2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.18 (Mon)

安倍首相はプーチンから特別な情報を入手し解散総選挙を決断した?

安倍首相は、解散時期はニューヨークから帰国した後、決定するとしている。

―― 参考情報 ――――――――――

安倍晋三首相、衆院解散時期は帰国後に判断 ニューヨークへ出発、国連総会で北朝鮮制裁決議の完全履行を呼び掛けへ 
http://www.sankei.com/politics/news/170918/plt1709180016-n1.html

―――――――――――――――――

さて、今回の解散総選挙の決断、安倍首相はロシア外遊中に決断したのではないかと私は睨んでいる。

過去1~2年、安倍首相とプーチン大統領、かなりの長時間、立場を越えてヒソヒソ交渉をやっている。
なぜヒソヒソやるのか?
それは、立場上、公開されては困る議論を双方しているからであろうと推定する。

また、安倍首相はトランプ大統領の名代も実質務めている。
現時点では、安倍首相は(トランプ政権が外交的に機能不全状態にあるため)アメリカ国務省長官を兼務していると書いたら書き過ぎであろうか?

その日露首脳会談、双方が、滅多にお目にかかれない一品を相互に交換したそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

日露首脳会談 舞台裏は? 北朝鮮めぐる説得は奏効 プーチン氏から「妖刀」の真意は…
http://www.sankei.com/politics/news/170917/plt1709170026-n1.html

―――――――――――――――――

安倍首相からは、プーチンのハートを動かす目的の一品。
プーチンからは、アメリカに奪われた名刀の返還…………

プーチンは行方知れずの盗品?を探し当て、安倍首相との会談に合わせて返還することが好きなようだ。

これで二度目である。

プーチンが「1928年の昭和天皇の即位の礼で用いられたとされる刀」を入手、これを安倍首相に土産物として手渡したことを想起したい。

―― 参考情報 ――――――――――

プーチンは知っている? 刀の出所とバーゼル軟禁の真相を
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

―――――――――――――――――

この一件は、皇族関係者にロシアスパイがいたことを暗示している。

―― 参考情報 ――――――――――

【小和田家】MI6コードネーム「ムツヒト」皇太子の義理の父、小和田恒はソ連との二重スパイだった、今も怪しい、無限拡散希望
http://fushimi-akimasa.sakura.ne.jp/blog/2016/12/14/20161214000000/

―――――――――――――――――

つまり、小和田軟禁事案が表面化したため、ロシアとしてはエージェント契約を解消せざるを得なくなった。小和田は冷戦時代からのロシアスパイ?であったが、刀を返還→元の鞘に収める→今はそういうレベルのロシアエージェントはいない?ことを暗示する目的で名刀を返還したと解することができる。

では、名刀村正の返還は何を意味するか?
プーチンは、日本国内にいるアメリカとロシアの二重スパイを任務解除した。その印として、GHQに奪われた刀を返還することで暗示、日本国民に気づかせようとしたのではないか?

それは、誰のことを意味するのかまでは、エージェント網に精通している訳ではないので断定できないが、額賀?、中曽根?、ナベツネ?クラスではないかと推測する。

つまり、プーチンは、立場上譲れない点は譲れないと主張しつつ、互いに愛国者であることを認め合い、その友好親善の印として、冷戦時代のエージェント網整理を進めている?と推測するのである。

名刀村正にはさまざまの伝説がある。

プーチンからすれば、あまりに無防備過ぎる日本政府に対し、名刀村正の魔力を以て、北方領土返還を想定してアメリカ政府と対峙して欲しい(在日アメリカ軍に北方領土に進出させない)という意味もあるかもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

【日本刀】妖刀村正伝説まとめ【呪い】
https://matome.naver.jp/odai/2142097150488095201

―――――――――――――――――

すなわち、自国領土は、自国で守る日本に変わって欲しい。プーチンにとって日本は仮想敵国の一つではあるが、安倍首相の外交力を評価するがゆえに、どこまでも付き合う!、プーチンはそう語っているような気がするのである。

そう考えるがゆえに、北朝鮮の日本攻撃?準備が必要である?ことなどに係わる、北朝鮮国内の最新情報を安倍首相にコッソリ提供し、安倍首相は北朝鮮が今直ぐに動けない国内事情にあることを察知(中共の外貨保有量?、中共の内乱情報?、北朝鮮の燃料備蓄情報?)、解散総選挙のタイミングが今しかないと決断したと推測するのである。

すなわち、解散総選挙を決断したのは、9月7日のプーチン会談直後であろうと推測するのである。

同時期、メジャーなイベントは二つ。
第19回中国共産党大会は10月18日に開催、トランプ来日は11月予定は確定した。
解散総選挙は、トランプ来日前の方が都合がいい。総選挙後の方が、本腰を入れた首脳会談が可能となり、その後の国会審議が進みやすくなる(詳細次稿にて解説予定)、そう考えたのではあるまいか。

よって、この時期の解散総選挙を決断したのではあるまいか。


以上










関連記事

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

16:15  |  外交  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/636-29e02424

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

今まで横浜IR(カジノ)誘致を推進してきた横浜港運協会の藤木幸夫会長が、ここにきて「カジノ不要」を表明した。横浜市は既に山下ふ頭再開発とIR誘致に向けて舵を切っているのだが・・・産経新聞9月15日配信記事↓… … … … … … … … … … … … … … … … … …山下ふ頭再開発で横浜港運協会、「カジノ不要」改めて強調 神奈川(http://www.sankei.com/regio...
2017/09/18(月) 23:32:16 | 賭人がゆく(excite ブログ)

▲PageTop

 | HOME |