2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.20 (Wed)

税金で便宜供与受けている記者倶楽部は「デマ記者」を追放する義務がある!

記者倶楽部での取材活動を通じた東京新聞記者のデタラメぶりが詳細明らかになった。

―― 参考情報 ――――――――――

嘘のオンパレ!望月衣塑子(東京新聞)・デマ、的外れ、私見など連発!発言撤回も反省せずに我が物顔
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6800.html

―――――――――――――――――


拙ブログは提言型ブログなのでかく提言する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

内閣記者倶楽部各社への提言

内閣記者倶楽部加盟各社の総意によって、東京新聞の「デマ記者」を追放すべきである。

追放すべきと考える理由
・税金によって、数々の便宜供与等を受けてきた記者倶楽部記者による、「デマ」、「デタラメ」、「私物化」は社会通念上、公序良俗の視点から容認できない
・デマ記者を追放しなければ、内閣記者倶楽部は公共の利益のための組織でないことを証明することになる
・「デマ記者」の追放をしないのであれば、記者の取材時の行為について、規制する法律が必要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

記者倶楽部は特権組織ではないということだ。「デマ記者」一人追放できずして、政治について語る資格はない。

マスコミの偏向捏造報道、行き過ぎた取材行為、記者による暴言等は、国民各層の忍耐の限度を越えたのである。

「マスコミ処罰」は今や流行語にすべきキーワードである。

ここで、報道スタンス的に保守系と思われる、「国会両院記者会 やまと新聞社」の存在にふれたい。

https://www.yamatopress.com/

保守系、愛国系メデイアと自称するなら、東京新聞の「デマ記者」についてなぜ言及しないのか?私は不思議に思っている。

やまと新聞も、産経に追従して、東京新聞の「デマ記者」に対し取材を申し込むなど、取材攻勢をかけるべきだという意味である。

以上









関連記事

テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

01:15  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/639-27ec7de6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |