2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.08.04 (Fri)

河野太郎外相は「憲法改正の広告塔&親父狩り」をさせられるのではないか?

河野太郎議員が外務大臣に就任した。
この議員、外野席に放置すると、我儘、好き勝手なことを言う癖がある。が、ポストを与えられると、意外に専念する「不思議な真面目さ」がある。
性格的につむじ曲がりなのであろう。いかにもそういう顔をしている。
自民党内では、反原発、リベラル保守的存在である関係で、保守層からは煙たがられている。



その河野太郎議員が、事もあろうに外務大臣に就任した。事もあろうに!!



安倍首相の狙いはどこにあるのか、ということになるが、怒りを鎮め、「孫氏の兵法」的思考回路で首相の意図の考察を試みる。



第二次安倍内閣で国家公安委員長に就任した際、河野太郎は、「毒を持って毒を制す」的役割を期待され抜擢された面がある。
ただ、国家公安委員長就任は、河野洋平(80歳)の支那人脈(利権)継承を断ち切ることが目的だった可能性もある。国家公安委員長の立場で、河野太郎が中共とのパイプを強化できるはずはない。河野洋平があの年で中共訪問し続けているのは、息子に継承できず、中共に呼び出され仕方なく………という見方ができるのである。
今回の外相就任で、河野太郎から支那利権は遠ざかり、中共には近づきにくくなったかもしれない。(別の自民党議員が支那利権をかすめ取ろうとしている?)



次に、今回の外相就任。他の自民党議員が外務大臣をやるよりも、プラスα効果があるのではないか。私の分析ではそうなった。



一言で言うと、「テレビ出演機会が多く憲法改正の必要性に係わる広告塔の役割が期待される」、「河野洋平対策としての親父狩りをしやすい」と踏んだのではなかろうか?


ここで、河野太郎が外務大臣に就任することで期待できそうな、個別政治的効果をリストアップしたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野外相に期待されていること

▲他の議員よりもテレビ出演機会が多く、憲法改正の必要性に係わる広告塔の役割が期待できること
▲憲法改正に係わる雑音を一定期間発生させないこと(外相就任により閣内不一致は不可となる)

▲河野談話の撤回・廃止(河野談話の最終処置、河野談話をなかったことにするという意味)
▲河野洋平の私的政治発言阻止(憲法改正、日中外交、朝鮮半島有事など)
▲河野洋平の私的外交阻止(中共への出国阻止)

●慰安婦像撤去
●日韓合意堅持

▲朝鮮半島有事の際の邦人救出に係わる韓国政府との協議

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●は普通の自民党議員が外務大臣になった際に期待されること
▲はプラスαで河野太郎議員が外務大臣になることで特に期待できそうなこと
である。



つまり、河野太郎に限っていうと、外相にさせないよりは外相にさせた方が、外交対策上、世論対策上、党内対策上、かなりのマイナスをプラスに浮上(帳消し)にできる効果が予想されるのだ!



これは、河野太郎が政治家として有能だからという理由によるものではない。そういう環境にあるからそういう評価となるのである。(河野洋平が他界すると激変すると予想)

具体的には、河野太郎は、テレビ出演機会が多く、親父の反日親中言動があることで、他のどの自民党議員よりも利用価値があるのだ。
河野太郎が本気で親父狩りするのであれば、その効果たるや、意外なものとなるだろう。

ひょっとすると、今年の流行語大賞が「親父狩り」となり、「親父狩り」が炸裂すればするほど自民党支持率が急上昇、憲法改正をより確実に行えるかもしれない。

かつて、職場の上司たちによる人事異動の打合せを行なっている会議室から、何度も笑い声が漏れてきたことを経験的に知っている関係で、安倍首相と側近たちは、河野太郎の外相就任について、内心してやったりと思っているのではなかろうか。



そういう心理、わかる人にはわかる。



拙ブログは、官邸スタッフ向けに提言することを意識している関係で、拙ブログ管理人がどう内閣改造を受け止め、評価しているのか、関心をお持ちの方がおられるだろう。
時に、拙ブログ管理人を試す意図でのコメントもあるようだ。

が、そういう思惑があったにせよ、離れた市井の視点で、今回の内閣改造人事をどう見ているのか?首相側近からリクエストを頂いたと思い直し、かく分析させて頂いた。

まとめとなるが、保守支持者として河野太郎の外相就任は(心情的に)受け入れたくはないが、「憲法改正実現のための広告塔確保&雑音消去&親父狩り」という政治的効果が期待できるなら、今回の内閣改造人事は呑んでもいい、そういう評価である。

以上

関連記事

テーマ : 安倍内閣 - ジャンル : 政治・経済

06:37  |  保守政党  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)

Comment

前川よりは対策が楽な人物ですね

期待されて使われる限りはきちんと働く。
実に、使いやすい。
服面背反な人士でないだけ、いい人物ですね。
河野太郎に関しては働かなくてもプラス評価です。
マイナスな働きを止めてくれるだけで、我が国の国益を毀損した分を補う努力がいらないですから。
Suica割 |  2017.08.04(金) 12:03 | URL |  【編集】

Re: 前川よりは対策が楽な人物ですね

> 期待されて使われる限りはきちんと働く。
> 実に、使いやすい。
> 服面背反な人士でないだけ、いい人物ですね。
> 河野太郎に関しては働かなくてもプラス評価です。
> マイナスな働きを止めてくれるだけで、我が国の国益を毀損した分を補う努力がいらないですから。

産経でも似たようなテーマで阿比留記者が書いていましたが、河野太郎について、普段から観察してないとみております。
管理人 |  2017.08.04(金) 20:55 | URL |  【編集】

党内の造反分子(石破派、河野・二階派等)と、官界、反日メディア(反日団体)対策か

確かに、河野太郎氏の外務大臣就任は「違和感」を覚えましたが、どちらかというと、左派、反安倍である彼を、態々外務大臣のポストに就任させたのは、おそらく、昨今の森友加計の扇動と言っても過言ではない、「やらせ報道テロ」と、官界と党内の「造反分子」への対策なのかもしれない、と思っています。

また、所謂「左派」に切り込むためにも、彼らが攻撃しづらいポストに「左派」の人物を置いておくことで「緩衝材」の機能を果たします。

マスコミへの対策法が現在無い以上、やりたい放題やらせている事と、国内外の反日宣伝活動団体への「牽制」としての役割を考えれば、河野氏も「下手な真似」はできないでしょうし、逆に「反日宣伝」を繰り返している(もしくは幇助している)集団も迂闊な真似はできないでしょう。

これから、そういった集団への「対策法」等を検討する際に、激しい攻撃を受ける可能性を考慮すれば、妥当な判断かもしれない、と思っています。

ただ、我々も、反日団体の不正を追及していくように行動を起こさなければ、この厄介な集団活動力を削ぐ事は難しいだろうと思います。

彼らの不正行為と「捏造」、「詭弁」、そして「裏に控えていた勢力の思惑」を明らかにしていく事で、反日組織の集団連携の紐帯を断ち切る事ができると確信していますから、確実な「証拠」を積み上げ、彼らに突き付けていくように、議員や役所への陳情、その他宣伝活動を行っていくべきだと思います。
西 |  2017.08.04(金) 21:11 | URL |  【編集】

Re: 党内の造反分子(石破派、河野・二階派等)と、官界、反日メディア(反日団体)対策か

> 確かに、河野太郎氏の外務大臣就任は「違和感」を覚えましたが、どちらかというと、左派、反安倍である彼を、態々外務大臣のポストに就任させたのは、おそらく、昨今の森友加計の扇動と言っても過言ではない、「やらせ報道テロ」と、官界と党内の「造反分子」への対策なのかもしれない、と思っています。
>
> また、所謂「左派」に切り込むためにも、彼らが攻撃しづらいポストに「左派」の人物を置いておくことで「緩衝材」の機能を果たします。
>
> マスコミへの対策法が現在無い以上、やりたい放題やらせている事と、国内外の反日宣伝活動団体への「牽制」としての役割を考えれば、河野氏も「下手な真似」はできないでしょうし、逆に「反日宣伝」を繰り返している(もしくは幇助している)集団も迂闊な真似はできないでしょう。
>
> これから、そういった集団への「対策法」等を検討する際に、激しい攻撃を受ける可能性を考慮すれば、妥当な判断かもしれない、と思っています。
>
> ただ、我々も、反日団体の不正を追及していくように行動を起こさなければ、この厄介な集団活動力を削ぐ事は難しいだろうと思います。
>
> 彼らの不正行為と「捏造」、「詭弁」、そして「裏に控えていた勢力の思惑」を明らかにしていく事で、反日組織の集団連携の紐帯を断ち切る事ができると確信していますから、確実な「証拠」を積み上げ、彼らに突き付けていくように、議員や役所への陳情、その他宣伝活動を行っていくべきだと思います。


そうなって欲しいものです。
管理人 |  2017.08.05(土) 12:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/561-8939f5be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

マスコミも識者も、誰も指摘していないのが、改造内閣・自民党人事の顔ぶれとカジノIRの関係である。当ブログはこの布陣を「IR実施法案成立」に向けた不退転の意志と見ている。まず内閣の顔ぶれでIR議連(カジノ議連)所属、および関係閣僚は下記の通り。(留任) ▽総理: 安倍晋三 ▽副総理・財務・金融: 麻生太郎 ▽官房長官: 菅義偉 ▽経済産業・ロシア経済協力: 世耕弘成(新任) ▽総務・女性活躍:...
2017/08/05(土) 03:21:18 | 賭人がゆく(excite ブログ)

▲PageTop

 | HOME |