心であった。三つ目は、拉致問題。拉致問題の解決、票に結びつかなくても、頑固に党の最優先課題として扱った。平和安全法制の国会審議にて、中山恭子代表が、平和安全法制は邦人救出をうたっているが拉致被害者救出を想定したものなのか、という質問があったことを忘れてはならない。安倍首相は否定した。が、その安倍首相は北朝鮮問題と絡めて、武力行使を辞さない、圧力対話の中で、拉致被害者救出を実現するシナリオを見出し、解散総選挙を決断したと確信している。

本日の安倍首相の記者会見を以て、各党は、選挙戦に突入する。
首相は腹をくくった。中山恭子代表は、保守勢力の基盤強化のため、「日本のこころ」という看板を捨てる決断をした。

じり貧状態から逃れるための決断であろう。致しかたない。

その「日本のこころ」は、自民党よりも右寄りのスタンスで安倍政権に閣外協力、憲法改正案を提示したことお気づきであろうか。

―― 参考情報 ――――――――――

日本のこころ 日本国憲法草案について
https://nippon-kokoro.jp/kenpou/

―――――――――――――――――

この政党の案がいいとか悪いという視点、目先の評価という次元で私は書いているのではない。
「日本精神」の再興、「拉致問題」に真正面から取り組んだ政党であるが故の、提言であるとみなくてはならない。

政党は消滅するだろう。が、我々は、この憲法改正案に、我が国の自存自衛上「最も大切な、失ってはならないDNA」が埋め込まれているという前提で読むべきだというスタンスである。



私は、この憲法草案についての解説を、直接ないし動画でもいいので、西村眞悟から受けたい気になっている。
西村眞悟は、「日本をこころ」を語ることは二度とないかもしれない。が、この草案の意図することは、語り続けていただくことを期待している。



私は、安倍首相が表明した「加憲論」を否定するつもりはない。いつまで経っても実現しないアイデアを披露するのが本来的に言う首相の仕事ではないし、現実的な処方箋を責任政党として示し、実現する立場にあるのだ。
安倍首相は、来年以降の現実的な手順として憲法改正方針を示したのであるが、その一方で理論的かつ根源的な視点で考えた「憲法改正案」の存在を理解すべきだとするのが私のスタンスである。



北朝鮮問題は、おそらく半年や1年で終結する問題ではないだろう。未曽有の更なる危機、国難が予見され、幅広い視野での検討が求められるのは、必定と予想するなら、「日本のこころ」が遺した憲法改正案について、無関心であってはならない。


さて、「西村眞悟」から「日本のこころ」なる講和を拝聴したことがある。内容的には、渡部昇一が著書にて何度か述べた、日本人として語り継ぐべき「歴史の虹」の正体は日本精神である、という趣旨の話に近い。同様のことは、平泉澄の「少年日本史」、安岡正篤の「ますらをの道」などに書いてある。ただ、それらは、文筆家としての見解である。


西村眞悟は、それを己の政治信条に重ね併せ、自身の政治家としての生き様として語った。政治的に重みある見事な内容だった。


その「西村眞悟」は、御子息の大阪府議選の自民党公認での出馬と引き換え?に、この衆議院選挙の出馬を辞退された。が、小坪しんやは御子息の選挙戦で、敵対する陣営から浴びせられた悪意ある情報の存在を指摘、対抗措置をとると宣言した模様だ。

―― 参考情報 ――――――――――

【悪質な捏造】維新のフェイクニュースにご用心【卑怯だと思ったらシェア】
https://samurai20.jp/2017/09/ishin/

【国益烈伝】政治生命の全てを、保守に捧げた父と息子の物語【恩知らずになりたくない人は、シェア】
https://samurai20.jp/2017/09/nishimura/

―――――――――――――――――

詳細把握していないが、小坪しんやがそう主張し、呼びかけるのだから、おそらくその通りだろう。(私は、小坪しんやの存在について、10年くらい前、名前は定かではないが、数々の請願実績などから知っている。彼は手強いし実行してきた。)

西村ひかる候補は、善戦したものの、敗北を余儀なくされた。西村眞悟には後がない。



真正保守であり、自身の発する言葉に対し常に正直であらんとし、裏切ることを潔しとしない政治家に対し、我々は、為すべきことを為したと言えるのか?

我々は、国家の危機に際して、為すべきことをそれぞれの立場で為すべきときに来ている。

有名人だろうが、無名の人だろうが、政治家だろうが、関係ない。
勇気と決断と行動さえあれば、実現しないことはない、経験的にそう思っている。肩書などなくても実現することは多々あるのだ!



さて、国際情勢的には、オフィシャルには有事であるとは言わないが、きちんと分析すれば、有事直前モードに突入したという見解になるはずだ。

本稿での指摘、理解できない方には、直前での日英・日印首脳会談での防衛協力に関して確認された事項をお読みいただきたい。

―― 参考情報 ――――――――――

日英首脳会談
日英共同ビジョン声明
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000285774.pdf
安全保障協力に関する日英共同宣言
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000285660.pdf
繁栄協力に関する日英共同宣言
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000285662.pdf
北朝鮮に関する共同声明
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000285437.pdf


日印首脳会談 共同声明
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000290053.pdf

―――――――――――――――――

これほどまでに、精緻かつ実務的な確認が日英、日印間で為されること、そして、9月1日から25日に実施された各国首脳会談の回数をご確認いただきたい。政権として、最悪の場合、有事を覚悟した証左ではないか。

また、これらの情報から、イギリス、インドは、現時点で、日本を重要な同盟国とみなしていると読むこともできる。

―― 参考情報 ――――――――――

安倍総理大臣 会談 訪問
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/index.html

―――――――――――――――――

安倍首相は、各国首脳から、「頑張れ!」と応援されているような気がするのである!それは、あのプーチン、ひょっとするとメルケルを含めてである。

新聞やテレビは全文報道はしない。が、色眼鏡を取り払い、心まっさらな状態で読み、分析すればわかることだ。
私は、一連の外交分析からそう判断するに至った。
国内の政局分析、するだけ無駄なだけだ。雑音が多すぎて、惑わすような情報が大半であることに辟易している。



そして、この政局において、いい加減な手口でごまして生き延びる習性・テクニックを身に付けた政治屋たちは、新党設立の噂があれば、我先に飛びつき、議席獲得を目指している。テレビや新聞は、そんな尻軽な政治屋たちの広報メデイアとなっている。
みんなの党、維新の会、そうだったではないのか?
風が吹けば、猫も杓子も議席にありつける、そんな選挙でいいはずがない。

加えて、小池百合子は、選挙広報が実に上手い。演説も堅苦しくない。
が、まだホンモノかどうかはわからない。演技力は「平成、極道の女」を演じるレベルにあるし、多少の不利でも接戦をモノにする度胸と選挙戦術の上手さ、都議会選挙後に見せた素早い引き際、見習わなくてはならない。

―― 参考情報 ――――――――――

「日本に足りないものは希望」小池百合子氏「希望の党」結党宣言 都知事と党代表兼ねる
http://www.sankei.com/politics/news/170925/plt1709250053-n1.html

―――――――――――――――――

このニュースから、人々が求めていることを文章化、アピールする表現技術を小池百合子は得意としていることはわかる。



おそらく、安倍自民党の別動隊として、民進党候補根絶の役割を担うだろう。
そして、読売、産経は、小池新党の躍進を鼓舞するだろう。

しかし、本当にそれだけでいいのか?
自分ファーストの候補者だらけと言ったら、問題であろうか?

ホンモノはいつの時代もなおざりにされてきた。
真面目過ぎる人、約束を決して違えない人が、どうして選挙で認められないのか。



我々はそのことを真剣に受け止めなくてはならない。それは、我々の真の友人がそうであるべきことと同義である。

一方で、朝鮮半島、尖閣を含めた極東アジア情勢は、刻一刻と深刻化するだろう。

有事に強い政治家、国家の危機に際して決して裏切らない政治家、安全保障・有事法制に真剣に取り組む政治家が今求められている。



西村眞悟は、その代表格である。これからもそうだろう。
が、そう考えるなら、なおさら、我々は、西村眞悟を押し上げ、国政の場に復帰いただくために真剣に考えなくてはならない。

既に、愛国陣営は、中川昭一、三宅博、言論人としては渡部昇一を失った。

保守派は、結束しなくてはならない。そのためには、理論的支柱、精神的支柱がどうしても必要だ。



「日本のこころ」が消滅するというのは、保守政界における、理論的支柱、精神的支柱が消えることを意味する。

たちあがれ日本の存在を忘れてはならない!
少数野党でも結党した意義を忘れてはならない!
あの民主党政権下、国のかたちを変えようとした民主党政権時代、谷垣総裁は自民党の分裂を抑え、自民党を建て直した。その一方、政治家、平沼赳夫は、自民党野党時代以降、長らく「保守の支柱」であったことを!

確かに、政治家安倍晋三は表看板であり続けている。
しかし、それを支える、精神的支柱の存在があって、保守は結束できたのだ!

我々は苦しかった時代のことを忘れてはならない!
そして、国難の時代が当面続くことも。

私は、左程、愛国者でもないし、真正保守主義者でもない。その私でも、「日本のこころ」の消滅は、「保守の精神的支柱の消滅」を意味することくらいはわかる。

本当にそれで良いのか?
我々は為すべきことを為すときに来ているのではないのか?


以上

関連記事

テーマ : 保守主義 - ジャンル : 政治・経済

17:54  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/647-14ce3fc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |