2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.05.29 (Sun)

伊勢志摩サミットの歴史的意味 核廃絶を語りつつ核武装せざるを得ない意味

伊勢志摩サミットに係わる歴史的な意味、核廃絶を語りつつ核武装せざるを得ない意味、について述べる目的で出稿することとした。

いつも眺めているブログの中から、サミットネタを集めてみた。

―――――――――――――――――

各国首脳が伊勢神宮し、それが国際社会に発信される意味
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2343.html

G7首脳の伊勢神宮参拝、オバマの広島訪問 ~ これこそ日本外交の成果だ
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2344.html

米オバマ大統領 広島を初訪問
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3887.html

オバマ大統領広島訪問 各紙の社説読み比べ
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3888.html

オバマは、欧州と中東の問題を迅速に解決し、米国の
覇権を脅かす中国にターゲットを絞ったのである。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/cb556c1021d286a53132e89bb371de5d

【G7】@主役はオバマ
http://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/05/28/210000

G7各国首脳 伊勢神宮を訪問、参拝でなく訪問
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5054743.html

伊勢志摩サミット閉幕、オバマ大統領、米初広島訪問
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5055028.html

オバマ大統領広島訪問で被爆者と会ってくれた!
http://ameblo.jp/ishinsya/entry-12164867538.html

嘘吐きオバマの広島訪問演説・「核なき世界」演説後に核開発を推進・今後も核兵器に110兆円を投入
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6235.html

オバマ氏、広島で哀悼、原爆慰霊碑に
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925

オバマの広島訪問を受け入れる日本人の民度
http://tsunasand0514.blog.fc2.com/blog-entry-398.html

世界経済の危機に備え財政出動の必要性を訴えた安倍首相!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/477accfffea8e7b13bcc9a1404fe8e2a

アメリカに臆せず物が言えるのは安倍首相が戦後初めてだ!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/0badcc4091869af01382b5890a4212ac

安倍首相の攻めの外交によって日本が世界を動かす時代に!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/6eea1527741ea5769787d96ca902b2ef

日本のメディアに欠落しているリアリズム
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51977923.html

―――――――――――――――――

今回のサミットでのG7首脳の伊勢神宮訪問、そして、先立つ広島でのG7外相会談、オバマの広島訪問、すべては、戦後セジーム脱却に通じる。

G7首脳による伊勢神宮訪問は、皇室の存在を世界に再認識させるとともに、GHQによる神道指令の歴史的解除を意味する。直前に秋篠宮家がヴァチカン訪問したのは、偶然ではなく、皇室継承に係わる何らかの確認がなされたとみるべきだろう。
G7外相会議の広島での実施は、世界の首脳が、広島への原爆投下の惨劇を認め、同時に、好戦的な中共に対し、いい加減にしろと警告していると解することができよう。
そして、オバマの広島訪問。謝罪するしない、そんなことより、かつての敵国の代表者が訪問、互いに戦争を戦った歴史を直視、(トランプ大統領候補の存在はあるものの)同盟関係の強化を確認することは、中共にとっては、反論の余地はないかのようだ。

安倍首相は、この日のために、膨大な外交日程を消化してきたのだろう。

私は、問いたい。

伊勢志摩サミットの共同宣言の他に
これほどの演出ができる首相が、安倍首相の他に、日本にいるのであろうか?
日本にいたのであろうか?

つくづく、安倍首相で良かった
安倍首相でなければ、国内外に向けて、こうした演出はできなかった

伊勢神宮、広島での出来事、被爆者関係者との面会、すべては戦後レジーム脱却に通じるのだ。

少なくとも、政治経済や歴史教科書に掲載する意義ある演出だったと思う。

さて、報道記事の中では、言うまでもないことであるが、やはり産経が圧倒的である。

―――――――――――――――――

「晋三と一緒に、やるべきことがある」 米国が信頼に足るパートナーと確認した時
http://www.sankei.com/world/news/160528/wor1605280061-n1.html

それは中国の歴史「加害者」カードを砕く一撃だった 特別記者・湯浅博
http://www.sankei.com/world/news/160528/wor1605280024-n1.html

「戦災から築いた比類なき同盟関係」印象づけた…米国で好意的評価 
http://www.sankei.com/world/news/160528/wor1605280032-n1.html

伊勢神宮にオバマやメルケルら首脳陣がずらり勢ぞろい あのファーストレディーも…
http://www.sankei.com/premium/news/160526/prm1605260007-n1.html

安倍首相「核なき世界実現へ大きな力」 オバマ米大統領との広島訪問に言及
http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270032-n1.html

安倍首相の演説全文「日米が希望を生み出すともしびになる」
http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270067-n1.html

原爆資料館の芳名録に記帳「私たちは激しい苦しみ体験してきた」…「正当化論」も意識か
http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270078-n1.html

平和記念公園で献花し声明 「8月6日の苦しみは決して消えない」
http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270063-n1.html

「深く考えるためにここに来た」「10万人犠牲者の魂に語りかける」
http://www.sankei.com/premium/news/160527/prm1605270008-n1.html

―――――――――――――――――

オバマの広島訪問、記帳、献花、声明…………
こんなに早く、この日が来ることを、戦中世代の方は予測できたであろうか?
すべては、安倍首相のアメリカ議会演説に遡るような気がしている。あれで、(真の戦争犯罪人かもしれない)ロックフェラーや国際金融資本家は、公に安倍政権を批判できなくなってしまったと、私は見ている。
今回、オバマがとった行動は、アメリカ国内の世論、ロックフェラーの代弁者と思われるキッシンジャー外交を意識すれば、模範的かつ十分過ぎるほどであった。

クリントンのような高慢ちきな大統領ならともかく、私はオバマに謝罪を求めるつもりはない。

日本の野党が、批判しないのは当然だ。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270064-n1.html

 民進党の蓮舫代表代行は27日のツイッターで、オバマ米大統領の広島訪問に関し、「オバマ大統領の広島訪問、そしてスピーチ、被爆者の方と話される姿。この歴史的な声明を実現された安倍内閣の外交は高く高く評価します」と投稿し、安倍晋三首相を絶賛した。

http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270070-n1.html

共産・志位和夫委員長「歴史的な一歩」と評価 「核兵器なき世界実現へ具体行動を」

 共産党の志位和夫委員長は27日、オバマ米大統領の広島訪問を受け、「前向きの歴史的な一歩となる行動だった」と評価した。その上で「前向きの一歩を『核兵器のない世界』の実現に向けて、核兵器の非人道性を直視し、核兵器禁止条約の国際交渉を開始するという具体的な行動に移す必要がある」と指摘した。党本部で記者団に語った。

 同時に「多くの被爆者がオバマ氏に謝罪を求めたのは当然だ。ただ、核兵器のない世界を実現するための具体的行動を起こすかが肝心だ」と強調した。

―――――――――――――――――

あれほど、見事に演出されれば、批判できないのだ。
政権批判すれば、国賊!と言われかねないことくらいは、野党もわかっている。

ここで、安倍外交に係わる、この1年間起きた重要イベントを眺めておきたい。

―――――――――――――――――

・安倍首相によるアメリカ議会演説
・安倍首相の戦後70年談話
・慰安婦問題日韓合意
・G7外相会議の広島実施
・伊勢志摩サミット
・G7首脳による伊勢神宮訪問
・オバマの広島訪問
・被爆者関係者とオバマとの面会
―――――――――――――――――

手順として、これら一連の流れを提言ないし、予測し得た人は何人いるであろうか?
大局観ある政治家でなければ、これほどのスケールでデザインすることは不可能だ。
むしろ、安倍首相の心中は、この流れをどうデザインするかで手一杯でなかったのか?

それ以外の些細なこと、たとえば、辻元清美や福島瑞穂などの半島系議員が繰り出す幼稚な国会質問は、こうした安倍首相の苦心、考慮の雑音でしかなかったのではなかろうか?

一見して言えること、明らかに、外交的勝利のポジションを選んでいることである。なぜなら、これ以上の演出は存在し得ないと思うからだ。せいぜい足すとして、国連本部での演説くらい?

他に何があるのか?

個別には、慰安婦問題日韓合意のフォローアップ、アメリカのカリフォルニア州の教科書関係の火種が残っているもの、全体の流れを追えば、総悲観するほどのことではない。

安倍首相は、アメリカとの歴史的和解、戦後レジームの消滅を一つ一つ確認、結果的に日米同盟強化を模索していることがわかる。

私の表現は楽観的過ぎるであろうか?
壮大なスケールでデザイン、実現させた安倍首相への褒め言葉が他に見当たらないので、かような表現とならざるを得ない。

もちろん、グローバリゼーションに呑み込まれ、外資に経済を握られ北朝鮮勢力に世論的に支配された韓国、指導者が競って私利私欲、蓄財に走り人民解放軍の暴走を止められない中共は、蚊帳の外のままである。

当然だ。

そして、決して目立ちはしないものの、この1年間、安倍外交を支えた人物がいることを忘れてはならない。

その人は、あのオバマであり
オバマ大統領は、いろいろな評価があったものの
任期最後の瞬間に向けて、世界の混乱を収拾しつつ
日米の歴史的和解
安倍政権に戦後レジーム脱却の機会を与えてくれた
偉大な大統領と記憶すべきであろう。

また、オバマは、戦後処理についてたかりをやめようとしない、中韓にレッドカードを突きつけつつあるようだ。

最後に、オバマが唱える核廃絶の意味について述べたい。以下の原稿等を参考にすると、

―――――――――――――――――

オバマ大統領広島訪問で被爆者と会ってくれた!
http://ameblo.jp/ishinsya/entry-12164867538.html

東京駅に着くまで警察官同行の広島への旅であったが、歴史的なけじめとなったオバマ大統領の広島入りを体感する運動だった。

最後に言っておくが、鈴木信行は核武装を訴える。
オバマ大統領のいう核廃絶は実現できない。
それはオバマ大統領のプラハ演説以来、大統領の矛盾した核戦略で既に露呈されている。
オバマ大統領の夢に付き合っていたら国がおかしくなってしまう。
彼に同盟国は迷惑を受けているのだ。

平和公園のおかしな碑文がオバマ大統領の広島入りで正しい文言になった。
今回の広島では、オバマ大統領よく来てくれた。
Thank you very much.

今回の広島での運動で思ったけど、行動してしまう鈴木信行は政党の代表らしくないな。


オバマ米国大統領の被爆地広島入りを前にして!
https://youtu.be/XsyFa0nw0QA


嘘吐きオバマの広島訪問演説・「核なき世界」演説後に核開発を推進・今後も核兵器に110兆円を投入
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6235.html

自前の防衛力を整備するしか日本の選択肢はない!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/539692ee2bec04521bd9918d89b8822b

―――――――――――――――――

核の先制攻撃を放棄することを約した国家間での話であると解することができるかもしれない。


核武装の憲法上の解釈として、核の先制攻撃を意図した国との対応をどうすべきか、憲法改正できなくても憲法上の解釈として明確化すべき時に来ていると考えるのだ。

先制核攻撃を辞さない可能性が強い中共に対しては、G7外相会談の広島での実施は世界的な核包囲ネットワーク網で対応すると暗示している、と解して問題ないであろう。

その中共と連携している政治活動は、すべからく外患行為として認定、銀行口座凍結のみならず政治活動禁止対象とされるべきだろう。

すなわち、「オバマが主張する核廃絶論」は核による先制攻撃を放棄した国家間における、建前としての理想論であり、
現実的には、核攻撃を辞さない国が存在する以上、核武装を放棄する必要はない、というダブルスタンダードで構わない
と考えるのである。

以上

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:04  |  外交  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/62-053448a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 被爆者を相手に、またまた「核なき世界」などと真っ赤な嘘を吐いたノーベル平和賞詐欺師のオバマ大統領。 過去7年間、オバマ政権は、核開発に巨額の予算を投入し、核軍拡を推進した! オバマは、今後も米国の核兵器の刷新に110兆円を投入する計画を支持している。 http://www3.nhk.or.jp/news/...
2016/05/29(日) 21:08:07 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

▲PageTop

 | HOME |