2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.08.24 (Thu)

遠藤健太郎さんについて

遠藤健太郎という政治活動家がおられる。関西中心で政治活動されてきた方である。

http://endokentaro.shinhoshu.com/

経歴的には、古参ブロガーに属する。
http://endokentaro.shinhoshu.com/about/

真正保守政策研究所を主宰している。
http://www.shinhoshu.com/

意外なことに、田母神俊雄を応援する会の発起人の1人である。
https://m62983.wixsite.com/tamogami

なぜ発起人となることを決断したのか?

8年くらい前のことになるが、電話で話をさせていただいたことがある。
内容はこうだったと記憶する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私:あなたは、議席を得るべく、選挙に出馬すべきだ。保守政界はあなたを必要としている。

Eさん:ある一件のために、議員の道が閉ざされた。

私:あなたは、年齢的に私より若い。議員になることを諦めるべきではない。機会はきっと来る……………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

彼は、そうなった経緯について、(嵌められた?)未熟さを反省、議員になることを諦めたように思えた。必要以上に自分を責めているように聞こえた。が、政治に係わることは諦めてはいない。政治ブロガーとしての筆致は、以前よりも鋭さが増した。

遠藤さんはある一件の経緯の詳細を私には語らなかったが、最近、その詳細を知った。

田母神俊雄の一件よりも酷い。彼は罠に嵌められたようだ。そうであるがゆえに、田母神俊雄の告発者に対して我慢ならず、田母神俊雄を応援することとなったようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

田母神氏はめた商人を告発
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4776/

―――――――――――――――――

彼なりの経験、人脈等から、人を見抜く眼は確かだと思う。もし、遠藤さんから、私が似非保守の類と批判されれば、私は私の行いを恥じる、8年前の遠藤さんはそういう人物だったと記憶する。

さて、上記告発状を提出した奥茂治氏は、韓国で足止めを喰らっている。

―― 参考情報 ――――――――――

奥茂治氏・韓国出国禁止「真の意味で英雄的行動だ」(6月21~28日) 
http://www.sankei.com/column/news/170701/clm1707010004-n1.html

―――――――――――――――――

愛国者であるがゆえに、かような試練が待ち受けている。行動し、結果を出そうとすればするほど、かような事態に直面する。普通の人はそこまでしない。
一方で、ネットを利用する世界においては、拡散連呼する行為が流行している。



最近、愛国者の他界が相次いでいる。国会でNHKを追及した三宅博先生の若すぎる死はショックだった。愛国保守の精神的支柱であり続けた平沼赳夫先生についても、ここ1年、ご発言を伺う機会が激減した。

愛国保守の砦を我々はどこに求めるべきか?

そういう意味で、愛国保守の砦を死守してきた、遠藤健太郎さんが政界進出を決断するタイミングに来ているのではないだろうか!

過去は過去、我々はそういう方を求めてきたはずではなかったのか!

以上
関連記事

テーマ : 保守主義 - ジャンル : 政治・経済

18:08  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/589-9e96384c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |